翌朝,永遠の別れとなるとは
夢にも思わずに・・・・。