最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« さざなみ | トップページ | シン・ゴジラ »

2016年6月14日 (火)

キャロル

201604062049591a7
このうえもなく美しく
このうえもなく不幸なひと,キャロル。
あなたが わたしを変えた。

1952年のニューヨークを舞台に,富豪の人妻・キャロルと、デパートの玩具売場の売り子テレーズの間に芽生えた愛の行方を描いた物語。原作は「太陽がいっぱい」のパトリシア・ハイスミス。主演のケイト・ブランシェットも助演のルーニー・マーラも,ともにオスカーにノミネートされ,カンヌではルーニー・マーラが女優賞を獲得した。
Carolfilm
ストーリーは比較的シンプル。階層も生活背景も年代も違う二人の女性が,出会いとともに互いに惹かれ合い,逃避行の後に世間の目や社会の制裁に負けて一時的に別れるが,やはり想いは変えることができず,共に生きていく選択をする・・・という女性同士のラブストーリーである。

Carolmovie_addkate_021
1950年代というと,あのブロークバック・マウンテンの物語よりまだ前の時代だ。ワイオミングのような閉鎖的な田舎ではなくニューヨークが舞台だったとしても,同性愛に対する風当たりはすさまじいものがあっただろう。女性どうしが惹かれあうという感覚は私には全くわからない世界ではあるけれど,出会いのデパートの場面で,お互いがそれぞれ相手の魅力に惹かれたのもごく自然に思えた。

それくらい,キャロルもテレーズも魅力的だった。
111915carolcostumes1
102592_s3
ケイト・ブランシェットのゴージャスで知的な美しさは,スタイルといいファッションといい神々しいほどだ。そしてルーニー・マーラのお人形のような可憐でイノセントな魅力。それぞれの美は正反対かもしれないが,二人揃うとなんと絵になることか。
Carolmovie_addkate_044
Carolmovie_addkate_007
1950年代のファッションもニューヨークの街並みも,背後に流れる音楽も,ため息がでるほど美しく雰囲気があった。ただただうっとりと見惚れながらスクリーンを眺めた118分・・・・。いつまでも美しい二人を見ていたいと思わせる時間だった。

ケイト・ブランシェット・・・・このひとはいったいどこまで美しくなれるのだろうと,新しい作品が公開されるたびにいつも驚嘆する。顔立ちやスタイルだけでなく,立ち居振る舞いや雰囲気のすべてが。
Carolmovie862x528_3

ルーニー・マーラが演じるテレーズの可愛らしさとピュアな美しさ。キャロルが一時的に去ってしまった後のテレーズが流す涙を見て,本気で,深くキャロルを愛してしまっていたんだな・・・と胸が痛くなるほど。このあたりはブロークバックマウンテンよりもむしろ藍宇を思い出した。二人の間の経済格差や年齢差や,一度別れたあと,また元に戻るところなんかが。
Cbq8ncluyaak7ui
ひとを愛する感情って,本当に不思議だと思った。
愛する相手は計算づくでは選べない。燃え上がるのも冷めるのも,自分の意志ではコントロールできない。相手が既婚者であろうと,住む世界が天と地ほどに違いがあろうと,年齢も性別も超えて・・・・ひとたび生まれてしまったら,もうどうしようもないのが愛なのかもしれない。
CarolrooneymaraE382ade383a3efbc96
そして,誰もが自分の愛に忠実に生きることを選択できるわけではない。いろいろな理由で,一番愛する相手を諦める人生を送っている人も多いのだ。諦めた愛に対する憧憬や慙愧の想いはなかなか消えるものではない。時には一生,その人の心の奥に消えずに残る場合もあるだろう。

テレーズとキャロルは当時の社会からは後ろ指を指されながらも,互いの愛に忠実に生きていく道を最後には選んだ。離婚する夫のもとに愛娘を残してきているキャロルと,これからどのような人生も選べるうら若い年齢のテレーズ。茨の道には違いないだろうけれど,自分の感情に正直に生きて行ってほしいと願った。

« さざなみ | トップページ | シン・ゴジラ »

映画 か行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんは。

ご無沙汰ですね。コメントとTBありがとう!
こんなに切なくて素敵で最高に美しいLove Storyを見たのは初めてかも知れません。
ケイトはホントに美しくてゴージャスでした。ルーニーもキュートだし....。
そうファッションにもため息でしたね。
何はともあれ、ケイトとルーニーがとても素敵なキャスティングでした。

ななさん、お久しぶりです。
行間がなんと雄弁な映画だったのでしょう。
この作品の良さなどとても言葉で言い尽くすなんてとても私ごときには出来なくて、ただただ感じ入るばかりでした。

ルーニー・マーラは見事ですよね。彼女のピュアさ、真っ直ぐさ、美しさが年上の彼女の気持ちを惹きつけてやまないのは、とても分かります。
キャロルにとっては自分が失った純粋さを彼女に見たのだと思います。

margotさん こんばんは

>こんなに切なくて素敵で最高に美しいLove Story
そうですよね~~~ ほんとうにうっとりです。
ストーリーはけっこうシンプルだと思うのですが
どのシーンもまるで美しい絵のようで
ヒロインの二人がとにかく魅力的でしたよね。
同性でも,美しいひとを鑑賞するととっても幸せな気持ちになります。
それに,二人の思いのこもった表情がまた素晴らしかったです。

とらねこさん こんばんは

>行間がなんと雄弁な映画だったのでしょう。
セリフがなくても,まなざしや仕草で切ない思いを語るシーンが多々ありましたね。
ルーニー・マーラ,初めて観たのは「ドラゴン・タトゥー」でしたが
あの作品の彼女とは全く別人でした。カメレオン女優さんですね。

>キャロルにとっては自分が失った純粋さを彼女に見たのだと思います。
真っ白いカンヴァスのような彼女のピュアなところがとても魅力的でしたね。
そしてキャロルによってテレーズも大人の女性の美しさが開花していくあたり,見事でしたね。

ななさん、こんにちは!
急に寒くなって、朝はストーブが欲しい位です。

この映画、手元にあるのねー。
2人それぞれが、魅力的で、見てるだけでも楽しめちゃうんですよね。

ルーニーさんの、ちょっとオードリーっぽい少女テイストを感じさせるカジュアルなファッションとキュートさと、ケイトさんの大人!な魅力と色っぽさと、両方素敵☆

このお話って、作家さんの実話の体験が含まれてるとか。
ケイトさん側だったのかな・・・?^^

latifaさん こちらにもありがとうございます。

ほんとに急に寒く・・・というかやっと暑くなくなってホッとする間もなく
もう冬支度ですよね。でも今週はまた少し暑さが戻るそうで
まったく体調が整いませんよね

>ルーニーさんの、ちょっとオードリーっぽい少女テイストを感じさせるカジュアルなファッションとキュートさと、ケイトさんの大人!な魅力と色っぽさと、両方素敵☆
ほんとに宝塚の姫役と男役のような麗しさで
どちらのファッションも真似したくなるくらい素敵で(真似できないけどね)

>このお話って、作家さんの実話の体験が含まれてるとか。
>ケイトさん側だったのかな・・・?^^
そうなんですか!パトリシア・ハイスミスの・・・・なんとなくケイトさん側のような気もしますね。根拠はないけど。

ななさん、こんばんは。

ななさんの貼ってくれてる画像、美しい~!!
一番下のキャロルの美しさときたら・・・・ため息ものですね。

映画の中のカップルって、素敵な俳優さん同士でも相性ってあると思うんです。
美男美女でも並んだ時に「う~ん、なんか合ってない」と思う時がたまにあるのですが、この二人は本当に素敵でした。

>誰もが自分の愛に忠実に生きることを選択できるわけではない
本当にそうですね。
だからこそ、このラストシーンが嬉しくて(涙)
二人のこれからは、厳しい道だと思いますが・・・それでも自分たちの想いに正直に二人で生きていって欲しい。
そう強く思いました。

瞳さん こんばんは!

お返事遅くなってごめんなさい。
素敵なクリスマスをお過ごしでしょうか。

この作品の二人のようなコートなど纏ってみたいものと憧れつつ
現実には,髪振り乱して大掃除や買い物に駆け回っております・・・
でもでもおっしゃる通り,ほんとにお似合いのお二人でしたね。
美しさもですが,二人の個性もぴったりとお似合いだったように感じて
ストーリー以前にただそれだけでもう満足して見とれてしまうような作品でした。

この作品の特典映像で監督が「役者も美術や音楽や撮影などのスタッフも,すべてが素晴らしくて奇跡のような作品」だとコメントしていました。確かにね~と納得してしまいました。

お邪魔します
ななさんがベストに入れていた作品だったので
絶対みようと思っていました。
美しい作品でしたね。
ケイトさんは他の作品のイメージで想像できるキャラでも
あったのですが、今回ルーニーさんの意外な面を見たという
感じで驚きでした。
私もドラゴン~~が初めてでそれ以降の作品でも
どっぷり恋愛映画ってみたことがなかったので
このかわいらしさに驚いたのです(笑)
<誰もが自分の愛に忠実に生きることを選択できるわけではない>
そうですよね。選択できた幸せな2人でもありますよね。
困難はあるけれどきっと乗り越えられると信じたくなるようなラストでした。
想像力掻き立てられる部分も多かったので
見入ってしまう恋愛劇でしたね

みみこさん こんばんは

美しい作品でしたでしょ。
細かいストーリーなど気にならないくらい美しさで許してしまえる作品でした。
これは、お二人の女優さんのお手柄でもあると思います。

>今回ルーニーさんの意外な面を見たという感じで驚きでした。
そうですよね。彼女が実は宝塚でいえば
「姫」役のイメージの美人さんだとは何となくわかっていましたが
なんといってもドラゴンタトゥーのリスベットのイメージが強烈でしたから。

ケイトのゴージャスなファッションも魅力でしたが
ルーニーの可憐な女学生のようなファッションも
とってもよく似合っていて素敵でしたね。

結局ハッピーエンド・・・でも困難は予想される・・・という終わり方で
応援したくなりました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/65978081

この記事へのトラックバック一覧です: キャロル:

» 「キャロル」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Carol」 2015 UK/USA 1952年のニューヨーク。クリスマスを目前に高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしているテレーズも忙しくしている。彼女はフォトグラファーになることが夢。そしてボーイフレンドのリチャードからはプロポーズされヨーロッパに行こうと熱心に誘われているがなぜかその気にならない。そんなある日、おもちゃ売り場に現れたエレガントな女性に魅せられてしまう... キャロル・エアードに「ミケランジェロ・プロジェクト/2013」「シンデレラ/2015」のケイト・ブラン... [続きを読む]

» 『キャロル』 静かに進む濃密な愛の行方 [Nice One!! @goo]
原題:Carol 監督: トッド・ヘインズ 出演: ケイト・ブランシェット 、ルーニー・マーラ 、サラ・ポールソン 、ジェイク・レイシー 、カイル・チャンドラー 試写会場: ユーロライブ 2015年 アメリカ 映画『キャロル』公式サイトはこちら。 52年、冬。ジャーナ...... [続きを読む]

» 最近見た映画 2016年10月 洋画編 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
「キャロル」「裁かれるは善人のみ」「 リザとキツネと恋する死者たち」「ハッピーエンドの選び方 」「最愛の子」感想 [続きを読む]

» 「キャロル」 [Slow Dream]
1952年ニューヨーク、クリスマスを間近に控えて街は活気づき、誰もがクリスマスに心ときめかせている。 マンハッタンにある高級百貨店フランケンバーグのおもちゃ売り場でアルバイトとして働く若きテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)。 フォトグラファーに憧れてカメラを持ち歩き、恋人のリチャード(ジェイク・レイシー)から結婚を迫られてはいるが、それでも充実感を得られず何となく毎日を過ご...... [続きを読む]

» キャロル [ちょっとお話]
キャロル(2015) CAROL 上映時間 118分 製作国 イギリス/アメリカ/フランス 監督: トッド・ヘインズ 製作: エリザベス・カールセン スティーヴン・ウーリー クリスティーン・ヴェイコン 製作総指揮: テッサ・ロス ドロシー・バーウィン トーステン・シューマッハー ボブ・ワインスタイン ハーヴェイ・ワインス...... [続きを読む]

« さざなみ | トップページ | シン・ゴジラ »