カテゴリー「ご挨拶など」の42件の記事

2022年5月22日 (日)

家庭菜園始めました。

Img_3179
この春に定年退職し、週に三日だけの短時間勤務になりました。
高齢の父が昨年から放置していた家庭菜園を私が引き継いでやることになりました。

Horizon_0001_burst20220517165704674_cove
家の東側にある、5メートル四方ほどの小さな菜園です。
アウトドアの活動は嫌い!なので最初は嫌々でしたが、エンジンがかかるとこれがなかなか面白い!
最近はネットでいくらでも農家さんからのアドバイスを検索できるので便利ですよね~。倹約家の父は農薬や肥料にお金をかけてなかったので、苦土石灰や堆肥で土づくりをするところから始めました。週に4日間お休みがあるのでその日は畑仕事にせっせといそしんでいます。

Dsc_0413Horizon_0001_burst20220521135100466_coveDsc_0412
ナス、キュウリ、ミニトマト、どれも順調です。キュウリは植えてすぐにネキリムシにやられちゃった苗があったので、ネキリベイトをばらまきました。イチゴにも挑戦。初心者に育てやすい四季成りイチゴ「あまごこち」という品種です。
Img_3191
家で食べるぶんだけなので、家族がよく食べる野菜を中心に栽培しています。他にはオクラとつるなしインゲン。こちらは種を直まき。順調に発芽して育っています。大好きなズッキーニの苗も来週植える予定です。ブロッコリーの苗は知人からいただいたのでそれも植えました。あと、ししとうとピーマン。
Dsc_0408
虫や病気の対策や追肥、摘芯摘果など調べながら頑張っていきたいと思います。

あとは天候に恵まれますように・・・。

採れたて野菜はやっぱり美味しいですものね♪

2022年3月26日 (土)

二ーバーの祈りのネックレス

Dsc_0278
ラインホルド・二ーバーの祈りが刻まれたステンレスネックレスを、Amazonさんで購入しました。
二ーバーはアメリカの神学者です。

God, give us grace to accept with serenity
the things that cannot be changed,
Courage to change the things
which should be changed,
and the Wisdom to distinguish
the one from the other.

神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。
変えるべきものを変える勇気を、
そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えてください。

クリスチャンでなくても単なる人生訓としても深い言葉だと思っています。クリスチャンであればさらに、神のみこころに身をゆだねようという平安な気持ちになれます。

変えることのできないものを受け入れ、変えるべきものは勇気をもって変えていく。これは実際にはとても難しいことかもしれません。変えることのできないものを変えようとして疲労困憊し、変えなければいけないものはその困難さから放置して諦めてしまう・・・。そう、この祈りとは真逆のことをしてしまうことがずっと多いのです。区別する賢さが欠けているのですね。

変えることができないものは、過去と他者だといいます。過ぎてしまったことは今更どうしようもない。そして他人もまた、自分の力では変えることができないし、無理やり自分の都合のいいように変えようとするのは傲慢そのものですよね。それなのに私たちは、「あのときああしていたら・・・」とくよくよし、「あの人さえこうしてくれたら・・」と自分の不満や不幸を他人のせいにして恨みをつのらせてしまうこともあるでしょう。横暴な配偶者や自己中で支配的な親など、確かに他者からの試練に苦しむこともあるでしょう。悩みの張本人が変わってくれたら、もしくは消えてくれたら、どんなに楽になるだろうと思いをめぐらすこともあるかもしれません。でも、他者はそんなに簡単には変わりません。そしてそう簡単にあなたや私の前から立ち去ってくれないことの方が多いのです。
Img_3028
では、変えなければいけないものとは何か。それは自分と未来です。この二つは、変えることができるのです。たった今からでも遅くはないのです。よりよいものに変え続けることができるのです。しかし、そのためには努力や忍耐や、賢い見通しというものが必要です。生易しいことではないゆえに、変えるには勇気が必要となるのでしょうね。

生きていくのは苦しいです。他人が枷になることもあります。災害や病気や老いなど、乗り越えるには大きすぎる試練のなかで現状を受け入れられず、気持ちを切り変えることもできず、人を恨み、神を呪って消えてしまいたくなります。そんなときにこの祈りを思い起こします。感謝と平安が次第に心に満ちてくるまで、この祈りについて黙想するのです。明日もまたがんばろうという気持ちになるまで・・・。

2022年2月27日 (日)

春は名のみの・・・

Img_2932
もう三月がそこまで来ているけど、今年は久々の寒い冬で、早春賦の歌詞がぴったりの今日この頃です。ある意味、冬らしい冬なのかもしれませんね。思い出せば、私が子供のころの冬は四国でも大雪が何度も降ったし、エアコンもなくてあかぎれやしもやけともお馴染みでした。でもここしばらくの暖冬続きで、寒さに凍えるという体験を体が忘れてしまっていたような気がします。なので今年の寒さの体にこたえることと言ったら!まあ、年のせいもあるのかな。

去年は車のタイヤも冬用に替えなくても大丈夫でしたが、今年は何度かヒヤヒヤしましたね。雪も氷も。
Img_2928
南国なので積もってもすぐに溶けるのですが、それでも雪だるまを作るくらいは降ってくれましたね。
Img_2947
つららなんて、何年ぶりでしょ・・・。

そんな長かった冬も、ようやく終わりに近づいてきました。3月に入ったらきっとぐっと暖かくなることと信じています。それはそれで今度は花粉の季節到来なのですが。
Dsc_0267_2

春のお花はやっぱり可愛いですね♪

2022年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます。

Pixta_70486418_s600x426
昨年に比べると帰省客も多く見かける元日。二年ぶりに親元に帰省できた方も多いのでは?何はともあれ元旦の今日は寒いけれど穏やかに晴れています。今年こそはコロナが終息してほしいですね。

さて、2021年は映画鑑賞もままならなかったのでランキングはできませんし、10月末の指の骨折で恒例のおせちも作りませんでした。すごく楽でしたがやはり寂しい。来年はまた復活させようと思います。丹波の黒豆を煮たのと、石狩湾の数の子だけは手づくりしました。年末に買っておいたラフロイグのソーダ割と数の子がとても合いました。
Dsc_0248
Img_2672
丹波の黒豆は、ほぼ二日がかりで戻したり煮たりするのが面倒ですが、やはり自家製は美味しいです。

お花もほんの少し小さめに活けました。花ばさみがまだ十分に使えないのでこれが精いっぱいですね。
Dsc_0245
それではみなさまもよいお正月をお過ごしくださいませ。
明日の晩はTVで鬼滅の遊郭編を観るのが楽しみ~~~~。

2021年10月 9日 (土)

スマホを新調しました!

Img_1996-1
AQUOS R6 SH-51B です!

それまで使っていたスマホがAQUOSだったのと、写真撮影が好きなので、カメラ機能がすごいというこれにしました。ライカのカメラを搭載していて、「圧倒的な集光量で、暗い場所でもノイズが少なく鮮明な写真が撮れる。さらに高いダイナミックレンジで明るい被写体は白とびせず、暗い被写体は黒つぶれのない広い階調の表現で細部までくっきりした画像を残すことができる」そうです。専門用語はよくわかりませんが(;^_^ とにかく綺麗で自然な写真が撮れるということらしい・・・。

早速撮ってみた写真がこちらです。⤵
Dsc_00012
Dsc_0103Dsc_0099
実はメカ音痴な私でも背景ボカシの見事な写真がさりげなく撮れます~
売りの一つである「夜景モード」での撮影はどうかというと・・・。
Dsc_0108Dsc_0106
右の写真なんて、黄昏時ではなく、夜の8時に撮影したものですが、驚くほど明るく撮れていてびっくり。夜間のイベントの記念写真とかもいけそうですね。

そんなわけでカメラ機能はやはりすごかった。使いこなせるようになるともっとすごいのでしょうが・・・。欲を言えばピントが合うのが遅かったりシャッターの反応が微妙に遅れたり、という違和感はありますが、アップデートで改善されていくようです。

カメラ以外の機能も電池が大容量だったり、動きがサクサクとスムーズだったりと、とても使い心地はいいです。唯一の不満点は・・・
Img_1999

ディスプレイの両端が画像のようにエッジ(湾曲)がきいてるって点ですね。(´;ω;`)
このエッジの部分のキーボードの文字が打ちにくいです。まあ、これも慣れるとは思いますが。
何はともあれ、新しいスマホ、大切に使いたいと思います。

2021年7月17日 (土)

スイカの収穫

Img_1862
丹精した小玉スイカ。いよいよ収穫の時期がやってきました。

受粉させてからおよそ1か月。
実の近くの巻きづるが茶色く枯れてきたものから収穫しました。
6株植えて15個の収穫予定です。

Img_0887
カラスやハクビシンから収穫間際のスイカを守るために、百均のザルをふたつ合わせて保護しました。これで鳥獣の被害はゼロです。収穫したスイカはシャリシャリしてみずみずしく、とても美味しかったです。やっぱり自分の手で受粉させたスイカの味は格別ですね。

Img_20210708_202805
黄色いスイカの苗も植えたので、切ってみたら黄色だった!という子もいました。味は赤いほうが甘みが強く、黄色はさわやか。そういう品種なのでしょうね。ちなみに黄色い方は品種名を失念しましたが、赤いのは育てやすく甘みの強い「紅しずく」です。
Img_1867

2021年6月18日 (金)

西瓜栽培に初挑戦!

Img_0841
理由あって、今年の連休明けに小玉スイカを6株植えました。畑仕事は初めてです。土づくりから始まってなかなか大変でした。あちこちのサイトや動画を参考に、畝を作ってマルチを張り、病気に強いという接ぎ木苗をホームセンターで購入。ちなみに育てやすく美味しいという「紅しずく」です。画像は6月8日に人工授粉させたものですでに直径が15センチくらいにまで成長。受粉後約1か月で収穫ということなので、7月の10日前後には美味しいスイカが食べれるといいなぁ。

Img_0771Img_0692
右が雌花で左が雄花です。今年は梅雨入りが早く、ちょうど花が咲き始めるころに雨が多かったのですが、一番花は摘花し、二番目に咲いた雌花に、梅雨の晴れ間に受粉させました。雄花の花粉の勢いの良い朝のうちに毎日3~4個受粉させましたが、雨にあたってうまく着果しなかった子もいて(涙)今現在着々と大きくなっている子は9個ほどです。雌花はまだ咲き続けているのであと少し受粉作業をしようと思っています。
カラスよけの防鳥テープも張りました。
Img_20210612_113516
ただいま成長中。がんばってね!

2021年5月19日 (水)

ミシンに目覚めました💛

Img_20210303_190914
今年になって鬼滅の刃にハマったのをきっかけに、ミシンを買いました。

なんと、ミシンまで禰豆子柄です!!!
お値段は手ごろなジャガーミシン。でもちょっとした袋物や小物しか作らないので、基本的な機能だけで十分です。コンパクトでお洒落で、そのままお部屋に置いておいても可愛いインテリアになるのでお気に入りです。

もちろん、最初は簡単なものから・・・。
Dsc_0338-1
麻の葉模様と市松模様を組み合わせたハンカチ。ブロードなので吸水にも優れてとても実用的。マスク作りで余ったリバティプリントでも作りましたが、こちらはタナローンなので吸水はいまいち。

Img_1612

ハンカチと同じ生地で、カフェエプロンも作りました。

Img_1530
炭治郎柄と禰豆子柄でシンプルな巾着袋。

ここから、動画を検索したりして、もっと難易度の高いものも作ってみました。といっても、簡単でしたが・・・・。
トートバッグやレッスンバッグを作ってみたくなりました。キルティングを使ってみました。
Img_0027
とても簡単ですがちょっとしたお出かけにぴったりなサイズの、キルティングトートバッグ。裏地つきで中にはポケットもついています。このサイズとデザインが気に入って、プレゼントも含めて何種類か作りました。

Img_0048Dsc_0361
禰豆子柄のトートは自分用にももちろん作りましたが、知人のお子さんにプレゼントするととても喜ばれました。

Img_0458
こちらはレッスンバッグ。マイバッグにも使えます。

動画サイトにはほんとにお世話になりっぱなしです。実際に作るところを映像で見ることができるのでとってもわかりやすい。制作意欲も高まりますね。

2021年4月17日 (土)

桜いろいろ

Img_0254
職場の桜の大木。多分相当な樹齢でしょうね。今年の桜は開花が遅かった割に散るのが早く、花を愛でる期間が短かったような気がします。こんなご時世ですから、例年と変わらず季節が来たら何事もないかのように咲いてくれる桜たちに癒されました。宴会は自粛でしたがあちこちにお花見に行かれた方も多かったのではないでしょうか。今年の可憐な桜たちの画像をアップしました。

Img_0199Img_0313

Img_0314Img_0322

Img_0224-2Img_0256

満開の子も咲きかけの子も葉桜の子も、みんなそれぞれ美しいですね。

Img_0175
Img_0195
この美しい日本の花が、これからもずっと変わらず見られますように・・・・。

2021年2月21日 (日)

早春だより

Img_1511
今年の冬は長くて寒いですね。ここ四国でも数年ぶりに降雪がありました。南国ならではの水道管の破裂も多発。寒い冬は冬らしくて嫌いではありませんが、家も体も北国仕様ではないので、慣れない雪に困惑する場面も多いです。
Dsc_0334
でも、水墨画のように美しい雪景色にうっとりはするんですがね。

そして今年は春の花の開花も少し遅れているようです。真っ先に咲いたのはやはり水仙と梅。

Img_1346Img_1495

野山では、春の象徴のタンポポはまだ見かけません。オオイヌノフグリはやっと開き始めました。
Img_1508
庭の木瓜のつぼみも例年より遅れてようやくほころんできています。
Img_1579
愛猫のお墓の周囲に植えていた、春咲きのクリスマスローズ(寒芍薬)は今が盛り。
秘蔵っ子の白水仙(副冠も白い)も高貴な香りを漂わせています。
Img_1566 Img_1584
昨日、鶯の声を聞きました。すこしずつ庭も春の花で賑やかになってきました。

桜はまだまだ先だけど・・・。

フォト

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。
無料ブログはココログ