« 春を待つ | トップページ | 春の訪れ »

2024年2月28日 (水)

コヴェナント約束の救出

Guyritchiesthecovenant_scene_10

ジェイク・ギレンホール目当てに鑑賞。結果、ものすごくよかった!彼はどの作品でもうまくこなすが、最近の作品ではこれが最高傑作かもしれない。兵士の役は、彼のはまり役のひとつだけど、本当にリアルで緊迫感に溢れた骨太の演技だった。

あらすじ
2018年、アフガニスタン。タリバンの武器や爆弾の隠し場所を探す部隊を率いる米軍曹長ジョン・キンリーは、優秀なアフガン人通訳アーメッドを雇う。キンリーの部隊はタリバンの爆発物製造工場を突き止めるが、大量の兵を送り込まれキンリーとアーメッド以外は全滅してしまう。キンリーも瀕死の重傷を負ったもののアーメッドに救出され、アメリカで待つ家族のもとへ無事帰還を果たす。しかし自分を助けたためにアーメッドがタリバンに狙われていることを知ったキンリーは、彼を救うため再びアフガニスタンへ向かう。映画.comより引用)

アフガニスタン問題を取り扱った社会派の一面もしっかり見せつつ、純粋に戦闘ものとして、緊迫感や臨場感の溢れるアクションを堪能できる作品でもある。実際、私が鑑賞した劇場内は年配の男性客が多かった。しかし戦闘を楽しめるだけではなく、深く感動できるヒューマンドラマでもあるのが、今作のすごいところだと思う。

640_20240228192101

アフガンの通訳アーメッド役の俳優さんはちょっとショーン・コネリータイプのおっさん(失礼!)なのだが、この人がめちゃくちゃいい!寡黙でタフで、強くて内に秘めたる奥深さがたまらなくカッコいい。上官であるがそれまで一面識もなく、何の義理もないアメリカ人のキンリ―を、険しい山道を手押し車に載せて命がけで運んでいくシーンは何度も胸が熱くなる。どうしてそこまで・・・と思うわけだが、実は彼の心情は彼自身のセリフで語られることはない。アーメッドもタリバンを憎んでいること、何度かキンリ―がアーメッドを信頼してその忠告などを聞き入れてくれた上官であったこと、そしてキンリ―の青い瞳がタリバンに殺された息子の目に似ていたこと・・・などが実は理由のひとつになったのかもしれないと思った。

Intro_photo01-1
さて、邦題に「約束の救出」とあるが、これはちょっと違うんじゃなかろうか?と思う。なぜなら、キンリ―とアーメッドの間では実際では何の約束も交わされていなかったからだ。何週間もの逃避旅を経てようやくキンリ―が米国基地に保護されたときは彼は意識もなかったまま搬送されたので、アーメッドに礼すら言う間もなく、「この恩は忘れない」という意思を伝えることもできなかったと思うから。

従って、キンリ―がアーメッドを救出に向かったのは、約束したからではなく恩義(報いるべき義理)を感じたためだった。事実、劇中でも何度かキンリ―が「恩義」というセリフを口にし、「このままでは夜も寝られない」ほど苦しんでアーメッドのために奔走し、ついには妻に背中を押される形で命を懸けた救出劇を決意している。恩義を返すという考えが、なんとなく日本的で武士道っぽく、キンリ―とアーメッドの関係にしっくりくるようで、個人的にそこもとても惹かれるツボだった。

2024022500000008eiga0001view

アフガニスタンでのアーメッドとの再会シーン。現地人に変装したキンリ―がようやく見つけたアーメッドにさりげなさを装って近づき、話しかける。名も呼ばず、名乗りもされないのにアーメッドはキンリ―だと気づき、彼が何のために帰ってきたか悟りながらも、第一声は「…その服似合うな。」いや、もうたまらんシーンでした。周囲の目や耳をはばかる必要があったとはいえ、どちらもポーカーファイスすぎて。そしてもうここで以心伝心、阿吽の呼吸というか、語り合わなくても十分に深い絆の自覚が両者に存在していたんだと感じた。

二人の心の交流や、命を懸けて恩義を返そうとする漢の生きざまが非常に感動的であるが、次から次に無限に湧いてくるタリバン兵との銃撃戦やカーチェイス、あわやここまで、と思った絶妙な瞬間に現れる米国戦闘機の助けなど、手に汗握る観どころも満載だ。

« 春を待つ | トップページ | 春の訪れ »

コメント

こんにちは。
これは素晴らしい作品でした。
書かれていらっしゃる内容、色々思い当たる節があり、再び作品を思い出して2度楽しめました。ありがとうございます。
ホント、ジェイク・ギレンホールの出演作品にハズレ無しですよねー。

ここなつさん ありがとうございます。
ジェイクは出演作の監督さんをきちんと選んでるとか聞いたことがあり
それもあって傑作になるのでしょうが、やはり彼の演技力ですよね。
ブロークバックマウンテンのときは繊細な青年役でしたが
実はマッチョなので兵士の役はほんとはまり役でもあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春を待つ | トップページ | 春の訪れ »

フォト

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。
無料ブログはココログ