« 少年は残酷な弓を射る | トップページ | 2012年度鑑賞作品マイベスト10 »

2012年12月27日 (木)

レ・ミゼラブル

Lesmiserables
大好きな原作,大好きな俳優さんたち!ということで師走の慌ただしいスケジュールを調整して劇場まで足を運びました。始まってすぐに,え?ミュージカルだったの?これ。と驚く私。相変わらずまったく下調べもせずに行ったもので。(実はアニメとミュージカルはあまり得意ではありません。歌と芝居は別々に楽しみたいタチで,映画はあくまでも生身の俳優さんが普通の台詞でがっつり演技してくれるのが好みなもので・・・)

後で調べてみたら(遅いっつーの)ミュージカルの最高峰と言われた舞台版の完全映画化だそうですね。なるほどなるほど・・・・と,気を取り直して鑑賞。

Resim002
で,感想ですが,この物語って,天下の文豪ヴィクトル・ユゴーの原作だけに,ストーリーは波乱万丈で壮大だし,登場人物はみんな個性的でキャラ立ちしてるし文句なしに感動的で,どこに焦点を当てて作っても面白くて,失敗の仕様がないのですよね。(原作が長く登場人物も多くて複雑なので映像化されるときはどうしても細部が端折られるのは仕方ないですが。)だから私にとっては,映像化されるたびに,今回は誰がバルジャン役で誰がジャベールで・・・・というキャスティングを楽しむ作品でもありました。

Annehathawayinlesmiserables2012movi
今回の「レ・ミゼラブル」はミュージカル映画ということで,一番感動したのは「みんな演技だけでなく,なんて歌もうまいんだ!」ということでしょうか・・・・。

歌いながら演技する・・・いや,演技しながら歌う?みなさんそれはそれはお見事でした。男性陣よりは女性陣の歌声と演技により感心したかもしれません。痛々しく哀れなファンテーヌ役を渾身の演技と歌で見せるアン・ハサウェイや,スウィーニー・トッドの怪演ぶりを彷彿とさせるヘレナ・ボナム・カーターの貫録・・・
Samanthabarksinlesmiserables2012mov
そしてエポニーヌ役のサマンサ・バークス,この人の歌が一番表現力も音域も豊かで上手かったと私は感じました。

主役のジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマンの朗々とした歌声は素敵でした。踊りもアクションもできるし,歌えるし・・・・器用な役者さんですね,さすがに。惚れ直しましたよ。
Lesmiserablesvaljean

ジャベール役のラッセル・クロウの歌声は,彼本来の話し声と違って,甘くてソフトで高めだったので思わず耳を疑った・・・・だってラッセルの話し声は低音で渋くってそれが彼のキャラにピッタリだったのに・・・・えええ~~彼ってこんな優しい歌声なんだ~~?と意外でしたね。(吹き替えじゃないでしょうね?)男優さんたちは総じて高めの声質の歌声だったので,一人くらい地の底に響くようなバスの声の人がいたらよかったなぁ・・・ラッセルはそんな声かと期待したのだけど。
Photo_3
ラッセルが歌わずに喋る台詞は,やっぱりいつもの彼の渋い低音(でも滅多に喋らずに歌ってばかりだったが)で,歌とのギャップが可笑しかったです。ま,きれいなお声でしたが・・・・。ヴィジュアルの雰囲気はジャベールぴったりなんだけど,歌声が優しすぎ。

Helenabonhamcartersachabaroncohenan
老いも若きも,原作好きも初めての人も,みんな楽しめる見事な作品になっておりました。特にこれの舞台版のファンの方にはきっと満足いただける作品になっていたのではないでしょうか。申し訳ないけど私は個人的な好みで,最初から最後まで台詞を歌いっぱなしという作品はイマイチ感情移入できないので,やや消化不良でしたが・・・・・。(「オペラ座の怪人」なんかも同じ理由で苦手)

|

« 少年は残酷な弓を射る | トップページ | 2012年度鑑賞作品マイベスト10 »

映画 ら行」カテゴリの記事

コメント

(ノ゚ο゚)ノ おお行ってきましたか

やっぱ微妙な感じっすね

これはレンタルまで待ちます

投稿: ジョニー・タピア | 2012年12月28日 (金) 04時29分

ななさん、こんにちは。お久しぶりです♪
自分としては久々の感動の嵐で、2回も観てしまいました。
ヒュー・ジャックマンがお気に入りなものでして。
ななさんは原作も読まれたのですね。
やはり詳細を知っておけばよかったなあと今思っています。
今のところ、半分くらいまでこぎつけました。
今年中に…なんて思っていますがどうかなあ…。
洋画の俳優さんはあまり知らなくて、ラッセル・クロウも
初めてかと思ったら『インサイダー』で観ていました。
あまりのギャップに最後まで気づきませんでした。

投稿: 孔雀の森 | 2012年12月28日 (金) 11時39分

ななさん、こんばんは。
これ未見だけど、来年早々には観たいな~。
年の終わりは007に走ってしまったので。
なかなかコメント残せなかったけど
記事楽しみにしていました。
来年もまたよろしくお願いしますね。
年々鑑賞数が少なくなって厳しいんですが・・・・笑
懲りずにお付き合いくださればうれしいです。
良いお年をお迎えくださいね。

投稿: みみこ | 2012年12月28日 (金) 20時44分

ジョニー・タピアさん こんばんは

う~~ん 私だけが微妙だっただけで
なかなか素晴らしい作品ですよ~~
ミュージカルはもともと苦手なんです。
いや,ミュージカルは好きなんですが
ミュージカル映画がちょっと・・・
お好きな方にはたまらない作品だと思います。

投稿: なな | 2012年12月28日 (金) 21時52分

孔雀の森さん お久しぶりです!

おお,ご覧になったのですね。
ヒューがお好きなら大満足の作品かと。
この作品のヒューはまたいちだんと素敵です。
原作はとても長くって感動的です。
映画では描き切れなかった人間関係や
心理描写や時代背景や・・・・ぜひ原作も読破なさってください。
何度読んでも,ハラハラしたり切なくて泣いてしまったりと
私の中では永遠のベストセラーなんです。レ・ミゼラブル。
で,ラッセル・クロウをあまりご存じなかったのですね。
彼の代表作は「グラディエーター」です。こちらもぜひ。
このレ・ミゼラブルでは彼の歌声の優しさに
思わず「ずっこけた」私です。

投稿: なな | 2012年12月28日 (金) 22時00分

みみこさん こんばんは!

すっかりご無沙汰…私も鑑賞数減るばかりで
観たのにレビュー書かなかったりと
すっかりズボラを決め込んでいます。
このレ・ミゼラブル,よく出来ていますよ。
年明けにぜひ。
私は年内に007を観れなかったので
年明けにそっちを観ようと計画しています。
これもとっても楽しみ。
急に寒さが厳しくなってノロやら何やら流行ってますが
よいお年をお迎えくださいね。

投稿: なな | 2012年12月28日 (金) 22時06分

コメントとTBをありがとうございました。
ミュージカルって、当たり前ながら
気持ちが入っていけるかいけないかで大違いですよね。
台詞を歌われたとき一瞬たじろぎましたが、
何とか乗っかることができました。
演じる方たちが素晴らしかったのが最大の理由です。

投稿: クラム | 2012年12月31日 (月) 11時15分

クラムさん あけましておめでとうございます。

>台詞を歌われたとき一瞬たじろぎましたが、
そうそう,「喋らんのかい?」と
思わずつっこんでしまいました。
特にこの作品は普通の台詞が少なくて
ほぼ全編歌だったので面食らってしまって
感情移入が中途パンパで終わってしまいました。
それぞれ歌も演技も素晴らしかったと思うんですが・・・
要は私の好みの問題なんですがね・・・

投稿: なな | 2013年1月 2日 (水) 19時34分

実はわたしもミュージカル苦手です。マンマミーアも完全に置いてけぼりでした(あ、あれにもアマンダ・セイフリッド出てたな・・・)
ただこの映画は原作が好きなこともあってけっこう感動しながら観てました。「わたしはこぜっと~」「ぼくはまりうす~」とかそんなとこまで歌わなくてもいいだろ、とは思いましたがw
これもアカデミー有力候補にあがってますが、トム・フーパー監督は一昨年取ったばかりだからむずかしいかも

投稿: SGA屋伍一 | 2013年1月13日 (日) 22時06分

SGAさん こちらにもありがとう。

ミュージカルって,台詞は喋ってくれて、合間に歌や踊りが入れば結構オッケーなんですよ。あと,「シカゴ!」や「ムーランルージュ」みたいにいかにも歌や踊りが違和感なく溶け込んでる設定の作品とかは大好きですね。
この作品みたいにヒューマンドラマなのに台詞を歌いまくる・・・というのは,ちょっと苦手です。物語自体には私も思い入れあったし役者さんもみんな好きなのですけどね・・・・。

>「わたしはこぜっと~」「ぼくはまりうす~」とかそんなとこまで歌わなくてもいいだろ、とは思いましたがw
そうそう,そんな感じですよね。あの二重唱がいい!んでしょうけど,「普通に喋ってくんない?」と思いました。

投稿: なな | 2013年1月14日 (月) 23時35分

こんにちは!

みんな歌が上手でしたねー^^
エポニーヌ役の人は25週年コンサートでも同じ役をされていて、すっごく良かったので^^
映画にも出ているのを観て、やっぱうまいなぁって感動しました^^

ななさん、ミュージカル苦手って言われてるけど素敵に記事にされてますよ~^^

投稿: みすず | 2013年1月19日 (土) 17時25分

みすずさん こんばんは

エポニーヌ役の女優さん,初めて観たけど
雰囲気のある美人だし
歌は一番表現力があったような・・音域も広かったし。
でもどの俳優さんもみなさん声が綺麗で
多才だな~ってあらためて感心しました。
ミュージカルは苦手だけどこの物語自体は好きなので・・・
でもこの名優さんたちで,歌無しで普通の演技でも観てみたいなぁ・・・これ。

投稿: なな | 2013年1月21日 (月) 20時23分

ななさん こんにちは
今年になってはじめての挨拶となります。
今年もよろしくお願いします^_^
時々、おじゃましてましたがコメントできる
映画がなくて、、、でもななさんがお元気で
安心しておりました。

やっと、レ ミゼダブル観る事が出来ました。
思えば、昨年の年明けに現代に生きるかっこいい
ヒューを観て、また今年素晴らしいヒューの演技
に圧倒されました。
この映画、私には副題として(ああ 無情)を
付けてほしかったかな。
小学校の頃、手にした本の題名が忘れられないから。
ミュージカルと聞いていたので、私もまたこの
上映時間に耐えられるか、すこし躊躇しましたが
思いすごしでした。
ヒューの目力の演技凄かった。いろんなシーンの彼の顔
が脳裏に残っています。
彼の代表作になると思います。 音楽も壮大でした。
アカデミーでどんな授賞を成すか楽しみです。

投稿: NONNON | 2013年2月24日 (日) 11時01分

NONNONさん こんばんは

コメントとっても嬉しいです。
例の再検査は,やはり変化なしということで
今度は半年様子見ということになりました。
しこりの状態が変化していないので良性だろうということです。
心配してくださっていたこと本当にありがたく嬉しいです。
ありがとう。

レ・ミゼラブルは,私も「ああ無情」の印象が強いですね。
原作そのものは「レ・ミゼラブル」って感じなんですが
はじめてであった児童文学は「ああ無情」でしたから。
今にして思えば「何が無情?」というか
無情そのものの意味もよくわからない小学生のときに出会いました。
半世紀近く生きてきた今は
少しは「無情」のなんたるかがわかりますね。

ヒューの歌も演技も絶品でした。
アカデミー期待できますね。

投稿: なな | 2013年2月27日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル:

» レ・ミゼラブル 再鑑賞 [夢の国・亞洲文化宮]
間を置かずに再鑑賞するのは、たぶんこれが初めてだ。 前回は日曜の第一回目で、広々としたスクリーンはガラガラ状態。今回はそこよりも大きめのシネコンで、レディースディ午後2時からの回。上映の40分...... [続きを読む]

受信: 2012年12月28日 (金) 11時41分

» 「レ・ミゼラブル」 [Con Gas, Sin Hielo]
愛の力、音楽の力。 恥づかしながら、ミュージカルを観てなければ、原作を読んだこともない。でも題名だけは子供の頃から知っている「ああ無情」。 初めて触れたのがこの映画版ということになるのだが、まずもっての印象としては、相当端折ってるなと。 映画としては...... [続きを読む]

受信: 2012年12月30日 (日) 23時40分

» 「レ・ミゼラブル(2012)」 与える、与えられる [はらやんの映画徒然草]
昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 07時11分

» ジャンバルジャンがんばるじゃん! ビクトル・ユーゴー トム・フーパー 『レ・ミゼラブル』 [SGA屋物語紹介所]
ビクトル・ユーゴーの不朽の名作が、近年ミュージカル化されてロングランを続けており [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 22時10分

» レ・ミゼラブル [みすずりんりん放送局]
 『レ・ミゼラブル』を観た。  【あらすじ】  1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工...... [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 17時25分

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年2月10日 (日) 09時39分

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 07時52分

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 8日 (水) 05時20分

« 少年は残酷な弓を射る | トップページ | 2012年度鑑賞作品マイベスト10 »