世界は彼らのもので
間違ったことなど何一つないように思えた日々