MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 活け花あれこれⅢ | トップページ | ローン・レンジャー »

2013年7月22日 (月)

風立ちぬ

10b914_2

ジブリ作品は苦手だった私が予告編を観て「これなら観たい」と,劇場に足を運んだ作品。とてもよかった。素直に,感動できた・・・・。従来のジブリ作品がお好きな方なら賛否両論分かれても仕方がないようなまさに「大人むけ」の,ある意味「地味」かもしれないジブリ作品。

実在したふたりの人物・・・・ゼロ戦の設計者堀越二郎の半生に,作家堀辰雄の小説や結核で亡くなった恋人のエピソードを加えて作られたストーリー。大正から昭和の激動の時代の中を,夢をあきらめることなく,ひたむきにまっすぐに生きた主人公の生き様が描かれていた。
398325da95a3f74b73c940eb3b8b46ca
堀越二郎さんのことは,この作品で初めて存在を知った。堀辰雄さんの小説は,中学時代にいくつか読んだことがある。この映画のヒロイン里見菜緒子のキャラクターや行動から,堀さんの小説「風立ちぬ」に登場する療養中の婚約者の女性や,「菜緒子」のヒロインの女性を思い出した。

美しいもの、純粋なものがいっぱい詰まった映画だった。
Bmhwu4ocuaae54r
関東大震災や不況,そしてそれに続く世界大戦の影・・・・

現代もけっして生き易い時代だとは思えなくなっている昨今ではあるものの,やはりこの物語の背景となった1920年代は,現代よりはるかに生き辛く,明日の命さえもままならない時代だったんだなと思った。菜緒子のかかった結核だって,この時代だったからこそ,死に至る病だったわけで。

そんな時代を恨むことなく,「美しい飛行機を作りたい」という,少年時代の夢からかたときも目を離さず,いつも感謝や希望を失わずにまっすぐに生きた主人公の二郎の姿に,なんともいえない爽やかでそして芯の通ったものを感じる。この時代とは別の意味で,終末観ただよう現代に観るからこそ,宮崎監督が描いてくれた二郎の生き方は,すごく心に響いてくる。
792230205
ヒロインの菜緒子との恋も,夫婦間の愛も,お互いを思いやる優しさも,そして添い遂げられなかった哀しさも・・・何度も目頭があつくなった。すべてがひたむきで・・・美しいのだ。

二郎の声を演じた庵野さんに違和感ありというレビューも目にしたけれど,たしかに最初だけは「あれ?」と私も思ったけど,二郎の飄々とした物に動じない,そしてナイーブでもあるキャラクターには彼の声がとてもしっくりきているのではないかと思った。

生きねば・・・・どんな時代でも,どんな人生でも。誰しも持っている,ささやかな夢や,守りたいものを大切にして。人生の折り返し地点をとうに過ぎ,どちらかというと,人生の仕舞い支度をそろそろ考えなければならないこの年になってもあらためて,素直にそう感じることができた。

« 活け花あれこれⅢ | トップページ | ローン・レンジャー »

映画 か行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんにちはー!
良かったですよね。美しい作品、見せて頂きました。
これが遺作にならないように、宮崎監督には、また新たな別の大人向けの映画を作ったもらいたいです♪
私も二郎さん、好みのタイプです。

風立ちぬ、中学の時に読んだ時にね、確か・・・堀さんが、最愛の人を亡くした後、わずか数年で別の女性と結婚してしまったのを知って、ショックを受けたものでした。
今は、さすがに自分も色々経験をし、年もとったせいか、ショックを引きずって一生独身を貫いて欲しいなんて思いませんが、あのころの自分を思い出して、こそばゆいような気持ちになるのでした。

latifaさん こんばんは

そうそう,こんな大人むけジブリなら私でも観れます~理解できます。
二郎さんのような男性…芯とハートのある真面目なオタク男性のような・・・
そんなタイプ,好きです。

堀さんの「風立ちぬ」,中学のときはテーマとかは
本当はわからなかったのだろうと思うけどそれでも全体の雰囲気や
高原のサナトリウムの描写,闘病する恋人の儚げな様子とかとても好きでした。
>今は、さすがに自分も色々経験をし、年もとったせいか、ショックを引きずって一生独身を貫いて欲しいなんて思いませんが・・・
それでも人生は続くってこと,今ならわかりますものね。失ったものを忘れるために再出発という心理もわかりますし・・・・。

ななさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございます。
ほんと、ご無沙汰しておりました。
ここ数年、プライベートでいろいろありまして・・・。
(いろいろ、と言っても、誰もが通る道なんですが)
あまりブログも多数の方と交流ということもなく、記事はアップしてたんですけど長く休んだりもしました。

ななさんは、6周年なんですね、おめでとうございます。
それから100万アクセスも、、、すごい!
最近は、ツイッターに流れてる方多いですもんね。ブロガーって絶滅危惧種かも(笑)。
お互い、なんとか生き残りましょう。

さて。この作品ですが、私も本当に感動しました。
純粋なもの、美しいものが描かれている、、同感です。
一人でも多くの「大人」に届いて欲しい映画ですね。

真紅さま こんばんは

>あまりブログも多数の方と交流ということもなく、記事はアップしてたんですけど長く休んだりもしました。
同じです・・・わたしもこの2年ほどはそんな感じ。
古くからのブロ友さんもお休みされたり閉鎖されたりする方が増えてきて
そうですね,確かにブロガーは絶滅の危機かも。
でもわたしはツイッターやFacebookに転向する気になかなかなれず
細々とブログを続けていけたらと願っているひとりです。
長く文章を書くのが好きだからやっぱりブログが性に合ってるみたいです。
真紅さまも素敵なブログ,ずっと続けてくださいね。
マイペースでも,お休みしながらでも,生き残りましょうね。

この作品・・・完全に「大人」むけジブリ。私のような従来のジブリが苦手だった方にも
一人でも多くの方に観ていただきたいです。

ななさん。
6周年おめでとうございます~。
続ける・・・ということはなかなか労力がいることで、私もすご~~く間が開いたりしたら弱気になってしまうけど、でもここで書かなくなったら終わりだ(大げさ?)と思って踏ん張っています。
お仲間ってことで(笑)これからもよろしくお願いします~。

「風立ちぬ」に関しては、私ちょっと辛口なのでゴメンなさい・・・
どうしても彼の声がダメだったの。
声のトーン自体はよかったんですけど・・・
結婚式のシーンとかは、じ~~んとしました。

マリーさん こちらにもありがとう~

そうそういつのまにか6年たちました。はやいものです。
そして世はすっかりブログよりツイッターやFacebookの時代になりましたが

>でもここで書かなくなったら終わりだ(大げさ?)と思って踏ん張っています。
そうなんですよね~ 私も同じです。一度休憩しちゃったら面倒になっちゃって。
でも「やめるもんか~」と踏ん張っています。
マリーさんも続けてくださるからとてもうれしい!
これからもおたがい がんばりましょうね!

>どうしても彼の声がダメだったの。
たしかに棒読みすぎたかも・・・と私も思いました。
最後まで違和感の方が多かったみたいですね。


ななさん、こんばんは!

この作品は賛否分かれていますね。
たぶん、観る前にこの作品に何を期待したかっていうことで分かれるかなと。
いつものジブリを期待していた方は面食らうでしょうね。
あと宮崎監督なりの戦争へのスタンスを表明することを期待していた人も。
ななさんが書いてらっしゃるように、本作はさまざまなことで過酷な環境・時代を生きたなかでもひたむきさを失わなかった人を描いている物語なのだと思います。

はらやんさん こんばんは!

何を事前に期待するか・・・そうですよね。
わたしは期待に十分に応えてもらえたので大満足だったかな。
哀しいかな,本当はジブリ音痴で,従来のものは肌に合いません。
この作品はあらすじがはっきりしていてヒューマンドラマのような味わいもあったので大丈夫でした。
それでも従来のジブリ作品のような非現実的なシーン(主人公の夢のシーン)が来ると
ちょっとイラッとしてしまいましたが・・・・。

こちらにも。そういえばななさんがアニメ映画(それも日本の)を観るのって珍しいですよね! もしかしたらこのブログ始まって以来でしょうか?
世間ではものすごくヒットしているこの映画、でも一筋縄ではいかないというか、決してわかりやすい映画ではないですよね… 果たしてこれまでのジブリの延長で観に来た人たちはどんな感想を抱くのだろう?
ちなみに映画評論家の町山さんは主題歌の「ほかのひとにはわからない」という歌詞を監督の「安易にわかってもらおうとは思わない」みたいな意思の表れだと解説してました。なるほど(^^;
自分は姉や地元の知り合いら8人くらいで観に行ったのですが、彼らはめったに映画館に来ない人たちなので、「映画館で映画を観た」ということだけで満足しておりました

SGAさん こちらにもありがとう。

>もしかしたらこのブログ始まって以来でしょうか?
観るのはお付き合いでたまにはあったかもしれませんが
ブログに書いたのはたしかに初めてかもしれません。
そうですね~,ジブリでなくてもアニメ映画自体が好きじゃないですね。
読む方のアニメは結構好きだった青春時代を送ってきたのにね。
「ベルばら」とか「ガラスの仮面」とか「ポーの一族」とかね。
映画にすると・・・やっぱり生身の俳優さんにしてよ~と思ってしまう。
アニメ映画の何が苦手かというと登場人物みんな同じ顔に見えるからかな。
俳優さんの細かい表情の演技とかが好きなんで。

>自分は姉や地元の知り合いら8人くらいで観に行ったのですが、
うわわわ 凄い。「ご一行さま」ですね。
映画館で映画というだけで感動・・・それはある意味すごいですね。

6周年おめでとうございます。
ブログ、何となく私も続いています。もうすぐ8年です。
SNSの移り変わりも激しくて、最早ブログは時代遅れ?とまで言われてはいますけど(苦笑)、それでも自分の思うことを好きな形態で描けるツールとしては貴重な場所ですよね。
それでも何となく?周りの流れに合わせるような形でmixi、Twitter、Facebook、LINEとアカウントだけは持っていますが、私は全部使い分けをしています。顔を知っているのとそうでないのとでは全く影響力や用途が違いますから。
どれも何となく使いながらも、たぶん私もブログは続けていくのでしょう。
たまにしかお伺いしてなくて何とも申し訳ないのですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますね。

さて本作。
これ、宮崎監督が、ご自分のお好きなように、言いたいことを詰め込んだ作品なんでしょう。
テーマは・・・とか、今回はこういうことを・・・とか、そういうことに捉われずに、今のうちに自分の好きなものを作っておきたいというか、そんな意地を感じました。

rose_chocolatさん こちらにもありがとう。

8年ですか!大先輩ですね。
いやいや,なんとなく続いてるなんて, rose_chocolatさんのブログはいつも記事もたくさんだし,更新ペースも落ちなくて,すごいなぁと感心しています。TwitterやFacebookも使い分けしておられるのですね。わたしは,実名は出したくない事情があるので,ブログオンリーなんです。私がこのブログをやってることはリアル知人は誰も知りません。それと,映画の話だけを同じ趣味の方と実名抜きで語り合いたかったので,やはり私はFacebookなんかも興味はあるのですが,残念ながらブログしかできないかなぁ・・・・ こちらこそ今後もよろしくお願いします。長く続けておられるブロ友さんの存在は嬉しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/52563085

この記事へのトラックバック一覧です: 風立ちぬ:

» [映画『風立ちぬ』を観た(前篇)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・いやぁ、風が立ちまくっていました!!!  たいがい 宮崎駿監督の独りよがりの作品に思え、批判する準備をしていたのだが、あまりの傑作に驚いた。  取り急ぎ、幾つかのことについて言及しておく。  なんか、マッチョ好きのホモの映画評論家気取りが、この作...... [続きを読む]

» 風立ちぬ [Akira's VOICE]
生きるって切ないが嬉しい。   [続きを読む]

» 「風立ちぬ」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
76年の百恵・友和の「風立ちぬ」も劇場鑑賞してました(^^ゞ 4つ★ [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★]「風立ちぬ」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「崖の上のポニョ」以来、5年ぶりとなる宮崎駿監督最新作。「モデルグラフィックス」で連載された、零式艦上戦闘機(通称:零戦)の設計者として知られる実在の人物・堀越二郎の半生を描いた同監督のコミックを映画化。 誤解を恐れず言えば、これは良くも悪くも宮崎駿と... [続きを読む]

» 天上大風~『風立ちぬ』 [真紅のthinkingdays]
 1920年代の日本。少年・堀越二郎は空に憧れ、「美しい飛行機を造る」 こと を夢見る。帝大に進学した彼は大震災の日、美しく利発な少女・菜穂子と出逢う。  宮崎駿監督5年ぶりの新作映画、スタジオ...... [続きを読む]

» 映画:風立ちぬ#160; ストーリー云々は抜きで、2時間にわたる映像詩として、純粋に堪能! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
オープニングから既に美しい映像。 早朝〜大地に降り注ぐ、太陽の日。 これだけで思う、 究極に美しいアニメーションだな これは! その後も1カット、1カットにいちいち映像へのこだわりが。 現実とファンタジーが混在しつつ、それが次々と積み重なってくる。 と、...... [続きを読む]

» 『風立ちぬ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート ■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>...... [続きを読む]

» 『風立ちぬ』 宮崎駿と堀越二郎を繋ぐのは誰だ? [映画のブログ]
 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。  自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父はガソリンの自家用車に乗って...... [続きを読む]

» 風立ちぬ : 完全大人仕様のジブリ作品 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 暑い、暑い、暑い、ですねぇ。こんな日は海水浴にでも行くか、エアコンの効いた映画館に行くのがよいのではないでしょうか。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題 [続きを読む]

» 映画「風立ちぬ」 [FREE TIME]
映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 風立ちぬ [映画的・絵画的・音楽的]
 アニメ『風立ちぬ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)随分しつこく前宣伝をしていましたし(特に、松任谷由美の『ひこうき雲』入りで)、興業収入が100億円達成かなどともいわれるので、見るのをやめようかとも思いましたが、久しぶりの宮崎駿監督作品でもあり(注1...... [続きを読む]

» 映画「立ちぬ」描いた対象が曖昧で伝わらない [soramove]
映画「立ちぬ」★★★ 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊 西村雅彦、スティーブン・アルパート 風間杜夫、竹下景子、國村隼 志田未来、大竹しのぶ、野村萬斎 声の出演 宮崎駿監督、 126分、2013年7月20日より全国公開 2013 二馬力・GNDHDDTK (原題/原作:Bereurlin ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首... [続きを読む]

» 風立ちぬ [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画 nbsp; 戦争ものでもないし、恋愛ものでもない。 nbsp; 激動の昭和初期を生きてきた人間のストーリーだった。 nbsp; 飛行機のプロペラの回転音やエンジンの音まで nbsp; 役者が演じているのには、驚きました。 nbsp; 今の時代でもこのようにアニメーションを作りこむのは nbsp; スタジオジブリなど少数派なのでしょう。... [続きを読む]

» 「風立ちぬ」 テクノロジーの両側面 [はらやんの映画徒然草]
「崖の上のポニョ」から5年ぶりの宮崎駿監督の新作です。 本作は宮崎監督としては珍 [続きを読む]

» 映画 『風立ちぬ』感想 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
ジブリ映画『風立ちぬ』の感想。 元々『紅の豚』に雰囲気が似ているというイメージがあって(どちらも作者宮崎駿が模型雑誌に連載していた)、空をテーマにしたファンタジー系統と言う感じがしていた。 宮崎...... [続きを読む]

» ゼロとジロー 宮崎駿 『風立ちぬ』 [SGA屋物語紹介所]
しろーいー さかーみちがー そらまでー つづいていたァーッッッ!! …失礼いたし [続きを読む]

» 『風立ちぬ』 (2013) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督・脚本・原作: 宮崎駿 声の出演: 庵野秀明 、瀧本美織 、西島秀俊 、西村雅彦 、スティーブン・アルパート 、風間杜夫 、竹下景子 、志田未来 、國村隼 、大竹しのぶ 、野村萬斎 試写会場: よみうりホール 映画『風立ちぬ』 公式サイトはこちら (2...... [続きを読む]

» 風立ちぬ いざ生きめやも [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【48 うち今年の試写会5】 宮崎駿さんがはこの作品を最後に今度こそほんとに長編アニメ製作からの引退するって発表した・・・そんなん言われたら観に行っとかなあかんやんか~。  大正から昭和にかけての日...... [続きを読む]

» 風立ちぬ [単館系]
風立ちぬ MOVIXさいたま 7/20公開 宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、 1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。 大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、 世間は閉塞感に覆われていた。 航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、 いつか美しい飛行機を作...... [続きを読む]

» 風立ちぬ [銀幕大帝α]
THE WIND RISES 2013年 日本 126分 ドラマ/ロマンス/青春 劇場公開(2013/07/20) 監督: 宮崎駿 『崖の上のポニョ』 プロデューサー: 鈴木敏夫 原作: 宮崎駿 脚本: 宮崎駿 音楽: 久石譲 主題歌: 荒井由実『ひこうき雲』 制作: スタジオジブリ 声の出演...... [続きを読む]

« 活け花あれこれⅢ | トップページ | ローン・レンジャー »