最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

カテゴリー「料理・グルメ」の2件の記事

2017年3月20日 (月)

春の味覚

Image012_3

すっかり春めいて、菜の花の季節になりましたね。

菜の花は、大好きなお花のひとつです。

活け花にも料理にも使います。

まだ柔らかいつぼみを収穫してきました。

2017031820550000

春の息吹を感じます。今日はこの菜の花でふた品。

ひと品目は、カニカマと菜の花の和え物です。

2017031821120000

菜の花はさっと茹でたらアクぬきはせずに、ほろ苦さを残します。

味付けはシンプル。ポン酢しょうゆとマヨネーズ。これは少量。

隠し味に、粉末の昆布茶を少し。

菜の花のほろ苦さと、カニカマの風味が素敵なハーモニーを奏でます。

もうひと品は、春キャベツと菜の花とベーコンのパスタ。

2017032013210000_2

味付けは、すこしペペロンチーノ風に。

にんにく、鷹の爪、お醤油と 鶏ガラスープ。

旬の食材はやはり美味しいし、体にいいですよね。

やがて訪れる筍の季節も楽しみです。

田舎住まいならではの良さですね。

旬の野菜が新鮮なのは、ほんとうに感謝。

2017年3月18日 (土)

とろとろビーフシチュー

2017031723320000

お休み前のほっとする夜・・・・ビーフシチューを作りました。

牛肉はフライパンで表面を焼いて旨みを閉じ込めて鍋に移します。

再びきれいにしたフライパンで玉ねぎを炒め、

バターと小麦粉を加えてさらに炒めて

ケチャップを加えていりつけ、牛肉の入った鍋に移し赤ワインを。

そこに水とローリエを加えて、小一時間コトコト煮込みます。

私は,お手頃価格のボルドーワインを使います。(好み)

煮込んですぐは、ワインの味が勝っているのですが,

煮込むほどに肉と玉ねぎの旨みで深い味わいに。

人参やジャガイモは最初から一緒にせずに別茹でしておき

仕上げの15分前に入れて煮込みます。

ブロッコリーも別茹でで、盛り付ける際に加えます。

手間がかかるようで、そうでもありません。(時間と費用は少しかかる)

レシピは私の大好きな土井善晴先生の「お箸で食べる洋食」から。

91imtmxvfbl

この本だけでなく,愛用しているのは「土井善晴のレシピ100」も。

土井先生のレシピはどれもシンプルなのにすごく美味しいのです。

1106122756_main_l

自分の感覚で作るものも多いけど,土井先生のレシピだけは

分量も手順もきっちり守って作ります。

先生のレシピで初めて作ったのはゴーヤチャンプルー。

ゴーヤが大嫌いな私がゴーヤ大好きになりました。

それ以来,土井先生のファンです。

特に絶品で家族にも好評なのは

上記のゴーヤチャンプルーの他にも,ぶりの照り焼き・ハンバーグ。

なすの田舎煮。 魚の煮つけ。酢豚。べーじゃが。タルタルサラダ。

ほんとうに 美味しいです。基本もしっかり書いてくださっていて

お料理が好きになりますよ。