最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の記事

2014年5月 7日 (水)

鑑定士と顔のない依頼人

16
劇場で一度観て,後日リピートしてしまった作品。この作品,最期のオチまで観てしまうと,もう一度それを知ったうえで再見したくなる・・・・初見時に感じた,それぞれの登場人物の言動が,二度目はまったく違ったふうに見えてくるのが面白かった。私のようなリピーターは結構たくさんいらしたそうである。

あらすじ: 天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺(のこ)した美術品を査定してほしいという依頼を受ける。屋敷を訪ねるも依頼人の女性クレア(シルヴィア・フークス)は決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美術品の一部を見つける。その調査と共に依頼人の身辺を探る彼は……。(シネマトゥディ)
Elfilm_comthebestoffer290847
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品の中では,散りばめられた謎や人間の欺瞞や残酷さは,題名のない子守唄と似た香りがする。美しい映像や流れるようなモリコーネの音楽にうっとりとはするが,後味はシニカルで暗く,切ない。個人的にはこの切なさ,やりきれなさが好きではあるが。

天才鑑定士ヴァ―ジルが,図らずものめり込んでしまった,まさかの「老いらくの恋」それも生まれて初めての恋。しかしそれは,彼が密かに収集してきた膨大な肖像画のコレクションを狙ってしかけられた,まさに「壮大な」詐欺事件だった・・・・。(ネタバレすみません)
13

変人で気難しく,人との接触を嫌うヴァ―ジルの心に密やかに確実に入り込んでいく謎の美女クレア。「広場恐怖症」という名目で,中盤まで姿を見せない彼女は「怪しい・・・この女性」と最初からマークできたけど,終盤になって「え~,あの人もこの人もグルだったの?」と驚かされる。なんて手の込んだ,そして大がかりな詐欺なんだ!とヴァ―ジル同様,唖然としてしまった。しかし,それほどまでの手間や準備を費やしても価値があるくらい,盗み取られたヴァ―ジルのコレクションの総額はたいしたものだったのだろうとも予想がつく。・・・・こりゃショックだただろうなぁ。気の毒なんて言葉では言い表せない。

Elfilm_comthebestoffer290852
人生の最後に想定外の恋に落ちてしまったがために,これまで築き上げてきたものすべてが根こそぎ奪い取られて腑抜けのようになってしまうヴァ―ジル。しかし,警察に行く決心もつかず,「何が起こってもあなたを愛してるわ」というクレアの言葉を反芻し,ラストシーンのカフェで彼女を待ち続けるヴァ―ジルの姿をみて,彼が一番失って辛かったものは,コレクションではなく愛するクレアの存在だったのだろうなぁ,と感じた。

人を愛することなく人生を終えるはずだった彼が,それがたとえ仕組まれたものであっても「愛する」体験をしたことは,彼にとってはよかったのだろうか・・・?彼はこれからもクレアを恨むことは出来ず,いつまでも彼女に恋い焦がれながら彼女を想いつづけて生きるのだろうか。彼女にいつか再会でき,彼女からの謝罪の言葉を聞き,彼女に赦しの言葉をかける場面を夢見て生きるのだろうか?それは彼女を知らない人生よりは,彼にとって豊かなものであると言えるのだろうか?

いろいろ考えさせられる余韻のあるラスト。しかし皮肉で残酷な物語であることは間違いがない。愛もまた偽れる・・・作中の台詞がずっしりと胸にこたえた。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »