最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年9月の記事

2014年9月 7日 (日)

ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち

Thepaintedveilposterart_2
2006年の作品。しかし日本では未公開で,DVDも今年リリースされたばかり。邦題からは,昼メロみたいな安っぽさが漂うのだが,サマセット・モームの原作の文芸映画で原題は「五彩のヴェール」。1934年に「彩られた女性」という題でグレダ・ガルボ主演で映画化されたもののリメイクだそうで。

何がいいって,主演がエドワード・ノートンナオミ・ワッツなこと!これがなければ絶対スルーしていた作品だ。サマセット・モームの小説もあまり読んでないしね。で,結論から言うと,これ,とってもよかった。たぶんみなさんほとんどご存じないと思うけど,あえて紹介させていただこうかと。
1
舞台は1923年のロンドン。
上流階級の家の娘キティ(ワッツ)は、父親の勧めに従って,中流階級出身の医学博士ウォルター(ノートン)のプロポーズを受け入れ,彼の赴任先の上海へ同行する。しかし真面目で寡黙で仕事熱心なウォルターに不満を募らせた彼女は,イギリス副領事タウンゼント(リーヴ・シュレイバー)と関係を持ってしまう。

やがて妻の不貞に気づいたウォルターは,ある復讐策を実行する。キティに対し,コレラが蔓延している僻地医療現場へ自分と同行するか離婚か,どちらか選ぶようにと迫ったのだ。「なぜ私がそんなところに行かなきゃいけないの?」と抵抗するキティだが,不倫相手のタウンゼントがただの浮気男にすぎなかったことがわかったキティは,他に選択の余地もなく,冷え切った関係の夫と共に,中国の奥地へ向かう・・・。
Thepaintedveil2006still3_2
撮影時にまだ30代だったナオミ・ワッツが美しい。1920年代のファッションは,膝丈までの細身でフラットなドレスやボブカットのショートヘア,キャスケットタイプの帽子・・・などとても素敵なのだけれど(華麗なるギャツビーの時代よね)この映画のナオミの髪形もとても女らしく可愛らしい。

彼女は前半はとても嫌な女である。たとえ上流階級に生まれても,女性は適齢期になれば結婚するしか生きるすべがなかった時代,大して愛も尊敬も抱いていないウォルターと,ある意味「妥協して」結婚「してあげた」彼女は,面白味のない夫を裏切ったあげく,離婚されることだけは避けたくて,自分に復讐しようとする夫に怒りを覚えながら投げやりな気持ちで僻地に赴く。
3
しかし,後半からの彼女は,シスターが経営する孤児院でのボランティアなどを通して,次第に変わっていく。ろくに口もきいてくれない夫と二人きりで,コレラの蔓延する不便な僻地に無為に閉じ込められる生活の中,キティは生きていくために,自分ができること,自分にしかできないことを模索し始める。それまで,親や夫の庇護のもと,深い考えもなく高慢に気ままに生きてきたに違いない彼女が,「自立」というものに目覚め始めたのかもしれない。こうなると持ち前の気丈さや負けん気がプラスに働くのか,彼女は次第にたくましく生彩を取り戻していくのだ。

そしてそれにしたがって,冷戦状態だったウォルターとの関係も少しずつ変化していく。夫に対し,謝罪や尊敬の気持ちが芽生え,新婚時には彼女の方には無かった夫への愛も生まれてくる。

40863_gal
ノートンもまた,物静かで沈着で,しかしこうと決めたら譲らない頑固さも持つウォルターにぴったりの雰囲気だった。愛して結婚した妻に裏切られた大人しい夫の執念深い反撃・・・。キティへの愛情と復讐心の狭間で悩む不器用で生真面目なウォルター。この二人が演じたからこそ,この作品は珠玉の味わいにまで高められたと思う。

しかし,夫婦の間にやっと本当の愛や信頼が生まれ,子供も授かった矢先に,ウォルターがコレラに感染。この時代だから・・・・奇跡は起こらず,キティの懸命の看護も虚しく,点滴の生理食塩水が尽きたときに,彼は脱水症状を極めて逝ってしまう。最後に「(こんなところに連れてきて)赦してくれ。」と妻に言い残して。
Pv_3
ここからは涙腺がゆるみっぱなし。

和解したとたんに夫が死んでしまうのも,小説や映画ならもちろんありがちな話の流れなのに,ナオミとノートンの演技に泣かされ,「ウォルター埋葬→キティ慟哭→キティがその地を去る」までの一連のシーンの背後に流されていたフランスの童謡「À la claire fontaine(清らかな泉のほとりで)」の,やさしい澄んだ調べとシンプルな愛の歌詞にまた泣かされ・・・・。この曲,どこかで聴いたことがあると思ったら,クリスティン・トーマス・スコット主演の,ずっとあなたを愛してるでも効果的に使われていた曲だった。曲の最後に繰り返される,(Il y a longtemps que je t'aime,Jamais je ne t'oublierai.=ずっとあなたを愛してた,決してあなたのことは忘れない)という歌詞があまりにもこの場面の哀しさや切なさにぴったりで心に残る。

美しい映画だった。ノートンやワッツのファンならぜひご覧ください。モームの原作がお好きという方にもおすすめ。

2014年9月 1日 (月)

プリズナーズ

610x902x33a30f460ed2f4bb18f17929

灼熱の魂ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品で,主演がヒュー・ジャックマンジェイク・ギレンホール。これだけ揃えば,どんな難解作でもマニアックな駄作でも観たい私だが,この作品,さすがあの灼熱~の監督の作品だけあって,とても見ごたえのある秀逸なサスペンスだった。二時間半という長尺にもかかわらず,非常によく練られた脚本のもと,計算しつくされたストーリー展開のせいで,緊張感は一時も途切れることも緩むこともなく,最初から最後まで惹きつけられ,かつ自在に振り回された。大好きなセブンと,ちょっとテーマや雰囲気が似てるかな?

Prisonershugh_jackmanjake_gyllenhaa
ストーリー
家族と過ごす感謝祭の日、平穏な田舎町で幼い少女が失踪(しっそう)する。手掛かりは微々たるもので、警察(ジェイク・ギレンホール)らの捜査は難航。父親(ヒュー・ジャックマン)は、証拠不十分で釈放された容疑者(ポール・ダノ)の証言に犯人であると確信し、自らがわが子を救出するためにある策を考えつくが……。(シネマトゥディ)

danger この先の感想には,軽いネタバレも含む記述もあるので,未見のかたはご注意ください。予備知識なしで鑑賞した方が絶対にお勧めの作品ですので・・・・

98

ケラーを演じたヒュー・ジャックマン。彼が演じたのは,我が子を救いたいがために人として許されない罪の領域にまで踏み込んでしまう男だ。最愛の我が子を誘拐され,容疑者は10歳ほどの知能しかないという理由から釈放されてしまい,一刻も早く救出しないと手遅れになってしまう・・・という状況に置かれたら,親は誰しも彼と同じ狂気と苦悩に駆られるにちがいない。だからといって,誰もがケラーのような常軌を逸した行動を取りはしないけれど・・・。

しかし実際に行動に移すことはできなくても,それをやりたいという衝動は感じるかもしれない。どんな手段を使っても,たとえそれが法に触れるものであっても,我が子を救いたいという思いは。

ケラーの場合,彼の逆上型で一途な性格や,環境(監禁に適した空き家や,強靭な肉体や武器を持っていた等)が行動を可能にしたのだろう。日本では,国民性や環境のせいで,なかなかできない行動だ。・・・たとえしたくても。

Prisonersjake_gyllenhaal006

とにかくこんなにクレイジーなヒューも初めて観たし,こんなに暗いジェイクも初めて観た。両者とも今までに見たことも無い役柄で,白熱する演技合戦が凄かった。特にジェイク。彼はゾディアックでも迷宮入りの連続殺人犯を追いかける役ではあったが,あちらでは飄々としたオタクっぽい漫画家青年だったのに比べてこちらは敏腕刑事という役どころ。彼が演じるロキ刑事は,今まで捜査した事件ではすべての犯人を検挙してきたという実績を持つ優秀な刑事だ。

600pxprisonersglock172

ロキ刑事の生い立ちや背景ははっきりとは語られないが,「少年院にいたこともある」という彼自身の台詞や,友や家族とも縁がなさそうな雰囲気や,フリーメイソンの指輪・・・などなどから,孤独で寡黙で一筋縄ではいかない感じが伝わってくる。頼りにならない上司の下で,捜査は常に単独。彼は聞き込みや被害者家族とのやり取りや,職場の同僚との会話は常にテンション低めで,感情的にならないのに,容疑者を取り押さえる時や追跡するときには別人のようにハイテンションに豹変する。

そう,このロキ刑事,複雑でなかなかカッコいいキャラクターである。頭脳明晰で冷静沈着なのだけど暗い影を背負っている感じ?一人の時に疲れ切った表情で小声で悪態をつくところが面白い・・・・・しかしこんな複雑な役なのに,ジェイク,上手い。
Prisonershugh_jackmanpaul_dano001
この作品,被害者父の暴走だけで2時間半を引っ張るのではなく,並行して真犯人らしい新しい容疑者の出現とか,いわくありげな神父と教会の地下室のミイラ化した死体とか,過去に起こっていた幼児失踪事件とか,さまざまな謎や手がかりを上手く小出しに散りばめてくれ,終盤にはそれらが一気に収束して,真犯人とその動機などの謎の解明に辿りつくようになっている。

まるで緻密なパズルのようによく考えられたストーリーであり,ゾディアックのような「真相はわからずじまい」という消化不良感もない。また,人間の暗部や罪,暴力描写や狂気がじっくりと描かれているにもかかわらず,終盤の救出劇(ジェイクがめちゃカッコいいです)から爽快なカタルシスを感じることができるし,結局のところ,真犯人も捕まり(というかロキ刑事の銃弾に倒れるのだが)被害者で命を落とす者は誰もいない・・・ので,後味は悪くないのだ。むしろ,秀逸なラストシーンには,「ああよかった」と心から安堵を覚えた。
Prisonersmelissa_leopaul_dano005

ヒューマンドラマとしても見ごたえあるし,サスペンスとしても一級品の作品だと思う。「灼熱~」のような「驚愕の真相」も,存在する。「灼熱~」ほどではないけれど,想定外の真相が終盤に明らかにされ,「えー!そうだったの」と・・・・。

そして,これは「セブン」同様,宗教的な色合いも濃い物語だ。神VS悪魔というテーマ。ケラーはクリスチャン。そして犯人はもちろん悪魔の象徴である。詳しく言うと,犯人は神に対する失望が理由で神の陣営から悪魔の陣営に移り,同じように神の陣営にいる人間を堕落させようと目論む人間である。事実,容疑者を拉致して拷問するケラーは,悪魔の陣営に片足を突っ込んでいたようだ。

神に失望した人間の神への逆恨みは根深いものがある。また,人間は神の側にも悪魔の側にも立てるし,罪と信仰との狭間を行ったり来たり,いや,両立すら可能な存在でもあるのかもしれない。ケラーの様に祈りつつ拷問もできてしまう・・・・そういう状況に置かれたら。恐ろしいことだ。
A0212807_19253847

ロキ刑事の立ち位置は,神でも悪魔でもなく,「異教徒」を象徴している・・らしい(フリーメイソンの指輪とか彼の名前から)。事実,事件解決には冷静で客観的な判断を持つ彼の奔走が役立つのだ。

神と悪魔の戦い・・・信仰と罪の戦い。「セブン」では罪=悪魔が勝利を収めたような結末が衝撃的だった。しかし本作は一応神の勝利で終わっているから,後味が悪くないのだろう。しかし人間とは,神の陣営にいると自覚しているものでさえ,きっかけさえあれば,罪に手を染め,やすやすと境界を超えてしまう弱さや危うさを持っているのだとしみじみ思った。

Prisoners_still_27_prfp0002r
ケラーはもちろんのこと,あの神父や,ケラーの拷問に手は貸さないけど止めはしなかったナンシーなど・・・人間は,条件が揃えば罪に囚われてしまう弱さを持っている。たとえ本意でなくとも。エデンの園で蛇の誘惑に負けたとき以来,人は常にサタンからの誘惑に晒され続け,サタンは何とかして人間をに自分の陣営に引き込もうと手を変え品を変え近づいてくる。事件は解決されても,多くの人の心の中には深い傷が残ったことだろう。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督・・・その力量おそるべし。今後も注目していきたい監督さんだ。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »