MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 哭声/コクソン | トップページ | ハクソー・リッジ »

2017年10月16日 (月)

LION/ライオン ~25年目のただいま~

Lionderlangewegnachhause

DVDで観賞。今年のアカデミー賞で、作品賞を含む6部門にノミネートされた作品。
25年間迷子だった男が、Google Earthを使って故郷を見つけたという驚きの実話を映画化した感動作品。その昔、ティモシー・ハットン主演の、ロングウェイホームという、生き別れた弟と妹を探す兄描いた映画をちょっと思い出したが、「ライオン~」の物語の方がよりアメイジングで、あり得ない実話かもしれない。
4
なにしろ、主人公は、故郷の町の名前すらあやふやな5歳のときの記憶だけを頼りに、Google Earthからの風景を根気強く検索し続けて、遠く海を隔てた異国から生家にたどり着いたのだから。

インドの貧しい農村に生まれたサルー

5歳の時、兄グドゥの夜の仕事についていった彼は、兄の帰りを待つうちに間違って乗った回送列車の中で眠ってしまい、目覚めると1600キロも離れた都市コルカタに運ばれてしまっていた・・・・。そこでは故郷の言葉は通じず、駅で住んでいる町の名前「ガネストレイ」を伝えてみても、誰も反応もしてくれない。途方に暮れたサルーは、やむなく路上生活へ。
Lionmitsunnypawar
人買いから、からくも逃げ出すという試練も体験しながら、保護されて劣悪な環境の孤児院へ。そこで彼は幸運にも慈善団体の世話で、オーストラリアの里親ブライアリー夫妻の家庭へと貰われていく。夫妻はまるで我が子に対するようにサルーに愛情を注ぐ。

Lionmitnicolekidmanunddavidwenham
養父母のもとで幸せに暮らし、ホテルマンを目指して勉強に励むサルー。しかし、幼いころ兄にねだった「揚げ菓子」の記憶が蘇ったことから、彼は自分が25年間迷子だったことを思い出す。本当の家族を探したいという思いに突き動かされるサルー。兄とはぐれた駅はどこだったのか。記憶にある故郷の町「ガネストレイ」ははたして実在しているのか?

Lionmitdevpatel
サルーは当時の回送列車の速度と運行時間を手掛かりに、コルカタから自分が列車に乗った駅までの距離を割り出し、駅の近くには大きな給水塔があったという記憶だけを頼りに、該当する距離の駅をしらみつぶしにGoogle Earthでチェックしていく。養父母、特に養母に対する気遣いや葛藤などもあり、何度も諦めかけながら、ついにサルーは故郷の町の名を見つけ出すのだ。

6
故郷へ向かう道すがら、フラッシュバックする思い出の数々。母や兄の笑顔や懐かしい風景。クライマックスのサルーの帰郷シーンは、まさに感無量としか言いようがなかった。老いた母カムラがずっと希望を捨てずに待っていたことも。なんていいお話!文句のつけようがないほど素直に感動が押し寄せてくる。兄のグドゥがもうこの世にいなかったことだけが残念だけど。

いや、この作品から感じるものは、再会を果たした家族に対する感動だけではない。光の陰には必ず闇が存在するように、治安の不安定な国で、迷子や行方不明になる子供の多さや、ストリートチルドレンの苛酷な現状も知ることができる作品である。そして、それを助けたいと願って実際に行動している里親の存在なども。
Lionmitnicolekidmanundsunnypawar
サルーにとって第二の母となった養母のスー・ブライアリーを、ニコール・キッドマンが好演している。スー本人のヘアスタイルやファッションに似せていても、やはり美しいキッドマンだけど、さすがオスカー女優だけあって、内面的な演技も光る。恋人役にはルーニー・マーラ。そしてサルー役はスラムドッグ$ミリオネアデヴ・パテル

なんで作品の題が「ライオン」なんだろうとずっと思っていたら、エンドロールでその謎がとけてまた少し感動した。

Set14

々な事情で生き別れになっている親子や兄弟・・・・
この広い地球の上で、いったいどれだけの家族が、涙と祈りの中で、今も再会の日を待ち続けているのだろうか。どうか一人でも多く、このような奇跡が起こりますように。そしてなにより、愛する家族から引き離されるような悲しい出来事そのものが、この地球上から少しでも減りますように・・・・・。そんなことを切に願ってやまない。

« 哭声/コクソン | トップページ | ハクソー・リッジ »

映画 ら行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんにちは!
すっごく寒くなっちゃって、こちらはストーブが要りそうな朝です。

これ、劇場で見たかったなあー。残念。
でも、お家でも充分、面白く見せてもらったけれど。

ニコールの演じた義母さん、凄いよね、立派だわ・・・
サルーみたいな育てやすい子ばかりじゃないよね、2番目に受けた養子さん、
投げ出してしまう人だっているかもしれない・・・
でも、ニコール夫婦や、サルーも、彼とがんばってコミュニケーション取ることを諦めなかったよね。
これから先も大変だろうけれども・・・
と、本筋じゃない内容が、妙に心に残る映画でした。

latifaさん こんばんは

ほんと秋を楽しむ間もなく、夏からいきなり冬ですよね。
こたつは出してないけど毛布と冬布団で寝て居ますよ~
寒暖の差が激しくて風邪をひきそうですね。

さてさてこの作品、劇場で観てたら号泣したかも。
素直にいい作品でした。

>ニコールの演じた義母さん、凄いよね、立派だわ・・・
> サルーみたいな育てやすい子ばかりじゃないよね、2番目に受けた養子さん、
ほんとうに頭が下がりますね。
二番目の養子さんはトラウマのせいなのか発達障害があるのか
育てにくかったと思うけどいつもちゃんと向き合っていたよね。凄いです。
使命感と愛情と・・・・とても真似できないなぁ。
でもこういう人たちがいて、このお話のような家族探しの奇跡もあって
まだまだ捨てたものじゃないのかな、この世界は・・・嬉しくなりますよね。

ななさん、こんにちは。
25年の時を経て、遠く離れた実母と再会するという奇跡の物語ですが
その背後に描かれているインドの貧困、児童労働、人身売買...
また傷ついた子どもを育てることの難しさなど
さまざまな問題も考えさせられる作品でした。

養父母から愛情たっぷりに育てられ
2人の母親を気遣う優しい青年に成長したサル―がすてきでしたね。

セレンさん

家族探しのスリルもあり、出会えた時の感動もあり
おっしゃるように貧困や児童労働などの
厳しい社会問題も背後には描かれていて
とてもいい作品でした。
おまけに実話というのですから。

サルーのように出会えた家族もいれば
きっと出会えぬまま悲しんでいる家族も
きっと沢山いるんだろうなと、そんなことも考えてしまいました。

ええ、劇場で観て号泣しました。
インドを旅行した時、IT先進国なんて何処の話?と思う位、
路上には人、ウシ、ブタ、ニワトリ、ヤギ、犬、などが溢れていました。
そのみんながゴミの山を漁っているのですよ。
迷子になった小さな子供のことなんて誰も気にかけてくれないだろうと
確かに思います。
二番目の養子君、美談ばかりじゃなくてああしたことも実際あるのでしょうねえ?

こんにちは。
本当に…命という限りがある「時」の中で再会を果たせる人々がどうか1人でも多くありますようにと祈ります。
ニコール、類稀な美貌の女優さんですがどんな役も彼女ならではと思わせられる大女優さんですよね。好きです。
あ、デブパテルさんは『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』ではキュートな男優さん振りでしたが、本作ではなんと素敵な男性振り! ななさんのレビューがとっても深いし観てみたいです。

zooeyさん

劇場で号泣・・・わかりますわかります。きっとわたしも劇場なら号泣していたでしょうね。大画面だし、雰囲気もあって涙腺崩壊ですわ。

>そのみんながゴミの山を漁っているのですよ。
> 迷子になった小さな子供のことなんて誰も気にかけてくれないだろうと
実際にインドに行かれた方の感想は説得力ありますね。
確かに貧困のせいで自分が生きるのに精一杯なら
ましてやストリートチルドレンなんて当たり前の光景なら
誰も迷子の子供なんて構っていられないでしょうね。

>二番目の養子君、美談ばかりじゃなくてああしたことも実際あるのでしょうねえ?
あるでしょうね。そして里親から見放される場合も多いでしょう。
そう思うとサルーの養父母の凄さがわかりますね。

ぺろんぱさん

お元気でしたか レス嬉しいです。
この作品はおすすめですよ~~

>ニコール、類稀な美貌の女優さんですがどんな役も彼女ならではと思わせられる大女優さんですよね。好きです。
いつまでも若くてそこはちょっと不自然に感じるほどなんですが
でも美しさだけでなく演技力やオーラも素晴らしいですね。
この作品の彼女は髪型とか服装は「オバサン」っぽいのですが
表情や雰囲気はやはり美しく、
またサルーの養母ならではの「愛と信念のひと」という感じがよく出ていましたね。

>デブパテルさんは『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』ではキュートな男優さん振りでしたが、
「マリーゴールドホテル~」私も観ました~。あのパテルさんは可愛かったですね。
すっかり男らしくなって素敵な男優さんになっていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/71961266

この記事へのトラックバック一覧です: LION/ライオン ~25年目のただいま~:

»  「LION/ライオン ~25年目のただいま~」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
グーグルアースで探り当てるなんて、すごい実話ですよね。 [続きを読む]

» LION ライオン 25年目のただいま [セレンディピティ ダイアリー]
5歳で迷子になったインドの少年が、養子として育ったオーストラリアから25年の歳月を経て、Google Earthを使って生まれ故郷を探し出したという実話に基づくドラマ。デヴ・パテル、ニコール・キッドマン、ルーニー・マーラが共演。 LION ライオン 25年目のただいま(L...... [続きを読む]

« 哭声/コクソン | トップページ | ハクソー・リッジ »