最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 「許されざる者」 | トップページ | 凶悪 »

2013年9月28日 (土)

最愛の大地

Inthelandofbloodandhoney
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争によって,敵味方に分かれてしまった恋人たちを通して,内戦による女性への性的な暴力や,国際的な介入の不足などの問題提起を投げかけてくる作品。国連の親善大使も務めるアンジェリーナ・ジョリーの初監督・脚本作品。ミニシアターで鑑賞。

戦時中の悲恋ものかしらと期待して観にいったのだが,甘ったるいラブストーリーなんて生易しいものではなかった・・・・・どこまでも重く,残酷で,ラストの一瞬の場面の衝撃で,それまでの物語の印象ががらりと変わってしまった作品。
Inthelandofbloodhoney09
1992年に勃発したボスニア・ヘルツェゴビナ紛争。
史上最悪と言われたこの内戦は,敵対する宗教を持つ異民族が,昔からの遺恨や確執を抱えつつ共存していた旧ユーゴの土地では,避けられないものだったのだろう。セルビア人(ギリシア正教)とムスリム人(イスラム教)とクロアチア人(カトリック)が,独立を巡って対立し,自分たち以外の民族を武力で制圧し排除しようとしたおぞましい戦い。この映画はその中でも,セルビア軍によるムスリム人女性への非道な行いに焦点を当てて描かれている。
Inthelandofbloodandhoney15
それまで仲良く暮らしていたはずの隣人や知人がいきなり敵になる・・・・街を歩いていただけで突然射殺され,住み家や財産を奪われる。女性は拉致されて集められ,民族浄化のためにレイプされ異民族の子供を強制出産させられる。これほどまでに非道な人権蹂躙があったからこそ,この内戦は「史上最悪」とまで言われたのだろう。
Landofbloodhoneypic04_3
そんな戦火の中で敵となってしまった二人の男女。
セルビア人のダニエルは将軍の息子で軍を率いる立場。平和な時代には彼の恋人だったムスリム人のアイラは,紛争が起こると,他のムスリム人の女性たちと一緒にセルビア軍宿舎に連れ去られてしまう。彼女が囚われてきたことを知ったダニエルは,部下たちに,アイラを「自分のものだ」と宣言し,彼女を集団レイプから守る。

しかし時には彼に抱かれながらも,アイラの表情は完全に和らぐことはない。それはそうだろう。彼は,かつては恋人(しかも恋は始まったばかりの段階でしかなかった)だったが,今は,自分の同胞をあれだけ手酷く痛めつけ,抹殺しようとしているセルビア軍の将校なのだから。日常的に繰り返される,自分や同胞の女性たちに対するセルビア軍の仕打ちを考えると,彼の庇護を無邪気に享受する気持ちなどには到底なれなかったと思う。
Landofbloodandhoney5
ダニエルの父であるセルビアの将軍は,息子がムスリムの女を囲っていると知って,「彼女を信用するな」と忠告するが,その背景には,過去に母や兄弟をムスリムに殺害されたという遺恨がある。

この父将軍役を演じていたのが,同じような「民族間の確執と復讐の連鎖」をテーマにした「ビフォア・ザ・レイン」に出演していた,クロアチア出身の俳優さん(レイド・セルベッジア)だった。その他にも,出演陣の多くはこの紛争の地出身で,実際にこの悲惨な内戦を体験した俳優さんもいるという。アンジーはあえて彼らを起用したそうだ。

ダニエルの異動後に脱走に成功したアイラは,身を隠していた姉や同胞の元に辿りつくが,そこで我が子のように可愛がっていた幼い甥の死を知らされる。その後再び彼女はダニエルの元につれ戻され,彼の専属画家として,庇護という名のもとの軟禁生活を送ることになる・・・・。

466470_464419510305332_1189592805_o
二人の間に存在しているように見えた愛情や信頼は,実はどれくらいの温度差があったのだろう。
ダニエルのアイラへの愛は本物だったろう。しかしアイラにとって彼は,いつ殺されるかわからない世界の中で自分を守ってもくれるが,同時に自分を支配し生殺与奪の権利を握っている存在でもあったから。ダニエルの心もまた,長引く紛争の中で疲弊し,アイラに対して暴君的な態度を取ったり,発作的に不信感に襲われたりもする。


所詮,支配者と被支配者の間に愛が存続するはずはないのだろう・・・特に,このような,あまりにも惨い争いの最中では。男女が当たり前のように愛し合い,互いに信頼し合うためには,平和な世界が背景にないと難しいのだろう。彼らが敵と味方の立場なら,なおさら・・・・・。支配者と被支配者の間の互いに信頼しきれない愛・・・という点では,ラスト、コーションを思い出した。大胆な性描写も共通するものがあるかも。

56
戦争は,人の心の大切なものを,とことんまで破壊する
ことを,この作品を観て思い知った。なんという哀れな結末。これは,どんな逆境にも屈せずに愛を貫く恋人たちの物語かもしれないと,最後まで願いながら観ていたのに,全くそうではなかった。

「ごめんなさい・・・」とつぶやいたアイラの心の中を覗いてみたかった。彼女の葛藤や逡巡や恐怖の数々は想像できても,ダニエルに対する愛情は・・・どれくらい存在していたのか,またどのように変化していったのか,聞いてみたかった。こうするしかなかった彼女も,またおそらく結果的には,彼女よりももっと生き地獄を見ることになっただろうダニエルも,平和な時代に生きていれば,きっと幸せな恋人どうしでいられたはずなのに。

« 「許されざる者」 | トップページ | 凶悪 »

映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/53364458

この記事へのトラックバック一覧です: 最愛の大地:

« 「許されざる者」 | トップページ | 凶悪 »