最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2017年12月 | トップページ

2018年1月の記事

2018年1月16日 (火)

光をくれた人

149611891613906180180_lightbop

DVDで鑑賞。テーマは夫婦愛というよりは、罪の償いや赦しなのかなと思った。そういう意味でとても心に残った作品となった。

オーストラリアの孤島ヤヌス・ロックに灯台守として赴任した帰還兵トム・シェアボーン(マイケル・ファスベンダー)と、彼の若く美しい妻イザベル(アリシア・ヴィキャンデル)の犯した罪。それは、島に流れ着いた赤ん坊を、自分たちの子供と偽って育てたことだった。ボートには父親と思しき男性の遺体。ちょうど自分たちの子供を死産で失っていたばかりのイザベルに懇願され、トムは事実を報告することを断念し、男性の遺体を密かに葬り、赤子を自分たちの実子と世間に偽って育て始める。

Photo10
よく考えたら、これは途方もない罪である。その場限りで消えてしまうような嘘だとか意地悪だとかに比べると、けた違いに重い行為だ。赤子の母親や、その他の身寄りの家族は健在で、赤子を探しているかもしれないのに。人ひとりをそっくり盗み取るような行為であり、生涯、偽り続けていく覚悟もいる罪だ。

16789780_1249411551812280_400079532
思慮深く真面目な夫のトムは、その罪の重大さを十分理解していたと思う。だからこそ彼は逡巡し葛藤する。

それでも彼が妻の懇願を受け入れのは、ひとえに彼女を深く愛していたから。彼のそれまでの寂しい色褪せた人生を、愛で豊かに彩ってくれたのがイザベルだったから。イザベルの天真爛漫さや明るさは、彼にとって本当に喜びだったのだろう。

16790041_1256046347811009_146447327
良心の呵責を感じ続けたトムに比べて、母になりたい願いに執りつかれていたとしか思えないイザベルの行為は、身勝手で幼くも思えたけど、孤島に夫と二人きりで過ごす生活や、二度の流産、死産が彼女の理性や判断力を失わせたのも無理はない。トムはそこにも自分の責任を感じ、なんとかして妻の笑顔を取り戻したかったのかもしれない。孤島での暮らしは、世界に存在しているのはただ二人だけのような錯覚を生んでしまうものだから。

20170530thelightbetweenoceanssub4
実子と偽って四歳まで育てたルーシーの愛らしさ。トムとイザベルはこの娘によって無上の喜びを得る。しかし、トムは本土に帰ったときに、自分たちの幸せは、ルーシーの実母ハナ(レイチェル・ワイズ)から取り上げたものであることに気づかされ打ちのめされる。良心の呵責に耐えきれず、トムは ハナに匿名で手紙を送り、娘の生存を告げてしまう。それは妻のイザベルにとっては裏切り行為だったのだけれど・・・。

この物語は、さまざまな赦しと愛に満ちている。
トム夫婦がお互いに抱いた愛と赦し。被害者であるハナが、亡き夫を想いつつ、トムたちに差し出す赦し。そして、真実を告白し、罪を償うことでトムとイザベルが得た神の赦しと平安。

16906553_628911520617348_8371328264
善人も罪を犯す。その動機は様々で、とても切ないものもある。責めたくても責められない罪もある。しかし、それが法的にも裁かれるほどの重さを持った罪である場合、やはり贖罪や赦しを経ないと平安は得られない。善人であるならなおさらのこと。

トムの晩年が穏やかだったことも、成長したルーシーが会いに来てくれたことも、イザベルが書き残した手紙をルーシーに読んでもらえたことも・・・・本当によかったと思った。

マイケル・ファスベンダーの、内面の苦悩や細やかな愛情を表現した演技が素晴らしい。アクション映画でも活躍する彼だが、こういうヒューマンドラマを演じても素晴らしいのね。

2018年1月12日 (金)

雪の朝

Img_0067_2

昨日から大雪です。
ここ四国で、これほど降ったのは子供の時以来でしょうか。

もっとも、隣町では、積雪量はさほどではなかったようなので、私の居住している市が特に多かったようです。

昨日は一日晴れませんでしたので、こんな感じ。Img_0053

Img_0057_2
墨絵のようですね。

そして解けないまま昨夜も降ったようで、朝には昨日以上に積もっていました。空は冴えわたった青空。でも、気温が低く、なかなか溶ける様子もありません。
Img_0066

時速30キロで恐る恐る出勤です。
Img_0075

Img_0076

勤め先はさらに山に向かう・・・・。

Img_0079

Img_0092_2

Img_0082

Img_0086

青空と雪のコントラストが美しいですね。

この美しい景色も午後まで。雪解けのぬかるみ道に変わります。

今夜のメニューは・・・・お鍋かな。

Img_0108
思わずクリスマスツリーの飾りつけをしたくなる木ですね。
二階の窓から撮影。

2018年1月 8日 (月)

冬の輝きディナー

Img_0041

年明けは独りで東京に行くのが毎年の恒例になりました。一年間の自分へのご褒美のつもりです。仕事も家事も介護もこの二泊三日の間はお休みして。毎年京王プラザホテルに宿泊します。・・・なぜここか?とにかく高層階に泊まりたい、それだけの理由なのですが、老舗の安心感と心地よさがあって、くつろげます。ここ数年は外人さんの利用が特に増えたように感じます。スタッフのみなさんも英語で対応される姿が目立ちました。

Img_0039Img_0043
ロビーには、お正月の活け花の大作が。毎年これをみるのも楽しみの一つです。

食事は、フレンチ&イタリアンレストランのディオ・フルシェットで「冬の輝きディナー」をいただきました。

Img_0015Img_0016
前菜です。左の画像は冷たい前菜で、カニやウニ、イクラ、キャビアを美しく盛り合わせています。右の温かい前菜は蝦夷鹿肉と栗のグラッセを詰めたパイ包み焼き。ソースが絶品でした。

Img_0017
スープは鯛の華造りに海の幸のコンソメスープ。お魚のお出汁とコンソメのお味が絶妙にマッチしてすごく上品で味わい深いお味でした。

Img_0018
魚料理は、ホウレンソウのソテーを敷いた鯛のポアレ。

この後、はちみつとレモンのグラニテ(口直しのシャーベット)が供され、いよいよメインのお肉料理は国産牛フィレ肉のグリエ、リードヴォーとドライ柿のポワレだったのですが、これだけなぜか写真を撮るのを忘れてしまいました。(←ドジ)。黑トリュフが散らされ、赤ワインソースがとても美味でした~。
Img_0020
デザートは、ショコラカップにキャラメルムースを詰めたショコラカップにプラリネ風味のアイスクリーム。

このお店のお料理は、フレンチとイタリアンが融合した、華やかだけど軽やかで素敵なメニューをいつも提供してくださいますね。サービスもお味も素晴らしく、今回もご馳走様でした。

Img_0036
そのあと、45階のスカイラウンジ「オーロラ」で夜景をみながら、ジンバックやマティーニをいただきました。

翌日は新宿ピカデリーで「キングスマン:ゴールデンサークル」を鑑賞。この作品、私はとっても楽しめたのだけど、世間では賛否両論らしいですね。感想のアップはまた後日に。

常日頃、田舎のしがらみの中で、家族の世話と仕事で、自分の時間があまり取れない生活を送っているので、誰も私を個人的に知らない大都会の群衆の中にいると、喧騒の中でもかえって癒される自分がいます。

さあ、これで現実逃避はおしまい。明日からまた仕事頑張ります。

« 2017年12月 | トップページ