最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月20日 (水)

ゼロ・ダーク・サーティ

Zerodarkthirty2013movieposter
ハート・ロッカー
キャスリン・ビグロー監督が,米国特殊部隊によるアルカイダの指導者オサマ・ビン・ラディン殺害の真相と,その作戦の陰の中心人物だったCIAの女性分析官を描いたサスペンス映画。劇場で鑑賞。

「ハート・ロッカー」同様,ビグロー監督らしい,骨太でドキュメンタリータッチのズッシリとした味わいの作品だが,描かれている内容が内容だから,話題性は前作を凌ぐものがあるに違いない。私個人は,ビンラディン氏の死の真相・・・・恥ずかしながらちっとも知らなかった。彼が米国によって殺害されたのは知っていたが,その報道を聞いて「彼を捕まえないことにはアメリカは気が済まないだろうけど,それでもまた第2,第3のビンラディンが現れてきて報復合戦になるよね」と思ったくらいだろうか・・・・。

110098_1280x853_2
今作を観てはじめて,困難な追跡の裏事情や,CIAイスラマバード支局のビンラディン追跡チームに所属する女性情報分析官マヤの執念や活躍を知った。また,トップシークレットでもあるこの事件について,ビグロー監督がどのようにして正確な情報を入手したのか,そもそも映画に描かれているのは100%事実なのか,事実だとしても,ここまで暴露してしまったことに対して政府筋から抗議や非難は無かったのか…いろいろと考えさせられた。

Jessicachastaininzerodarkthirty2012
ヒロインのマヤを演じたジェシカ・チャスティンツリー・オブ・ライフで貞淑で敬虔な古風な母親を演じていた彼女は,華奢で色白,繊細な容貌の美人だが,この作品では色気も生活感も微塵も感じさせない男性顔負けの行動力を持った仕事の鬼のようなハンサム・ウーマンを演じている。過酷な拷問や尋問にも立ち合い,ビンラディンの連絡員を勤める重要人物を執拗に追い,確たる証拠がないというリスクも恐れることなく、ビンラディンが潜伏していると思われるアジトに夜襲をかける作戦をゆるぎない信念を持って執拗に主張する。

その一途な執念は何かに取りつかれたかのようで,もし彼女がいなかったら,成果の上がらない長年の追跡に疲弊して弱腰になっていた追跡チームは,もしかしたらあの賭けのような夜襲作戦を強行できなかったのではないかとさえ思える。彼女をあそこまで突き動かしたのは何なのか,信念なのか意地なのか・・・・?ひとたび足を踏み入れたら途中で降りることのできない中毒のようなパワーに支配されていたのか・・・・。

110105_1280x853
クライマックスのアジトの屋敷の奇襲シーンは生々しくて固唾をのんで画面に釘付け…思わず劇場の椅子の上で背筋を伸ばして食い入るように見入っていた。どうなるのか?本当にビンラディンは居るのか?と。

彼を殺害できたことは,あの同時多発テロの被害者やアメリカにとっては大勝利なのだろうか・・・神と祖国のために?神はキリスト教の神だけではなく,彼らアルカイダの信じる神もまた彼らにとっては唯一無二の神なのだ・・・・。しかしこの作品はアメリカ礼賛のための映画ではなく,米国のことを決して美化したり擁護したりはしていない。アルカイダに報復するために非道な尋問を行ったこともはっきりと描いているし,あの成功した奇襲作戦そのものも,まるで押し込み強盗のような有無を言わさぬ殺戮にも見え・・・

3
すべてが終わった後ひとり涙を流すマヤ。
彼女の胸には万感迫る思いがあったのか?それともそれまでの緊張感や使命感から解き放たれたゆえの反動的な涙だったのか?鑑賞後に感じた,爽快感や達成感とはかけ離れた疲労感・・・・これはいったいなんなのだろう。まだ闘いは終わっていない。これからも報復合戦は続くという予感。しかしいろいろな意味で必見の作品であることは間違いない。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »