« あけましておめでとうございます | トップページ | 更新お休みのお知らせ »

2019年1月27日 (日)

ルイの9番目の人生

The9thlifeoflouisdrax
DVDで鑑賞。
あっと驚くラストというキャッチコピー。観ている最中にわかっちゃったという人も多かったらしいけど、私はこの手の作品には驚かされたいタイプなので 、余計な気をまわさずに素直に鑑賞。あっと驚くというよりは、へ~、なるほどそうだったのね~とすべて綺麗に腑に落ちてから、もう一度最初から観なおした。そして、真実を知ってからの再見は、なかなか切ない味わいだった。
42f04e5a41b04133b2e1f60ef7c3f226_2
生まれた時から一年に一度のペースで生死にかかわる事故に合い、8回も死にかけたルイ少年。そして、ルイはやはり9歳の誕生日に崖から転落し、一命はとりとめるものの、昏睡状態に陥ってしまう。なぜ彼はこんなにも「事故多発少年」なのか。9つの命を使い切ってしまった彼に10番目の人生はあるのか・・・。謎に満ちたサスペンスタッチで始まる物語は、昏睡状態のルイの意識を、深海のファンタジックな映像で描きつつ、ルイの美しい母親や担当医師、セラピストなどの主要登場人物を絡ませながら、先の読めない展開で進んでいく。
Dasneuntelebendeslouisdraxmitsarahg 
ネタバレはしたくないので、これ以上のあらすじを書くのは控えるが、観終わった後、騙し絵の謎が解けたような、ちょっとした感慨を感じた。そして、冒頭から抱いていた「ルイ」への印象が大きく変わった。印象が180°激変するのはルイだけではなく、むしろ彼以外の「ある人物」の方が強烈なのだが、わたしはそれまでルイに抱いていた「なんだか可愛げのない生意気な子ども」という印象が「自分の運命を受け入れざるを得なかった健気な子ども」に変わったことの方が心に残った。
201801vhkvpvp69v
なぜ自分は事故多発少年なのか。
ルイはいつ、その理由を、真実を、感じ取ったのだろうか。シングルマザーの母親や、血の繋がらない養父へのルイのさまざまな思いや気遣いを通して、わずか9歳にして シニカルな諦念に至った彼の心情を思うと、可哀そうで切なくてたまらなくなった。子供は親を選べない。そして子供はどんな親でも本能的に愛し、受け入れようとするものなのかもしれない。
3ba2234ce1784cd9ac9259f7b54d7bc5
昏睡状態でいる今の状態が、今までで一番幸せだと感じていたルイが、10番目の人生を生きるために目覚めたのは、この世を去ってもなおルイに健全な愛情を注いでくれていた「彼」の願いが通じたからかもしれない。ルイの10番目の人生に心から幸あれと願う。
201801yuykabedc8_2
しかし、ラストのこのシーンにはちょっとぞっとしましたねぇ。・・・・・なるほど新たなターゲットを得たわけか、と戦慄した。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 更新お休みのお知らせ »

映画 や行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、おはようございます。
テンプレートがとってもお洒落~♪本の頁をめくるようで素敵ですね。

>騙し絵の謎が解けたような、ちょっとした感慨を感じた。そして、冒頭から抱いていた「ルイ」への印象が大きく変わった。

ここ、大きく頷きました!!全くそのとおりでしたね。
ルイ、美少年でこましゃくれてる感じで謎めいていて・・・、そういう印象でしたが、自分の人生を受け入れてある意味達観の境地?にまで達していたかのようでした。
そしてある人物については・・・大きな愛情を感じましたね(涙)
サラ・ガドンの美しさ・・・男性陣の目を釘付け!!!(^^)!反して女性たちは・・・(笑)

ラストシーン、映画ならではのシーンだったそうですが、ゾッとしましたね。

子どもは親を選べない・・・、先日も悲しい虐待のニュースを見てしみじみそれを感じます。
子どもを守るべき実の親が~(>_<)

瞳さん こんばんは

レスがすっかり遅くなってしまってごめんなさいね。
このテンプレはココログの初期のものですが
けっこうお気に入りで、使うのは実は2度目なんです。

この作品、最後まで観て謎が解けると
もう一度観返したくなりますよね~。
主人公のルイや周辺の人物の印象が
反転するようにガラッと変わるところが面白かったですね。
サラ・ガドン、めちゃめちゃ美しくて
魔性の女性でしたね。

>子どもは親を選べない・・・、先日も悲しい虐待のニュースを見てしみじみそれを感じます。
まったくですよね。
実の親なのに・・・とうとうここまで来たかと
暗澹とするニュースでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルイの9番目の人生:

» 「ルイの9番目の人生」 [Slow Dream]
サンフランシスコの海辺の崖から転落したひとりの子供が、病院に救急搬送された。 その少年ルイ・ドラックス(エイダン・ロングワース)は生体反応がなく、一度は死亡が確認されたが、遺体安置室で奇跡的に蘇生。しかし全身にむごたらしい大ケガを負っており、昏睡状態に陥ってしまう。 著名な小児神経科医アラン・パスカル(ジェイミー・ドーナン)がルイの担当医として外部から招かれるが、この愛くるしい容...... [続きを読む]

« あけましておめでとうございます | トップページ | 更新お休みのお知らせ »

フォト

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。
無料ブログはココログ