MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ぼくのエリ  200歳の少女 | トップページ | 桜だより »

2011年2月25日 (金)

瞳の奥の秘密

Esdso_afiche_baja
どれほどの歳月が巡ろうとも,
いかなる境遇の変化が起ころうとも
変わらないもの,それは秘めたる「情熱」
瞳は時に雄弁に語りかける・・・・

2010年度のアカデミー賞外国語映画賞受賞作品。製作国はアルゼンチン。サスペンスと人間ドラマとラブストーリーが巧みに絡み合った秀逸な作品。

dangerややネタばれですので未見の方はご注意を!

07
25年前に起きた凄惨なレイプ殺人事件を巡る,登場人物たちのそれぞれの秘めた感情。裁判所職員ベンハミンは,犯人釈放に対する無念の思いや,諦めた恋に対する慚愧の思い,自分の身代わりになって命を落とした同僚への罪悪感を抱き続け,被害者の夫リカルドは,釈放された犯人を罰したいという執念を燃やし続ける。

おそらく日本などより,ずっと情熱的な南米だからこその物語なのかもしれない。特にリカルドが犯人に行った私的な制裁は,衝撃的だ。しかし軍事政権下にあった当時のアルゼンチンに,法治国家としての満足な機能を期待できないのなら,私的制裁もやむを得ないかと個人的には思う。
Il_segreto_deituoi_occhi_13
それにしても,長い年月,言葉のコミュニケーションを一方的に絶たれるということは,肉体的な虐待よりも,ずっと人間の精神を蝕む責め苦になるのだなあ。これをやり通したリカルドの精神力や執念には鳥肌・・・。

しかし彼がベンハミンに言った「過去に囚われると未来をも失う」というセリフもまた重い。犯人に罪を償わせるという目的は達したかもしれないが,リカルドの暗いまなざしは,その言葉どおり,自分の人生をも犯人と共に葬り去ってしまったかのようだった・・・・。その言葉を聞き,犯人の変わり果てた姿を目にしたベンハミンは,長年の煩悶にひとつの決着をつけて,かつては諦めた恋に向かって歩き出す決心をするのだが。
Il_segreto_deituoi_occhi_06
とても印象的だった「ひとには誰にも変えられない部分がある。それは各人の情熱」という言葉。そう,封印してそのまま殺してしまえれば,どんなに楽なことかと感じるほどの,強烈な「思い」。それは叶わぬ恋慕の情であったり,ぬぐいきれない怨念であったり,はたまた許されない邪念であったり・・・・。

それでも人は愚かで弱いものであるから,そしてそれとは矛盾した言い方になるが,すごく強靭な一面もあるからこそ,自らの「思い」を捨てることなく持ち続ける・・・・。長く生きているときっと,誰の瞳の奥にもそれぞれの「秘めた情熱」が隠されているのかもしれない。

それが怨念や歪んだ情熱でなく,自分を高め,生き甲斐となるようなパッションであれば幸せだ。人間そのものがミステリーであり,その心の深淵は果てしもなく深い・・・・そんなことを痛感させてもらえた物語だった。

Il_segreto_deituoi_occhi_15
ラストの,25年の歳月を越えて,思いを成就させた恋人たちの,見交わす瞳の表情が素敵だった。もちろん,そこから続く道は,イレーネの言うように「簡単じゃないわよ。」なのだろうけれど…。

« ぼくのエリ  200歳の少女 | トップページ | 桜だより »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

Aの打てないタイプライターがまさかあんな繋がり方をするとは驚きの、本当に伏線がよく効いた映画でしたよ。
こういう映画こそ、映画の醍醐味を味わえる名作だと思いました。

にゃむばななさん こんばんは!

お久しぶりです。コメント嬉しいです。
よく練られた脚本の作品でしたね。
Aの打てないタイプライター,「怖れ→愛」への変換・・・
ほんとに粋な伏線でした。

ななさん、こんにちは♪
本当によくできた作品でしたね。
あの夫の復讐のやり方が凄い。
犯人が「彼に話しかけるように言ってくれ」と、助けを求めるよりも先ずそちらを懇願したことが印象に残っています。
でもななさんの記述で気づきましたが、たしかに彼は復讐をやり遂げはしたけれど、自らの人生、喜びを感じるものとは訣別してしまいましたね……。
それだけの覚悟と情熱を持つことって凄いと思います。哀しいことだけれど。
だからその分主人公の恋が実ったラストに救われました。
イレーネの最後の微笑み、良かったですね!

リュカさん こんばんは。

>あの夫の復讐のやり方が凄い。
いろんな要素が楽しめた作品ですが
私もあの復讐が一番印象的でした。
ほんとうの終身刑というのは
「生きながら葬り去られる」ことなのですね・・・
あれなら死刑の方が精神的苦痛が少ないかも。
それをやり続けるという方もまた
自らの人生を完全に犠牲にする覚悟が必要かと。
それだけ夫は殺された妻への愛に殉じたのだと
そう思うと心が痛くなりました。
その後のベンハミンとイレーネの
対照的なハッピーエンドがなかったら
やりきれないほど重く暗い余韻が残ったかも・・・。

こんんちは。ななさん。
非常に大きな地震が東北地方を襲いました。
被害状況が明らかになるたびに、心が痛みます。
ななさん、ご親族に、影響はなかったでしょうか。
心配しております。

この震災に対して、自分が何ができるのか、考えているところです。

亮さん こんばんは

ご無沙汰しております。
>非常に大きな地震が東北地方を襲いました。
>被害状況が明らかになるたびに、心が痛みます。
そうですね,このような桁外れの天災に遭遇すると
人間の無力さが身に沁みます・・・。
被災者の救済や復興のために
祈ることしかできない自分をもどかしく感じます。
私は四国なので自分も知人にも
東北地方に家族や親戚が住んでいる,ということは
ありませんが・・・。
四国もそのむかし「南海大地震」が起こってから
もう50年以上は軽く経っていますので
いつ大きな地震に見舞われるか・・・・。
我が家は「中央構造線」の上に建っている状態なので
日頃から心の備えはしなくては,と思っています。
それでも実際に起こってみると
大混乱になってこればっかりは自然の猛威には勝てないんでしょうね・・・。

これ良い映画ですよね。
渋く、それでいてウェットで。
アルゼンチン映画は日本ではあまりなじみが無いですけど、これを機会にもう少し公開されるようになると嬉しいです。

ノラネコさん こんばんは

コメントありがとうございます。
いろいろありまして,レスがすっかり遅れてしまい
ごめんなさい。

アルゼンチン映画,
わたしもなじみがないというか
初めてかも!
いい作品ですよね~~
全体のバランスがよくて
ラストが印象的でした。

ななさんお久しぶりです。

楽天ブログが、4月19日をもってトラックバックの受信機能を廃止するということになったので、
ブログを引っ越しました。
(この映画記事ははまだインポートが完了してないので楽天からのTBです)
またどうぞよろしくお願いします。

さて本作。 大人の男女の、時間をかけた恋ということで、
共感する方も多かったんじゃないかと思いました。
アルゼンチン映画でもこんなに緻密に作ることができるんだなと、新しい発見です。 いい映画でした。

rose_chocolatさん お久しぶり!
すっかりご無沙汰というか
私はここしばらく更新もサボっていたので・・・
お越しいただいて嬉しいです!

ブログ,お引越しされたんですね。
楽天さんのブロガーさん,TBがなくなっちゃうなら
みなさんお引越しされるのかなぁ・・・
映画ブログの場合,TBは大事ですものね。

で,この作品はよかったですね。
そうそう,大人の時間をかけた恋愛・・・
若い人には少し理解できないかも。
私は羨ましく感じました,この二人の恋愛の形。
アルゼンチン映画,見直しましたね!これからも注目です。

ななさん、こんばんは!
お元気でしたか?
コメントが遅くなり、大変申し訳なかったです。
映画もずうーとみてなくて、浦島太郎状態ですよ。笑
またぼちぼち感想書くつもりなんで、よろしくー。

この映画は細かいところが気になってしまって、
期待したわりにはイマイチでしたが、駅の場面とかよかったです。
アルゼンチン映画、もっとみたいですね。

アイマックさん こんばんは!

更新もコメントも止まっていたので
少し心配していました~
震災以来,自分も止まってたんだけどね。

>映画もずうーとみてなくて、浦島太郎状態ですよ。
私もあまり見なかったなぁ
観る気になれなかったですね,このひと月あまりは。
こちらもぼちぼち更新を再開して映画も観ようと思っているので
よろしくお願いいたします~

で,この映画は期待に比べるとイマイチでしたか~
私はそれほど期待しなかったせいか
アルゼンチン映画いいじゃん!って思っちゃった。
駅の場面,レトロなロマンチックさがあったよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/38906815

この記事へのトラックバック一覧です: 瞳の奥の秘密:

» 『瞳の奥の秘密』 [こねたみっくす]
瞳の奥に秘められたのは愛が隠した正義という名の狂気か、それとも正義を貫けなかった後悔が隠した真実の愛なのか。 第82回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのアルゼンチン映画。 ... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [風に吹かれて]
目は口ほどにものを言う 公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、2 [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、1974年のアルゼンチンで起こったある殺人事件によって、人生を狂わ...... [続きを読む]

» 『瞳の奥の秘密』(2009)/スペイン・アルゼンチン [NiceOne!!]
原題:ELSECRETODESUSOJOS/THESECRETINTHEIREYES監督:ファン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、ギレルモ・フランチェラ、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ鑑賞... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [小部屋日記]
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男...... [続きを読む]

« ぼくのエリ  200歳の少女 | トップページ | 桜だより »