最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 雨の中の紫陽花 | トップページ

2017年7月 2日 (日)

美味しい映画

140716_tokyogohan_01

美味しいものは食べるのも作るのも大好き!

映画も、いかにも美味しそうで、劇中のメニューや食材が無性に食べたくなる・・・そんな作品沢山ありますよね。邦画も洋画も、アジアものも・・・・・「料理」や「料理人」そのものがテーマの映画はもちろん、レストランが舞台だったり、劇中に登場するお料理が重要な役をしていたり。そんな中で、私が特に好きなグルメ映画と、その中でも特に食べてみたいお料理は・・・・・

ディナー・ラッシュ
Dinner_rush__the_2000201305221538019e9_2
ニューヨークのイタリアンレストランを舞台に描いたお話。これは、グルメ映画としても美味しそうなんだけど、ラストまで観ると実はひねりの効いたサスペンスドラマでもあることがわかります。何ともスカッとする仕掛けがあってカタルシスが感じられて大好きな作品。天才的なシェフがヒラメキで作ったロブスターのお料理が印象的。

大統領の料理人
1af718b3Bt8luusceaan5ib
ミッテラン大統領の専属料理人として抜擢された女性シェフの奮闘物語。男性料理人たちからの嫉妬や専横と闘いながらも大統領がこよなく愛する伝統的な素朴なフランス料理を提供するオルタンス。キャリアウーマンが元気を貰えるお話でもあります。しかし、フランス料理って素朴な家庭料理でもすごく手が込んでる・・・・よね。お気に入りは、オルタンスが初めてランチに提供したちりめんキャベツとサーモンの重ね蒸し料理。美味しそう・・・・。

赤い薔薇ソースの伝説
6661071820150412083859bb4

ヒロインのティタの作る料理は、食べる人たちに彼女の想いや情熱が伝染する・・・というメルヘンちっくな物語。愛し合いながらも家のしきたりとやらで結婚できない恋人たちの切ないラブストーリーと、料理に込められた不思議な作用がロマンチックに絡み合う。メキシコ料理ということで、お味の方はちょっと想像ができないけど、どれも色鮮やかで美味しそう。写真は薔薇ソース添えのウズラ料理。

マダム・マロリーと魔法のスパイス
Madam_2Thehundredfootjourney
こちらは原作も読んだ。原作に出てくるお料理の描写もまた詳しくて美味しそうです。インドのスパイスたっぷりのお料理と洗練されたフレンチの融合って素敵でしょうね。ハッサンがマダムの前で作ったスパイスの効いたオムレツのレシピが知りたい~~

ジュリー&ジュリア
Julie_julia0114277159461624497280
アメリカで初めて正統派フランス料理本を出版して人気となった料理研究家ジュリア・チャイルドと、その全レシピを1年で制覇することに挑戦した現代のジュリー・パウエルの実話を基にした作品。とにかく料理が好き、食べることが好きな二人のヒロインの情熱や料理への愛が伝わってきます。作ってみたいのはもちろん、ブフ・ブルギニヨン(牛肉の赤ワイン煮込み)

バベットの晩餐会
D759ada1989047ef9c6f87cd59940675Babettesgastebudjcampaign_01
デンマークの寒村でつつましく暮らしていた信仰篤い二人の姉妹のもとにフランス革命から逃れてきたバベットが家政婦として住み着く。彼女の前身は、実はパリでも有名な天才女性シェフで、富くじが当選したお金で、それまで世話になったお礼にと、姉妹と教区の信徒たちを相手に一世一代の晩餐会を開く。メニューはお一人さま1万フランのフルコース。フランス料理など目にしたこともなく、最初はこわごわ出席した村人たちも姉妹も、バベットの素晴らしい料理とワインに、凍てついた心が溶かされて至福の時を味わう・・・・。ワインもとっても美味しそうなこの作品。食べてみたいのはもちろんメインディッシュの、ウズラとフォアグラのパイ詰め石棺風。

初恋のきた道
20151110164351adaImg_1

この作品がデビュー作となったチャン・ツイィーのなんともみずみずしく可愛らしい笑顔が魅力的。中国の田舎の村に初めてできた小学校の青年教師と村娘の恋。自由恋愛などご法度だった時代。好きになった相手に食べさせたいばかりに、腕をふるって昼食を作る少女の一途さがなんとも愛おしい。青年の好物だと聞いて少女が作るキノコの蒸し餃子、作ってみたい!

みなさんのイチオシ「グルメ映」は何ですか?邦画でも南極料理人とかいいですよね!

« 雨の中の紫陽花 | トップページ

映画 俳優・雑記」カテゴリの記事

コメント

ななさん、おはようございます。
お料理が上手なななさんにピッタリの記事ですね~♪
私も食いしん坊なので美味しい映画大好き!タイトルにお料理ついてたらたいてい借ります(笑)

「赤い薔薇ソースの伝説」だけ観てない~!!
すっごく気になります。メキシコ料理の映画、ぜひぜひ見てみたいです。味は想像できないけど情熱的な感じがする(笑)

↑の映画の中で「バベットの晩餐会」はお料理もですが、姉妹の生き方にもいろいろ感じるものがあって心が折れそうになった時にはこの映画を観よう!と密かに思ってる作品です。

邦画の「南極料理人」もとても美味しそうでしたね。「しあわせのパン」も観たら絶対お腹すきますよ。ストーリーはとても素朴?で淡々としてるんだけど雰囲気が好きです。

「リストランテの夜」はご覧になっていますか?
ニュージャージーの田舎町でイタリアレストランを開いている兄弟のお話です。
とっても頑固な兄の作る極上の料理、、パスタ包みティンパーノの迫力!!
でもとってもシンプルなラストの1品オムレツのシーンが印象的でした。
そういえば先日観た「2つ星の料理人」でもオムレツが一番美味しそう♪と思いました。
シンプルで飾り気のない、けれど抜群に美味しい卵料理の力って偉大なのかも。

定番中の定番ともいえる「マーサの幸せレシピ」を、あえて外すところが、料理上手で映画通のななさんらしいと思います(笑)

バベットの晩餐会は、本当に素晴らしい作品ですね。
 
 上にあげられた作品、一応、全部見ている僕は、やっぱり食いしん坊なんでしょうか((笑)物語としても、それぞれ秀逸ですし、いくら、おいしそうなお料理が出てきても、やはり、肝心な映画として面白くないとダメなのは自明ですものね。

料理ではないのですが、ぼくがワイン好きなので「サイドウェイ」、

イギリスの美しい湖水地方を舞台に、物まねとグルメ三昧を満喫する中年男二人の旅物語「ステーブとロブのグルメトトリップ」

美味しい映画の範疇からはやや、外れるかもですが、ちょっとブラックな「デリカテッセン」などがお気に入りですね・・。

ななさん、おはようございます。
私も食をテーマにした映画は大好きです。
ななさんが今回ご紹介くださった中では、ディナー・ラッシュ、大統領~、マダム・マロニー~、ジュリー&ジュリア、南極料理人と見ています。

ディナー・ラッシュはモデル(というよりロケ地)となったレストランも訪れましたよ。
大統領~のシューファルシーはまねして作ってみました。
南極料理人は原作の方がおもしろかったかな...。

私は「ノーマ、世界を変える料理」や「エル・ブリの秘密」など、意外とドキュメンタリー映画も好きです。

傑作といわれている「バベットの晩餐会」は恥ずかしながら見ていないので、この機会に見てみたいと思いました。ご紹介ありがとうございました☆

瞳さん 

「赤い薔薇ソース~」ちょっと不思議で切なくて、
色っぽいお話です。
まるで言霊のように、お料理に作り手の思いが宿り、
食べる人に感染するのです。
メキシコ料理はいろどりが鮮やかで、
お祝いの時に食べるピーマン料理の場面も印象的でした。

バベットの晩餐会は、あれはいろんな意味で深いですよね。
キリスト教的な観点からいうと、
バベットが振る舞った1万フランのコース料理は
神の無償の愛と恵みを表しているとも言われています。
感謝して受けるだけでいいのです。
それと、芸術家の矜持のようなテーマもありますよね。
バベットはまぎれもなく芸術家ですから。

リストランテの夜!観ましたとも。
まだDVDになってないビデオ時代に。
細かいストーリーは忘れても、
プリモとセコンドというイタリア料理から命名された兄弟のことや
ティンパーノという迫力のパスタ料理はよく覚えています。
また再見したいなぁ・・・・。
フランス料理もですがイタリア料理の映画ってほんとうに美味しそうですよね。

浅野さん

「マーサの幸せレシピ」はオリジナルもリメイク版も観たのですが
ストーリーは印象に残ってもあまりお料理が印象に残りませんでした。
作ってみたい、食べてみたい、というほどではなかったのかもしれません。
「サイドウェイ」は途中まで観て、あまり面白いと思えなくて最後まで観ていません。
その理由も忘れてしまいましたが、単に好みの問題でしょう。

セレンさん

>ディナー・ラッシュはモデル(というよりロケ地)となったレストランも訪れましたよ。
おおそれは羨ましいですね。
お料理の味はどうでしたか?ロケ地となっただけなのでお味は違うのかな?

>大統領~のシューファルシーはまねして作ってみました。
さすが!あれを作れるなんてセレンさん凄いですね。
「ノーマ~」も気になっている映画です。お料理が主役ですものね。ぜひ観たいです。

「バベット~」お勧めですよ。
デンマークの寒村で振る舞う一流のフルコース。
ウミガメもウズラも、材料は生きたまま海の彼方から買い付けてくるのです。
お料理の素晴らしさもさながら、生まれて初めてフルコースを口にする客人や
それまでの経歴を隠して慎ましく生きてきたバベットが
本領発揮とばかりに腕を振るう様はほんとうに感動します。

ななさん、こんにちは。再び失礼します。
Dinner Rushのお店、Giginoというレストランでした。
古い記事ですが...
http://white.ap.teacup.com/serendipitydiary/266.html

今読み返したら、お店に行った時はDinner Rushのことを知らなくて
この時コメントで教えていただいて、あとから見たのでした。
だいぶ記憶が薄れていますが
おしゃれでセンスがよくて、おいしいお料理だったようです☆

この中で観たのは
「大統領の料理人」「マダム・マロリーと…」「ジュリー&ジュリア」「初恋の来た道」かな。
私も「バベットの晩餐会」は見損なってしまって
今日に至っています。
古くてマイナーな映画って、気になrながらも
ついそのままにしちゃうんですよね。
「マーサの幸せレシピ」はハリウッド版よりオリジナルがずっと好きでした。
美味しそうではあったけれど、これ!という料理はなかったですよね。

セレンさん  再度ありがとうございます。

ジジーノというお店なのですね。
>おしゃれでセンスがよくて、おいしいお料理だったようです☆
そうか~ 映画と重なりますね
行く機会はたぶん無いと思うけど
いろいろ想像して楽しんでいます。
ありがとうございました♪

zooeyさん こんばんは

>「マーサの幸せレシピ」はハリウッド版よりオリジナルがずっと好きでした。
わたしもそういえばオリジナル版の方が好きかもしれません。
ヒロインの女優さん・・・・よかったですよね。
そうそう、ストーリーはよかったのですが
お料理にこれといったインパクトがなかったかもしれません。
他の作品は、その映画ならではのメニューがあるので好きです。
「バベットの晩餐会」は古い映画ですが名作なので
DVDも新しく出て映像も綺麗になっています。
機会があればぜひ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/70966575

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しい映画:

» 「リストランテの夜」 [Slow Dream]
リストランテの夜(2007/11/22)トニー・シャルーブ.スタンレー・トゥッチ.マーク・アンソニー.イザベラ・ロッセリーニ.イアン・ホルム.ミニー・ドライバー商品詳細を見る 「うまいものを食べるということは神に近づくこと,神がいると知ること」... [続きを読む]

« 雨の中の紫陽花 | トップページ