最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 黄色い星の子供たち | トップページ | ミスター・ノーバディ »

2011年12月 6日 (火)

活け花あれこれⅡ

一番好きな花は・・・コスモスかもしれません。野生ならではの,強さとしなやかさを秘めた花でありながら,楚々とした控えめな風情もあって。今回はそんなコスモス(もちろん野生です)も含めた特に好きな5点の紹介です。いずれも,通っている教会の礼拝堂に活けました。写真撮影は前回と同じく,当教会の牧師さん(元カメラマン)です。

Img_8335_2_2
吾亦紅  コスモス  ブルーファンタジア  鶏頭
秋も深まった聖日の礼拝の講壇に活けました。
吾亦紅で横に流れるような線を出して。

Img_8671_2
ヘルコニア ソリダコ  ドラセナ 
ソリダコは葉っぱを除いて数本をまとめて。
鮮やかな色彩の対比がお気に入り。

Img_5760_2_2
ニューサイラン カーネーション トルコ桔梗(黄) レザーファン
ニューサイランはくるりと大きく巻いてホッチキスで止めて。

Img_6756_2_4

向日葵 ギボウシ ティーゼル
向日葵は花弁を取り除いたものと残したものの
2種類を組み合わせて変化をつけました。

Img_5797_2
カラー カーネーション 野ばら アブライト アスパラガス・ナナス
昨年のクリスマス用の花。
野ばらとアブライトは銀を吹き付けたもの
アスパラガス・ナナスをふわっとかぶせて。
電飾で華やかにクリスマスらしく・・・・。

« 黄色い星の子供たち | トップページ | ミスター・ノーバディ »

活け花」カテゴリの記事

コメント

コスモスといえばついさだまさしが思い浮かんでしまいますが(古いなあ)、確かに控えめながらも凛とした強さ・美しさが目に残る花ですね(慣れないこと書いてるなあ)

最後のクリスマス用の作品は、遊び心が見られて面白いですね。今朝のドラマで『カーネーション』というのがやってますが、30男のくせにちょっとはまってますcoldsweats01

ななさん こんばんは。
お久しぶりです。私の事、覚えてるかしら?
こちらには時々お邪魔していましたが、、、、、
久しぶりにコメントさせて頂きます。
素敵な活け花ですね。私もお花は大好き!映像も美しく撮れていて、お花も花器もセンスがよいですね。
ななさんはコスモスが、お好きなんですね。お人柄が忍ばれます。
コスモスが風にゆらゆら、揺れてるのって優しい気持ちにさせてくれますよね。

ところで映画の話しになりますが、「ブーリン家の姉妹」はご覧になりましたか?
ななさんの感想が聞けたら(読めたら)うれしいです。(^^ゞ

SGAさん こんばんは!

さだまさしの「秋桜」懐かしい~~~大好きな歌です。
ちなみにさだまさしのファンだったときもあったなぁ。
今は全く卒業してますが。もちろん。

クリスマスの花は気合が入ってますね。
気合の入った行事が多く教会でも行われるのでつい・・・
NHKドラマ「カーネーション」私も好きですよ~~
でもSGAさんのどこのツボにはまったのかなぁ・・・
主演女優さんがタイプ?

NONNONさん こんばんは!お久しぶりです。

覚えていますよ~「ジョンとメリー」で初めてお越しいただきましたよね。嬉しいです。
お花の写真はなんせ撮ってくださる方が元カメラマンで,
機材も本格的なのでこだわって撮っていただけるという
恵まれた環境にいるので感謝です。

「ブーリン家の姉妹」もちろん大好きな作品です!
この作品のナタリー・ポートマンも素晴らしかったですよね。
感想記事アップしています。
INDEXの「映画記事ハ行」をクリックして探してみてください。

早々の、お返事ありがとう。覚えていて下さって嬉しいですo(^-^)o

まあ、おっちょこちょいの私は「ハ行 」を検索してるのに見落としておりました。ごめんなさい^_^;

今、感想と皆さんのコメントも合わせて、共感しながら読ませて頂きました。
もう、三年も前の映画になるんですね、、、、
凄く私好みの映画だったので、映画館の帰りに本屋に寄り本を買い求めたり、TSUTAYAのレンタル開始を待ちわびたものでした。

当時あの映画がイギリスで上映、封切りの時にチャールズ皇太子が来賓で鑑賞に来た映像をネットで見ました。
映画を観たチャールズ皇太子はどんな思いだったでしょう。

長々と、またもやタイムリーを外したコメで失礼しました。
素敵なX'masをお迎えくださいね (~_~)

『カーネーション』は小林薫のお父さんと栗山千明さんの役どころがけっこう気に入ってまして。二人とも糸子さんに普段は憎まれ口をたたいたりしてるくせに、いざという時は必死になって面倒をみてくれる、そういう描写がいいなあと

主演の方はたしかこれ以前には『真幸くあらば』というミニシアター系の邦画に出てたんじゃなかったかな。わたし観てないですけど

完全に生け花とは関係ない話になってしまった。すいませんcoldsweats01

NONNONさん またまたありがとうございます~

そうか~もう3年前の公開になるのですね。
私もこれは劇場で観れました。
私も予告の段階ですっごく好みだったので。

>凄く私好みの映画だったので、映画館の帰りに本屋に寄り本を買い求めたり・・・

原作,私も買って読みましたが
原作めちゃくちゃ面白かったです!
何度も読み返して,今では愛読書のひとつです。
映画と比べると登場人物のキャラがそれぞれちょっと違うのよね
でもそれはそれでとても面白かったです,原作も。

英国王室をテーマにした作品はどれも好きです。
英国王室の歴史そのものが好きですから・・・

NONNONさんも楽しいクリスマスをね!
今年は3連休だからいろいろと楽しめそうですね。

SGAさん こんばんは!

>二人とも糸子さんに普段は憎まれ口をたたいたりしてるくせに、いざという時は必死になって面倒をみてくれる、そういう描写がいいなあと・・・
そっか~,ドラマの登場人物のキャラや内容がツボにきたのですね。
ちょっと素直じゃないけど実はあたたかい・・という。
小林薫さんって,いろんな味が出せるので私も好きな俳優さんです。
主演の女優さんに関しては全く知らないなぁ
TV俳優さんよく知らないんですよ。高感度の高い雰囲気の女優さんですよね。

こんにちはー♪

わ~、ななさん、凄い!素晴らしい~♪
フラワーアレンジメントのプロさんですか?
趣味に華道とありますが、趣味の域を超えてますよね^^
どの作品も綺麗ですー^^
ピンクが大好きなので、一番上のコスモスがお気に入り^^
クリスマスのも華やかでいいです~♪
撮影された方の腕も良いのでしょうけど、やはりななさんの腕がいいのね~^^

目の保養させていただきました~^^

みすずさん コメントありがとう!

>フラワーアレンジメントのプロさんですか?
まさかまさか!
でも華道はもう20年以上やってますかね・・・
お花を活けるのは大好きですよ。
これは撮影の腕ももちろんいいんですね。
そちらは元プロのカメラマンだったからね。
このお花の写真は牧師さんが教会のサイトにも載せてるので
活ける方も撮る方も毎週気合が入る・・・かもしれません。
今年のクリスマスのお花はこれから・・・ですが
どう活けようか今から考え中です。
褒めてくださってありがとう。

わ~~どれも美しい!
やっぱり本格的な写真は花の美しさもはっきりと映ってる~。

コスモスのピンクも美しい~鶏頭もピンクっぽい?珍しい色だね。吾亦紅の流れが素敵~

向日葵の花びらつき、花びらなし・・こんな風に同じ花でも変化がつけられるのね。

いいなぁ~。今度はお正月花かな?
また楽しみにしてま~す。

マリーさん こちらにもありがとう。

>本格的な写真は花の美しさもはっきりと映ってる~。
ほんとにカメラマンの腕がいいので
お花の美しさが最高に出るように撮っていただいてます,毎回。

>向日葵の花びらつき、花びらなし・・こんな風に同じ花でも変化がつけられるのね。
向日葵は実は花弁が落ちかけているのが多かったので
苦肉の策で全部取っちゃったのがきっかけなんですが
花芯だけの向日葵って,秋の風情があってまた違う趣が出ました。

お正月の前に週末に今年のクリスマスのお花を活けます。
今年は実際に火を灯したキャンドルを使ってみようかと計画中。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/43282469

この記事へのトラックバック一覧です: 活け花あれこれⅡ:

« 黄色い星の子供たち | トップページ | ミスター・ノーバディ »