MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の記事

2011年10月30日 (日)

八日目の蟬

A0037414_23364736
優しかったお母さんは
私を誘拐した人でした。

先に原作を読んでいた…やりきれないほどに重く哀しく,それなのに心を惹き付けられてやまない物語。母性を持っている私たち女性にとってこの作品は,やはり心深く訴えられるものがあるのかもしれない。

008
不実な愛人の秋山との子供を堕胎したことが原因で,不妊となってしまったヒロインの野々宮希和子。同時期に夫の子を身籠っていた秋山の妻から,「子供を堕ろしたあんたなんか,空っぽのがらんどう」と侮辱された彼女は,秋山夫婦の赤ちゃんを一目見たさに留守宅に忍び込み,衝動的に赤ん坊を誘拐してしまう。希和子は子供に「薫」と名付け,自分の子供として育てながら4年間の逃避行を続けるのだけれど・・・・。

Sub1_large
愛人に捨てられ,その妻に罵倒され,不妊の哀しみを抱えて罪を犯した希和子・・・実の両親の「敵」とも言える人間を母と慕って4歳まで育てられたのちに唐突に両親のもとに返された恵理菜(薫)・・・・そしてこの世で一番憎い女に幼少期を育てられた我が子との関係構築に苦しむ秋山の妻…

それぞれの「抱えた」というか「与え合った」とも言える心の傷は,どれも癒されようもないくらい複雑で深い。特に希和子と成長した恵理菜の心情は,原作に詳しく綴られていて,どうしようもなくやるせない思いになる。

Osk201107040008
逃亡劇のさなか,希和子が味わい続けた不安と願い・・・それは「一日でも多くこの子の母として生きられますように」というものだった。誘拐という彼女の犯した犯罪は,もちろん弁護の余地のないものであるのに,エンジェルホームや小豆島で「薫」の母として懸命に生きる彼女や,屈託なく彼女を慕う「薫」の姿を見ると,ついつい「このまま逃げ切って・・・」という気持ちが起こってくる。

別れを覚悟して島の写真館で親子の写真を撮るシーンや,フェリーでの希和子と薫の別れのシーンは,永作博美さんの名演のせいでもあるけれど,泣けて泣けて・・・・。
Semi2

誘拐犯の元から返ってきた我が子を迎える父母と,それまで母と思っていた人や慣れ親しんだ世界から突然引き離された子供が,新しく築く家庭の難しさ・・・・

特に誘拐犯が夫の愛人だったなんて,実の母親からすれば,どんなにか苦しかっただろうし,なかなか自分になつこうとしない我が子や「諸悪の元凶の」夫に,ヒステリックな怒りをぶつけたくもなるだろう。

家族の誰もがお互いにわだかまりを抱き,心から打ち解けることも甘えることもできなかったに違いない。元通りになるにはあまりにも深い痛手を希和子はこの家庭に与えたわけだけど,元はと言えばやはり愛人を作った夫が一番悪いのかもしれない。
Sub2_large
そんな家庭で少女期から育った恵理菜(井上真央)は,実の母の苦しみやいらだちに自分が責められているかのような思いを抱き,希和子への過去の慕情を,憎しみや無関心に変換して封印することで,自分を保つようになったのだろうか。

誰にも心を開かず誰にも真意を言わず・・・,そんな恵理菜が自分も妻子のある男性との子供を産もうと決心し「母」になるために過去とちゃんと向き合おうとするところから,少しずつ「再生」への光が差してくる・・・・。
O06400440maomao64_large_nocopy

同じくエンジェルホームで育ったためにトラウマを抱えている千草(小池栄子=彼女の演技も素晴らしい!)と一緒に向かうホーム跡や小豆島。蘇る幼少期の思い出と,母と慕っていた希和子の顔や仕草の数々。原作には書かれてない島の写真館でのエピソードが感動的だった。封印していた心を解き放ち,両親や希和子への思いを素直に口に出せた恵理菜の姿に,かすかな救いや癒しの光を感じることができた。

E585abe697a5e79baee381aee89d89e3808
八日目の蟬…印象的なタイトルである。

仲間と一緒に七日目に死ぬことが叶わず,生き残ってしまった孤独な蟬。つまり,何らかの理由で,世間から逸脱してしまった哀しみを持つ存在。それでも,「八日目の蟬は,確かに哀しいけれど,他の蝉が見れなかったものが見れる,そしてそれは,そんなに悪いものではないかもしれない」という言葉に,トラウマや孤独の中でも,しっかりと生きていこうとする女性の強さのようなものを見たような気がした。哀しみや弱さを抱えつつも,やはり「生む」性ゆえのしなやかな強さなのだろうか。

2011年10月17日 (月)

再会の食卓


Photo_2
設定も舞台もまったく違うのに,なぜかテニスン作のイノック・アーデンを少し思い出した・・・何年かぶりに夫が帰郷を果たしてみたら,妻は他の男性と幸せな家庭を築いていた,というところが被ったのか?戦争で台湾に渡った夫と生き別れ,上海で新しい夫や家族と平穏に暮らしていた妻の元に,40年以上の時を経て、元夫が帰ってくる物語。中国の歴史には疎いけれど,こんな風に長い年月,中国と台湾に引き裂かれた夫婦や家族がいたんだ,とまず驚いた。

祖国を捨てて台湾人となった国民党兵士たちの望郷の念と,台湾で築いた新たな生活や絆の数々・・・祖国の地を踏んだ時の感慨はどんなものだったのだろう・・・そしてこの物語のように,残してきた家族が妻子であって,今は新しい夫と幸せに暮らしていたとしたら?帰郷した元夫の気持ち,妻の気持ち,そして現夫や子供たちの気持ち・・・そのどれもが私にはちょっと想像がつかないまま物語がスタートした。

003
生き別れた夫の燕生(イェンション)と,上海で慎ましく新家庭を営んでいた妻の玉娥(ユィアー)と現在の夫の善民(シャンミン)。長男の建国(ジュングオ)は生き別れたときに玉娥のお腹に宿っていた燕生の息子である。

そのほかに現夫との二人の娘とその婿,孫娘・・・・登場人物の誰もが,燕生の帰郷に関して一方ならぬ複雑な思いを抱えつつも,最初の顔合わせの食卓では一応和やかに歓迎の意を表する。

Mv5bmtm2nzezndi5mv5bml5banbnxkftz_2
「台湾の妻が死んだからお母さんを思い出して帰ってきたんでしょ?今更なによ・・・」と警戒する現夫との娘たちと,「あの人と自分は何の関係もない」と実の父を頑なに黙殺する長男。「償いとしてお金を」という娘婿。唯一飄々とした中立の立場を取ることのできるドライな孫娘。

そして,新婚の一年間しか一緒に過ごしていないにも関わらず,心の中では何十年も元夫だけを深く愛し続けていた玉娥と,その妻を台湾に連れ帰りたいという願いを持っている燕生。
Tuanyuan556702limagine

観ていて一番気になった現在の夫,善民の気持ち。
この現夫がまた,「善民」という名前がまことにぴったりな,人の好さと素朴さを絵に描いたような顔立ちで,真心こめて妻の元夫をもてなす様子に,,「無理してない?」とついその表情の裏を探ろうとしてしまった。

「玉娥を台湾に連れ帰らせてくれ,彼女も同意している」と燕生から打ち明けられた時も,彼は少しも異を唱えることなく快く承諾した。家族会議で娘たちから非難と反対を受けたときも「母さんの好きにさせてやれ,母さんは苦労してきたから幸せになってほしい」という善民があまりにもいい人過ぎて,その不自然なまでの上機嫌ぶりも,やっぱり「無理してるんだろうな・・・この人」としか見えなくて切ない。
Tuanyuan857196limagine
離婚するために一張羅で役場に赴いた善民と玉娥。しかし事実婚だった二人は,離婚するにはまず結婚した証拠の結婚証明書がなくては無理,と言われ、夫婦はその足で結婚写真をとりに行く羽目に。すぐに離婚する事情を知らない写真屋から「熟年結婚ですか?もっと笑って寄り添って」と要求された善民が,ぎこちなく笑顔を作る場面はほろ苦い可笑しさがあった。

元国民党員の妻をめとったために出世からも外され,血の繋がらない健国を我が子同様に育ててきた善民の真意。何十年も連れ添った妻から,「感謝はしてるけど愛はない」と言われるのは,実はどんなにかやりきれなかったと思う。妻への愛と本来の人のよさ…それにいまさら,我慢強い善人役をやめるわけにもいかないし…という思いが善民にはあったのだろうか。
Tuanyuan222496limagine
しかし,やはりいつまでも無理はできないもので,祝いの席で酒を過ごして饒舌になった善民は,「自分は貧乏くじの人生」と本音を漏らし,客と喧嘩して軽い脳梗塞で倒れてしまう。善民の本音を聞いたことと,彼が体を壊してしまったことがきっかけになって,燕生は玉娥を台湾に連れ帰ることを諦める。

あちらを立てればこちらが立たず…というやるせなさ。関係者がみな悪人ではないため,そしてそれぞれが,それまで十分苦労してきているため,誰に肩入れすることもできなくて。やはり家族を引き裂いた戦争を恨むしかないのだろうか…。

それでも、私は誰か一人選べと言われれば,やはり,何十年も連れ添った妻に去られそうになった善民に一番肩入れしたくなると思う。彼が燕生を歓待し,去ろうとする妻を引き留めたり,恩を売ったりしなかったから,余計に不憫で。

002
しかし,燕生が単身で台湾に戻る日,埠頭で名残を惜しむ玉娥の涙と,「もう二度と会えないかも・・・。」「体には気をつけて長生きするんだよ。」と互いに言い交わす台詞には,やはり胸が詰まった。この元夫婦にも,言葉に表せないほどの未練や辛い想いがあったにちがいない。残された歳月はもう長くない,晩年くらいは愛する人と暮らしたいと願う玉娥の気持ちも痛いほどよくわかる。それでも善民や娘たちを残して去れば,それはそれで彼女は自責の念に責められたのではないだろうか。「早くお帰り。」と振り向きながら手を振って船に向かって歩き出す燕生とそんな彼をじっと見送る玉娥の表情が切ない。

考えてみれば,非常に重い話なのに,淡々とした語り口と,最後まで三人の間では修羅場も責め合いもなかったせいか,観賞後の後味は優しかった。歴史に翻弄された中国の人々の,それゆえの忍耐強さや芯の強さをも改めて感じた作品だ。

2011年10月 1日 (土)

サンクタム

Sanctumposter
3Dは苦手で避けてきた私が,この作品の3Dは観やすかった。脱出パニックムービーとしては,予想していたよりやや重い後味が残るが,なかなか面白かった。

サンクタムとは,聖域という意味だそうで,この場合は南太平洋の孤島の前人未到の地下洞窟のこと。巨大ハリケーンの影響で洞窟の入り口が塞がれた探検隊たちの,脱出路を探して繰り広げるサバイバルストーリーである。観に行った日がちょうど台風が地元に上陸していた日で,映画館の外は暴風雨だった。(だってその日しか休みがなかったから)

あまり有名俳優さんは出ていない。私は探検隊のスポンサー役のヨアン・グリフィズしか知らなかった。キング・アーサーのランスロット役で好きな俳優さんだが,この作品ではどっちかというと悪役っぽくて残念・・・・。その他の俳優さんはみな主役級でも無名で,あえて感情移入をしにくくしてあったのかな?

Sanctummovie8
地底洞窟の映像は神秘的で美しく,その閉塞感や緊張感も臨場感たっぷりで,観ているこちらも息苦しくなる。閉所恐怖症の方はちょっときついかも。洞窟に閉じ込められて溺死を待つわけにはいかない隊員たちは,ロッククライミングとダイビングの高度な技術を駆使して,海へ抜ける道を死に物狂いで模索する。

海難事故等のサバイバルムービーとしては,有名なポセイドン・アドベンチャーなどを思い起こしつつ観たのだけれど,なんだろう・・・・「ポセイドン~」が終盤に近付くにつれてどんどん気持ちが高揚してきてラストには感動があったのに比べると,この作品って,後半になればなるほど気が滅入ってしまったのは…私だけだろうか?ストーリーは面白くて飽きなかったけれどさ。

Sanctumphoto
豪華客船の転覆事故のような不可抗力の事態と違って,わざわざ危険を冒しにあんな危ないところに無謀にも行くからだ~,とか,ハリケーンの接近って事前にわからんかったのか~?とか・・・・。それに唯一頼りになるリーダー格のフランクが,息子をはじめとする他のメンバーからけっこう反抗されていたり,とか。そうそう,洞窟内で起こるアクシデントの数々は,リーダーのアドバイスを無視した勝手な行動の結果ばっかりだし・・・・。

先の見えない恐怖とタイムリミットの中,一瞬の判断ミスが生死にかかわるって,怖い事だ。自分の判断を信じるか,素直にリーダーに従うか・・・・そのリーダーがまた,時には辛辣で容赦のない判断を下すものだからなおさら・・・・・。いやはや,メンバーたちの葛藤やストレス,恐怖はよく想像できた。それと,大自然の力にはどうやっても人間は敵わないこともあるんだってことも。助かる見込みのない相手を安楽死させるシーンは切なかった。

観終わって・・・・重いけど面白かったし,考えさせられるものもあったような。しかし,洞窟には行きたくないなぁ・・・・もともとそんな趣味はなかったけど。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »