最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ラビット・ホール | トップページ | ジェーン・エア »

2012年10月30日 (火)

最強のふたり

Poster_lg03


フランス映画だったのね~,これ。ハリウッドの好きそうなテーマだけど。実話というのがまたなんとも幸せな気持ちにさせてくれる,確かに最強のハートフル映画だった。

あらすじ: 不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。(シネマ・トゥディ)

Intouchables552754limagine
フランスのコメディってあまり観たことがなく,出ている役者さんも知らない人ばかり。実話だと知らずに観たなら,まるでありえないくらい可笑しくて優しくてハッピーエンドなお話。障害を持った富豪と,天真爛漫なスラム青年の・・・・これは主従の関係ではなく友情の物語なのだ。

育った環境も嗜好も性格もまったく違う二人。もともとドリスはフィリップに雇ってもらうつもりはさらさらなく,介護人としての心構えもやる気も知識もまったく無い。しかしそんなドリスの言動や性格がフィリップには新鮮で・・・何よりもドリスが自分の障害を少しも気の毒だとも特別だとも思わず接することがフィリップには有り難くて・・・・。
Intouchables170048limagine
無理もない。オマール・シーの演じるドリスは,ほんとうに魅力的なキャラなのだ。まっすぐであたたかくて面白くてポジティヴ・・・もちろんその生育の背景には貧困層ならではの複雑な苦労もあるのだが,それゆえの強さや明るさや優しさが感じられるのだ。

ドリスはフィリップを,そしてフィリップはドリスを,正反対ともいえる互いの個性や環境を面白がり,特にフィリップはまったく自分を「病人扱いしない」ドリスと行動することによって,それまで諦めていた人生がにわかに色づいてくるかのような楽しさを味わう。
Intouchables736495limagine
最初から最後まで楽しくて観ているこっちもクスクス笑いっぱなし。特にフィリップの誕生会で楽団の演奏するクラシックの曲に,ドリスが好き放題に自己流の感想を述べるシーンは爆笑もの。ヴィヴァルディの「四季」は「職業安定所」のBGMで,たしかコルサコフの「熊蜂の飛行」(かな?)は「トムとジェリー」だなんて・・・面白すぎ。

Intouchables727422limagine
全編を優しい笑いで包みながらも,ほろりと来るシーンも程よく盛り込まれていて,そして最後の最後までハッピーエンドで幕を閉じ,エンドロールではご本人たちの写真も見せてくれて,「ああ,こんなにあたたかいお話がほんとうに実話なんだ」と改めて感動。素敵な作品だった。落ち込んだ時・・・疲れたとき・・・特にお勧めの作品かな。

« ラビット・ホール | トップページ | ジェーン・エア »

映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんにちはー
今年も残り2ヶ月になっちゃいましたね。
これ、ななさんも劇場鑑賞されたのねー。
私もなの。
普段はレンタルが多いんだけど、これは話題にもなってるし、行って来るかーと思ってね。

面白かったですよね。良い話だし、あったかい気持ちになれる。

それと「サラの鍵」こちらも、一緒にまとめてコメントさせてね^^
いやぁ~~凄かった・・・。
もしサラ~も劇場鑑賞だったら、私はサラの方に一票入れたかもしれない。それくらい、サラはガツンと来た映画だったわ・・・。

latifaさん こんばんは!

そうそうこれは珍しく劇場で観ましたね
評判がいいので・・・・
フランス映画らしくなくてわかりやすく
面白く,ハートフルでした。
でもスラムの出身という設定なのに
ドリスの服装がカジュアルでもセンス良くて何気にオシャレで
そこはやっぱりフランス映画かな~と思ったけどね。

サラの鍵…懐かしい。これはお正月の東京旅行に際に
わざわざ新宿の映画館を探して観たのだったわ。
スクリーンで観たからやはり感動や衝撃が大きかったかな。
サラの鍵もこの「最強・・」も今年のベストテンに入りそうです。

いい意味でフランス「らしからぬ」作品でしたね。
フィリップのようなタイプはいかにもなんだけど、
よく考えればフランスにも黒人はたくさんいるんですよね。
実際の「ご本人」は黒人でこそないけれど、
おそらく性格的にはドリスと共通するところがあるのでしょう。
誰もが一面的でないところに幸せの物語の鍵があるわけです。

あのOPを見たとき、これは悲しい結末になるんだなと思っていましたが、まさかこんな幸せな結末になるとは思いもしませんでしたよ。

しかもこれが実話というのがいいですよね。

クラムさん こんばんは

>よく考えればフランスにも黒人はたくさんいるんですよね。
そうなんですよね~~,なんかアメリカっぽいと
勝手に思ってしまったのは
ドリスが黒人だったからかな。
>誰もが一面的でないところに幸せの物語の鍵があるわけです。
一見共通点が皆無に見える相手でも共感できる面もあるわけで
また正反対の境遇やキャラゆえに
補い合える面もあるわけで・・そんな点でも,人間って,人生って
なかなか捨てたもんじゃないと,
どんな予想外の出会いがあるかわからないと
希望を持てる物語でもあったかと。

にゃむばななさん こんばんは

>まさかこんな幸せな結末になるとは思いもしませんでしたよ。
そうそう,途中まではともかく
ラストがあまりにもハッピーエンドすぎて
嘘っぽかったのですが

>しかもこれが実話というのがいいですよね。
エンドロールでラストのハッピーエンドも実話と知って
なんだか一気に感動が倍増されました。
これが実話ということが一番「最強」なのかもしれませんよね


ななさんこんばんわ♪ご無沙汰しておりますっ。

自分もフランス映画はあんまり観ない方なので、周りの評判が良くなければやはり本作もスルーしていたかもしれませんねぇ?^^;
バラエティ番組などでたまに海外のお笑い番組とか見ると苦笑したりもするのですが、フランスのユーモアに関しては個人的に結構ツボにハマって大笑い。障害者を出汁に使ったようなブラックなネタスレスレではありますが、しかしそれもまたドリスの障害者と分け隔てなく接するやり方と見れば不思議と許せちゃう範囲でもありましたね。

そいえばこの作品ハリウッドリメイクが決まったとも聞きました。確かにハリウッド好きそうですよねこういうの^^;ブラックユーモアがアメリカ式になってもっとひどくなりそうな予感・・(汗

メビウスさん こんばんは
こちらこそすっかりご無沙汰しておりました~

フランス映画って独特の雰囲気がありますが
私もあまり得意じゃないですね。
曖昧なシーンやセリフが多いような気がして
途中で退屈しちゃうときも・・・・。
でもこの作品はテンポ良くてとても観やすく
面白かったですね。
障害者をネタにしていると言えなくもないけど
でもこれが「実話」というのが
そしてハッピーエンドというのがこの物語の強みですよね。

ハリウッドがリメイクかぁ~~
確かにもっともっと濃い作品にリメイクされそう。

2012年ベストワン映画でした^^

笑わせて、笑わされて、
つられて泣かされ、つられて笑わされて。
最後の親切はホロり・・・とさせられた映画でした。

アースの音楽力もあるけど、最高に気持ちが
上がった作品でした。

OPクレジットとセフテンバーが
最高にクールなオープニングでした。

area44さん こんばんは

この作品は笑いとホロリとする場面の塩梅が
とても秀逸でしたね。
笑いだけ満載な作品はあまり好きではないのですが
そこに人生の機微や笑いが盛り込まれている作品は
本当に味があると感じてしまいます。
ほんとに後味のいい見事な作品でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/47563160

この記事へのトラックバック一覧です: 最強のふたり:

» 「最強のふたり」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
面白かったし、良い映画だった。 でも、期待し過ぎちゃったかも・・・4つ★ 実際のご本人達、お二人の写真です [続きを読む]

» 「最強のふたり」 [Con Gas, Sin Hielo]
行き詰ったら空気を入れ替えよう。 とことんさわやかなドラマだ。 首から下が完全に麻痺して動けない富豪のフィリップと、貧民街の生活に浸り切って失業手当で食いつなぐしかできないドリス。 冷静に二人の環境を見つめれば深刻なことだらけなのに、二人が触れ合った...... [続きを読む]

» 『最強のふたり』 [こねたみっくす]
大切な友人の幸せを願い、ユーモアを添える。それが真の友情。 実話をベースに首から下が麻痺した大富豪フィリップとスラム街育ちの黒人青年ドリスの本音で向き合う友情を描いた ... [続きを読む]

» 最強のふたり [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】エリック・トレダノ/オリビエ・ナカシュ 【出演】フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/オドレイ・フルーロ/アンヌ・ル・ニ 【公開日】2012年 9月1日 【製作】フランス 【ストーリー...... [続きを読む]

» 映画『最強のふたり』を観て [kintyres Diary 新館]
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマール・シ...... [続きを読む]

» 「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク [はらやんの映画徒然草]
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が [続きを読む]

» 最強のふたり [AREA44〜エリア44〜]
2012年鑑賞 AREA92本目 最強のふたり 製 作 年:2011年フランス 日本公開:2012年9月1日 上映時間:1時間53分 公式サイト: http://saikyo-2.gaga.ne.jp/ TOHOシネマズ西新井 不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった 大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。 スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に 必要な不採用通知を目当て..... [続きを読む]

« ラビット・ホール | トップページ | ジェーン・エア »