あの日の記憶がよみがえり,自らの愛に気づく瞬間