MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の記事

2015年8月31日 (月)

リスボンに誘われて

Night_train_to_lisbon_ver5
ページをめくるたび,人生が色鮮やかに輝いていく・・・・

パスカル・メルシエのベストセラー「リスボンへの夜行列車」を,ジェレミー・アイアンズ主演,ビレ・アウグスト監督により映画化した作品。他にもメラニー・ロラン、シャーロット・ランプリング,ブルーノ・ガンツ、クリストファー・リーら豪華キャストが出演。DVDで鑑賞。

Nttl_00313
妻と別れて以来,単調な一人暮らしを送っていたスイスの大学教授ライムント・グレゴリウス(アイアンズ)。彼は,ある雨の日の朝,通勤途上で橋の上から身を投げようとした若い女性を助けるが,彼女の持っていた一冊のポルトガルの古書に魅了される。その中には,彼自身の心境を代弁するかのような言葉が綴られていた。「人生の一部しか生き得ないなら,残りはどうなるのだ?」・・・・・。心を掴まれたライムントは,著者であるアマデウ・デ・プラドについて知るため,衝動的にポルトガルのリスボンへの夜行列車に飛び乗るのだが・・・・。
201409140847294a8s_2
身投げを図った女性が持っていたリスボン行きの夜行列車の切符。心を激しく揺さぶられた本との出会いと謎の筆者への興味に惹かれて・・・とはいえ,そんな唐突で思い切った衝動的な行動がよく取れたな~と,まずそこに感心した。仕事とか,家族とかいろんなしがらみを考えたら,無計画に身一つで外国に旅立つなんてこと,行動的な人間でもなかなかできるものではない。ましてやライムントは行動的で衝動的なキャラクターとは正反対にしか見えなかったから。逆に言えば,彼にとって,それほど運命の出会いだったのか。その本とは。
F0324790_19015735_2
舞台はベルンから,陽光あふれるリスボンへ。

Movie_image

Nighttraintolisbon_2
ライムントが巡るリスボンの,石畳の坂道や,18世紀のリスボン地震後に復興された,整然とした石造りの町並みが美しい。

彼は著者のアマデウの家を訪ね,彼の妹である老婦人と出会う。アマデウがすでに故人になっていることを知ったライムントは,彼の友人や知人を訪ねてまわり,1974年に起こったカーネーション革命の時代に,反体制派として生きたアマデウの人生を辿っていく。そこで彼が見つけた若き日のアマデウとその仲間たちの人生は,これまでのライムントの生き様とはまさに正反対の,活力に溢れたスリリングなものだった。
Vr_13_3_p29_nttl6
自らを「退屈な」人間だと評価してきたライムント。5年半前に彼の元から去った妻。単調ではあったが何の疑問も不満もなく続けてきた大学教授の仕事と,変哲もない孤独な日常生活の繰り返し。おそらく残りの人生も同じような日々が続くものと,彼自身その日まで疑いもしなかったろう。

そんな彼が,アマデウの本と出合うなり,仕事を放りだして執りつかれたかのように異国へ「自分探し」の旅に出た。彼が授業中に女性の後を追って出ていったということを生徒から聞いた校長は「ありえない(impossible)」とつぶやいた。それほど,ライムントの取りそうにない行動だったのだろう。
Ngttl2sf99
アマデウと親友ジョルジェ,二人の恋人だったエステファニアの物語は,劇中劇のように語られ,その中には恋愛もサスペンスも散りばめられてはいるものの,最終的には,これは人生における決断を表した映画だと思った。

ライムントは小説の中の設定では57歳。定年間際の,初老にさしかかった男である。日本であれば,老後の備えとか,人生の集大成とか,仕舞い支度や守りの体制に入る年齢だと思う。でも,同時に,人生が残り少なくなったからこそ,これまで自分が生きてきた道を振り返りたくなる年齢でもある。
Nighttraintolisbon_4
人生の一部しか生き得ないなら,残りはどうなるのだ?・・・・
あと少ししか残されていないから,諦めて生きるのか?
それとも,あと少ししか残されていないからこそ,「生き直す」道を選ぶのか?

ライムントにとっては,それまでは体験したことがなかった大きなターニングポイントが,人生の終盤でいきなり訪れたようなものだろう。考えてみれば,誰の人生も選択の連続で,どちらを選ぶかで道は全く変わってくる。あのとき本当は選びたかった道を進んでいたら,どこへたどり着いていたのか,遅まきながら今からでも辿ってみたくなる・・・そんな心境になったことって,誰でもあるかもしれない。

ライムントは,最後に駅でどんな決断をしたのだろう。きっと,彼は元の生活にはもう戻らず,マリアナのいるリスボンにとどまることだろう。彼の残りの人生は,その後どのような輝きを増すのだろうか。優しく幸せな余韻の残るラストシーンが素敵だった。
1353604124_lisbon0

私たちはこれまでの自分の人生に本当に納得しているだろうか。
もしやり直すチャンスがあれば,行動に移すことができるだろうか。
それとも実現できなかった別の人生に,心の中で思いを馳せるしかないのだろうか。
もはや冒険を避けたい年代であるにもかかわらず,それまで築いてきたものをすべて捨てて,別の人生を生きることができるだろうか。

本当にやりたかったことや手に入れたかったもの,そして自分の別の能力を発揮できる道と,もしかしたらそこでしか出会えない人たちとの関係とか・・・いろいろと自分の人生の来し方と将来を考えさせてもらえる哲学的な物語だった。原作も読んでみたい。こちらは映画よりもっと哲学的で難しいらしいけど。
Jeremy_ironsbatman_vs_superman_2
ジェレミー・アンアンズはやはり素敵だった。この作品ではわざと少し背を丸めたり,オロオロした仕草を演じたりして,ライムントのキャラクターを見事に演じていたけれど,枯れてもなおセクシーな俳優さんの一人で大好き。彼の作品ではミッションのガブリエル神父と,ダメージのスティーブンがとりわけ好きな役だったけど,この作品の彼が一番になったかもしれない。それにしてもこの作品でも感じたが,欧州の由緒ある美しい街並みがとてもよく似合う俳優さんだ。

2015年8月20日 (木)

ジュラシック・ワールド

Mv5bmty4mdi1mdgymv5bml5banbnxkftztg
こちらも観てまいりました~~。

あらすじ:世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス。そんな凶暴なインドミナスが脱走してしまい……。(シネマトゥディ)

Mv5bmje2mdq5mdezn15bml5banbnxkftztg
ヒロインはパークの管理責任者で,意欲的な野心家のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)。ヒーローは恐竜行動学のエキスパートで元軍人のオーウェン(クリス・プラット)。飼育係でもある彼は,ヴェロキラプトル4姉妹を飼育・調教している。

今作で一番のお気に入りがこのラプトルたち。ブルー・チャーリー・デルタ・エコーという名前で,訓練者であるオーウェンの指示を聞き分けることができる。その優れた戦闘能力ゆえに,兵器として軍事利用の画策をするとんでもないやつ(のちにラプトルに食われてしまうが)も出現する。インドミナスを追跡するために放たれるが,インドミナスと意志疎通してしまい,寝返って人間を襲おうとしたり,土壇場でやっぱりオーウェンに従ったりと,なかなか人間臭い行動を取るのが面白い。
Mv5bmtqzota1njyxn15bml5banbnxkftztg
凶暴だけどカワイイup

Mv5bmjm3mza4njgznf5bml5banbnxkftztg
そして,ジュラシック・ワールドの後援者で億万長者のサイモン・マスラニ(イルファン・カーン)。おお,めぐり逢わせのお弁当サージャンがこんなところに。彼は残念なことに,脱走したインドミナスを追ってヘリを自ら操縦し,翼竜のドームに突っ込んで死んでしまうのだけどね。サージャンとは全く違う気骨のある役だ。

Jurassicworldrobinsonsimpkins2_2
このシリーズには欠かせない少年たち。今回はクレアの甥の,16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)の兄弟。お兄ちゃんはなかなか頼もしく,弟のほうは恐竜に詳しい。パークが閉園される際に脱出するのが遅れてインドミナスに追われる体験も。

Mv5bnzizote0mjuymf5bml5banbnxkftztg
そしてこれが,史上初の遺伝子組み換えによって秘密裏に誕生した大型恐竜インドミナス・レックス。15mというティラノサウルスを上回る巨体で,高い知能と残忍性を持つという設定。いくら集客のためとはいえ,こんなもんを生態も行動もわからないまま作るってどうよ?でも人間にこの愚かさがあるからこそ,この作品のストーリーは成立するのだけどね。人間ではとても歯が立たないこの恐竜を最後にどうやって仕留めるが・・・それは観てのお楽しみだけど,やっぱり人間の力ではなかった・・・。

久々に製作されたジュラシック・パークのシリーズ。3作目から10年以上のブランクを経ての製作なので,かえって新鮮で,予想をはるかに上回る面白さだった。テーマパークでアトラクションを立て続けに楽しんでいるような興奮を味わえる作品だ。大人から子供まで楽しめるし,もちろん恐竜好きな方にはたまらないだろうね。恐竜に何の思い入れもない私でも十分楽しめたくらいだから。

ラスト,パークは閉鎖レベルのダメージを受けて幕を閉じるけど,遺伝子組み換えに携わった学者は恐竜の胚を持って脱出してるから,また続編が作られそうな感じだね。

2015年8月16日 (日)

ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション

129959_ori_2
どこまで続くのかこのシリーズ,そしてどこまでエスカレートするのか,50代になってもなお限界に挑戦し続ける天晴れなトムの命知らずのアクション・・・・絶対に絶対に劇場で鑑賞したいこのシリーズの作品,夏休みの時期に公開してくれて嬉しい限り。

あらすじ:正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、 3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る。 (シネマトゥディ)

133073_ori
いやー,やはり面白かった。
私的には,前作ゴースト・プロトコルを超える面白さとまでは言わないが,やはりすごく面白い!冒頭からトムの「クルーズ走り」の後はノースタントの軍用機張り付きアクションが展開され,いきなりこんなハイテンションで始まって,あとあと息切れしないの?と心配になったが,監督・脚本がユージュアル・サスペクツクリストファー・マッカリーだけあって,先の見えない展開続きで最後まで緊張の糸も途切れず,謎解きの面白さも十分すぎるほど。

ローグ・ネイションとは「ならず者国家」という意味だそうで,世界平和に対する脅威を画策する国家や体制」のこと。この作品でイーサンが追うローグ・ネイションは,死んだことになっている元エージェントたちが集結した多国籍スパイ集団「シンジケート」。後ろ盾になるはずのIMFは解体の危機にあり,相変わらずイーサンは国際手配されてたりして,孤軍奮闘なのはお約束通りの展開。
133064_ori
今作で一番注目せずにおれなかったのが,↑のお方。
イーサンを拷問から救い,その後も敵なのか味方なのか立ち位置が謎のままイーサンと一緒にシンジケートを追う美女イルサ。実は彼女はシンジケートに潜入中の英国の諜報員なのだが,このイルサを演じた女優さん(レベッカ・ファーガソン)が,身体能力も美しさもお色気も凄い。今までのこのシリーズの中でも一番魅力的なヒロインかもしれない。スウェーデン出身の,碧眼の惚れ惚れするほどの正統派美人さんだが,華麗な太ももさばきで敵を締め上げて殺したり,男顔負けのバイクアクションをこなしたりする最強の女性エージェントだ。
352384_004

そのほかにも,このシリーズではおなじみになっているベンジーやルーサー,ブラント(ジェレミー・レナー)たちもしっかり脇を固め,特に今作ではベンジー(サイモン・ペッグ)が大活躍している。

新作が出るたびに過去のミッション・インポッシブルも再見してみるのだが,思えば20年も続いているこのシリーズ,これだけ回を重ねても,主役も交替せず面白さを保っているというのはすごいことだと思う。ひとえにトムの頑張りのおかげか。彼も今さら地味なヒューマンドラマにも戻りにくい俳優さんだと思うので,これからもスパイものやSFものでアクションをし続けるしかないのかもしれないけど,その路線で頑張ってほしいよね・・・・。できる限り。やっぱりかっこいいもの。アクションしているトムは。

2015年8月 1日 (土)

めぐり逢わせのお弁当

O0434062013055348053マダム・マロリーの魔法のスパイスに続いて,インド料理が食べたくなる映画をもう一つ。こちらは従来のインド映画のイメージとは違って,とても繊細で静かなラブストーリーだ。お弁当に登場するインド料理が美味しそうなのは言うまでもなく,この映画の鑑賞後ももちろん,インド料理専門店に足を運んだし,映画に出てきたインドのお弁当箱も欲しくなった。DVDで鑑賞。お気に入りで何度も観ている作品だ。

この物語の背景には,インド特有のダッパーワーラーという弁当配達業の存在がある。

Title_2インドでは,三食をきちんと調理したあたたかい食べ物を食べるという文化があり,文化や宗教が入り交じっているインドでは,タブーとなる食べ物が人それぞれに違うことから,必然的に昼食は,外食ではなく家庭で調理した弁当を食べる労働者が大多数を占めるそうだ。お弁当は「ダッバー」と呼ばれる金属製の弁当箱に入れて,「ダッバーワーラー」と呼ばれる配達人に集められ,お昼に届けられる。下の画像はダッバーというお弁当箱。金属製のお椀にそれぞれ違うおかずが入れられて,汁ものも漏れない。これを保温機能のある袋に入れて届ける。
Dabba
ダッバーワーラーたちの届け間違いのミスは1600万回に1回、驚異の低エラー率なのだが,なんとこの物語は,このダッバーワーラーの届け間違いによって起こる設定になっているから面白い。ある日,妻イラの作ったお弁当が,全然違う見知らぬ男性のもとに間違って届けられる・・・・。イラの夫はそれまで妻の弁当に感想も感謝もなく,完食することもなかったのに,その日イラの手元に帰ってきたお弁当箱は綺麗に完食されていた。

はじめは夫がやっと完食してくれたのだと喜んだイラだが,帰宅した夫の話の食い違いから,食べたのは別の人だと気づく。普通はその地点で配達会社に苦情を入れ,翌日からは正確に夫に届くようにするものなのだが,イラはそうしなかった。かわりに「食べてくれてありがとう」という手紙を弁当箱にしのばせるのだ。こうして,夫に顧みられない寂しい人妻イラと,早期退職を目前にした男やもめのサージャンの間に,お弁当箱を介した手紙のやり取りが始まる・・・・。

10295731_729435773773903_5617187558顔も知らない相手とのお弁当箱を介しての不思議な文通。顔も知らない他人だからこそ打ち明けることができる,ささやかな悩みの数々。次第に生まれていく親愛の情。やがて互いに実際に会いたいと思うようになる二人。この設定は,手段こそ違えど,「ユー・ガット・メール」の二人のいきさつややり取りのようで・・・・。いや,こちらは「お弁当」を作ってあげてるぶん,実はもっと絆が深まっているのでは?と感じた。

毎日毎日,相手の顔や心情を思い浮かべながらお弁当を作り続けるって・・・やっぱり関心や好意を持っている相手にしかできないよね…普通。特にその相手が喜んで食べてくれるなら,余計に気持ちは深まっていくと思う。これって,食べてもらえる相手に対して思い入れや親愛の情がないとなかなかできない。(プロは別としてね。)

Img_cast02食べるほうもまた,赤の他人の手作りを毎日食べ続けるって,もちろん味がとても美味しかったのも理由の一つではあるかもしれないけど,作り手に対して気持ちがないとできないよね。両者の間に生まれた,プラトニックでありながら疑似夫婦のようなときめきは,妻を亡くして殺伐とした生活を送っていたサージャンの心に潤いを与え,夫に愛されないイラの生活にも張り合いを与えてくれるものだったに違いない。

Img_introで,いよいよ二人が「実際に会いましょう」という展開になって,これはプラトニックから一気に進展するのかしらと思ったら,サージャンの方が待ち合わせ場所まで出向きながらも,結局イラの前に姿を現すことなく帰ってしまう。彼を思い止まらせたのは,唐突に自覚した彼自身の「老い」による気後れ。それは,洗面所で気がついた祖父と同じ匂い(加齢臭?)や,電車の中で若者に席を譲られそうになった出来事など。若いイラの前に姿を現して失望させるのが怖くなったのだ。うーーーん,すごくなんだか・・・よくわかります。その気持ち。そして会うことがないままサージャンは転勤する。「良い夢を見させてくれてありがとう」という言葉をイラに残して。

物語はサージャンの部下の青年との,心温まるエピソードも盛り込みながら,インド映画には珍しく始終ゆっくりと静かに進んでいき,結局白黒つけないまま・・・というか,イラがはたしてサージャンの元へ行くのかどうかわからないまま,余韻を残して終わる。

O0600040013055348051イラは思いを綴った手紙を実際にサージャンに出せたのだろうか?行動に起こしたかどうかはともかく,それまで自分を顧みてくれない夫へ向けられていた彼女の心が,そんな寂しい呪縛から解放されたことだけは,確かだと思う。

心にじんわり沁み入るようなプラトニックラブのお話。それも大人のしっとりとした・・・・こういう作品大好きだ。花様年華恋におちてのような。

イラの手紙に書かれた,「人は間違った電車に乗っても正しい場所に着く」・・・・いい言葉だなぁ。運命とか宿命とかを感じさせる言葉。でも個人的には間違った電車に乗ったら別の場所に着いて,それもまた面白いというか受け入れて生きていくのも場合によってはありかも・・と思うのだけど。この言葉がこの物語の中でイラの口から語られると,サージャンへの確固たる愛のメッセージに思えてしまう。彼女のたどりつくその場所には,果たしてサージャンは居るのだろうか・・・。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »