最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 卒業式の活け花 | トップページ | 春の味覚 »

2017年3月18日 (土)

とろとろビーフシチュー

2017031723320000

お休み前のほっとする夜・・・・ビーフシチューを作りました。

牛肉はフライパンで表面を焼いて旨みを閉じ込めて鍋に移します。

再びきれいにしたフライパンで玉ねぎを炒め、

バターと小麦粉を加えてさらに炒めて

ケチャップを加えていりつけ、牛肉の入った鍋に移し赤ワインを。

そこに水とローリエを加えて、小一時間コトコト煮込みます。

私は,お手頃価格のボルドーワインを使います。(好み)

煮込んですぐは、ワインの味が勝っているのですが,

煮込むほどに肉と玉ねぎの旨みで深い味わいに。

人参やジャガイモは最初から一緒にせずに別茹でしておき

仕上げの15分前に入れて煮込みます。

ブロッコリーも別茹でで、盛り付ける際に加えます。

手間がかかるようで、そうでもありません。(時間と費用は少しかかる)

レシピは私の大好きな土井善晴先生の「お箸で食べる洋食」から。

91imtmxvfbl

この本だけでなく,愛用しているのは「土井善晴のレシピ100」も。

土井先生のレシピはどれもシンプルなのにすごく美味しいのです。

1106122756_main_l

自分の感覚で作るものも多いけど,土井先生のレシピだけは

分量も手順もきっちり守って作ります。

先生のレシピで初めて作ったのはゴーヤチャンプルー。

ゴーヤが大嫌いな私がゴーヤ大好きになりました。

それ以来,土井先生のファンです。

特に絶品で家族にも好評なのは

上記のゴーヤチャンプルーの他にも,ぶりの照り焼き・ハンバーグ。

なすの田舎煮。 魚の煮つけ。酢豚。べーじゃが。タルタルサラダ。

ほんとうに 美味しいです。基本もしっかり書いてくださっていて

お料理が好きになりますよ。

« 卒業式の活け花 | トップページ | 春の味覚 »

料理・グルメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ビーフシチュー、おいしそうです♪
まだまだ寒いので、こういう煮込み料理がおいしいですね。
コトコト煮込んでいる間に、部屋も温まりますし
下準備をしたあとは、時間がおいしくしてくれるのがうれしいですね。
おいしそうなにおいがふわ~と漂ってくると幸せな気分になります。

私は土井先生のレシピはもっていないのですが
「お箸で食べる洋食」、気になります!
今度、本屋さんで見てみますね。
基本からきちんと教えてくれる本は一冊あると安心しますね。

セレンディピティさん こんばんは

>下準備をしたあとは、時間がおいしくしてくれるのがうれしいですね。
そう、まさに、時間がおいしくしてくれる料理ですよね。
煮込み料理はそこが素敵なところですね。

土井善晴先生のお父様の土井勝さんは香川県のご出身で
徳島のわたしとしては勝手に親しみを感じています。
善晴先生のやさしい関西弁の語り口もいいですね。
それと、家庭料理がほんとうに美味しく仕上がります。
それまで適当に作っていた定番の家庭料理も
土井先生の本のちょっとしたコツを実行したら
驚くほど美味しくなるのです。
なぜそうするか、も詳しく解説してくださっているところもいいです。

「お箸で食べる洋食」おすすめですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/69959574

この記事へのトラックバック一覧です: とろとろビーフシチュー:

« 卒業式の活け花 | トップページ | 春の味覚 »