MY FAVORITE BLOG

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の記事

2018年4月25日 (水)

女神の見えざる手

M_006_df01971rv5
DVDで鑑賞。すごく面白く、同時に胸のすくような作品で大満足!

敏腕ロビイスト、エリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)は、銃所持を後押しする仕事を断って、大会社から銃規制派の小さな会社に移る。卓越したアイデアと決断力で、困難と思われていた仕事がうまくいく可能性が見えてきたが、彼女のプライベートが暴露され、さらに思いも寄らぬ事件が起こり……。 (シネマトゥディ)

とにかくヒロインのエリザベスが男前でカッコいい。敵ばかりが味方まで欺く戦略の天才。。今まで強い女性は沢山見てきたが、体力や腕力という意味でなく、気力や知力という点ではまさに最強の女性だった。

D0124017_08125568

ロビイスト(=圧力団体の利益を政治に反映させるために、政党・議員・官僚などに働きかけることを専門とする人々)という職業は、日本では馴染みがないため、ストーリーがわかりにくいかもという心配は杞憂。スリリングで面白く、聞きなれない専門用語を脳内スルーしながらでもストーリーを追える作品だ。ただし、エリザベスが仕掛けた罠の全貌が明らかになり、すべてがひっくり返って逆転ホームランを成し遂げた後、必ず初めから確認のために再見したくなるけれど。DVDだったので私はもちろん再見して二度見した場面がたくさんあった。あ~ここでこれを仕掛けたのね~とかね。

346604

一番感動したのは、彼女が自分のキャリアを賭けてまで闘ったこと。失うものを恐れずに勝利をつかんだこと。その代償に支払ったものも大きかったけれど、仲間を巻き込みたくないために、仲間を欺いて罪をも一人で被ったこと。これを一人でやりとげる精神力はまさに「神」がかっていると感動。

Miss_sloane

私的な家庭生活は無きに等しく、家族も恋人も友人すら必要としないエリザベス。彼女がどんな生い立ちでこれほどの女性になったのか、彼女の過去まで知りたくなる。同じ名前でもあるけど、男前な孤独な闘いに心身を捧げた強い女性としてエリザベス・ゴールデンエイジのエリザベス女王を思い浮かべた。

キャリアのために手に入れることを諦めた私生活や、手段を選ばぬ方法のために傷つけてしまった部下に対する、彼女の内心の思いがちらりと垣間見える場面もあり、彼女が決して氷の心を持った女性ではないことも描かれていた。

2018年4月15日 (日)

女の一生

20162020el20jardn20de20jeannette202
モーパッサンは翻訳された短編集は読破しているが、この「女の一生」は未読。日常の人々の生活の中から、喜怒哀楽を美化せずに描く、自然主義といわれるモーパッサンの世界は、時に残酷で絶望的な人間性の一面を浮き彫りにする。ふとしたことがきっかけで露わになる人間の本音や、不運としかいいようのない出来事に翻弄される人々。読後感があまりよくないものもあるが、「確かにその通り」と納得もできてしまうのは、それが「ありのままの事実」だからだろう。そんなモーパッサンの代表作とも言える「女の一生」の映画化。遅れて公開してくれていた劇場での鑑賞。
13

19世紀のノルマンディー。修道院の寄宿学校から両親や女中ロザリ(ニナ・ミュリス)のいる家に帰ってきたジャンヌ(ジュディット・シュムラ)は、近所に引っ越してきた子爵ジュリアン(スワン・アルロー)と付き合い、その後結婚する。ところが未婚のロザリが出産して、彼女とジュリアンが結婚前から関係を持っていたことが発覚する。ジャンヌは自身も子供を宿し、神父に諭されたこともあり、離婚を思いとどまる。やがて、息子の誕生で明るさを取り戻すが、友人である伯爵夫人(クロチルド・エム)とジュリアンの不倫が発覚する。 (シネマトゥディ)

3
セリフもナレーションもBGMも控えめの静かな映画だ。ヒロインのジャンヌを中心に物語は進んでいくが、ところどころ時間軸をシャッフルさせているところもある。夫の不倫で苦しむ場面の後に無邪気で幸せだった娘時代や新婚時代が挿入されたり、反対に幸せな時代の場面の合い間に、孤独に年老いていくジャンヌの映像が挿入されたりする。そのためか、常に彼女の人生を俯瞰的に「美化せずに」眺めているような気分になる。また至近距離で、手持ちカメラで撮ったかのようなカットも多く、こちらは自分もその場にいて光景を覗き見ているような臨場感がある。とても「自然」でありのままの描写は、おそらく原作の忠実な実写を意識しているのだろう。
15
結婚してから少しずつ陰ってゆくジャンヌの人生。妻の侍女や友人と不倫を重ねる夫。寂しさのあまり甘やかした息子は、お金をせびるときだけ手紙を寄越し、それ以外は家に寄りつこうともしない。ラストにようやく孫娘を腕にしてほんの少し光明が見えたように描かれている彼女の人生は、全体的に見たらやはり「悲劇」なのだろうと思う。

「女の一生」だなんて、まるでジャンヌの生き様が、この時代のフランス女性の代表みたいに取れる題がつけられているけど、女なら誰でも彼女のように不幸な結婚をするかというとそうでもないような気がした。結婚相手次第・・・今もそれは言えるかもしれないけど、この物語でも、人生の明暗を分けるのは配偶者によるところは大きいと感じた。
Unevie_20160020

ただ、やはり箱入り娘で修道院育ちというジャンヌの境遇や、相手のことをよく知らないまま結婚してしまう習慣など・・・そういう点は、この時代の彼女のような女性特有だったのかしらとも思った。いったい彼女はどこでどう方向転換したら、少しでも悲劇が食い止められたのか、ずっと考えながら観たけれど、「何とかできたでしょ、そこは」と感じたのは、息子を甘やかす場面くらいだった。彼女の父親以外は、夫も神父も息子も・・・男性はみんなちょっと酷かった。不倫や借金やスポイルされた子供に苦しむ問題は、今も昔も変わらないところがあったかも。

美しい映像で淡々と綴られる、女性にとっては気が滅入るような物語。でも確かにこれがモーパッサンの世界だよね・・・と本屋で原作を買って帰途についた。こういう、写実的で救いのない物語も嫌いではない。共感できる部分に心惹かれる自分がいる。

2018年4月11日 (水)

春の活け花

Img_1303

式典が多いので活け花も必要になる春です。カーネーションひとつとっても、大輪からスプレーから本当にいろいろな色があって、お花屋さんで選ぶのも楽しいです。予算と相談しながら選ぶのでどうしてもカーネーションやチューリップが活躍して、百合などはなかなか手が出ませんが、カーネーションは花持ちもいいんですよね。
Img_1672_2

Img_1685_2
上の二つはどちらもカーネーションがメインです。花器や取り合わせる枝ものでぐっと印象が変わりますが、カーネーションの色自体も、ピンク系は可愛らしく、臙脂系はシックな感じになりますね。

Img_1684_2
こちらはデイジーとスターチス。紫とピンクの取り合わせでキュートに。

Img_1172

桜とレースフラワー、スイートピー、黄水仙など。これは実は残り物の寄せ集めなのですが春らしく可憐な感じにできました。

Img_1688

これも残り物・・・。ブーケみたいに可愛くなりました。野山でもいっせいにタンポポやスミレが咲いています。長かった冬の後には格別嬉しく感じる光景ですね。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

フォト

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。
無料ブログはココログ