MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

カテゴリー「映画 俳優・雑記」の29件の記事

2017年7月 2日 (日)

美味しい映画

140716_tokyogohan_01

美味しいものは食べるのも作るのも大好き!

映画も、いかにも美味しそうで、劇中のメニューや食材が無性に食べたくなる・・・そんな作品沢山ありますよね。邦画も洋画も、アジアものも・・・・・「料理」や「料理人」そのものがテーマの映画はもちろん、レストランが舞台だったり、劇中に登場するお料理が重要な役をしていたり。そんな中で、私が特に好きなグルメ映画と、その中でも特に食べてみたいお料理は・・・・・

ディナー・ラッシュ
Dinner_rush__the_2000201305221538019e9_2
ニューヨークのイタリアンレストランを舞台に描いたお話。これは、グルメ映画としても美味しそうなんだけど、ラストまで観ると実はひねりの効いたサスペンスドラマでもあることがわかります。何ともスカッとする仕掛けがあってカタルシスが感じられて大好きな作品。天才的なシェフがヒラメキで作ったロブスターのお料理が印象的。

大統領の料理人
1af718b3Bt8luusceaan5ib
ミッテラン大統領の専属料理人として抜擢された女性シェフの奮闘物語。男性料理人たちからの嫉妬や専横と闘いながらも大統領がこよなく愛する伝統的な素朴なフランス料理を提供するオルタンス。キャリアウーマンが元気を貰えるお話でもあります。しかし、フランス料理って素朴な家庭料理でもすごく手が込んでる・・・・よね。お気に入りは、オルタンスが初めてランチに提供したちりめんキャベツとサーモンの重ね蒸し料理。美味しそう・・・・。

赤い薔薇ソースの伝説
6661071820150412083859bb4

ヒロインのティタの作る料理は、食べる人たちに彼女の想いや情熱が伝染する・・・というメルヘンちっくな物語。愛し合いながらも家のしきたりとやらで結婚できない恋人たちの切ないラブストーリーと、料理に込められた不思議な作用がロマンチックに絡み合う。メキシコ料理ということで、お味の方はちょっと想像ができないけど、どれも色鮮やかで美味しそう。写真は薔薇ソース添えのウズラ料理。

マダム・マロリーと魔法のスパイス
Madam_2Thehundredfootjourney
こちらは原作も読んだ。原作に出てくるお料理の描写もまた詳しくて美味しそうです。インドのスパイスたっぷりのお料理と洗練されたフレンチの融合って素敵でしょうね。ハッサンがマダムの前で作ったスパイスの効いたオムレツのレシピが知りたい~~

ジュリー&ジュリア
Julie_julia0114277159461624497280
アメリカで初めて正統派フランス料理本を出版して人気となった料理研究家ジュリア・チャイルドと、その全レシピを1年で制覇することに挑戦した現代のジュリー・パウエルの実話を基にした作品。とにかく料理が好き、食べることが好きな二人のヒロインの情熱や料理への愛が伝わってきます。作ってみたいのはもちろん、ブフ・ブルギニヨン(牛肉の赤ワイン煮込み)

バベットの晩餐会
D759ada1989047ef9c6f87cd59940675Babettesgastebudjcampaign_01
デンマークの寒村でつつましく暮らしていた信仰篤い二人の姉妹のもとにフランス革命から逃れてきたバベットが家政婦として住み着く。彼女の前身は、実はパリでも有名な天才女性シェフで、富くじが当選したお金で、それまで世話になったお礼にと、姉妹と教区の信徒たちを相手に一世一代の晩餐会を開く。メニューはお一人さま1万フランのフルコース。フランス料理など目にしたこともなく、最初はこわごわ出席した村人たちも姉妹も、バベットの素晴らしい料理とワインに、凍てついた心が溶かされて至福の時を味わう・・・・。ワインもとっても美味しそうなこの作品。食べてみたいのはもちろんメインディッシュの、ウズラとフォアグラのパイ詰め石棺風。

初恋のきた道
20151110164351adaImg_1

この作品がデビュー作となったチャン・ツイィーのなんともみずみずしく可愛らしい笑顔が魅力的。中国の田舎の村に初めてできた小学校の青年教師と村娘の恋。自由恋愛などご法度だった時代。好きになった相手に食べさせたいばかりに、腕をふるって昼食を作る少女の一途さがなんとも愛おしい。青年の好物だと聞いて少女が作るキノコの蒸し餃子、作ってみたい!

みなさんのイチオシ「グルメ映」は何ですか?邦画でも南極料理人とかいいですよね!

2016年12月31日 (土)

2016年 マイベストシネマ

2016123015310000

2017年もよろしくお願いいたします。

西日本は,穏やかで暖かい年の暮れです。世間のニュースはあたたかいものばかりとは限りませんが,それぞれが置かれた場所で精いっぱいベストを尽くしながら2017年も何とか乗り越えていけますように・・・・・祈りつつ。

例年と変わらず私は,29日の年末休からは,おせち料理の材料の買い出しと大掃除に追われ,30日の夜から31日の午後にかけておせち作り・・・・もういい加減くたびれてきたのですが,老齢の親が喜ぶので,あと数年は手作りしようかと思っています。
2016123115490000
メインは牛肉の八幡巻きと,家族に人気のから揚げ。あとはお煮しめや紅白なますなどのおせちです。甘いおかずを家族が好まないので,栗きんとんやだて巻きは作りません。(代わりにだしまき卵)みなさんのお宅のお正月の定番のご馳走は何でしょうか?わたしは一度でいいので年越しはホテルに泊まって,豪華お正月料理の上げ膳据え膳を体験したいです~~~sad

さて,本題の映画のまとめです!
2016年のマイベストシネマ。劇場で鑑賞できた映画数は,この一年はわずか11本でした。もはや趣味が映画とは言えないレベルでお恥ずかしい・・・・。DVDで鑑賞した作品も入れると50本くらいにはなるのですが…その中で例年のように独断と偏見でマイベストを10作品選んでみました。(洋画も邦画もみんなごちゃまぜです。)みなさんのチョイスと一作でも被っていると嬉しいです。

1位 スポットライト 世紀のスクープ 

2位 さざなみ 

3位 キャロル  

4位 シン・ゴジラ  

5位 ある天文学者の恋文

6位 ルーム

7位 サウスポー

8位 レヴェナント:蘇えりし者

9位 あの日のように抱きしめて

10位 海賊と呼ばれた男

こうして挙げてみると,みごとにバラバラで共通性のないチョイスですね。我ながら感動するツボが読めません。4位の「シン・ゴジラ」は,自分でも想定外の面白さでした。1位の「スポットライト」なんて,選んでいるくせにブログで感想は書いていないという情けなさ・・・・でも私の中ではぶっちぎりの1位です。DVD買ってもう3度も観ましたもん。こういった実話ベースの骨太の作品,増えてきましたよね。5位の「天文学者・・・」はこのあいだ劇場で観たばかりです。記憶が新しいので冬休み中も感想を書くかも・・・いや,そろそろ何か書かねばここまで放置はさすがにマズイ。

2017年はもうちょっと更新もがんばってみようと思っています。よろしくお願いいたします。みなさんにとっても素敵な年となりますように!

2016年1月 1日 (金)

2015年 マイべストシネマ

Oshogatui01002

拙ブログにいらしてくださっている皆様にとって,2016年がさらに幸多い年となりますようお祈り申し上げます。

さて,独断と偏見によります2015年ベストシネマ,ブログに感想はほとんど書いてはいないのですが,今年も一応選んでみました。皆様とお気に入りの作品が被っていると嬉しいな。なお,劇場でなくDVDで鑑賞したものが多いので,劇場公開年は2015年でない作品もあります。

shine1位 キングスマン
2015kingsmanthesecretservicecastpos
DVDで遅ればせに観て,迷わず今年の1位に即決した作品。飛び切りおしゃれでクールでユニークで面白いスパイ映画!なんといってもあのコリンが初のアクション映画に。英国の高級テーラーが実は最強のエージェント集団だという設定が素晴らしい。音楽も役者も,映像もアクションも最高です。英国紳士らしく,秘密兵器が傘だったり万年筆や高級時計だったりするのも気に入りました。あの殺人靴かっこいい~~~
Collin
コリンのアクションシーン(パブと教会)かっこよかった・・・・・内気な王様を演じた彼が体を絞ってトレーニングして,惚れ惚れするような麗しい殺しっぷり。これをコリンにやらせようと考えた監督も,受けて立ったコリンも凄いです。しかし高級スーツもビシッときまって,最高に渋くて美しいオジサマです,このお方。ということで,このお正月はコリン祭り英国王のスピーチ真珠の耳飾りの少女や,シングルマン,「ブリジット・ジョーンズの日記」を再見してみようっと。

shine2位 セッション
Session_01
異色だけどなんとも鮮烈な感動を与える作品でした。感動というか・・・・ラストシーンの息詰まるような展開とカタルシスは凄かった。あのラストですべて持っていかれた感じでした。主演のお二人の白熱した演技に拍手。音楽を扱っているけど音楽がテーマの物語ではなく,手に汗握る壮絶なバトル物語でした。

shine3位 ナイトクローラー
Nightcrawler_01
最初から最後まで衝撃的な作品でした。モラルの欠如した主人公からなぜか目が離せない・・・・面白さがかえって癪に障るほど。ジェイクの演技には唸らされました。

ここから以下は,順位は無しで,ジャンルごとのお気に入りを挙げてみます。

diamond戦争・ホロコースト部門
ふたつの名前を持つ少年
1012500_02
実話なんですよね,これ。ポーランドのゲットーから逃げ出したユダヤの少年が名前をユレクと変えて,親切なポーランド人の農場などを渡り歩きながらひたすらに逃げて生き延びるお話なんだけど,少年の試練や健気さや逞しさだけでなく,彼を助けた人たちのあたたかさに心を打たれます。

diamondアジア映画部門
妻への家路(中国)
Maxresdefault
チャン・イーモウ監督作品。文化大革命で抑留されていた夫が帰ってみると妻は認知症になっていた・・・・。これも実話,というか原作があるんですよね。また読んでみたい。老け役のコン・リーの演技が光っていましたね。ラストまで観て,ああ結局最後まで・・・と切なくなりました。夫婦の絆や愛がしみじみと身につまされる作品。

diamondドラマ部門(2作)
真夜中のゆりかご
T0019929
デンマークのスサンネ・ビア監督作品。主人公の刑事が愛妻との間にできた一人息子を事故で亡くしたときに取った行動とは・・・?ヒューマンドラマのようですが,最後まで観ればこれはよくできたサスペンスでもあるとわかります。ビア監督らしく,不条理や不測の出来事に対する人間の愚かさや弱さもじっくりと描かれています。重い内容ですがラストにほのかに光が射すような救いが描かれています。

おみおくりの作法
Maxresdefault
イケメンも出てこない,大きなドラマもありません。ロンドンで,身寄りのない人たちの葬儀を担当している地方公務員の男性のお話です。地味に淡々と進むストーリーはまるで主人公のジョン・メイのキャラクターや人生そのもののようです。・・・・・このまま終わるのかしら?と思っていたら,ラスト数分でぐわ~っと感動が来ました。あたたかく優しい余韻に浸れる作品です。

diamondラブストーリー部門
めぐり逢わせのお弁当
Lunchbox
間違って配達されたお弁当箱がつなぐプラトニック・ラブ。顔も知らない相手に恋心を抱くという展開が,新鮮でもありもどかしく切なくもあり。成就するのかしないのか結末は鑑賞者に委ねるその奥ゆかしさも好き。

diamondアクション部門
ラン・オールナイト
Runallnight_01
中年を過ぎてから無敵のオヤジを演じるようになったリーアム・ニーソン。今回は正当防衛で親友のマフィアのボスの息子を殺害してしまったことから,息子ともどもボスとその一味から命を狙われる殺し屋を演じます。96時間シリーズと似ているかと思いきや,一夜限りの逃亡劇という展開や,相手役がエド・ハリスであり親友という設定がノワールの香りが漂っていて良かった。

diamondホラー部門
ネスト
24886
スペインのファンフェル・アンドレスとエステバン・ロエル監督作。ホラーというよりサイコスリラーなのだけど,かなり…怖い。自宅アパートから一歩も出ないで暮らしていた外出恐怖症のモンセという女性がアパートの階段から転落した隣人男性カルロスを部屋に引き入れ,怪我の手当をするようになり・・・・。ミザリーに少し似ているけど,その他にも切なさや恐ろしさが詰まった作品。スペインのホラーやサイコは,怖いけれど映像が洗練されていて美しいので私的には好き。

以上,10作品でした。007スペクターミッション・インポッシブルジュラシック・ワールドなど,満足度100%の大作も楽しみましたが,ベストはやはりちょっと捻った作品を選んでしまいました。今年もたくさんの素晴らしい作品に出会えたらと思っています。

2015年1月 1日 (木)

2014年度 マイベスト!

2015010411320000_2
あけましておめでとうございますfuji

本年もよろしくお願い申し上げます。
2014年後半は、諸般の事情で,時間と体力と知力が激減したため,すっかり更新もさぼってしまってお恥ずかしい限りです。(時間は仕事や家族の事情,体力知力は老化現象です。sweat01

それでも行けるときは劇場に足も運んだし,新作もDVDでチェックはしておりました。現地点でまだリリースされていない作品は残念ながら未見ですが,私が昨年観た作品の中でお気に入りの10作品を選ばせていただきました。ブログに感想を書いている作品は少ないですが・・・・(汗)

crown1位 プリズナーズ
114d264e
ジェイクもヒューも素晴らしかった!人間の心の闇や信仰とは?いろいろ考えさせられたし,脚本も構成もとても緻密でよくできた作品でした。ラストが特に秀逸!

crown2位 新しき世界
Img_20140611021154
インファナル・アフェアの韓国版のような感じだけどゴッドファーザーのような雰囲気もあります。潜入捜査官のお話です。緊張感と切なさと恐ろしさと・・・そしてラストのビターな爽快感!役者さんの演技にも心底惚れました。バイオレンスが苦手な方にはおすすめできません。

crown3位 それでも夜は明ける
Photo

実話であること,被害者である立場の人間の手記をもとにしていること・・・などからくる説得力が半端なく,アメリカの奴隷制度の残酷さが凄くリアルに迫ってくる作品で心を打たれましたが・・・「あきらめずに努力すれば夜は明ける」という生易しい世界ではなく,運にも左右されるから,主人公以外に「夜が明けなかった」奴隷たちがどれほどいたのだろうかと鑑賞後はしばし考えてしまいました。

ribbon 4位 鑑定士と顔のない依頼人
騙し絵のような入念なストーリーは再見・再再見したくなること請け合い!映像も雰囲気も音楽も演技も超一流でした。ジェフリー・ラッシュの代表作になるんじゃ?

ribbon 5位 ゴーン・ガール
怖くて救いがなくて,ちょっとムカつきましたが面白かったです。さすがフィンチャー監督と唸りました。

ribbon 6位 ローン・サバイバー 
迫力の戦闘シーンを観たいがために劇場に二度足を運んだ作品

ribbon 7位 あなたを抱きしめる日まで
マグダレンの祈りを思い出しつつ観ました。しかしジュディ・デンチやっぱり上手いです。

ribbon 8位 ダラス・バイヤーズクラブ
これも実話ですが・・・役作りのために激ヤセしたマシュー・マコノヒーにwobbly

ribbon 9位 ポンペイ
あまり期待しないで観たら案外お気に入りになりました。著名な俳優さんはあまり出て       ないけど・・・噴火の再現もすごかったけど人間ドラマもちゃんと描かれててよかった。

ribbon 10位 とらわれて夏
こういうストーリー設定自体が大好きです。サスペンスとロマンスがうまく絡み合って。なんだかんだあってもハッピーエンドなのもよかった。

正月休み中に,インターステラーフューリーも観れたらなぁ・・・きっとどちらもベストテン入りの予感がしますが,間に合わないので来年度に入れますね。

2013年12月30日 (月)

2013年ありがとう!マイベストシネマ

001
もうあと少しで新しい年を迎えます。
しかし・・・・すっかり更新をさぼってしまった2013年。

この年はなんといっても,仕事が殺人的に忙しく,持ち帰り残業でDVDがあまり観れませんでした。そのわりに,昨年に比べると,休日などはまとめて新作映画も観ることもできたかも。この1年,劇場で観た新作映画やDVDがリリースされて観た新作映画などを振り返ると、傑作や佳作,感動作がけっこう多かった年のような気がします。でもほとんど感想はアップしておりません。(汗)・・・・・ひとえに怠慢のなせるわざです。

今年も,洋画,邦画,韓国映画それぞれごっちゃでマイベスト10を選ばせていただきました。相変わらず偏った視点と好みを持つひねくれものなので,世間のみなさまの評価とは被らないかもしれませんが・・・・・・。あくまでも,私が「好きな」作品の順番です。

1位 イノセント・ガーデン 
20130629005954400
怖さと美しさが絶妙に絡み合うパク・チャヌクの美学。恐ろしいのだけど目が離せない美しい映像と完璧な脚本・・・・ヒロインのミア・ワシコウスカも,その叔父役のマシュー・グードもいい!

2位 リンカーン
Images
ダニエル・デイ・ルイスの名演技によって,浮き彫りにされるリンカーンの人柄や葛藤,奴隷制廃止までへの軌跡に心を打たれる。何度観ても感動する作品。

3位 嘆きのピエタ
O0666037412658326079
久々にキム・ギドク監督の毒に酔わされた作品。異常な状況での強烈な母の愛,人間の愚かさやおぞましさ,贖罪・・・・万人にお勧めできないけれど傑作。

4位 殺人の告白

5位 王になった男

6位 REDリターンズ

7位 アウトロー

8位 マラヴィータ

9位 欲望のバージニア

10位 そして父になる

次点  ヒッチコック
     アルバート氏の人生


こうやって挙げてみると,シリアスありエンタメアクションありサスペンスあり・・・とみごとに統一が取れていませんが,これは毎年のことですね。・・・・・しかし,なんとなく人が死ぬ作品が多いような。

最後に,久々にななちゃんの写真です。
2013122923330001
我が家に来てもう15年が経過しました。高齢になってから食が細くなり,最近はめっきり痩せてしまいました。ぽっちゃりさんだったのにいつの間にか抱っこすると骨が触れるように・・・・カリカリはあまり食べなくなったので缶詰に変えると少し食べるようになりました。天国へ帰る日も近いのかもしれません・・・・(泣) 残された日々をこれまで以上に幸せに過ごしてほしいです。

2013年も,拙ブログを訪問してくださったみなさま,ありがとうございました。これからもできるかぎり細々と続けていきたいとは思っています。ではついでに新年のご挨拶も。(なにもかも一つの記事で済ませようというこの怠慢さ・・・・)

新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。
2013123116160000_2
今年のおせちup

2012年12月28日 (金)

2012年度鑑賞作品マイベスト10

Matu
今年もあとわずかになりましたね。
皆様どのような年の瀬をお過ごしでしょうか?

2012年度の劇場公開作品・・・だけでは鑑賞数がとても足らないので,今年になって鑑賞した新作DVDの中からもベストテンを選んでみました。例によって重苦しい作品ばかりが上位3位を占めてしまっていますが・・・・でも今年は4位からはエンタメ作品もハートウォーミング作品もちらほら混じっています。

1位  少年は残酷な弓を射る
 
265d7d78_3
これは,とっても後味の悪い作品にも関わらず,完全にその「不愉快な」魅力にやられてしまいました。残酷な救いのない物語なのになぜか何度でも観たい作品です。「残酷な」少年を演じたエズラ・ミラー君には今後も注目!

2位  預言者
51b0atp0zel
これはレビュー書いてないんですけどね・・・でもすごく心に残りました。刑務所の中でコルシカ人のマフィア・グループに奴隷のように使われていたアラブ少年のマリクが次第に力をつけていくサバイバル物語です。同じ刑務所ものでも,「ショーシャンクの空に」とは全然違うカタルシスが味わえます。第62回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。

3位 灼熱の魂
57070

これは好き嫌いが分かれる作品でしょうね。私は忘れることのできない作品のひとつになりました。かなり衝撃的な内容で,まるでギリシャ悲劇のような一面もある問題作です。ハッピーエンドのお好きな方にはおすすめしないかな。

以下,4位から10位までの作品です。
4位 リアル・スティール
5位 ダークナイト・ライジング
6位 アーティスト
7位 最強のふたり
8位 50/50 フィフティ・フィフティ
9位 サンザシの樹の下で
10位 ドライヴ

なんかいろんなジャンルごっちゃまぜで統一性がないですが,今年は鑑賞数が少なかったにもかかわらず,いい作品にたくさん巡り合えたなぁと満足度も高いです。

最後に,今年一年,個人的に男優賞と女優賞をさしあげたい俳優さんをおひとりずつ・・・いや,男優さんは二人です。どちらも素敵で決められなかったので・・・・。

男優賞
20111127113630aacマイケル・ファスベンダー
私の一押し作品・・・プロメテウス  シェイム  ジェーン・エア
Joseph_gordonlevitt1_ジョゼフ・G・レヴィット
一押し作品・・・・・ダークナイト・ライジング  50/50

女優賞
1c4d69b3_2アン・ハサウェイ
一押し作品・・・・ダークナイト・ライジング  レ・ミゼラブル

それではみなさま,2013年も素晴らしい映画に出会えますよう・・・・よいお年を!

2011年12月22日 (木)

2011年度劇場公開作品マイベスト7

Cjn33
2011年も,はや終わりに近づきました。

年末の慌ただしい日々,みなさんいかがお過ごしでしょうか。本年もこの拙いブログに沢山の方々にお越しいただき,ありがとうございました。
今年は震災の影響もあって,劇場へ出かける回数が減り,数えてみたら14本しか新作映画を劇場で観てなかったです・・・cryingこれで映画好きと言えるのか・・・DVD鑑賞は相変わらず励んでおりましたけれど。

劇場では観なかったけど,遅れてDVD鑑賞できた公開作も含めても,今年の本数の中でマイベスト作品を無理に10本選ぶのはあまりにもキツイので,今年は洋画邦画取り混ぜて7本選ばせて頂きました。内省的,宗教的な色合いの作品が揃ったのは,やはり震災の影響もあるのでしょうかね・・・・。1位の英国王~と6位のミッション・インポッシブル~以外はみんな静かで切ない落ち着いた作品ばかりです。マイナーな作品も多いですね。単に私の性格が暗めだというだけかもしれませんが・・・sweat01

1位 英国王のスピーチ

2位 ヤコブへの手紙

3位 黄色い星の子供たち

4位 ブラック・スワン

5位 神々と男たち

6位 ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル

7位 八日目の蟬 

2012年も拙ブログをよろしくお願いいたします。

このブログもお陰様で,もう5年目に突入です。今後はますます,劇場鑑賞作品よりは,自分の好みの旧作DVDを中心にした映画ブログになっていくのでは,と思われます。エンタメよりはヒューマニックなもの,ハッピーエンドよりはバッドエンドなもの,そして以上の2点はクリアしてなくても,イケメンがたくさん出ているもの…等に内容が偏るかもしれませんが,好みの作品が被った折には,覗いてやってくださいませ。
しかし,年末と年始の挨拶を,こうやって一つの記事でいっぺんに済まそうというところもまた,だんだんズボラになっている証でしょうか。
2011120507340000_2
今年もきっと 寝正月だにゃ~!note 
コラコラ,飼い主のベッドのど真ん中で寝るんじゃない!

2010年12月25日 (土)

2010年劇場公開映画 私的ベスト10

今年は昨年に輪をかけて劇場へ行けませんでした。公開作品の中には,DVDでの観賞を余儀なくされたものもあります。そして今年はこれ以上,新作観賞作品が増える予定もないので,暮れが押し迫る前に,とっととベストテンを選んじゃいました。洋画,邦画取り混ぜています。heart02の数は「好き度」を表しています。

第1位 第9地区 heart02heart02heart02heart02
_12476389318120  

第2位 インセプション heart02heart02heart02
Inceptionmovie11

第3位 ハート・ロッカー
The_hurt_locker_2009_450x250_968969

第4位 告白
Untitled

第5位 シャーロック・ホームズ heart02heart02heart02heart02
Sherlock_holmes_2009_450x250_384054

第6位 プリンス・オブ・ペルシャ heart02heart02heart02heart02heart02
Princeofpersiasandsoftime11

第7位 息もできない
Index_615400

第8位 フィリップ、君を愛してる heart02heart02heart02heart02heart02
Iloveyouphillipmorris_filmstill4

第9位 小さな村の小さなダンサー heart02heart02heart02heart02
337091_001

第10位  ロビン・フッド heart02heart02heart02
336827view012

heart02のついている作品は,再見したいな~と思えた「個人的にも好き」な作品。テーマが私的なツボにきたり,俳優さんが好きだったりする作品かも。heart02が4つ以上の作品はDVD購入も考えています。

一方,順位は高くてもheart02のついていない作品は,「好きではないけど素晴らしいと思った」作品です。

以上,今年も独断と偏見のベスト10選びでした。
みなさま,それではよいお年を!

2010年11月27日 (土)

クリスマス・シネマ

04202
キリスト教の暦では,いよいよアドベント(待降節)に入りました。クリスマス・シーズンになると思い出したり,観たくなるシネマはいろいろありますが,私の場合は・・・・。

アイズ・ワイド・シャット
Eyeswideshutnicolekidman58480956404
ストーリーもテーマも,クリスマスとはまったく関係ない衝撃的でエロティックなものだが,物語が進行するのが「クリスマスシーズンのある一夜の出来事」なので,私の中では妙にクリスマスとこの作品は結びついている。夜のニューヨークの街並みや,主人公たちの住む高級マンションやクラブなど,どの場面にもみられる華やかなクリスマスの飾りつけがとにかく綺麗で。当時夫婦だったトムとニコールの美しいラブシーンも何度見てもため息が。

クリスマス・キャロル
20091120_561360
クリスマスストーリーの金字塔と言えばこれでしょう。
もっとも私はこのジム・キャリーの作品は観ていないけど。(CGキャラって苦手なので)映画というよりは,この時期になると必ずディッケンズの原作を読み返したくなる。

若草物語
Lw5a
ウィノナ・ライダーが主演の作品。貧しくとも心豊かなマーチ一家。
4姉妹と母親の間に繰り広げられる美しい物語は,クリスマスの朝から始まる。これ,ローリー青年役に若き日のクリスチャン・ベールが出てる。素敵です(ベールが)
Christianbalelittlewomen400a01040_2 ・・・・ね?


恋におちて
  記事はこちら
Cap003

これもストーリーはクリスマスと関係ないけど,主人公たちの出会いがクリスマスプレゼントを買いに立ち寄った本屋だったことや,別れた後の偶然の再会シーンもまたクリスマスシーズンの同じ本屋だったりして,クリスマスになると観たくなる作品のひとつ。・・・・ま,これは季節を問わず,いつ観ても素敵な作品なんだけど。

スモーク  記事はこちら
Cap061

ブルックリンの下町で煙草屋を営むオーギーと,彼の店に出入りする人々の人生模様をさりげなく描いた作品。これはなんといっても,ラストに語られるオーギーと盲目の老婆のクリスマス・エピソードがいい。家族の絆とか,人情の温かさとかについて,しみじみとした感動が味わえる。

皆さんにとって,
クリスマスになると観たくなる映画って何ですか?

2010年1月18日 (月)

DVD化,もしくは再版してほしい作品たち

O0370027810363678276_2
過去にVHSで鑑賞した大好きな作品のうち,DVD化されてなかったり,廃盤もしくは販売店ではもう扱ってなかったりする作品,レンタル店の店頭からも姿を消し,ネットに出品された中古には,法外な値がついていたりして・・・そんな理由で,再見したくてもできない作品,私の場合も,いくつかあります。たとえば・・・・

紅夢
20080922190500
チャン・イーモウ監督の知る人ぞ知る傑作。
1991年製作。コン・リー主演。十数年前に,わたしが初めてビデオで観た中国映画がこれ。それ以来,イーモウ監督作品にハマった。富豪の家に第4夫人として嫁いだ少女が,封建的,閉鎖的な「家」社会の中で,次第に正気を失っていく悲劇の物語だが,赤と黒を基調とした美しい色彩や,完璧なシンメトリーになっている構図など,見事な映像が素晴らしい
20080922190458
「紅夢」という題は,主人が夜を過ごすと決めた夫人の居室の前に赤い提灯を灯したところから来ている。美しくも残酷な物語だが,実はイーモウ監督作品の中では一番好きな作品。監督の,映像や構図への徹底したこだわりは昔から同じだけれど,最近作の王妃の紋章などと比べると,ずっとシンプルなだけに,かえってその映像美が際立っている。コン・リーも若くて綺麗。これだけの傑作が,残念ながらDVD化されていない。

司祭
21w3ge04khl__sl500_aa130_
カトリックの司祭でありながら同性愛者である青年の苦悩を描いたシリアス・ドラマ。1994年製作。キリスト教会が説く罪と裁きとは?赦しとは?そして戒律とは?とさまざまなことを鋭く問題提起した作品。カトリック教会からは冒涜だと激しく非難されて話題を呼んだ。

主演のライナス・ローチの他にも,先輩の神父にトム・ウィルキンソン,グレッグ神父の恋人にロバート・カーライル,と豪華な顔ぶれでもある。これは,もう中古しか手に入らないのだけど,ネットでは10000円以上の,法外な値がついている。

ファイアー・ライト/情炎の愛
Ph
ソフィー・マルソー主演
,1999年日本公開作品。舞台となった英国の冬の田舎の館の雰囲気や,ストーリーそのものも,なんとも言えず好き。そしてソフィー・マルソーがとても美しく魅力的だ。お金のために代理母をつとめたソフィーが,数年後に手放したわが子を再び取りもどすまでの物語。これはDVDは廃版になっている。ネットに出品されている中古もお高い。

モーリス
O0433028110363690523_2
もうこれは説明は要らないでしょう~。英国のカレッジを舞台に繰り広げられる,青年たちの愛の物語。ヒュー・グランドが輝くほどに美しい。これは長いことDVDの再版を待ち望んでいたのだけど(中古なんて2万円ものお値段が!)今年の5月末に待望の再版DVD(HDニューマスター版¥ 2,953 )が出るそうだ!

東宮西宮
459801
夜の公園で逮捕されたゲイの青年と,逮捕した警官(胡軍さん)の秘められた葛藤の物語。派出所の室内だけで進行する,緊迫した心理ゲームのような展開の作品(らしい。未見だ)東宮西宮とは,紫禁城の両脇に立つ公衆トイレの名前で,ゲイのハッテン場であるらしい。1997年製作。

見たくてたまらないのだけど,日本語字幕のDVDってまだ出ていないようだ。中国語や英語の字幕のを入手しても肝心の台詞の理解が十分にできないと,魅力が半減するだろうし・・・・。

みなさんの,再版もしくはDVD化してほしい過去作品って何ですか?