最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月の記事

2014年1月23日 (木)

虹の橋を渡りました

2013020912520000
1月21日午後六時,我が家の愛猫ななは,
虹の橋を渡ってお空に行ってしまいました。

慢性の腎不全でした。
年明けに急にご飯を食べなくなって病院につれていったときは
もう末期の数値だと言われました。
それまでとても元気だったから体内で静かに進行していた病気に
気づいてやれなかった・・・・・。
入院治療してもいたずらにストレスを与えるだけで
もう治るみこみはないと診断され
残された時を出来るだけ安らかに一緒にいてあげたいと思いました。

大好きなご飯を目の前にしても
食欲がないのかじっとお皿を眺めるばかりで
もう食べることもできなくなって。
点滴のために通院して量る体重が
毎日100グラムずつ減っていきました。
2014011923050000
診断されてから逝ってしまうまでわずか2週間・・・・
最後は1.5キロまで痩せて。
口内炎の痛みを取るためのステロイド注射と
二日に一度の皮下点滴だけが施せた治療のすべてでした。
最期は点滴の効果も無くなって水すら口にできなくなり
とうとう歩けなくなって,寝たきりになりました。

亡くなる前の晩は,もうほとんど身動きもできなかったし
目も開けたまま意識が朦朧としていたみたいで
それで一晩中眠らずに抱いてやっていました。
それでも撫でてやって話しかけると,かすかに尻尾をふってくれました。

病気に気づいてあげれなくてごめんね。
苦しい思いをさせてごめんね。
うちの子になってくれて16年間一緒にいてくれてありがとう。
もう頑張らなくてもいいから,お休み・・・・・
2014012120010000
翌朝,どうしても仕事を休めない私は,両親に世話を任せて
出勤前に,お別れを告げて出かけました。

でも,彼女は,夕方私が帰宅するまで,
旅立つのを待っていてくれました。
帰宅した私の腕の中で,30分後に安らかに息を引き取りました。

腎不全の猫の最期は苦しむという話も聞いていたけれど
嘔吐も無く,しゃっくりのようなかすかな痙攣が数回あっただけで
家族みんなに見守られて,静かに逝きました・・・・

今は,我が家の裏庭に静かに眠っています。
魂はきっと,虹の橋のふもとでいることでしょう。
元気なころの姿を取り戻し,美味しいご飯もいっぱい食べて・・・・
もっと早く治療を開始できていたらと,そればかり悔やまれるけど
彼女にとって,実際の苦しい闘病生活が
二週間という短い期間だったことは
やっぱり幸せだったのかもしれません。

でもあまりにも唐突に訪れたお別れのときに
人間たちの方はまだ納得することができなくて
会いたい・・・・声を聞きたい・・・抱っこしたい・・・もう一度。

彼女を抱いて寝ていた夜の時間が一番今は辛いです。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »