« 春の庭 | トップページ | THE GUILTY ギルティ »

2019年5月 4日 (土)

運び屋

B0b4483b329377b5636d0470e1f0f19d
 つい先日、87歳の父がついに運転免許の返納を決めた。田舎住まいなのでできるだけ長く頑張ってきたけれど、さすがにもう限界ということで・・・。高齢者の運転ミスからの痛ましい事故も多発するようになった今日この頃、娘としては内心安堵するものもあった。そんな時に鑑賞したのが、巨匠イーストウッド監督の最新作「運び屋」である。実在した90歳の麻薬カルテルの運び屋をモデルにした作品で、なんと88歳のイーストウッドが主人公のアールを演じた。父とほぼ同年代、米寿を迎えるイーストウッドがどこまでも続く道路を鼻歌を歌いながら運転する映像に「なんて元気なんだ!」とまず最初に驚いた。
8ed003f4d4d1ef90d75e85b588336c7c  
 この物語は、高齢の両親を持つわたしにとっては、しみじみと心に響く「終活映画」だった。そして88歳を迎えたイーストウッド監督にとっても集大成ともいえる最高傑作だと思った。麻薬カルテルの運び屋が主人公なのだから、もちろん緊迫したシーンもあり、主人公アールのものに動じない飄々とした個性と周囲とのやり取りはコミカルでもあったが、それでも観終わったあとにはあたたかく満ち足りた思いが迫ってきた。

 家族も大切・・・。仕事もまた大切。それに加えて、好きなように生きる選択や自由も、時には必要なのかもしれない。人生の黄昏時、振り返って悔いのないようにバランスよく生きたいと願い、先に逝く運命の親たちにも、「いい人生だった」という思いを持たせてあげたいなと感じた。イーストウッド監督の作品には毎回唸らされるが、特にこの作品は、ストーリー、彼の演技、訴えてくるテーマすべてが素晴らしい。
2930004

« 春の庭 | トップページ | THE GUILTY ギルティ »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんは。
ななさんはこの作品、お父様と重ねながらご覧になったのですね。
私は父が61歳の時に亡くしているので、あくまで客観的に、かっこいいなー、パワフルだなー、すごいなーと感嘆しながら見ていました。
アールはイーストウッドを投影したキャラクターという風にも感じましたね。
これまでを好きなように生きてきたとしても、人生の最後は家族の愛に囲まれながら終えたいという、イーストウッド自身の願いでもあるのでしょうね。

https://blog.goo.ne.jp/serendpt3/e/f2f214a243f2ca1f802212d73344de4a

イーストウッド監督の作品だから観に行く、という思いの人は多いと思います。
かく言う私もその一人ですが、その思いが裏切られることはないですね。
映画作りが叶うまで、私たちに熱い心を届けて頂きたいです。

ディレクターズチェアに座る監督の横顔、イイですね(*^-^*)。

セレンさん こんばんは

そうそうイーストウッド監督の年が父と似ているので、彼の表情や行動と父を比べて、「若いなぁ」と感心したり、足元が少しおぼつかないシーン(これはきっと演技でしょうが)では「似てるなぁ」と思ったり。
でも何より、あの年齢でこんな傑作を監督できてしまうというのが一番凄いし、さすが巨匠だと思いました。
>これまでを好きなように生きてきたとしても、人生の最後は家族の愛に囲まれながら終えたいという、イーストウッド自身の願いでもあるのでしょうね。
そうそうわたしも同じように感じましたよ。

ぺろんぱさん こんばんは。

イーストウッドに外れなし・・・、やっぱり今回も裏切られることはありませんでしたね。素晴らしかったです。彼の作品では実は「硫黄島・・・」と「ミリオンダラーベイビー」が好きなのですが、この作品が今後は一位になるかもしれません、私の中では。
>ディレクターズチェアに座る監督の横顔、イイですね(*^-^*)。
いぶし銀のような魅力がありますよねぇ。

お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。
この作品、娘役がイーストウッドの実の娘さんということで
私もアール爺さんをイーストウッドと重ねて観ていました。
彼の近年の作品の中では、私は「グラン・トリノ」が一番好きです。
これには号泣してしまいました。
https://blog.goo.ne.jp/franny0330/e/a60e733e2b1986470ce12196e9233e3f

zooeyさん こんばんは

>娘役がイーストウッドの実の娘さんということで
えええ~、そうだったんですね!(←無知)父娘が似てないし、全然思いもしなかったです。それはまた素晴らしいですねぇ。ヴェラ・ファーミガさんの妹さんが出てるのは気づきました。だってお姉さんそっくりなので。キャストもみんなぴったりで豪華な顔ぶれでしたね。「グラン・トリノ」も感動した作品です。イーストウッドは外れがないんですよねぇ・・・・。

ななさん、こんにちは
これ、レンタルで見ました。
終活映画、まだまだ高齢でも元気でパワフルなじいちゃんでした。
良い人生だったと言えるんじゃないかな。

餃子、とても美味しそうに焼けてますね^^
家で作ると沢山出来るのよねー

latifaさん
ご無沙汰しています~。
ツタヤが閉店してすっかりレンタルから遠ざかり
親の半介護も始まって映画館にも行けず・・・。
最近やっとアマゾンプライム始めたので
ぼちぼちレンタルや見放題も楽しめるようになりました。
終活映画のよさがわかるようになるなんて
自分も年を取ったなぁと感じるこの頃です。

餃子は最近手作りを始めたのですが
やっぱり手作りは量が多くて嬉しいわ~~~。

ななさん、こんにちは。

主人公とイーストウッドが重なる・・・映画でしたね。

>それに加えて、好きなように生きる選択や自由も、時には必要なのかもしれない。
そうですね。家族の大切さに気付いたアールですが、好きなように生きた人生、幸せだったんじゃないかなと感じました。
奥さんはいろいろ言いながらも、彼を愛してましたね。
それだけ魅力的な人物でした。

サタデーナイト餃子!!いいですねーー!(^^)!
夏休みに孫ちゃんたちが泊まりにくるので、一緒に作りたいと思います。

瞳さん こんばんは。

お返事が遅くなってすみません。
>奥さんはいろいろ言いながらも、彼を愛してましたね。
>それだけ魅力的な人物でした。
そうですよね。好き勝手をしたようにも見えますが
考え方に一本筋が通っていて、魅力的だったと思います。
奥さんも子供たちも、彼が好きだったからこそ
構ってもらえない寂しさがあのような怒りにもなったのでしょうね。
本当に愛想を尽かされていたら、終盤であのような展開にはならなかったと思います。

孫ちゃんと餃子作り、素敵ですね!餃子は大勢で包むとまた楽しいですし沢山できますね。楽しんでください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の庭 | トップページ | THE GUILTY ギルティ »

フォト

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。
無料ブログはココログ