芽生えた愛に対する憧憬のまなざしが哀しい