最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« シングルマン | トップページ | 猫とぬいぐるみ »

2011年5月21日 (土)

ブラック・スワン

Wallpaper_black_swan_1
ナタリー・ポートマンが,2011年度アカデミー賞で,主演女優賞を受賞した,バレエ界が舞台の心理サスペンス作品。

あらすじ: ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトマ(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。(シネマトゥディ)

44
バレエ作品の優雅さが好きだから・・・美しいナタリーが観たいから・・・と安易に観たのだが,これ,かなりホラーが入ってる重苦しいサスペンス。まあ,私はそんなのも全然オッケーなたちだが,狂気にとらわれていくヒロインの苦しさが最初から最後までこちらにも痛いほど伝わってきて,ひきこまれると同時に,鑑賞後はぐったりと疲れてしまった。しかしナタリー凄い・・・そりゃ,オスカー獲るはずです,この非の打ちどころのないくらいの体当たりかつ渾身の名演技は。

清楚で可憐な白鳥オデッタ姫の役は完璧に踊れても,王子を誘惑する黒鳥オディールのセクシーさや邪悪さが表現できずに苦悩するニナ。彼女が清純な優等生の部分しか持たないキャラだったのは,母の影響があった。

57
元バレリーナの母エリカ(バーバラ・ハーシー)は,ニナにとって単なる「ステージママ」ではなく,もっと根深い闇を心に抱いて,娘を支配しようとする存在だ。彼女はニナを妊娠したためにバレリーナのキャリアを手放したという過去を持ち,それゆえか,ニナを盲愛しつつも,娘に対して潜在的な恨みやライバル意識を抱いているようにも感じられた。

ニナの成功を喜びながらも,自分のキャリアを奪う原因になった娘が,若い日の自分を超えることは許したくない・・・そんな病んだ愛情を娘に対して抱いているのではないかと感じた。

Blackswanmovie2
そんな母からずっと,度を過ぎた過保護と過干渉を受けて育ったニナは,性的なものや自由な意思を封じ込めて生きてきたに違いない。もともと自分がそんな面を全く持たずに生まれたかのように。しかしそんな不自然でアンバランスな生き方を強いられると,遅かれ早かれひとは必ず精神を病んでしまう。

誰の中にも,ジキルもいるしハイドもいる。
自分の中の善と悪,その両方の存在を認めつつ,折り合いをつけながら生きていくことが,健全な普通の人間の正直な生き方ではないだろうか。幼少時からのニナの自傷癖は,抑圧された彼女の精神の歪みから生じるものだったに違いない。

Blackswan011651x536
これは,そんなニナが,黒鳥の役を手に入れたことをきっかけに,想像を絶するほどの苦しみを経て,ついに母親の呪縛から脱皮し,また封印していた自己を解き放つことに成功する物語なのだろう。(なんだ,ハッピーエンドじゃないか。)

しかし,この作品の監督さん,レスラーの監督さんなので,やはり一つのことにとらわれて追い詰められていく人間心理を描かせると臨場感がすごいし,「痛い」「苦しい」シーンも多いので,ハッピーエンドの作品というよりは「うわぁ~~苦しい,痛い,怖い~~」という印象の強い作品だ。気の弱い方にはおすすめできない。ニナの妄想が…幻覚が・・・夢に出るくらい怖いです。
47
ナタリー・ポートマンが完全にバレリーナ体型になって,(ちょっと痩せすぎ?)素晴らしい踊りも披露しているし,ちょっと吃驚するような過激なシーンもある。(目のやり場に・・・)

私はこの作品,途中から「これは多重人格のお話?」と思いつつ観た。ニナと真逆のキャラクターを持ち,親友でもライバルでもあるセクシーで肉感的なリリー(ミラ・クニス)。彼女は本当に実在したのか?

彼女はニナの想像上の人物・・・もしかしたら母親によって抑圧されたニナが,自分の中の「性的なもの」「邪悪なもの」を分裂させて作り上げた架空のキャラなのではないか,そして,ニナが自分と彼女を融合させる(あるいは彼女に自分を乗っ取らせる?)ことによって,「完璧よ・・・」という舞台を実現したのではないか。最後のシーン・・・あの流血も,もしや幻覚?まあそこらへんも幾重にも解釈できるけど。
51
清純でいつも何かにおびえていたニナが呪縛を振り捨てて黒鳥に変身し(黒い羽根が生える場面は圧巻!)生まれ変わったように生き生きとダイナミックに踊るシーンには圧倒されますよ。

« シングルマン | トップページ | 猫とぬいぐるみ »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー♪

凄かったですね~^^
見応えあって引き込まれました!!
ナタリーの演技が素晴らしい^^圧巻です^^
だんだん精神が崩れていく様が怖かったわー><。

みすずさん こんばんは!

さっそくのコメントありがとうございます。
凄かったです~,いろんな意味で。
レスラーの監督さんの作品なので
バレエのお話といえども,やはり「レスラー」のような
地味さや壮絶さがあってナタリーの改造された肉体も
ミッキー・ロークのあの痛々しささえ漂う悲壮なマッチョぶりを
思い出してしまいました。
「宮廷画家ゴヤ~」でもナタリーは裸体を披露していましたが
あのときは女性らしいとても魅力的なラインだった彼女の身体が
完全なバレリーナ体型の筋肉質に改造されてて
圧倒されましたわ・・・・。プロってすごいですね。
精神が崩れていく様子は,時々正視できないほど
私にとっては怖かったですが
見ごたえありましたよね~~~

ダーレン・アフロノスキー監督の白と黒を意識させる世界が凄く巧いと思いました。
やっぱりこの監督は本当に凄い!
アカデミーも主演女優賞受賞だけなんてもったいなすぎる映画でしたよ。

にゃむばななさん こんばんは

ダーレン・アフロノスキー監督って
私の中では知名度が低かったのだけど
今回,「お見それしました!」って感じです。
ほんと,主演女優賞以外も獲れる質の高い作品ですよね。
ミッキー・ロークの時といいこのナタリーといい
主演俳優が役つくりにのめり込まずにはいられないような・・・
そんなすごい作品を撮る監督さんですよね。

そうそう、リリーが「本当に実在したのか?」ってところ、同感です。
私の解釈は、リリーという人物はいたが、
「自分の存在を脅かす存在」では決してなかった。
言ってみれば、ニナと性格が正反対だったが故の恐怖感と、
主役を演じる重圧が結びついて生まれた。
リリーは単なる一ダンサー(しかも駆け出し)
に過ぎなかったと思います。

いろいろ思うところありで面白かったと思います。

クラムさん こんにちは!

そうか!リリーは実在したけど
正反対のタイプの彼女のキャラの上に
ニナがさらに妄想を重ねていたのか!
抑圧してきた,もう一人の自我を重ねていたんですね。
なるほどそう考えると腑に落ちます。

生みの苦しみは壮絶だったけど
母の呪縛を断ち切り,不自然な抑圧から解放されて
ニナにとってはやはりハッピーエンドだったのでしょうね。

私も、ミラ・クニスのリリーは、
実は妄想の産物なんじゃないか? と思っているところです。

この話、観客に委ねているところが面白いですね。
そこが『レスラー』との共通項でした。

ななさん、こんばんは♪
6周年記事にも、温かいコメントありがとう!
これからも、よろしくお願いします(^_-)-☆

ななさん、優雅なバレエ映画を観に?(笑)優雅どころか、痛くて、苦しい映画で、大変でしたね(笑)

私は、サスペンスやスリラーが好きなので(いつも言っていますが、ホラーは×)久々に、すごいスリラー
作品観たなあと感激でした^^

ナタリーは、すっかりバレリーナ体型で、演技も
素晴らしくて、オスカーも納得でしたよね^^
ラストの黒鳥のシーンでは、ぞぞぞ~って
鳥肌が立ちました(*_*)

未だに、どれが現実でどれがニナの妄想なのか
よくわかっていない私です(笑)

なるほどー、リリーが実は存在しない、という解釈もアリですね。
現実と幻覚の区別がはっきりしないだけに、いろいろ解釈できておもしろいですねぇ。。。
いっそ、ラストの流血すらも幻覚であってくれたらなぁ。

黒鳥に変身するシーンは圧巻でした。
もっと観たかったような、あの一瞬でじゅうぶんなような。

rose_chocolatさん こんばんは

リリーのキャラは,ニナにとって
これまで彼女が封印してきた「奔放」「性的」「狡猾」などの面を
如実に体現しているキャラに見えましたが
あまりにもはっきりしすぎて,これはニナの妄想の加味されたキャラかなぁと・・・。

はっきりと説明をせず,観客に解釈をゆだねたあたりは
消化不良の気味もあるのですが,やはりその方が深みがありますよね。

ひろちゃん,こんばんは!

ん~~,サイコっぽい作品だろうなぁとは
予告を見て予想してたんですが
レスラーの監督さんとは
勉強不足でした。
冒頭から,なんでこんなに重苦しいんだぁ~~!とか
勝手に思ってましたが,レスラーの監督さん作品なら
このテイストはわかります・・・。

まあ,ナタリーの演技といい
テーマの深淵さといい,一流の作品ですよね。
ナタリーは子役時代の「レオン」での演技も圧倒でしたが
やはり才能なんでしょうね,非の打ちどころのない大女優さんに成長しましたよね。

kenkoさん こんばんは!

その後,いかがお過ごしですか。
この作品,よかったですね。
ラストのシーンですが,あの流血も幻覚だと
私的には思ってますです。
あのシーンでニナは優等生のみの面の自分を葬ったのでは?と。
その象徴としての白鳥部分のニナの死が必要だったのかな~と。
だから今後のニナは,母の呪縛におびえることもなく
本来の自分を出しながらバレリーナとして大成していくのかな,と
私はそんな風にとらえたいです・・・。間違ってるかもしれませんが。

こんにちは♪
あのお母さんとの関係いろいろありそうですよね。
娘の前で妊娠したからキャリアを手放したというようなこと話すのって娘としてはやっぱり重荷ですよ。
後悔していないといわれても、目が言っていない感じ…笑
妬みは絶対あったでしょうね。
だからこそ、娘は母親から逃れたいという気持ちも人一倍あっただろうし。
痛くて怖くて、息苦しい・・・それでいて
美しい場面(バレエ)も沢山あって
見ごたえのある作品に仕上がっていましたよね。

みみこさん こんばんは

ニナと母との関係は根深い問題がありますよね。
あのお母さん・・・自室に過去の栄光の写真もいっぱい貼ってたし
自分が夢を達成できなかったのを
もしかしたら才能のせいかもしれないのに
ニナを妊娠したから・・・って言い訳に逃げていたような気も。

>娘の前で妊娠したからキャリアを手放したというようなこと話すのって娘としてはやっぱり重荷ですよ。
それをことあるごとに言い続けられてきたら
娘も母親の支配を受け入れるしかなくなるよねぇ。

途中はすごく苦しかったけど,結局はニナが母の呪縛から逃げられて
そういう意味では解放感がありました。
それまでの閉塞感が凄かったから余計に・・ね。

ななさん、こんばんは。
最初から最後まで痛い、苦しいの連続でしたね。二ナの不安定な精神のせいか私まで「落ちつきなく」ラストまで観終えた気がします。
ナタリーの泣きの演技大好きです。あんなに綺麗に、感情豊かに泣く彼女に惚れちゃいます(*^-^)

┐('~`;)┌
思っていたより 心理的にずんずんきた 怖い映画でした。昔カトリーヌ・ドヌーブ主演の「反撥」を思いだしましたね。
彼女と母親との リレーションシップのとり形が 彼女をどんどん 蝕んでいったんだろうなと思いましたね。 ニナの部屋を見た時に ぬいぐるみがたくさんあり 成熟した女性とは 思えない稚拙な部屋に この二人の親子関係がどんなのか垣間見えて 怖くなりましたね。

applesamさん こんばんは

こちら,ご覧になりましたか?
ニナの痛さや苦しさがこちらにもビシビシと伝わってくるような
そんなナタリーの名演技でしたよね。
彼女の泣き顔は確かにどの作品でも女の私から見ても魅力的で
痛々しいシーンでもつい見惚れてしまいますよね。
大好きな女優さんの一人です。

ニャ~さん こんばんは!

予想以上の重い物語で,ちょっと胸焼け気味になりましたが
こういうテーマってけっこう好きです・・・

>彼女と母親との リレーションシップのとり形が 彼女をどんどん 蝕んでいったんだろうな・・・
母と娘って互いにすごく精神面で影響を与え合うし
自分の母にどう扱われたかって
その後の人生でもずっと引きずるものだと個人的には思っています。
そうそう,ニナのあの部屋のぬいぐるみやファンシーグッズ・・・
大人になれない,自立させてもらえない彼女の苦しさを現していましたね。

TBありがとさんです。
何ですが、ほんとに消えちゃったんですよ。
途中まではしっかり健在だったんですが、謎です。
結構力入れて書いたんですがね・・。でも、どんなこと書いたのか、ちょっと失念。
わたしが感じたのは、バレエリーナにとって、「白鳥の湖」は、定番中の定番で、一人の人間が二つのキャラを演じ分ける面白さと複雑さが醍醐味であって、あれほどまでに修練を積んだバレエリーナが、自信を持てないってのはありなのかな?と。
大いなる自信と、自分をいかに見せるかがバレエにとってもっとも大事なことで、それを持ててなかった時点で、ニナは負けてたな。。。と感じました。
そこからの脱出こそが映画の一番言いたかったことなら、いいのか・・・。
なんて風に、あまり肯定的に書かなかったので黒鳥に呪われました。

ななさん、こんにちは!

抑圧された精神が、あるきっかけにより暴発する。
確かに観終わった後、疲れた映画でした。
それだけ物語に引き込まれる力を持った作品だったのでしょうね。
誰でもニナ的なところはあった、それを押し殺して蓋をしちゃっている部分はあって、それをさらけ出させられると何か、開放感とともに禁忌を破ったような感じも感じました。

sakuraiさん こんばんは

消えちゃったのはほんとに不思議ですね。
よく書かなかったから黒鳥に呪われた・・・ってcoldsweats01
しかしそんなパワーもあるんじゃ?と思いたくなるほど
「黒鳥」=「邪悪」っぽくって迫力ありましたね。
ニナにとってふた役を演じ分けることは
自信のない自分からの脱皮,
新たな自分に生まれ変わることだったのでしょうね。

はらやんさん こんばんは

そうですね,この物語の
ニナの解放に共感することで
誰しも自分の中の抑圧された自我を解き放つ爽快感を
感じることができるのかもしれません。
だからこそ爽快感と一緒に疲れも感じましたよね~
どっぷり鑑賞するには
ある程度の気合と体力が要りそうな作品です。

ななさん

こちらにもおじゃま致しました(^_^)

久しぶりに興奮した映画でした。ナタリー・ポートマンは素晴らしい、女優になりました。「ブ−リン家の姉妹」を観た時もナタリーの演技とストーリーに引き込まれ、映画を観て、すぐ本を買いました。「レオン」の時代から立派にアカデミー女優に成長しました。横道にそれる事もなく、私の世代だとジョディ・フォスターとかぶります。
順調満帆&美貌と才能に恵まれた、ナタリーが、もがき苦しむブラックスワンに挑む姿は、スクリーンからナタリーの息遣いまで感じる程でした。
ナタリーの代表作になりました。
ラストシーンは、ななさんの言われるようにいろんな想像が出来ますね。
私は、あのあと病院のベッドで目が覚める彼女には身体の何処にも傷痕も出血もなく、ただの失神状態で運ばれた事に気付くのだかベッドの横で刑事が立っている。
そんなENDを想像しました。
どんなラストでも、あのままナタリーが亡くなってしまうENDにはしたくなかったから、 、 、(..)

NONNONさん こんばんは

こちらにコメントありがとうございます。
ナタリーは子役の時から輝いていましたね。
>横道にそれる事もなく、私の世代だとジョディ・フォスターとかぶります。
そうそう,ジョディもナタリーも
美貌もですが確かIQもかなり高いと聞いています。
才色兼備だけでなく努力家なのでしょう。
そんなナタリーは確かにこの作品のニナと被ります。
私は彼女の演技もですが
この役に合わせて見事に肉体改造していたのに感嘆しました。
いや~~,役者さんのプロ根性の凄さを見た感じですね。
ラストはやはりニナは死んではないと願っています。

出遅れてすいませんcoldsweats01
ごく少数だとは思いますが、こういうお母さん、実際にいそうですよね。特に芸事の世界では・・・わたしとしてはスティーブン・キングの『キャリー』なども思い出したりしてました

ミラ・ニクスは『ザ・ウォーカー』でそれなりに清純派な役を演じていたのを観たことがあります。またナタリーも先日見た『マイティ・ソー』では黒でも白ない、等身大の女の子をかわいらしく演じてました
やはり才能のある女優さんというのは自分の中にいくつもの「顔」を持っているのだな・・・と思いましたよん

SGAさん こんばんは
一度目のコメントが反映されなかったようで相済みません。
最近ますます暑いですが,体調はいかがですか?

>ごく少数だとは思いますが、こういうお母さん、実際にいそうですよね
いますいます・・・自分の子供を所有物と勘違いして
自分の夢を押し付けたりする・・・たしかに芸術の世界の
ステージママなんか・・・・。
子供は悲劇ですよね。でも
この物語のように,それを乗り越えていける場合は
途中は泥沼っぽいエグさがありましたが,やはり
ラストは爽快ですよね。

>才能のある女優さんというのは自分の中にいくつもの「顔」を持っているのだな・・・と思いましたよん
二重人格っぽい役が演じきれるようになると
「名優」だと思います。
男優さんも,エドワード・ノートンとかジョニデとか
二重人格の役を成功させてますものね。

ななさんこんばんわ。ものすんごいご無沙汰しておりました^^;

遅れ馳せながらのDVD鑑賞となりましたが、なんだか面白いというよりは全体的に凄味のある作品のように思えましたね。ニナがどんどんと追い詰められていく姿と華麗なバレエとを迫真の演技で両立させたナタリーの演技、そして官能と狂気を織り交ぜたストーリーも不気味さが際立ってたとはいえ、演出が妙に芸術的でもあり、そこもまた見入っちゃった理由の1つかな~と思いました。

ニナのような表現者の苦悩と言うのは一般人には到底理解できない部分もあるのかもしれませんけど、それでも自身の身を削るような思いで培った演技というのはやはり感動を誘うものがありますね。白鳥の湖は無知なのでハードル高い印象もありましたけど、観終わってみたら全然問題ありませんでした。

メビウスさん こんばんは

こちらこそすごいご無沙汰~ 
お越しいただいて嬉しいです。

DVDでご覧になったのですね。
確かに凄味のある作品でした。
身を削る・・・という表現がまさにぴったりの
芸術家の「生みの苦しみ」の壮絶さを
じっくりたっぷり見せてくれた作品でしたね。
作品中に色濃く漂っていた「官能と狂気」も
なかなか半端じゃない作品で
バレエのトレーニングももちろんですが
主演のナタリーの半端ないほどの身体を張った演技に
圧倒されました。
感動した~というよりも「凄い作品・・・」という感じかなぁ。

なな様 お久しぶりです

ブラックスワン見ました。

ナタリー演じる ソリストは 母の期待に答えようとライバルに負けまいと そして カッセル演じた 指導者の指摘があった「白鳥だけなら合格だが、黒鳥が表現できていない」といわれ、さらに自分を練習に追い込んで 精神状態が不安定に なっていきましたね。それが いかに こわいことか 知りました。
 
 昔 70年代 作家の三島由紀夫や川端康成は 作品を極めようと日々 構想を練っていましたが あまりに "日本の美"が なんなのか?とか、 "完璧さ" を極めようと 考えすぎたために 割腹自殺や ガス自殺しました。 詰めすぎると一般の精神感覚がなくなってしまうんですよ。
 この ブラックスワンにしても それと同様 精神がまともじゃなくなっていく様子が こわかったです。

zebraさん いつもありがとうございます。

ブラック・スワン,DVDリリースされていましたね。
>詰めすぎると一般の精神感覚がなくなってしまうんですよ。
確かにそうですね・・・。
それも人によると思いますが
芸術肌の人や才能に恵まれすぎた人や
完璧主義の人などは気をつけなければいけませんね。
その道を極めても体や精神を壊してしまっては本末転倒かも。
でも偉大な芸術家はランボーとかゴッホとか
みなさんわが身を傷つけてまでのめり込むことはよくありますね。
その代償といっちゃなんですが,後世に残した作品も素晴らしくはあるのですが。

・・・・凡人でよかったな,自分は。

ななさん、あけましておめでとうございます!
ご無沙汰しておりましたー。

ナタリー、凄かったですねー。
想像以上の演技ですさまじかった。
ニナがこんなふうになったのも母親が元凶だと思いますね。
全編痛いシーンが多くても、見入ってました。
みたあと、お正月なのに変な夢みましたよ、わたし。笑
今年もよろしくお願いいたします♥

アイマックさん~~久しぶりで嬉しい!

更新しばらく止まってたからさびしかったよ~~
で,今年もよろしくお願いいたします!

この作品,ベストに選んでいるブロガーさん多くって
やっぱり一見の価値のある作品ですよね。
痛いし,凄い・・・作品なんだけど
ナタリーの演技を観るだけでも値打ちあるわ。

>みたあと、お正月なのに変な夢みましたよ、わたし。
そうか~~,それだけ潜在意識に残っちゃったのかもね。
影響力のある作品だよね。

お互い更新速度落ちたけど
今年もがんばっていこうね~~~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/40041393

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・スワン:

» ブラック・スワン [みすずりんりん放送局]
 『ブラック・スワン』を観た。  【ストーリー】  ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。  ...... [続きを読む]

» 『ブラック・スワン』 [こねたみっくす]
白鳥と黒鳥。完璧なまでに計算された白と黒を意識させる世界。 第83回アカデミー賞は主演女優賞だけでなく、作品賞も監督賞もこの映画が取るべきだったのではないか!と思わせる、 ... [続きを読む]

» 「ブラックスワン」 [Con Gas, Sin Hielo]
栽培された優等生の憂鬱。 「子役はグレる」ってのは一つのステレオタイプのようなもので。わが国では「パッとしない」くらいで済むが、あちらハリウッドは半端なくて薬物やら中絶やら、時には若くして命まで落としてしまう人もいるから怖い。 そんな中で、着々とキャ...... [続きを読む]

» 『ブラック・スワン』 (2010) / アメリカ [Nice One!!]
原題: BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン 、ヴァンサン・カッセル 、ミラ・クニス 、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー 公式サイトはこちら。 公開日に行きたかったんですけどねえ・・・。 風邪引いちゃいま...... [続きを読む]

» ★ブラック・スワン(2010)★ [Cinema Collection 2]
BLACK SWAN 純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 映時間 108分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/05/11 ジャンル サスペンス/ドラマ 映倫 R15+ 【解説】   「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロ...... [続きを読む]

» ブラック・スワン [C note]
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督。 予告篇から想像するに、バレエの世界 [続きを読む]

» ブラック・スワン [ちょっとお話]
ブラック・スワン   (2010  アメリカ) BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 製作: マイク・メダヴォイ アーノルド・W・メッサー ブライアン・オリヴァー スコ...... [続きを読む]

» 映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...... [続きを読む]

» ブラック・スワン [Akira's VOICE]
飛びます,舞います!   [続きを読む]

» ブラック・スワン [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ... [続きを読む]

» 「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 [はらやんの映画徒然草]
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす [続きを読む]

» 『ブラック・スワン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダ...... [続きを読む]

» ブラック・スワン / Black swan [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click まさにこのバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」「...... [続きを読む]

» ブラック・スワン [迷宮映画館]
母と娘の葛藤、バレエよりもこっちがメインの愛憎物語だった。 [続きを読む]

» 「ブラック・スワン」 [或る日の出来事]
これは、すごいものを観た。 [続きを読む]

» ■映画『ブラック・スワン』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対悪、秀才... [続きを読む]

» ブラック・スワン [こんな映画見ました〜]
『ブラック・スワン』---BLACK SWAN---2010年(アメリカ)監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリ...... [続きを読む]

» ダンスをうまく踊りたい ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』 [SGA屋物語紹介所]
またしてもアカデミー作品賞ノミネート作品の記事です。ノミネートされたタイトル、ど [続きを読む]

» 『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...... [続きを読む]

» 映画:ブラック・スワン [よしなしごと]
 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。... [続きを読む]

» 映画『ブラック・スワン』〜アカデミー賞受賞作品を観て [kintyres Diary 新館]
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジョン・...... [続きを読む]

» 【DVD】ブラック・スワン [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ダーレン・アロノフスキー 【出演】ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー 【公開日】2011/5.11 【製作】アメリカ 【ス...... [続きを読む]

» 「ブラック・スワン」(BLACK SWAN) [シネマ・ワンダーランド]
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台に、新プリマの座をめぐり、バレエ一筋のヒロインが新人ダンサーなどと激しい競争を繰り広げ、、次第に精神的に追いつめられていく姿を描く。監督は「レスラー」のダーレン・アロノコフスキー。本作は第83回(2010年全米公開)アカデミー主演女優賞を受賞...... [続きを読む]

» ブラック・スワン [小部屋日記]
Black Swan(2010/アメリカ)【Blu-ray】 監督:ダーレン・アロノフスキー キャスト:ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ あけましておめでとうございま...... [続きを読む]

« シングルマン | トップページ | 猫とぬいぐるみ »