« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月の記事

2018年11月25日 (日)

山茶花咲いた道

Img_4118

行きつけのツタヤが閉店して以来、DVDを観ない日々に突入し、休日は主に高齢の親を介護しつつ外出などに付き添うので映画館にも行けず・・・。  そんなわけで映画関係の記事は当分お休みしています。
で、久しぶりのアップは、お花の話題。これからの季節を華やかに凛として彩ってくれる花、山茶花です。職場に2種類の山茶花の木があります。
Img_3116
こちらは「朝倉」という白い山茶花の品種です。写真のように、蕾のときは花弁の周囲がうっすらピンク色で、白とピンクの混じり具合がなんとも美しいのです。まるでほんのりと頬を染めた乙女のような風情があります。
Img_3549

開きかけると花芯は白いので、全体が白っぽくなります。6~7分咲きあたりが一番美しいかもしれません。
Img_3505
ほぼ満開状態ですね。ここまでくると、少し触れただけでもはらはらと花びらが散ってしまうので、そーっと静かに愛でます。椿は花全体がぽとりと落ちますが、山茶花は花びらが一気に散ってしまうのです。潔さはどちらも同じですが、山茶花の方が掃除が大変です。
もうひとつの品種は赤い山茶花。赤の山茶花は品種が多すぎて、私の知識では名前が特定できませんでした。
Img_4085

見事でしょう・・・?この美しい紅色。そして薔薇のような花びら。これも全開すると中心に黄色の雄蕊が見えるので山茶花らしくなります。6~7分咲きのこの写真あたりが一番美しいと思います。
Img_4116
なんとも色気と風情のある赤。真紅ではなく赤と桃色が絶妙に混じり合って可憐な色合いですよね。少女の唇の色みたい。
Img_4114
これなんか、薔薇そっくりです。
山茶花ってつくづく美しいお花だなぁ~と感動している今日この頃。酷寒の中でも健気に咲き続けてくれる忍耐強さから、「謙譲」「永遠の愛」などどいう奥ゆかしい花言葉がつけられています。
最後の写真は、朝倉と赤い山茶花を混ぜて花瓶に活けたものです。

1542518974381404

« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »

フォト

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。
無料ブログはココログ