最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2017年4月 | トップページ

2017年5月の記事

2017年5月 8日 (月)

「わたしは、ダニエル・ブレイク」

C1ef5d1d5a078b45
ケン・ローチ監督が、英国の緊縮財政によって切り捨てられる弱者の姿を、怒りを込めて描いた作品。淡々とした語り口ながら、ずっしりとした見ごたえがあった。観終わったときには、自国のことではないにせよ、やり場のない怒りがこみあげてきた。こんなこと、間違っている・・・ゆるされてはいけないことだ。

主人公のダニエルはニューカッスルに住む59歳の大工。心臓疾患のためにドクターストップを受けているにもかかわらず、「就労可能」と判断される。不服申し立てをしたくても、そこにたどり着くまでに、さらに複雑な手続きの壁に阻まれてしまう。

33171784141_dabb2d94d0
一方、ロンドンからニューカッスルに越してきたシングルマザーのケイティは、職安での面接の時間に遅れただけで給付金が受けられなくなり、職探しもままならないまま、二人の子供を抱えてフードバンクに頼らざるを得なくなる。

職安で門前払いを受けるケイティ母子を見て義憤にかられるダニエル。彼は、暖房の切られたケイティの家の窓に緩衝材を貼って暖を取る方法を教えたり、部屋に飾るモビールをプレゼントしたり、ケイティの家族をことあるごとに応援し、寄り添っていく。
358758_003
生活保護の不正受給に対しては、いい気持ちはもちろんしないけれど、英国のように、弱者を容赦なく切り捨て、彼らの尊厳まで奪うのは、あまりにもひどい。人はみな生まれながらにして幸せになる権利を有しているというのに

犯罪を犯したわけでもなく、怠慢でもなく、真面目に誠実に税金を納めて生きてきた人々だ。病気や事故やその他の事情で働けなくなったのに、簡単な質問のやり取りだけで「就労可能」と宣告される。そして彼らは、煩雑で困難な手続きに疲弊して、抗議することも諦めてしまう・・・・・。

最後まで尊厳を失わず、抗議しようとしたダニエル。彼の残した「私は、犬でもなく、登録番号でもなく、一人の人間だ。」という言葉は、まさに今、英国で緊縮財政に命を削られている人々の心の叫びなのだろう。

« 2017年4月 | トップページ