MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 50/50 フィフティ・フィフティ | トップページ | シェイム »

2012年9月29日 (土)

ドライヴ

Driveposter
第64回カンヌ国際映画祭監督賞受賞作品。DVDで鑑賞。
シンプルだけど最高にクールな作品!
私はライアン・ゴズリングの寡黙なカッコよさにハマってしまったけど,作品自体は,絶対男性受けするだろうな~~~,と思った。というか,この作品の醍醐味はやっぱり男性にしかわからんのじゃなかろうか?女性でもフィルム・ノワール色の濃いバイオレンスやサスペンスが好きなら(=それはわたし)ハマるかも。
101890_748x1024
ジェイムズ・サリスの原作を,デンマーク出身の新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン監督が映画化。天才的なドライヴィング・テクニックを持ち,昼は自動車修理工と映画のスタント,夜は強盗の逃がし屋をしている主人公(ゴズリング)。

この主人公,名前すらなく,役名は「ドライヴァー」なのだが,とにかく寡黙。家族も友人もなく,もの静かでとても他人に害など与えそうもない,そして感情の高揚も乱れもまったく起こりそうもない・・・そんな表情の彼なのだが,冒頭の「逃がし」のカーチェイスの場面から,もうすでに「コイツ,ただものではない」と雰囲気が。派手な場面ではないのだが,無駄がなく,何が起こっても冷静で的確な判断と行動をする彼からは,静かで確かな凄味が感じられて・・・「なんなの?このひと・・・」と画面に釘付け。
Drive_1311497944_0_2011
そんな彼が,同じアパートに住む服役中の夫を持つ人妻アイリーン(キャリー・マリガン)に恋をした時から,歯車が狂っていく・・・いや,本来の彼の別の面が出てきた,というべきか。アイリーンやその息子に対する彼の接し方は,あくまでもプラトニックでシャイで優しく,他の人には決してみせない笑顔さえみせる。しかし,アイリーンの夫が巻き込まれたマフィアとのトラブルから,彼女と息子にも危害が及びそうになったとき,ドライヴァーは驚愕の変貌をとげる。

いや,寡黙で静謐・・・というのはそんなに変わらない。その「寡黙さ」「冷静さ」を依然として保ったまま,顔色一つ変えずに敵をつぎつぎと情け容赦なく倒していく様子が異様に凄いのだ。
Drive_1306042602_2_2011
いくら愛するひとを守るために,とはいえ,その徹底ぶり,迷いのなさをみると,もともと壊れている人間なんじゃないだろうか?眠っていた彼のサディスティックでバイオレンスを好む本能が覚醒されただけでは?とすら思ってしまう。後半の殺戮シーンはかなりグロイのでそっちが苦手な人は注意が必要。

エレベーターの中のシーン・・・・ アイリーンをかばい,口づけするときのドライヴァーの仕草のなんと優しく繊細なこと。そして次の瞬間に彼は同じエレベーター内の敵を無残に蹴り殺すのだが・・・とても同一人物とは思えないこの落差には,アイリーンでなくても誰でもショックを受けるだろう。
Drivephotocareymulligan
それでも,なんだろうな・・・やはり主人公に対して抱く,憐みのような,エールを送りたくなるような不思議な肩入れの気持ちは。本来は善人であるのに,感情面で人とは違う病んだものを抱えている主人公の孤独さと,そんな彼の一途な恋心が切なくて,心惹かれてしまうのだろうか。

ライアン・ゴズリングの作品はラースと、その彼女くらいしかじっくり観ていない。ハンサムだと思ったことは今までなかったけど,この作品の彼はとても素敵です。まさにカメレオン俳優で,ちょっと,いや,かなーり変わった主人公を演じさせたらピカイチだと思う。

« 50/50 フィフティ・フィフティ | トップページ | シェイム »

映画 た行」カテゴリの記事

コメント

やっぱりR.ゴズリングですよね。
この振れ幅の大きさを見ると、今後を期待してしまいます。

前半の一歩引きながら相手を思いやる気持ちと、
後半の手段を選ばずに彼女を守る行動力と、
対照的な面を見せつつも、
冷静・寡黙・愛情は一貫しているから、
思わず肩入れしてしまうわけですね。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督注目されてますねflair
彼の次回作は『2300年未來への旅』のリメイクsign01

ちょっと観てみたいっすねshine

クラムさん こちらにもありがとう。

>対照的な面を見せつつも、
>冷静・寡黙・愛情は一貫しているから、
なるほど~~そうか!
だから共感もするのですね。
私はけっこう二重人格というか豹変するキャラが
映画の世界ではもともと好きなのですが
主人公のあの前半の繊細な優しさと後半の狂気が
そう,まさに振れ幅の凄さ・・・これを演じられる役者も凄い!
でも考えてみると,彼のアイリーンに対する優しさは
前半も後半も一貫していましたね。だから切ない・・・

ジョニー・タピアさん こんにちは!

ニコラス・ウィンディング・レフン監督,新鋭ですね。
監督としての手腕,ハリウッド監督にはないものがあるとか・・・
私はこの監督作品でマッツ・ミケルセンの主演の
「ヴァルハラ・ライジング」も観てみたいなぁ~~
DVDもう出てますよね。

こんばんは
この主人公、くわえ楊枝でなるたけ他人と関わらないようにしてるあたりとか、「木枯らし紋二郎」みたいだなあ、と思いましたよ(ご存知でしょうか・・・) まあ紋二郎は「ドライバー」よりもう少しとっつきやすいキャラでしたが
愛情は純粋な反面、時折残酷な一面を見せるあたり、ドライバーって子供がそのまま大人になったようなヤツだな・・・とも思いました。「タクシードライバー」のトラビスともちょっと似てるかも?

SGAさん こんばんは!

木枯らし紋二郎ですか~~~知ってるような知らないような・・・・

>愛情は純粋な反面、時折残酷な一面を見せるあたり、ドライバーって子供がそのまま大人になったようなヤツだな・・・
そうですね。どちらにしても感情のセーブが実は効かないのかな・・・それであの無表情・・・いったんスイッチ入ると誰も止められないのを本人がよく心得て普段は人と関わらないようにしてるのかな?なんて,どちらにしても,平穏な人生なぞ無理なお方だったのかな・・・と,勝手に解釈してしまいました。そうそ,タクシードライヴァーのトラヴィスね,ちょっと似てるかも。

ななさん、おはようございます。ご無沙汰しています。
ななさんもライアン・ゴズリング気に入られましたか!
ですよね、この作品の彼惚れ直しちゃう。私は『きみに読む物語』で初めて知ったんですけど、この作品で本当、惚れ直しました。良ければ『スーパー・チューズデイ』も見てください!これ見た友人、「イケメンさんだね」って言ってました。
彼、顔はイケメンじゃないですよね?でも、演技でイケメンに見えることもある、そこが凄いと思います。こういう役者にはつい熱狂しちゃいます。

とらねこさん こんばんは!
お久しぶりです,ありがとう~~

>この作品の彼惚れ直しちゃう。
正直演技力の凄さは認めてた俳優さんなのですが
でも「カッコいい!」と思ったのはこの作品が初めて。
だって「ラースと、その彼女」のときのライアンなんて
ぽちゃっとした地味なオジサンだったんですよ。

>彼、顔はイケメンじゃないですよね?でも、演技でイケメンに見えることもある、そこが凄いと思います。

うんうんイケメンじゃないですね,顔長すぎかも。
でもおっしゃるように演技でイケメンに見えるんだと。
そっちの方が生まれつきのイケメンよりずっとすごいし
名優だなぁ~~。
「スーパーチューズディ~」気になってました。
DVDのパッケージの彼がイケメンだから。
今度さっそく借りてみます!


ライアン・ゴズリング、いいですよね。
この映画も、変わりっぷりと落ち付きっぷりの両面持ち合わせているのが魅力的でもありました。

とらねこさんが挙げてらっしゃる『スーパー・チューズデイ』もなかなかよかったです。が、『ラブ・アゲイン』というラブコメが出てます。これも本当に最高なのでぜひお勧めしたいです。
『ブルーバレンタイン』も後味としては評価が分かれると思いますが、私は好きな作品です。

rose_chocolatさん こんばんは!

>変わりっぷりと落ち付きっぷりの両面持ち合わせているのが魅力的でもありました。
そうなんですよ~私も豹変する主人公って好きです。
とくにこの作品のライアンはスイッチオンとオフとの
変わりぶりが見事で。常の根暗の入った寡黙さがいいですね。

ライアンの作品はあまり観てないなぁ
全部じっくり見たのは「ラースと~」くらいかな。
「スーパーチューズディ」はレンタルしてきたのですが
「ブルーバレンタイン」もミシェルも好きなので
要チェックですね。「ラブアゲイン」も!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/47249124

この記事へのトラックバック一覧です: ドライヴ:

» 「ドライヴ」 [Con Gas, Sin Hielo]
プロフェッショナルはいつも寡黙。 ドライバーのキッドは多くを語らない。ときどき後ろに流れるのは、夢うつつのような音楽。 下手すると眠気に襲われそうだが、この作品は逆に静寂が観る側を引きつける。 特に冒頭の警察とのチェイスは実に新鮮だ。 追いかけ合うの...... [続きを読む]

» ライアンと、そのカーチェイス  ニコラス・ウィンディング・レフン 『ドライヴ』 [SGA屋物語紹介所]
『ラースと、その彼女』『ブルーバレンタイン』『ラブ・アゲイン』と地味ながら評価の [続きを読む]

» 28★ドライヴ [レザボアCATs]
’11年、アメリカ 原題:Drive 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン 脚本: ホセイン・アミニ 原作: ジェームズ・サリス 製作: ミシェル・リトバク、マーク・プラット、ジジ・プリッツカー、アダム・シーゲル、ジョン・パレルモ 製作総指揮: デビッド・ランカスター、ビル・リシャック、リンダ・マクドナフ、ジェフリー・スコット、ゲイリー・マイケルズ・ウォルターズ 撮影: ニュートン・トーマス・サイジェル 音楽: クリフ・マルティネス キャスト: ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライア... [続きを読む]

» 『ドライヴ』 (2011) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: DRIVE 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン 出演: ライアン・ゴズリング 、キャリー・マリガン 、ブライアン・クランストン 、クリスティーナ・ヘンドリックス 、ロン・パールマン 試写会場: なかのZEROホール [2012年3月31日公開] 公式サイ...... [続きを読む]

» 「ドライヴ」 あっしには関わりねえことでござんす [はらやんの映画徒然草]
主人公ドライバー(劇中で名前が出ない)は昼間は映画のカースタント、及び修理工をし [続きを読む]

« 50/50 フィフティ・フィフティ | トップページ | シェイム »