最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« サラの鍵 | トップページ | 猫の認知症? »

2012年1月22日 (日)

サンザシの樹の下で

Mv
たとえ何が起きても
君をずっと待ち続ける・・・・。

チャン・イーモウ監督の描く文革時代の男女の「最も清潔な」純愛物語。DVDで鑑賞。文革時代に実際にあった悲恋をもとに書かれた同名小説が原作だそうで。
04_4828
文化大革命の嵐が吹き荒れる1970年初頭の中国。
都会の高校から農村実習にやってきた少女ジンチュウは,滞在先の農家の家族と親しくしている青年スンと出会う。ジンチュウに恋をしていろいろと彼女の世話を焼くスン。次第に彼に惹かれていくジンチュウ。彼女が都会に帰ってからも,スンの彼女への誠実なアプローチや細やかな援助は続き,二人は密かにつきあうようになるが,反政府分子として迫害される両親を持つジンチュウにとって,男女交際は到底許されないことだった・・・・
01_4828_2
いやもうなんと言うか・・・・lovely lovely lovely

この二人の恋愛の,一途さ,無垢さ,そしてレトロさ・・・あまりにも今の自分の住んでいる世界の恋愛観と違いすぎて,それがまた新鮮で清々しくて・・・すっかりやられてしまいました。まったくのノーメイク,つるんとしたゆで卵のようなお肌に目じりの下がったお雛様のような初々しい幼な顔のヒロイン・・・

演じるチョウ・ドンユイは18歳だが,どうかするとまだ中学生にも見えるあどけなさ。スタッフが中国中の芸術学校を探して見つけた少女だ。その頼りなげな華奢な風情を見ていると,彼女を心から愛おしむスンの想いも頷けてしまう。健気ではかなげで,彼女の抱えている背景の苛酷さもあって,そりゃ,守ってあげたくてたまらなくなるだろうなぁ・・・・。
02_4828
そしてスンを演じるショーン・ドウもまた,日本じゃお目にかかれないような(失礼)爽やか健全青年で。この彼が,まるで兄のように父親のようにジンチョウを見守り,至れり尽くせりの滅私奉公をする様には,ほんとに感動した。そしてまた,尽くされるジンチョウの方も,恋愛のなんたるかも知らないくらいに初心なので,驕ることも調子に乗ることもなく,戸惑いながらもいつしか彼を心から頼り,愛するようになる姿にまた感動。(なぜいちいち感動するかというと,これら一連の純真さがとにかく新鮮なのである!)
0683368
恋愛の障害となるのが文革・・・・。え~~,なんで逢っちゃいけないの?噂が立つとそんなに命取りなの?彼女には?なんてカルチャーショックも感じながら,そしてまたキスさえもしないスンの,彼女を大切に思うゆえの自制心も,それを求めることも知らないジンチュウの初心さも・・・これもいちいち新鮮で感動。

「晴れて一緒になれる年になるまでいつまでも待つよ,逢えなくても」・・・と誓ったスンが難病に倒れたとき,「韓国ドラマみたいな展開だ」と一瞬思ったが,そこはやっぱりチャン・イーモウ監督。韓ドラのベタな雰囲気は微塵も感じさせず,最後の病室での別れのシーンは,こらえ切れずにもう涙,涙・・・・。天井に貼られていた二人の記念写真にまた涙。

ものすごく清々しく,切ないラブストーリー。
久々に心が洗われるような気持ちがした。

« サラの鍵 | トップページ | 猫の認知症? »

映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
ななさんのお部屋では、毎回画像も楽しみです。
今回まず目に留まったのは一番上、スンガジンチュウを
おんぶしている写真。周りのぼかしの雰囲気が好きです。
ほかにアップされている画像からも、初々しい二人の恋愛が、
浮かび上がって来て、胸キュンです。(笑)
私も最後の場面では涙、涙でした。
こんなに鮮烈で過酷な恋愛を経験したら、後で
どんな人が現れても、なかなか吹っ切れないだろうと、
今になって、余計なことまで考えてしまう私なのでありました。

このチョウ・ドンユイ、「13億人の妹」と称されているそうですよ。
でもそれも納得の可愛らしさ。
チャン・イーモウ監督もついに「義妹萌え」に目覚めましたか~。

孔雀の森さん こんばんは!

大好きな作品のひとつになったかな~
イーモウ監督作品は必ず観るし,彼のこのタイプの作品
けっこう好きなのですが(「王妃の紋章」と同じ監督作品とは思えない)
同じこの手の「初恋の来た道」よりこっちが私は好きだなぁ。
まるで少女漫画の世界ですよね。
二人を引き裂いたのが文革と難病・・・って
ものすごく超えられない障害でもないんじゃ?と思いつつ
ジンチョウの将来のために闘病中も彼女に連絡を取らなかたスンの
真摯な愛情に感動しました。ここまで愛せるんだなぁって。
>こんなに鮮烈で過酷な恋愛を経験したら、後で
>どんな人が現れても、なかなか吹っ切れないだろうと
うんうん,絶対一生忘れられないだろうし
もしその後にジンチョウが結婚したとしても
旦那さんになるひとはちょっと気の毒かなぁ。

にゃむばななさん こんばんは!

>チョウ・ドンユイ、「13億人の妹」と称されているそうですよ。
そうなんですか~~~
納得ですね,彼女の可愛らしさと嫌味のなさは
まさに「理想の妹」そのものですよね。
私はこんなに素直で健気な娘が欲しいかな。
あ,私が母親なら,絶対娘の恋愛を止めたりしませんけどね。スンみたいな青年が相手ならなおさら・・・。

ななさんsign01ちわっすhappy01
遊びに来ました~
ななさんのブログ見て超この映画
見たくなりましたhappy01
女性ならではの観点と書き方がすっごいおもしろくて
惹きつけられました~
これレンタルでTUTAYAとかありますか?
観てみたいっす~

たびあさん いらっしゃいませ~new

この作品,女性にはもちろん高評価だと思いますが
男性にも新鮮だと思います。肉食系でも草食系でも・・・。
>女性ならではの観点と書き方がすっごいおもしろくて
惹きつけられました~

それは光栄です。
女性なら一度男性からこういう扱いを受けたいという
そんな願いを疑似体験させてもらえる作品かも。
DVD,レンタルに出てますよ~まだ新作扱いだけど。

ところでたびあさん,四国の方なんですね!
私は徳島ですよ~ 今後もよろしくです。


徳島近いっすね~
昔徳島でも試合したことあるっす
映画またTUTAYAでチェックしときます
今日はロック ワンコの島を借りたので観ます

気になってたこの映画、ようやく見れました。
(いつもレンタル中だったので^^)
で、やっぱり素直に感動できて嬉しかったです(笑)
純愛ものって、気恥ずかしくて何となく苦手というか、そんな意識あるんですが、ななさんの、
<なぜいちいち感動するかというと,これら一連の純真さがとにかく新鮮なのである!>ホント!まさにその通りですよね^^
演じる二人の演技もまた自然で、素直に私の心にもすんなり入って来ました。
たまにこういう純愛ものみると、心が洗われていいですねconfident
エンディンングの歌もとても素敵で、「王妃の紋章」でジェイが歌う「菊花台」聞いたときみたいに心に響きました。

たぴあさん またまたいらっしゃいませ。

徳島近いですか?四国というだけで親近感です。
たぴあさんは元プロのボクサーでいらしたのですよね。
日本一位って素晴らしい経歴ですね。

またレンタルしてみてくださいね。
>ロック ワンコの島
これは未見ですが,犬の映画かな?
動物ものも好きですよ。

ちーさん こんにちは!

これ,ご覧になりましたか?
そうそう,「王妃の紋章」と同じイーモウ監督ですものね。

純愛ものよりドロドロ悲恋ものの方が私も好きですが
これはよかったなぁ。
あまりにも時代背景とか恋愛に対する条件や価値観が
自分とはかけ離れて純真なので,
かえって突っ込みの入れどころがないくらい素直に感動してしまった。
韓ドラも好きなんですが,
韓ドラのわざとらしさがないんですよね,これ。
いいですよね,こんな作品もたまには・・・
エンディングの歌は聴きそびれてしまった・・・
またレンタルしたら聴いてみます。
でも,「言えない秘密」もそうですが
アジアの純愛ものって,やっぱり洋画のそれより
同じアジア人としては心に響く気がします。

サンザシの樹の下で観ましたよ~

すっごい純愛っすね~

ご紹介ありがとうございました

たぴあさん こんばんは

レンタルできましたか。
そうなんです,すっごい純愛で・・・。
現代の日本の恋愛事情ではまったく想像もつきませんよね。
でもそれだけに,新鮮さが際立つのかも。
それに監督さんの手腕もあるでしょうね。

ななさん~こんにちは!
やっとこ、この映画を見ました。
公開当時から見たいと思いつつ、なんだかんだと遅くなってしまいました。

いやぁ~~純愛映画、レトロ、またまたお決まりの展開、解っちゃいるが、よかったです(^○^)

主役の女の子が、やっぱりとってもピュアでウブくて、好みのタイプでしたー。
はにかんだ笑顔とか、とっても可愛かったー。

latifaさん こんばんは!

> 純愛映画、レトロ、またまたお決まりの展開・・・
そうそう,おっしゃるとおり~~
でもそれでもやっぱり「泣かせどころ」では
何度観ても涙腺がゆるんじゃいます。
役者さんたちがまたぴったりのタイプで
ヒロインの純情無垢さもよかったけど
男優さんの素朴さもよかったわぁ。
どちらも日本じゃもうあまり見かけないタイプよね。
これ,3度ばかりDVDレンタルしてリピートしています。
ピュアな涙にひたって現実の垢を落としたいときに・・・

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/43826846

この記事へのトラックバック一覧です: サンザシの樹の下で:

» サンザシの樹の下で [夢の国・亞洲文化宮]
2010年/中国/1時間53分(劇場で鑑賞) 監 督  張芸謀(チャン・イーモウ) 原 題  山樹之恋 英 題  Under the Hawthorn Tree 原 作  『山樹之恋』(艾米:エイミー) ...... [続きを読む]

» 『サンザシの樹の下で』 [こねたみっくす]
1年1ヶ月も待てない。25才になるまでも待てない。でも一生待ち続ける。 この純粋な愛に思わず涙が頬を伝いました。 張芸謀監督4年ぶりの新作は、あの「初恋3部作」を思い出さ ... [続きを読む]

» 『サンザシの樹の下で』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サンザシの樹の下で」 □監督 チャン・イーモウ□脚本 イン・リーチュエン□キャスト チョウ・ドンユィ、ショーン・ドウ、シー・メイチュアン、リー・シュエチェン、チェン・タイシェン、スン・ハイイン■鑑賞日 7月9日(土)■劇場 チ...... [続きを読む]

» 映画「サンザシの樹の下で」批評 中国製超純愛映画((w´ω`w)) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
「サンザシの樹の下で」観ましたよー((w´ω`w)) 昨日は怖いやつだったので・ [続きを読む]

» 「サンザシの樹の下で」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
チャン・イーモーのこういった純愛映画は大好きです。「初恋が来た道」なんかは、今まで見て来た映画の中でも上位に君臨する作品だし。 [続きを読む]

« サラの鍵 | トップページ | 猫の認知症? »