最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ドライヴ | トップページ | ラビット・ホール »

2012年10月 9日 (火)

シェイム

Shame_1321647349_2011
愛なら毎晩 
ティッシュにくるんで捨てている

ゴールデン・グローブ賞 主演男優賞ノミネート,ヴェネチア国際映画祭男優賞受賞の衝撃作・・・・DVDで鑑賞。やり手のビジネスマンで実はセックス依存症の男ブランドンと,一途に愛を求める依存型の妹シシーの物語。

セックス依存症が主人公って・・・・あらすじを見ただけで「これって面白いの?」と素朴な疑問が。しかし「今年最も打ちのめされ、感じさせられた映画。鋭く五感に突き刺さる稀代の大傑作!(!リチャード・ローパー!)」とか,「こんなにも強烈な映画を他に知らない。言葉など意味をなさない。圧倒的で、情熱的で、完璧。(アンドリュー・オヒーハー)」とか,各評論家が絶賛の嵐。これは観るしかない!と観始めて・・・すぐに一気に虜になってしまった。
Pho_intro01
ストーリーはあってないようなもの。大きな山場もなく展開もなく。この作品はストーリーではなく主人公ブランドンそのものを描いた作品なんだな・・・と気づいた。

表の顔はクールなビジネスマンなのに,行きずりの相手や娼婦とのセックスやアダルトサイト閲覧やマスタベーションなしでは日も夜も暮れないブランドン。彼は,愛の伴わない,快楽と排泄のみが目的のセックスしかできない男。本当に好意をもって進展したいと願っているガールフレンドとのセックスでは萎えてしまう男・・・・・そして,彼に愛情と怒りと自己嫌悪を抱かせる妹のシシーの存在。
Shame3shame
互に求め合いつつも激しく拒み合っているようにも見えるこの兄妹の間には,過去に何かがあり,そのことがお互いを苦しめ,特にブランドンにとっては彼の本当のシェイム(恥部)となっている。・・・・真相ははっきりとは語られていないが,そんな背景を十分に予想させる場面やセリフのやり取りが作品のそこここに散りばめられている。

過激な描写も呆れるような主人公の言動も,流れるようなBGMと美しい役者の体当たりの演技のせいか,場面によっては絵画のように美しく,それほど抵抗なく見入ってしまった。舞台がスタイリッシュな大都会だというのもこの作品の美しさのひとつになっている。

セックスしか語られていないのに,なぜこんなに心を切なく締め付けられるのか・・・愚かで孤独で痛々しいブランドン。抜け出したくても自分で自分をどうすることもできない呪縛にがんじがらめのブランドン・・・心情を語る台詞は皆無なのに,彼の苦悩や葛藤や隠された恥部がひしひしと伝わってくるこの物語は凄い。そしてそんなブランドンを演じたマイケル・ファスベンダーがとにかく素晴らしい。その渾身の演技も鍛え上げられた美しい肢体も。
Shame9shame
一途さと危うさを兼ね備えたシシー役のキャリー・マリガンも見事だった。派手な演出も面白いストーリー展開もCGも気の利いた台詞もなくても,こんなに心を打つ作品が撮れるのだと,感嘆した。

« ドライヴ | トップページ | ラビット・ホール »

映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

キャリー・マリガンのヌードシーンがあると評判に

なった映画っすねsign01

実は借りてきてるんですけど・・・まだ観てない(-_-;)

これはいい映画のようですねsign01

早急に観てみます!(^^)!

マイケルも赤丸急上昇ですもんね。彼を見るだけでもお得感あります。
マイケルはこういう破天荒な男が似合うと思うんですよね~。

ジョニー・タピアさん こんばんは

>キャリー・マリガンのヌードシーンがあると評判に
なった映画っすね。

そうそう・・・でも一瞬ですね~
ちなみにそんなにセクシーではないです・・・
内容は濃くて見応えありますよ。ぜひ・・・


rose_chocolatさん こんばんは!

マイケル、最近大活躍ですね。
「プロメテウス」の人造人間?の役も上手かった
・・・
「ジェーン・エア」のロチェスター役もDVDリリース楽しみなんです。
美しくて演技派ですよね。ドイツ系というのもいい。

ななさん、こんばんは♪
マエストロなヒッチのお話できてうれしかったです。
(しかし、寒いですね。急にくると応えます~)

なぜかこの映画のお話をしたくなってお邪魔してしまいました。
これ、良かったですよね。(酷評もたくさん読みましたけど)
ほんと言葉はいらない作品でしたね。
ズシズシじわじわきて、私はもう7割くらいずーっと鼻水垂らしながら見てしまいました。
ミヒャエル・ファスベンダー、こんな多彩な役者さんとは思いませんでした。
キャリー・マリガンも、先日みたミス・マープルに端役で出てましたが、若いころからやっぱりどこか光ってるなぁと嬉しかったです。
ファスベンダーさんが思い切り幸せになるような映画ってありますでしょうか?見てみたいなぁと(#^.^#)

武田さん  こちらに来てくださってありがとう!

これ,大好きです!
ファスベンダーさんが好きというのもありますが
こういった内面のトラウマを深く描いた作品好きなんですよね。
ハードな描写もあったし難解でもあるし
確かに賛否両論な作品ではありますよね。

>ファスベンダーさんが思い切り幸せになるような映画ってありますでしょうか?
彼の作品は半分くらいは観てますが
私が観たのは全部(イングロリアス~とかジェーン・エアとか危険なメソッドとかエンジェルとか・・・)
彼は思い切り幸せにはならなかったなぁ・・・・
眉間の皺がけっこうセクシーで似合ったりする彼なので
憂い顔や葛藤する役がハマるのかな・・・。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/47337779

この記事へのトラックバック一覧です: シェイム:

» 『SHAME -シェイム-』 (2011) / イギリス [Nice One!! @goo]
原題: SHAME 監督: スティーブ・マックイーン 出演: マイケル・ファスベンダー 、キャリー・マリガン 、ジェームズ・バッジ・デール 、ニコール・バハーリー 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 [ 2012年3月10日公開 ] お誘いいただいていっ...... [続きを読む]

» 年末かけこみレビュー:ファスベンダー篇 [C note]
このひとも大人気!<ファスベンダー篇>は以下の2本。 シェイム ジェーン・エア [続きを読む]

« ドライヴ | トップページ | ラビット・ホール »