最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の記事

2013年7月22日 (月)

風立ちぬ

10b914_2

ジブリ作品は苦手だった私が予告編を観て「これなら観たい」と,劇場に足を運んだ作品。とてもよかった。素直に,感動できた・・・・。従来のジブリ作品がお好きな方なら賛否両論分かれても仕方がないようなまさに「大人むけ」の,ある意味「地味」かもしれないジブリ作品。

実在したふたりの人物・・・・ゼロ戦の設計者堀越二郎の半生に,作家堀辰雄の小説や結核で亡くなった恋人のエピソードを加えて作られたストーリー。大正から昭和の激動の時代の中を,夢をあきらめることなく,ひたむきにまっすぐに生きた主人公の生き様が描かれていた。
398325da95a3f74b73c940eb3b8b46ca
堀越二郎さんのことは,この作品で初めて存在を知った。堀辰雄さんの小説は,中学時代にいくつか読んだことがある。この映画のヒロイン里見菜緒子のキャラクターや行動から,堀さんの小説「風立ちぬ」に登場する療養中の婚約者の女性や,「菜緒子」のヒロインの女性を思い出した。

美しいもの、純粋なものがいっぱい詰まった映画だった。
Bmhwu4ocuaae54r
関東大震災や不況,そしてそれに続く世界大戦の影・・・・

現代もけっして生き易い時代だとは思えなくなっている昨今ではあるものの,やはりこの物語の背景となった1920年代は,現代よりはるかに生き辛く,明日の命さえもままならない時代だったんだなと思った。菜緒子のかかった結核だって,この時代だったからこそ,死に至る病だったわけで。

そんな時代を恨むことなく,「美しい飛行機を作りたい」という,少年時代の夢からかたときも目を離さず,いつも感謝や希望を失わずにまっすぐに生きた主人公の二郎の姿に,なんともいえない爽やかでそして芯の通ったものを感じる。この時代とは別の意味で,終末観ただよう現代に観るからこそ,宮崎監督が描いてくれた二郎の生き方は,すごく心に響いてくる。
792230205
ヒロインの菜緒子との恋も,夫婦間の愛も,お互いを思いやる優しさも,そして添い遂げられなかった哀しさも・・・何度も目頭があつくなった。すべてがひたむきで・・・美しいのだ。

二郎の声を演じた庵野さんに違和感ありというレビューも目にしたけれど,たしかに最初だけは「あれ?」と私も思ったけど,二郎の飄々とした物に動じない,そしてナイーブでもあるキャラクターには彼の声がとてもしっくりきているのではないかと思った。

生きねば・・・・どんな時代でも,どんな人生でも。誰しも持っている,ささやかな夢や,守りたいものを大切にして。人生の折り返し地点をとうに過ぎ,どちらかというと,人生の仕舞い支度をそろそろ考えなければならないこの年になってもあらためて,素直にそう感じることができた。

2013年7月19日 (金)

活け花あれこれⅢ

花器もまた花なり

活け花歴が長くなると,手持ちの花器も増えてきました。納戸の一角が「花器部屋」っぽくなっています。ノーマルなかたちの花器よりも,変形型のものの方が実は活けやすかったりもする面白さ。その時々の季節の花の,色彩や枝振りや個性を生かしつつ,どんな花器に活けるかで,またその表情も変わってきたりする・・・・この楽しさがあるから,活け花はやめられませんね。

Img_4256_2
カラー オンシジウム モンステラ 薔薇

Img_4827_2
フリージア 千両 柳

Img_4436_2
薔薇 カスミソウ アブライト 柳

Img_5710_2
木瓜 キーウィ 黄水仙 百合

Img_5854_2
向日葵 ハイブリットスターチス ミツマタ カラテア

Img_6643_2
アンスリウム モンステラ 粟 ニューサイラン

Img_6721_2
トルコ桔梗 レザーファン 

Img_4636_2
蛇の目松 南天 オンシジウム

・・・・ちなみにこの中で一番,お値段が張ったのは最後のワインカラーの花器です。私が一番気に入っているのは,上から二番目の黒い花器。そして,一番活けやすく,活躍頻度が高いのは下から二番目のグレーの花器ですね。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »