最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« オブリビオン | トップページ | 活け花あれこれⅢ »

2013年6月25日 (火)

華麗なるギャツビー

Thegreatgatsby2013moviebannerposter
原作も未読だし,レッドフォード主演のギャツビーも観ていない。あらすじも知らなかったし,そもそもなぜか私はこれまで,この作品の題名を「華麗なるギャッピー」だと勘違いして覚えていた。ギャッピーじゃなくてギャ「ツ」ビーだったのね・・・(汗)。

で,今回劇場鑑賞したディカプリオ版のギャツビー・・・・こんな切ないお話だったのか。冒頭はナレーションの多さや,きらびやかなだけの画面の展開に少々退屈したけど,すぐに物語にひきこまれ,それぞれ個性的なキャラ立ちが見事な名優陣の演技や,絢爛豪華で美しい映像に大満足できた。

物語の語り部をつとめるニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)の謎の隣人ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)は,宮殿のような豪邸で,毎夜派手なパーティを繰り広げていた。彼が何者でその財力がどこから来たのかいろいろと荒唐無稽な噂は絶えなかったが誰も真相を知る者はなく・・・・。

しかしニックは,やがてギャツビーが,過去に自分の親戚のデイジー(キャリー・マリガン)と愛を誓った仲であり,今は富豪の人妻となっている彼女のために,このような贅をこらしたパーティや社交生活を演出していたことを知る・・・・。
Gg12703
原題の「The Great 」=「華麗なる」もしくは「偉大なる」ギャツビーというのは,彼の金に糸目をつけない派手な生きざまを表現しているのかと思ったが,観終わって,ギャツビーの偉大さは,その純なところ,一途なところ,そして叶えたい夢に向かってどこまでも力を尽くしたところ・・・なのかもしれないと思った。

彼が実は極貧の出て,一人で運命を切り開いていったこと・・・ギャツビーはまだ一文無しの兵士の時に出会って愛し合った富裕層の娘デイジーにふさわしい自分になりたい・・・ただそれだけのために,彼女を喜ばせるためだけに,財を築き名をあげてきたのだ。
56

もうすでにデイジーと結婚したつもりでいたギャツビーが,彼女に見合う財産を築こうとしている間に,忘れ去られたと思い込んだデイジーは釣り合った階級のトムと結婚し,ギャツビーは彼女の邸宅の灯が対岸に見える豪邸から彼女に想いを寄せ続ける。彼女を取り戻すために・・・。ここらへんはちょっとストーカーが入っていると言えなくもないが,ニックのお膳立てで再会を果たしてからのギャツビーとデイジーの恋は再燃する。駆け落ちしたいと言うデイジーにギャツビーは,「僕が君のために築き上げたこの屋敷を去るのは意味がない。」といい,デイジーにトムとの離婚を迫る。

彼女を失ったという過去をなかったものにしたいギャツビーと,現実の生活を捨てる勇気のないデイジー。ギャツビーが純粋?すぎるのか,それともデイジーの愛がさほどのものではなかったのか・・・いややはり,決定的な温度差を生んだのは,目に見えない「階級」の壁なのか。デイジーの夫トムの挑発に乗って,我を忘れたギャツビーがつい紳士の仮面をかなぐり捨てて激高するシーンのデイジーの引きよう・・・・あれは実に印象的なシーンだった。(レオの名演技)
38
結局観終わってみれば,ギャツビー邸に訪れて彼をちやほやしていた取り巻きたちや,デイジー夫妻のなんと薄情で俗物なこと。デイジーの罪まで被ってこの世から哀れな退場をしたギャツビーの真実を,ニックだけが知っていて,回想記の題「ギャツビー」に「偉大な」を書き足すラストシーンは見事だと思った。ニックを演じたトビーは雰囲気も人柄もとてもしっくり合っていたし。
Gg08419
オールバックにすると,丸顔が際立つようになってしまったレオだけど,↑のシーンは前髪が額に落ちかかっていたので若々しかった。タイタニックの頃の美青年の面影はもうないけれど,やはりその演技や存在感はすごい。

« オブリビオン | トップページ | 活け花あれこれⅢ »

映画 か行」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー^^
お久です♪

面白かったけど、悲しかったですねー><。
レオはさすがだったけど、トビーも凄く良かった!
プールのシーンは彼がそう思っていた事が救いかなって安堵したし、ラストシーンは凄く良かったです。

私も内容をまったく知らないまま観ました。
ディカプリオ、ハマり役でしたね。
美青年とはいかなくても、スターのオーラがあります。
もったいぶった登場ぶりなんて、
どこかの旅芸人一座の芝居小屋かと思いましたよ。
他の役者もよかったですね。
違う人が演じる可能性もあったようですが、
結果このメンバーでよかったのではないかと思います。

みすずさん こんばんは!

お久しぶりです。ありがとう。
面白かったし,切なくもありましたね,これ。

>プールのシーンは彼がそう思っていた事が救いかなって
そうですよね。彼はあの電話をデイジーからと思っていたから・・・・その後の展開もしらないまま,特にデイジーからの仕打ちをしらずに逝ったことはせめてもでした。トビーもハマリ役でしたよね!

クラムさん こんばんは

>美青年とはいかなくても、スターのオーラがあります。
>もったいぶった登場ぶりなんて、
>どこかの旅芸人一座の芝居小屋かと思いましたよ。
演技に貫録も出てきましたが
やはり名優のオーラはもとから備えて居ますよね、レオ。
しかし昔はちゃんとした美青年だたんだけどな~~惜しいな・・・・

ヒロイン役もいろいろ決まるまでは他の候補もあったようですが,デイジー役のキャリー・マリガンも,ファニーフェイスで儚げなところも,ギャツビーを翻弄した悪女というよりは,流されやすい弱さを持った女性にも見えてよかったです。

こんばんは~~♪
いらしてくださってありがとう!!
ななちゃん(にゃんこ)がお元気そうでホッとしました~。

この映画は予告やなんか観てたら、こんな純愛ものだなんてワカラナイですよね~。
一途すぎるレオが切なかった。。。
トビーがまた光を取り戻してくれてて安心した。もう映画界にあまり執着ないのかな・・と思ってたので。
キャリーもきまぐれな女性が似合ってたね。もう少し小悪魔雰囲気も欲しかったような??

マリーさん こんばんは

ななちゃん…元気だけど行動範囲は狭くなって
一日中お気に入りの私の部屋から出なかったり
母の顔をわすれてしまったような感じもあり・・・やっぱ認知症も?
でもわたしのことだけは忘れないみたいです・・・まだ。

>トビーがまた光を取り戻してくれてて安心した。もう映画界にあまり執着ないのかな・・と思ってたので。
そうそう,トビーほんとに久しぶりだったのだけど
でも昔とちっとも変ってなくて,それどころか魅力や渋みも増したようで
私もトビーの出演と活躍は嬉しかったなぁ
トビーも大好きな俳優さんなので・・・・

ななさん、こんにちは!

そうですね、ギャツビーは周囲がふわふわと熱につかれているようにバブルに浸っている中で、ひとり昔からの想いを胸にもってそのためだけに生き続けていて、そういうところが「偉大な」のでしょう。
ああいう熱狂的な時代で、自分というものを持ち続けることは強い想いがないと難しいですよね。

はらやんさん こんばんは

そうですね これはアメリカのバブルの時代だったのですね。
享楽的で即物的で・・・・たしかに夢のような浮かれた時代だったのでしょう。
その中で呆れるほどに純朴にブレルことなく一人の女性を愛することに
すべてのエネルギーを費やして,そのことが人生の目標にまでなっていたギャツビーは
まさに偉大だったのかも。そんな彼に愛されるなんてなんて幸せなことだろうと思うのですが・・・

こんばんは。わたしはずっと男性用の香水のせいで「ギャッツビー」だと思ってました。まあ翻訳の中にはそういう表記のものもあるようですけど
この名前ってもしかしたら「ガブリエル」の短縮形から来てるのかと思うのですが、どうでしょう
一人の女のためにここまで膨大な財産を稼ぎ、そして注ぎ込む。それを「ロマンだ」と感じるか「まわりくどい」と感じるか。もてるのはたぶん前者の方でしょうね。わたしはもちろん…

SGAさん こんばんは

ガブリエルは受胎告知で有名な天使の名前ですね~
たしかに美青年ではあるのですがどうなんでしょう・・・・。

>一人の女のためにここまで膨大な財産を稼ぎ、そして注ぎ込む。
>それを「ロマンだ」と感じるか「まわりくどい」と感じるか。

わたしは「しつこい」と感じますが
それでもそれが自分のためなら嬉しいかなぁ・・・・
う~ん,でも「このひと大丈夫?」とも思うかも。
なんて,冷たいなぁ,わたしも(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/52104907

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なるギャツビー:

» 華麗なるギャツビー [みすずりんりん放送局]
 『華麗なるギャツビー』を観た。  【あらすじ】  ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と言葉を交わ...... [続きを読む]

» 「華麗なるギャツビー」 [Con Gas, Sin Hielo]
孤高の愛。 原作は米国文学の名作ということだけど、当然知ってるはずもなく予備知識なしで観た。 この映画の評価として適切なのかどうか疑問はあるけれど、原作の物語への感想を含めて書いてみようと思う。 まずは題名。The Greatを「華麗なる」と訳した...... [続きを読む]

» 「華麗なるギャツビー(2013)」 女は今を生き、男は過去に生きる [はらやんの映画徒然草]
1974年版は未見ですので、ストーリーは全く知らずに観ました。 舞台となるのは1 [続きを読む]

» マイ・ハート・ウィル・強引 スコット・フィッツジェラルド バズ・ラーマン 『華麗なるギャツビー』 [SGA屋物語紹介所]
わたしも来月いよいよ大台に乗りますが、この年になっても読んでない「読んでおくべき [続きを読む]

« オブリビオン | トップページ | 活け花あれこれⅢ »