MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« イースト/ウェスト 遥かなる祖国 | トップページ | サンクタム »

2011年9月20日 (火)

悪魔を見た

1
箪笥」や「甘い人生」「グッド・バッド・ウィアード」のキム・ジウン監督作品。そしてイ・ビョンホンチェ・ミンシクが主演と聞けば,どんなにグロい壮絶な復讐劇でもやはり観たくなる・・・・。しかし予想をはるかに凌駕する残酷映像のオンパレードで,(甘い人生の十倍くらい)これは劇場で観なくてよかったな,と。DVDなのでところどころ早回ししたり音を消したりしながら,それでも最後まで観た。
Cap006
自分の子供を妊娠していた最愛の恋人を,猟奇殺人鬼ギョンチョル(チェ・ミンシク)に惨殺された捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)の壮絶な復讐譚。比較的シンプルなストーリー展開の中で,なんといっても見どころは,殺人鬼を演じたチェ・ミンシクの卓越した演技力。(もちろんビョンホンも負けてはいないけれど)。親切なクムジャさんでも,彼は血も涙もない殺人鬼を演じたが,今回の役はそれをもっと上回っていた。
Cap005
良心などひとかけらも持ち合わせていない,まさに「悪魔の生まれ変わり」としか言いようのないギョンチョルの不気味さと憎々しさ。一見平静に見える時の彼もまた,ふてぶてしくて気持ちが悪いのだけど,獲物に向かって突如牙をむくときの彼の恐ろしさといったら・・・・。彼の手中に陥ったら最後,助かる望みなど皆無ではないか・・・そんな戦慄すべき「絶対悪」を見事に体現しているモンスターキャラだった。よくここまでなりきれるもんだ・・・,驚愕。
Cap014
そしてそんな彼に,単身で復讐に挑むスヒョン。こちらもまた,冷徹な復讐の鬼と化し,ギョンチョルを追い詰めては重傷を負わせ,それでも決して息の根を一気には止めずに再び相手を野に放つ,ということを繰り返す。ギョンチョルの仲間の殺人鬼の言葉を借りれば,「狩りと同じ。痛めつけては逃がし,再び追い詰めてはさらに痛めつけて獲物をいたぶる。」ようなやり方だ。

「覚悟しておけ,だんだん残酷になるぞ。」とギョンチョルの耳元でささやくスヒョンの表情にはすでに静かな狂気が滲んでいる。
Cap037
一息に殺すのは惜しい・・・恋人が死の間際に味わったものと同じ恐怖や苦しみに悶えさせながら殺してやりたい・・・・その執念に取りつかれるスヒョンと,「面白くなってきたじゃねえか」とばかりに,スヒョンの挑戦を受けて立つ不敵なギョンチョル。この二人の血みどろの一騎打ちは,途中にあわれな巻き添えの死者を出しながらも,延々と続く・・・・。

Cap016
とにかく誰がいきなり死ぬかわからないし,凄惨な殺戮シーンも予告なしに全開されるし,ハリウッドや日本の映画ではお約束のように「助かる」はずのキャラクターもバンバン殺されてしまう・・・韓国映画の,とくに犯罪ものや復讐ものの,容赦ない世界には,タブーなどという生易しいものは存在しない。その,地獄の底までも行ってしまう容赦なさも結構好きな私だけれど,さすがにこの作品は・・・いやはやかなり疲れました。

Cap031
ギョンチョルが拉致した女性被害者を、生きたまま切断する残酷シーンは,精神的にはもっとも目を覆いたくなる場面だけれど,ギリギリまで見せつつも肝心のシーンはさっと切り替えてくれることが多かったので,まだ観れた。しかしスヒョンがギョンチョルを痛めつけるシーンはあまりカットがなく,リアルに焼いたり切ったり突き刺したり・・・という場面を見せられるので,心臓の弱い人やバイオレンス描写が苦手な人には非常にキツイと思う。

この監督さんの作品のイ・ビョンホンは,甘い人生などもそうだったけど,精悍で美しい。痛みや哀しみを内に秘めた「手負いの一匹狼」のような悲壮感の漂うキャラである。

Cap019
恋人の死に直面したときの手放しで嘆き悲しむ表情,ギョンチョルと初めて対面した時の憎しみの表情,そして鉄の意志を持って復讐を遂げていくときの,瞳の奥に暗く冷たい炎が燃えているような表情・・・ビョンホンの演技が素晴らしい。生来は善人であったはずの彼が,深い憎しみを持ってギョンチョルと対決することにより,次第にギョンチョルに負けないほどの「悪魔」へと変貌していくのだ。

悪魔と互角に渡り合うには
自らも悪魔になる必要があるのかもしれない。

Cap028
しかし,その闘いに終わりは来るのか…救いは,達成感はあるのか?どんなに痛めつけようと「俺は苦しみなんて感じないんだ。」とうそぶくギョンチョルに対して,最後にスヒョンが取った究極の選択。そしてすべてが終わったあとの,スヒョンのラストシーンの声なき慟哭。

観客の我々もまた,冒頭にスヒョンの怒りや悲しみに強烈に感情移入させられるため,彼とともに,どんどん「悪魔」の心境になっていく・・・人間の心の闇をたっぷりと見せつけられる恐ろしい作品である。残酷描写が苦手でなければ,お勧めの作品。

« イースト/ウェスト 遥かなる祖国 | トップページ | サンクタム »

映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
このラストは、さすがに読めませんでした。
これをやったら、
もうどちらが「悪魔」か…。
ななさんは『チェイサー』と『オールドボーイ』ですか…。
ぼくは『チェイサー』は同じですが、『殺人の追憶』の方ですね。
拙ブログにも書いたのですが、
『息もできない』はご覧になりましたか?
これは、最近の韓国映画のベスト。
絶対のおススメです。
そういえば、『チェイサー』の監督の新作、
ようやく日本公開です。
タイトルからしてスゴイ。
『美しき獣』です。

えいさん こんばんは!

>これをやったら、
>もうどちらが「悪魔」か…。
ほんと,そうですね。
スヒョンのあの最後の「奥の手」は
ギョンチョルの悪行よりも計算しつくされてて
なおかつ冷血非道なものですよね・・・・。
二人の悪魔の対決・・・それも普通の人間が
生来の悪魔を凌駕する悪魔へと変貌していくさまは
鳥肌のたつものがありました。

「殺人の追憶」もいいですね!
あのラストのなんともいえない虚しさや哀しさ。
「息もできない」も忘れられない作品です。
「母なる証明」もね・・・。

「チェイサー」の監督さんの新作出ましたか~
ぜひ観たいものです!


(^_^;)いやはや この映画 怖そうですね。韓国映画て かなり 残酷なシ~ン ここまでやるの~日本では考えられない 恐ろしさがありますね
この映画も怖さで身悶えしそうですね

ニャ~さん こんばんは!

韓国映画の残酷描写や救いのなさは
けっこう見慣れていたつもりなんですが
この作品は残酷の度合いと頻度が群を抜いています。
だから誰にでもはおすすめできないの~

私はハリウッドの残酷もの(スプラッターとか拷問ものとか)は
全く観れないんですよね。ゴーストものは平気だけど。
でも韓国ものなら拷問もスプラッターも観ちゃいます。
韓国ものって単なる猟奇だけが目的じゃなくて
テーマが深いものが多いからと役者の演技が凄いからかな・・・。

こんばんは!
これね・・・すごい映画でしたね〜(>_<)
残酷描写、ハンパなく。。
しかしコミカルなところもあって笑えたり。
ギョンチョルの、とことん鬼畜な殺人鬼としてブレないところが
よかったです。

韓国映画といえば、最近観たウォンビンの『アジョシ』もすごかったですよー!

kenkoさん こんにちは~~

凄いですよね・・・作品を重ねるごとに
韓国映画の残酷さってどんどん加速しているような気も。

>ギョンチョルの、とことん鬼畜な殺人鬼としてブレないところが
>よかったです。
そうなんですよね,あそこまで完全に鬼畜だと
いっそ清々しかったりしました。
いやはや,ダークナイトのジョーカーみたいで。
「アジョシ」ご覧になったの~?いいなぁ。
私もぜひ劇場で観たいけど
スケジュールの関係でちょっと無理かも・・・。
ウォンビン,カッコいいみたいですよね!


ななさん、こんばんは~♪
ご無沙汰してました(^^;)

この作品って”箪笥”の監督さんだったんですね! この箪笥、かなり強烈な印象が残っていて、あの怖ろしくて、悲しくて切ない内容を思い出すと、未だに胸がざわざわします。。。

それにしても今回のビョンホンさんは、普段のイメージとはちょっと違ってましたね~。でも非情さのなかにもどこか繊細さを感じさせる微妙な印象が新鮮でした~。

りらさん,こんばんは!

>この作品って”箪笥”の監督さんだったんですね!
ですよね~~
私も「箪笥」観ましたよ~,それも劇場で。
いや~,美しくもグロイ・・・この監督さんって
血糊とかの映像が印象的よね。
残酷描写得意なのでしょうが,どこか芸術的なので
まだ私としては見れるのかもしれません。

ビョンホンさんってけっこうグロい作品も出ますけど
この作品の彼はまた格別の味を出していましたね。

こんばんは~~。
凄かったですね・・・
これ、私劇場で観て(決してグロいの強いわけではありません 汗)夢に見たよ・・・

こんなに痛みを感じる映画は初めてで。
心も身体も痛かった・・・
それでも最後まで目が離せなかった。

塾の送迎者とか、スクールバスとか安心しちゃうんだよね。絶対油断しちゃいけないってつくづく思ったわ。
楽天の方でレビュー書いててTB送れなくてゴメンなさい。

マリーさん こんばんは

先ほど旧館のマリーさんのこの作品の感想にお邪魔してきました。
コメント残せなくて残念!
で,この作品,劇場でご覧になったの~?
それはすごい・・・
私はDVDだから怖い場所は早回ししたり
途中で休憩したりしながら観れたけど
これ劇場で見せられたらかなりキツイわぁ。
最初から最後まで肩に力が入りっぱなしで観ることになりますね,これ。
そういえばこの監督の「甘い人生」も劇場で観たのだけど
ビョンホンが手の指をざっくり切られて生き埋めになるシーン
あやうく退出したくなりました。
この監督さんの表現ってほんと「痛み」がリアルなのよね~
コワいけどそれでも目が離せない・・・
役者の演技の凄さもあるのでしょうけどね。

お邪魔します~
ミンシクさん観たさにこれ鑑賞したんだけど
すごかったですね。
お家だと多少残酷物でも観ることできるんですが
さすがに劇場、大画面だと考えちゃうところ
あるよね。
最初の恋人の殺害が可哀想でね。あんなきれいな人があんな姿になっちゃうんだもの。
でもその後の方がもっとハードだったよね。
イ・ビョンホン作品は,私あまり見ていないのよね。
甘い人生もすごかったのね。
いや~~それにしてもミンシク好きって言えない
雰囲気だよね、これ観たあとは・・・笑

みみこさん こんばんは!

私もビョンホンさんもですが
ミンシクさんも見たくてレンタルしました~

>最初の恋人の殺害が可哀想でね。あんなきれいな人があんな姿になっちゃうんだもの。

ほんとにね~,もう冒頭から残酷路線まっしぐらで~
劇場だと一息つく間もなくってキツイよね。
「甘い人生」も拷問ちっくな怖い場面はありましたが
それでもこの作品に比べたら子供だましに感じちゃった。

>いや~~それにしてもミンシク好きって言えない
雰囲気だよね、これ観たあとは・・・笑

たしかに~~coldsweats01
徹頭徹尾,「悪の権化」って感じで
「親切なクムジャさん」でも鬼畜な殺人犯役だったけど
今作の彼は不気味さや邪悪さが格段にパワーアップしてましたね。

ななさん、こんにちは!
かなり期待して見たんだけれど・・・私はあんまり楽しめなかったです。
というのも、復讐の方法や計画などが、意外性を感じる処が無かったからなの。
きっと、あっと言う斬新な方法を見せてくれるんだろうと妙な期待をしちゃったのがいけなかったわ。

ビョンホンさんは、甘い人生の時の方が、キレてて格好良かった気がしたんだけれど・・・

>生きたまま切断する残酷シーンは,精神的にはもっとも目を覆いたくなる場面だけれど,ギリギリまで見せつつも肝心のシーンはさっと切り替えてくれることが多かったので,まだ観れた。

うん、うん。助かったわー。
お家だったので、なんとか見れたけど、劇場鑑賞は私にはキツかったかも・・・。

latifaさん こんばんは

ご覧になったのね~~

>復讐の方法や計画などが、意外性を感じる処が無かったからなの。
えええ~~? そうなの?すごい!
でもたしかに「オールドボーイ」や「クムジャさん」ほどの
意外性や衝撃はなかったかな?
我々も韓国ものの復讐映画にけっこう慣れきってしまったからねぇ・・・

>ビョンホンさんは、甘い人生の時の方が、キレてて格好良かった気がしたんだけれど・・・
うんうん,そりゃそうだわ~
だって若かったしね~~ムフフ。
お話としても私も「甘い人生」の方が好みかな?
これは悪くはないけど,再見したりDVD買おうとは思わなかったな。
劇場鑑賞なら,私も途中退場してたと思います。怖くて・・・。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/41838865

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔を見た:

» 『悪魔を見た』 [ラムの大通り]
悪魔を見た(英題:I Saw The Devil) ----またまた、韓国の殺人鬼ホラーだ。 この頃、韓国映画と言ったらそういったのばかりのような…。 「いや。そうとも限らないよ。 刑務所内で合唱団が結成される『ハーモニー 心をつなぐ歌』だとか、 女性兵士の奮闘を描いた『大...... [続きを読む]

» 悪魔を見た [りらの感想日記♪]
【悪魔を見た】 ★★★★ 映画(祭)(12) ストーリー ある夜、国家情報員捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)の婚約者ジュヨン(オ・サナ)が何 [続きを読む]

» 悪魔を見た [ちょっとお話]
悪魔を見た (2010  韓国) I SAW THE DEVIL 上映時間 144分 監督: キム・ジウン 脚本: パク・フンジョン 撮影: イ・モゲ 特殊メイク: クァク・テヨン 美術: チ...... [続きを読む]

» 「悪魔を見た」う〜〜ん・・・ [ポコアポコヤ 映画倉庫]
期待して見たけど、少々がっかり・・・3つ★ [続きを読む]

» 悪魔を見た [ここなつ映画レビュー]
バイオレンスシーンの凄さは他の追随を許さないほど。犯罪の異常性もまた然り。チェ・ミンシクが出ると言えば、だいたいどういう方向に行くかは判っていましたが。韓国のこういう作品を観慣れていない人には絶対受け入れられない作品だと思う。 婚約者を惨殺されたイ・ビョンホンが、復讐に立ち上がり犯人を追いつめていく展開なのだけれど、途中、追いつめているのか追いつめられているのかわからなくなるほど凄まじい犯人との応酬が見どころ。とにかく、観ていて自分が本当に痛くなるし、気... [続きを読む]

« イースト/ウェスト 遥かなる祖国 | トップページ | サンクタム »