MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 美味しい映画 | トップページ | 伝統野菜 太きゅうり »

2017年8月23日 (水)

ムーンライト

M_01

9月にはDVDリリースされるそうだけど、遅ればせながら劇場で鑑賞。第89回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚色賞に輝いた本作品は、登場人物の心情が丁寧に描かれた美しいヒューマンドラマだった。

1198617_650
マイアミの貧しい母子家庭に生まれた少年シャロン。売春で生計をたてる母は麻薬中毒でシャロンはどこにも居場所はない。麻薬売買が行われる地域で不良少年たちから逃げ隠れするシャロンはフアンに助けられ、心を開かないシャロンの面倒を見続けるフアンとパートナーのテレサはやがてシャロンの養父母の役割をするようになる。しかし、フアンもまたその生業は皮肉にも麻薬ディーラーだった。

7ba8be19536485f15513c4e1f270bee0640
思春期になっても母のネグレクトは続き、息子から金銭を巻き上げる場面も。弱くて孤独な彼は、学友からの執拗な虐めも受けている。そしてゲイである自分への気づきと、ただ一人の親友ケヴィンの存在。彼との美しい一度だけの思い出と裏切り。心にも体にも傷を負ったシャロンは、意を決して不良たちに反撃する。

Moonlight
青年期のシャロンは一転して体を鍛え、皮肉なことに自分もまた麻薬ディーラーの道を選んでいた。麻薬によって体を壊した老いた母との和解したてシャロン。そして彼は、ずっと心の中に封印していた相手、ケヴィンとも再会を果たす。

シャロンの幼少期、少年期、青年期を演じている俳優はそれぞれ別々の俳優。リトルと呼ばれた幼少期を演じた子役のアレックス・ヒバートと、思春期のシャロンを演じたアシュトン・サンダースは顔立ちが似ているし、心を閉ざし、おどおどした雰囲気もよく似ている。しかし、青年期を演じたトレヴァンテ・ローズは雰囲気も体つきもマッチョになって随分と違う感じだ。・・・・外見は。
M_05

しかし、たくましい青年のシャロンのまなざしや表情から、やはり少年期のシャロンと同じ内面が覗くから不思議。その瞳の奥に存在するのは、傷つき続け、愛に飢えた孤独な魂だからだろうか。物語の背景は貧困、麻薬、暴力といった過酷なものだが、これは人種や民族、性別などを超えた普遍的な愛の物語だと感じた。静謐でシンプルなストーリーだけに、それぞれの俳優たちの繊細で確かな演技が際立っていた。

« 美味しい映画 | トップページ | 伝統野菜 太きゅうり »

映画 ま行」カテゴリの記事

コメント

残暑が厳しいですけどななさんお元気でしょうか
これ、シャロンとケヴィンどちらかが異性だったらどんな話になるかな…と思ったのですが、まったく想像できず
やはり男同士だからこその独特なムードが肝な映画であったと思います
ケヴィンがダイナーでちゃっちゃと作る料理がとてもおいしそうでした

SGAさん
>シャロンとケヴィンどちらかが異性だったらどんな話になるかな…と思ったのですが、
>まったく想像できず
同感です。同性愛だからこその
シャロンの生きづらさがありますものね。
「おれにはお前だけ」という雰囲気のシャロンの思いが
とても切なかったです。
幸せになってほしい・・・けどきっとこれからもトラブルに巻き込まれそう・・・・
切ない。

貧困、麻薬、暴力、黒人、ゲイ。
アメリカの暗部を抉り取ったような作品でしたね。
これだけ黒人しか出ない映画というのも珍しい。
最後にようやく少し救われましたが
確かにこの先も平穏ではいられないでしょう。
一番上のポスターが
少年期、青年期、成人期の3人のシャロンの顔から合成されてると知った時は
驚きました。

zooeyさん こんにちは。

>これだけ黒人しか出ない映画というのも珍しい。
ほんとうですね。暴力や貧困など暗部も描かれているのに
しっとりとした切ない繊細な作品でもありました。
本来なら「小品」「珠玉の・・・」などと銘打たれそうな作品なのに
アカデミーを獲ってしまうところが、凄いな~と思いました。

>一番上のポスターが
>少年期、青年期、成人期の3人のシャロンの顔から合成されてると知った時は
驚きました
そうそう、私も最初気づかなかったです。
でもとっても斬新ですよね。

こんにちは。
ななさんのレビューを拝見して、久しぶりにまた
映画を見た時の感動が蘇りました。

シャロンの身に何かよくないことが起こりそうな予感に
祈るような気持ちでスクリーンを見守っていましたが・・・
愛を求めながらも孤独の中で生きてきた彼が
最後に心の鎧をおろすことができて少しほっとしました。

セレンさん

>愛を求めながらも孤独の中で生きてきた彼が
>最後に心の鎧をおろすことができて少しほっとしました。
思春期に手酷い虐めや裏切りにあってから
体を鍛えることで自分を防御してきたのでしょうね。
ケヴィンと抱擁する最後のシーン、まさにそれらの鎧をおろして
彼が今まで抱えてきた孤独や秘めた愛が
おずおずと顔を出したあの瞬間がとても印象に残っています。
幸せに、正直に生きていってほしいなぁを思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/71391484

この記事へのトラックバック一覧です: ムーンライト:

» 月の光は愛のメッセージ バリー・ジェンキンス 『ムーンライト』 [SGA屋物語紹介所]
これもまあ「今更」という感がありますが。本年度アカデミー作品賞を『ラ・ラ・ランド [続きを読む]

» 「ムーンライト」 [Con Gas, Sin Hielo]
抜け出せないけど、少しだけ救われる。 今年のアカデミー作品賞や助演男優賞を本作が獲得したのは、昨年の「白過ぎるアカデミー」への反動やトランプ大統領を生んだ時代へのメッセージという声がある。 確かに本作は登場人物がすべて黒人であり、黒人社会に未だはびこ...... [続きを読む]

» 「ムーンライト」 [Zooeys Diary]
マイアミの貧困地域で暮らす少年シャロン。 母親は麻薬常習者で、時に体を売って暮らしている。 母親からも育児放棄され、誰からも愛されない子どもが、自分に自信を持てるわけがない。 暗くいつも俯きがち、体も小さく弱々しいとなれば、いじめられるのは目に見えてい...... [続きを読む]

» ムーンライト [セレンディピティ ダイアリー]
マイアミの貧困地域を舞台に、孤独な少年が心の拠り所を求めて成長していく過程を、少年期、青年期、成人期の3部に分けて描いたヒューマンドラマ。監督は本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンス。2017年アカデミー賞作品賞、ゴールデン・グローブ賞映画部門・作品賞...... [続きを読む]

« 美味しい映画 | トップページ | 伝統野菜 太きゅうり »