最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 最後の忠臣蔵 | トップページ | グリーン・ホーネット »

2011年1月24日 (月)

モーリス

925ed164d0
以前に,DVD化,もしくは再版してほしい作品という記事の中で取り上げたこの作品,先頃,手の届く価格でHDニューマスター判が再版されて,ようやく念願の購入を果たした。二十世紀初頭の,伝統と階級に縛られた英国で,自らのセクシャリティーに苦悩する,上流階級の若者たちの物語。

いや~,もう10年ぶりくらいですね,これ観たの。
Cap010
ハマっていたころは,なんというか,ヒュー・グラントをはじめとする英国美青年heart04たちの美しさと,舞台となるケンブリッジ大学やマナーハウスの醸し出す,格調高くスノッブな雰囲気にひたすら酔っていた記憶が・・・・。でも観返してみると,なかなかに深いヒューマンドラマで,主人公たちが己のセクシャリティーに苦悩するさまからは,花蓮の夏の切なさもまた思い出したりして。

O0500028210363787563
原作者のE・M・フォースターもまたケンブリッジ大学出身で,彼の小説は,「階級を越えて理解し合おうとする人物たち」を描いたヒューマニックなものが多く,また彼自身も同性愛者であったため,セクシャリティーも重要なテーマとなっている。

同性愛者は逮捕され,投獄された時代の英国。それは同時に,「階級制度」が強固に人々を支配していた時代でもあった。

Cap034
上流階級の子弟のモーリス(ジェームズ・ウィルビー)とクライヴ(ヒュー・グラント)は,ケンブリッジ大学の学生寮で出会い,互いに惹かれ合うようになり,社会に出てからも世間や家族には親友と偽ってプラトニックな恋人同士の絆を保ち続ける。

しかし弁護士を志し,着実に上流階級の花道を歩んでいたクライヴは,同窓生のリズリー子爵が,同性愛者として社会的制裁を受けるのを目の当たりにして怖じ気づき,モーリスとの関係を終わらせようと決断,平凡な女性と結婚し政治家になる道を選ぶ。

Cap035
一方,クライヴから一方的に別れを告げられたモーリスは悩み苦しみ,自分の性癖は病気ではないかと医師の催眠治療を受け,ボクシングに打ち込んで苦悩を紛らわせる。その後,クライブの屋敷の狩猟番の青年スカダー(ルパート・グレイブス)に性癖を見抜かれたモーリスは,彼と関係を持ち,タブーも階級をも越えてスカダーと共に生きる決心をする。
Cap038

当時の社会からは受け入れられないセクシャリティーを,共に抱えていたモーリスとクライヴ。愛し合いながらも,彼らがそれぞれに選択した道は正反対のものだった。

片方は世間と妥協し地位や名誉を守る道を選択し,
もう一方はすべてを捨てて「本来の自分らしく」生きる道を選択する。

クライヴが保身の道を選んだ,というか「選べた」のは,彼が女性との性生活も可能なバイセクシャルだったからかもしれない。それに彼の方が,モーリスよりも社会的地位も高く,失うものが多かったせいもあって,保身の道を選ばざるを得なかったのだろう。

Cap045
一方,労働者階級の恋人と同性愛を貫く決心をしたモーリスは,世間から見たら敗者かもしれない。しかし,鑑賞後はなぜか,モーリスではなく成功者としての人生を歩んだクライヴの方に同情したくなった。

ラストシーン,別れを告げて庭園の夜の闇の中に消えていったモーリスを思うクライヴに,妻は「誰と話してるの?」と言葉をかける。その時のクライブの複雑な表情・・・そこに込められた,ケンブリッジ時代を懐かしみ,自分は選び取らなかったものに憧れるかのような寂しげなまなざしが切ない。

Cap028
今ではすっかり,ラブコメキングの異名を取って久しいヒュー・グラントが,この作品では正統派美青年として輝くばかりに美しい魅力を放っている。(私はこれで彼のファンになったっけ)

« 最後の忠臣蔵 | トップページ | グリーン・ホーネット »

映画 ま行」カテゴリの記事

コメント

きゃ~^^ ななさん、こんばんは!
なんて懐かしい「モーリス」・・
DVDが出たんですね、私もチェックしてみます^^
”英国美青年”・・・ブームになりましたね~
私もやっぱりこれでヒューにはまり、
次から次へとヒューの作品を見た記憶があります。
「ベンガルの夜」とか「ウェールズの山」のヒューが好きでしたが、
「フォー・ウェディング」以降のコミカルなヒューもまた、独特の雰囲気があっていいですよね~^^

ちーさん こんばんは!

そうなんですよ~出てたんです,DVD!
映像も綺麗になってて・・・嬉しい限り。

>私もやっぱりこれでヒューにはまり、
>次から次へとヒューの作品を見た記憶があります。
おお,そうでしたか!それは親近感。
「ウェールズの山」も好きです!
ヒューもいいけど,作品そのものが面白かったです,あれ。
ヒューので一番好きなのは「フォー・ウエディング」
見た目は気品があるイケメンだけど
実は内面はコミカルなキャラでもあるヒューの魅力が
存分に発揮された作品だと思います。
あと「ノッティング・ヒルの恋人」も好きですね。
英国美青年・・・なんであんなにスーツが似合うんだろう。

来週はいよいよ「グリーン・ホーネット」観にいきます!

こんにちは。
せっかくTBとコメントをいただいたのに、やはりTBを受け取れなかったみたいで、理由はわかりませんがいつもながら申し訳ありません。

この作品が上映された頃は、多くの女性たちの心を捉えていることなどつゆ知らず、
子育てと仕事と家事とボランティアに明け暮れていたわたし…
その長い期間のブランクの間に、見逃したり素通りした作品がどれだけあるのだろうと思いますが、
それも巡り合わせですものね。

この作品のヒューは本当に美しいですねぇ。
それに、この作品は観る年齢や環境、経験などで、観るたびに見えてくる部分が違うような気がします。
また改めてゆっくり観たくなってきました。

うわあ!麗しの写真が何枚も……。
もう何回見たか知れない作品ですが、また見たくなってきました。
でもビデオしか持っていないし、しかもとうとうビデオデッキを外してしまったのでそれもかなわず……。
DVD再販したんですね。
やっぱりリクエストが多かったんでしょうか。名作ですものね。
モーリスとクライヴが選んだ道は分岐してしまったけれど、どちらもそれぞれの幸せにつながってほしいと思います。
でもクライヴはずっとあの窓でかつてのモーリスを思い出し続けるような気がします。
やっぱりあのラストシーン、秀逸でしたよね。

悠雅さん こんばんは

ライブドアへのTBは最近また不調続きで申し訳ありません。
この作品が公開された当時は,私も映画が趣味ではありませんでして
それに同性愛そのものにも全く心惹かれなかった年代でした。
あ,いま私が同性愛者だというのではなく
同性愛を扱った作品を一つも観たことがなかった,という意味です。

>この作品は観る年齢や環境、経験などで、
>観るたびに見えてくる部分が違うような気がします。
そうですね,10年前にハマっていたころよりは
この年代になって観たときの方が
いろいろ見えてくるものも多く
それだけこの作品は奥深いなぁと感じました。
それにしてもヒュー・・・美しかったです。このころ。

リュカさん こんばんは!

とうとう再販されましたね。
それまでは中古でも2万円とかの高値がついていて・・。
再販を求める声は多かったようです。
久々に観てみて,やっぱり美しい作品だなぁ,と・・・。
ストーリーもですが映像も,役者も。

>クライヴはずっとあの窓で
>かつてのモーリスを思い出し続けるような気がします。
そうですよね。初めて観たときから
ラストシーンのクライヴの切ない表情が
一番心に残りましたが
今回それはもっともっと強かったです。
あの時代の英国が舞台だからこそのそれぞれの選択肢。
でも確かにモーリスにも彼にも
幸せになってほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/38548490

この記事へのトラックバック一覧です: モーリス:

» モーリス [悠雅的生活]
モーリス、君を愛している [続きを読む]

« 最後の忠臣蔵 | トップページ | グリーン・ホーネット »