MY FAVORITE BLOG

« 夏野菜たちのメニュー | トップページ | 君の名前で僕を呼んで »

2018年8月 2日 (木)

ジュラシック・ワールド/炎の王国

Jurassico

前作(ジュラシック・ワールド)がとても面白かったので、本作品もとても楽しみに劇場で観賞。

火山の噴火で絶滅の危機にさらされたイスラ・ヌブラル島の恐竜たち。クレアとオーウェンは恐竜たちの避難計画を、ロックウッド財団から持ちかけられ、島に向かう。前回生き残ったヴェロキラプトルのブルーとの再会を果たしたオーウェンたちだが、計画を依頼した財団の実質経営者ミルズの真の目的は、恐竜たちをペットや兵器として高値で売りさばくことだった。

Jurassicworldtrailer
今回も荒唐無稽だけど、怒涛の展開でワクワクする面白さ。ジェットコースター・ムービーとしての迫力とスピード感がたっぷり楽しめた。

インドミナスとラプトルをかけあわせたハイブリッド恐竜の登場や、このシリーズではお約束ともいえる、恐竜で金儲けしようとする悪役たち。予想通り、彼らの末路は恐竜に喰われる。しかし恐竜を買いたい富豪があんなにいるとは驚きだった。買ったはいいがちゃんと管理できんだろ・・・。
Jurski1_5b02b9a25bd73
一番好きなのは、やっぱりブルーとオーウェンの心の交流シーン。特にブルーたちの幼いころの場面が出てきて、その可愛さと賢さに萌え~。ブルーが麻酔銃打たれて捕獲されたり、傷つけられたりした時はハラハラしたけど、オーウェンたちを助けるために、強敵のハイブリット恐竜に敢然と立ち向かっていく姿にはまた感動。

ブルーが出なかったら観てないかも!というくらいブルーが好きだけど、主役のクリス・プラットも前作を超えるカッコよさだし、ヒロインのブライス・ダラス・ハワードも美しい。
Eb83d312b7d2b19a00d3c9726f514d71d99

ラストはまさかの恐竜追い放し・・・それもカリフォルニアに?この流れで続編が作られるとまたまたぶっ飛んだ設定の作品になりそう。どんどんエスカレートする遺伝子組み換えに対する警鐘も感じる作品だった。

« 夏野菜たちのメニュー | トップページ | 君の名前で僕を呼んで »

映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんにちは。

ジュラッシックシリーズは、息子が小さい時から見ているシリーズ、
でもこんなに長く楽しめるとは思っていませんでした。
新シリーズになってから荒唐無稽さが増したかな~(笑)と思いながらも、やっぱり面白い!!
迫力ありましたね。

火山爆発の中、逃げ惑うシーンが一番印象に残りました。

あとはやっぱりブルーですよね!!
レックスの血が混じった彼女、強さが増したかしら~。

>しかし恐竜を買いたい富豪があんなにいるとは驚きだった。買ったはいいがちゃんと管理できんだろ・・・。

ほんと、ほんと~(笑)
どれだけ食べるかわかってるのかしら?しかも場所だって・・・・・。

人間の欲ったら・・・・、とあきれてしまいますね。

3部作になるんでしょうかね?次も楽しみです♪

ななさん、こんにちは。
本作、私もとっても楽しみにしていましたが
期待通りにおもしろかったです♪
たしかに荒唐無稽だし、ご都合主義ではあるのですが
見る人の心情に応えてくれるところが、安定のおもしろさに
つながっているのかな~?とも思います。

恐竜たちは大迫力でしたし
ブルーが立ち向かっていくところにはきゅーんとしました。

兵器として、そして動物園も目玉として買うところがでてきそうですね。
人間の黒い欲望には際限がなくて恐ろしいです。

瞳さん こんばんは

>ジュラッシックシリーズは、息子が小さい時から見ているシリーズ、
>でもこんなに長く楽しめるとは思っていませんでした。
そうそう、一度長いブランクがありましたね。
でも「パーク」シリーズから「ワールド」シリーズになってからもやっぱり面白い!
なんだかんだ言ってもみんな恐竜好きなんだなぁ~と。

>あとはやっぱりブルーですよね!!
>レックスの血が混じった彼女、強さが増したかしら~。
ああそうか!あそこでレックスの血を輸血してもらったからまたパワーアップですね。
ブルーの幼いころのシーンが可愛すぎて・・・。こういうの次回も観たいわ。

次作は、恐竜が人間社会に…という設定で
ますます嘘っぽくなりますが割り切って楽しみたいです!

セレンさん こんばんは

面白かったですよね~。
>見る人の心情に応えてくれるところが、安定のおもしろさに
> つながっているのかな~?とも思います。
荒唐無稽なところはお約束な面もありますから
あれはあれで楽しめますよね。

人間の欲の際限のなさ・・・。
恐竜みたいな、扱い方を一歩間違えると超危険なものを
金儲けの道具にしようとする人間のサガは
哀しいし困りものですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/73912496

この記事へのトラックバック一覧です: ジュラシック・ワールド/炎の王国:

« 夏野菜たちのメニュー | トップページ | 君の名前で僕を呼んで »

フォト

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。
無料ブログはココログ