« ルミナリエ 2018 | トップページ | ボヘミアン・ラプソディ »

2018年12月26日 (水)

ル・ヴェルジュでクリスマスディナー

Img_4965

地元のフレンチレストラン「ル・ヴェルジュ」でクリスマスのコース料理をいただきました。
ご夫婦二人だけで経営されている小さなレストランですが、東京出身のご主人が作るお料理がどれも絶品で、この県の特産を活かしたメニューには、旬のお野菜やお魚がふんだんに使われます。また、奥様が担当されているデザートの美しさや味にも毎回感激です。完全予約制で、普段は3000円・4000円・5000円のコースがありますが、クリスマスには7000円の限定コースが出されるのです。
我が家が年に3度ほど利用させていただくようになって、もう何年もたちますが、前菜は特に一度として同じものが出てきたことはありません。常連客に提供したメニューを記録していて、同じものは出さないようにしていると伺いました。
Img_4969

前菜は、右からの柚子風味のアボガドムース、徳島産のイセエビ(付け合わせの赤いお野菜はなんと赤い白菜)、そしてグラスに入っているのは愛宕柿とイカのジュレのキャビア載せ。どれも繊細でとても美味しいお味。毎回、想定外の食材の組み合わせが見事です。
Img_4974
口の中でとろけるほど柔らかいオックステールのスープ。筍やマツタケや大根が入っていて和風味ですが、これが上品で滅茶苦茶美味しかったです。右のお料理は穴子を巻いてイクラを散らしています。
Img_4977
お魚料理はプリプリのエビでした。
Img_4981
メインのお肉料理は黒毛和牛のヒレステーキ。フォアグラとトリュフ添え。幸せ〜。前菜のキャビアも含めて、三大珍味が揃いました。
Img_4987
締めのデザートプレートは、クリスマスらしい華やかな一皿でした。
このお値段でこのメニューとクオリティは素晴らしいと、毎年感激しています。数年前のクリスマスには鶉が出ましたよ〜。夏にはよく徳島県ならではのハモがお魚料理に登場することも多いです。
ル・ヴェルジュさん、本当に御馳走様。大満足のクリスマスイブになりました。🎄🎄🎄🎄

|

« ルミナリエ 2018 | トップページ | ボヘミアン・ラプソディ »

料理・グルメ」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんにちは。
すてきなクリスマスディナーをすごされましたね。
地元の、そして旬の食材を生かしたお料理の数々
とってもおいしそうです。
フォアグラやトリュフ、伊勢海老など、豪華食材もふんだんに使われて
ゴージャスですね~
デザートはドラゴンフルーツに意表を突かれました。華やかですてき☆

>お客に提供したメニューを記録していて、同じものは出さないようにしているとか。
これは常連さんにはうれしい気配りですね。
こういう細やかな心遣いは、ますますファンの心をつかみますね。(^_-)-☆

投稿: セレンディピティ | 2018年12月26日 (水) 09時51分

セレンさん こんばんは

このお店は
こんな田舎町にはもったいないような食材と味で魅了してくれます。
きっと東京などで同じメニューなら
お値段も倍するのでは・・・と思うと有難いです。
父の誕生日祝いと、姉一家が帰省するお盆と
このクリスマスディナーと、年に3回訪れていますね。
ランチはやってなくて完全予約でディナーのみのお店ですが
末永くがんばってほしいお店です~。

投稿: なな | 2018年12月27日 (木) 23時35分

ななさん、こんばんは。
徳島にこんな素敵なお店があるんですね!!!

ぜひぜひ行ってみたいーー。いえ、来年行きます(笑)
地元の食材を使ってるのって、いいですね。
和風味のオックステールスープがとても気になります。

デザートも美味しそう~、ピンクと赤が華やかですね。

今日がお仕事納めだったのかな。
年末寒波がきて今日もとても寒い1日ですが、どうぞ、お正月ゆっくり過ごしてくださいね。
また来年もいろいろお話できるのを楽しみにしています。
よいお年を~♪

投稿: 瞳 | 2018年12月28日 (金) 22時23分

瞳さん そうなのよ。
「ル・ヴェルジュ 美馬市」でぜひ検索してみてね。
高松からだと来れない距離ではありませんから。
オックステールスープは、今回のメニューの中で
一番「おおお!」と思ったお味でした。
ここはワインの品揃えもよく、他にはないワインも楽しめます。

今日が仕事納めでした。明日から慌ただしくお正月の準備です。
暖かい冬ですが、今日明日は流石に寒波来てますね。
瞳さんもよいお年を~。

投稿: なな | 2018年12月28日 (金) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ル・ヴェルジュでクリスマスディナー:

« ルミナリエ 2018 | トップページ | ボヘミアン・ラプソディ »