MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の記事

2014年12月30日 (火)

ゴーン・ガール

Newimage46
大好きなデヴィッド・フィンチャー監督の最新作ということで,劇場で観てまいりました。

「ゴーン・ガール」=「失踪女性」でいいのかな?タイトル通り,結婚5周年を迎えた記念日に突如姿を消した妻(ロザムンド・パイク)を捜す夫(ベン・アフレック)が,警察やメディアに翻弄されたあげくに殺人犯の疑いまでかけられてしまうサスペンス作品。

いや~~ ある意味ホラーな作品でございました。怖い怖いsweat01
ネタバレ禁止なので詳しく書けないけど,これだけは。消えた妻は被害者ではなく,すべては彼女の茶番劇。それも失踪の目的は,結婚当初の期待を裏切って職を失い若い娘と浮気までしたヘタレ夫への復讐・・・・この展開は,なんとなく見る前からバリバリに予想はついた。
Sddefault_convert_20141212193933
妻が怪しいってことだけは最初から読めるんだけど,ではこの作品の見どころは?というととにかくロザムンド・パイク演じる妻のエイミーの悪女ぶりの凄さかな。ここまでやるか~~って感じで目が離せない。そしてそれがことごとく成功するし,彼女の仕業を見破れた人物がいたとしても手も足もでない展開に。

結婚は人生の墓場であるとか,女は怖いとか,そんな単純な話じゃない。

この作品を観たら結婚が怖くなるとか,そんなことはない。だって彼女のような女性は・・・・滅多にお目にかかれるものじゃないから。こんな相手を配偶者に選んでしまった場合はものすごく運が悪いとしかいいようがない。心の中ではみんな「私はこの結婚に失敗した。私の人生をどーしてくれるの!」とたとえモヤモヤしたとしても,実際にここまでの行動には移さないし,何よりも普通の人間は家庭を築いた相手に対して愛は消えても「情」くらいは持っているだろうから。

大丈夫,こんな命も危うくなるような,重い人間不信になるような結婚は普通はみなさん体験はされないでしょう。妻が、もしくは夫がありえないくらい冷血で,悪事の計画をパーフェクトにたてることができるくらい頭脳明晰でないと、起こらないでしょう。こんな事件は。
Gonegirl03
この物語のエイミーは,恐ろしいほどに,いや天晴れなくらい自己中で,他人はみんな自分のために存在していると信じて行動し,邪魔になったり自分の不利益になったりする相手は容赦なく制裁したり廃棄したり・・・・こんなヒロイン,どこかで観たことがあるなぁと考えたてみたら,ニコール・キッドマン主演の誘う女のヒロインがよく似たキャラだった。

ニコールが演じたヒロインも自己顕示欲が強く自分大好きな女性で,夫はそのための道具でしかなかったような・・・・。完璧な人生を演じることが人生の目的って・・・・。もっとも「誘う女」のヒロインは最後に恨みを買った誰かに消されてしまうのだけど,この作品ではエイミーは勝利者として幕を閉じる。いや~~,いつか天罰が下れよ!angryって誰もがラストには思ったと思う。

Newimage54
可哀想な夫役のベン・アフレック・・・・。キャスティングを見たとき,フィンチャーのサスペンス作品にベン・アフレック?うーんなんか違和感・・・と思っていたが,鑑賞後の今は彼でビンゴ!だったのだと感じる。お人好しで凡庸で,あがきつつもエイミーの張り巡らされた蜘蛛の巣から逃れることができない夫の雰囲気が・・・・これがブラピやトム・クルーズならしっくりこないだろうし。(ベン・アフレックさんは俳優さんとして大好きですが)

これ以上は詳しく書けないけど,とにかく長尺の作品にも関わらず,想定外の展開から目が離せないのでとても面白かった。しかし鑑賞後の余韻はあまり心地いいものではありません。この監督はそういう、消化不良でイヤーな気持ちになる作品多いですが・・・ゾディアックとかセブンとか。でも傑作だとは思いました。ロザムンド・パイクの背筋も凍る悪女ぶりは一見の価値あり!勧善懲悪やハッピーエンドが好きな方にはおすすめしません。

 

« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »