最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

2010年10月29日 (金)

マディソン郡の橋

57vlbs6d1e35d6el
大人の切ない恋愛映画の金字塔。これもまた,私にとっては初見時より,年を重ねた現在のほうが,ずっと心に響く作品だ。

アイオワ州マディソン郡の農家で,夫やティーンエイジャーのこどもたちと平穏に暮らしていたフランチェスカ(メリル・ストリープ)。人生の折り返し地点をとっくに過ぎ,家族のためにだけ生きていた中年の彼女に,突然降ってわいたように訪れた恋の相手は,ローズマン・ブリッジの写真を撮るために町を訪れたロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)だった。
Hych0pezgldazelh
夫とこどもたちが留守にしている四日間,恋に落ちた二人は夢のような日々を過ごすが,結局フランチェスカは,ロバートと一緒に行かない選択をする。家族を犠牲にするわけにはいかない,一緒に行けば必ずこの恋が色褪せ,後悔する日が来るからと。それきり二人は会うことはなかったが,この恋は二人にとって生涯の恋となる。

初見時にはやや消化不良ぎみだったこの作品だが,フランチェスカの年齢に近くなってから観ると,何と身につまされることか。
I2hx1x95ztftft9
突然目の前に現れた,ミステリアスで自由で,セクシーな雰囲気をまとった男性,ロバート。彼はフランチェスカに,若い頃の夢や情熱を思い出させてくれ,子供たちの母としてより,女として生きる喜びやときめきを甦らせてくれた。

へそくりをはたいて彼のためにドレスを買いに行くフランチェスカの高ぶりは,まるで少女のそれのよう。そしてまた,ロバートを諦めるときの彼女の表情の切なさ。雨の街角で,夫の車を降りてロバートの車へと走っていきたい気持ちを必死で押さえるシーンは何度観ても泣けてしまう。

この作品はもちろん,大女優メリルの上手さを見せつけられる作品だが,硬派の作品専門のようなイメージがあったイーストウッドの,意外なくらいソフトで優しい物腰や声音にも驚かされた。

11885_12_570_359
それにしても,たった4日間だけの恋を生涯のものとして,その後は一度も逢うこともなく,死ぬまで秘め続け,想い続けるなんて可能だろうか?若い者同士ではなく,人生の様々なことも経てきた年代の二人だからできたことだろうか。

駆け落ちすることを拒み,
4日間の愛を美しいまま心に保ち続けたフランチェスカ。
家族のために捧げたこの身の残りはせめて彼に捧げたいと
遺灰を思い出のローズマン・ブリッジから撒くことを
子供たちに言い残して逝ったフランチェスカ。

あまりにもきれいすぎる,寓話めいた物語のようにも感じるが,このような運命的な恋をしたいという願いは女性なら誰でも持っているのかもしれない。いくつになっても。

2010年10月18日 (月)

ナイト&デイ

Nightday01
予告の面白さに惹かれて久々の劇場鑑賞。コメディタッチのスパイ・アクションに,爽やかなラブストーリーを絡めた,面白くて観ていて嬉しくなる作品だった。

素敵な男性との出会いを求めていた,ごく普通の女性ジューン(キャメロン・ディアス)が,空港で出会った謎の男性ロイ(トム・クルーズ)は,実は組織から追われる身のスパイで,ジューンはその後,否応なしに彼との逃亡劇を繰り広げることになる,というお話。

何と言ってもヒーローのトムのカッコよさと,ヒロインのキャメロン・ディアスのキュートさが際立っている。お二人とも,もう決して若くはないのだろうけど,ベテラン名優同士の息の合い方がピッタリで,安心して観ていられる感じだ。

Knight_and_day_tom_cruise
ジューンが危険なときには必ず目にも止まらぬ早業で助けてくれ,空海陸のあらゆる乗り物を自在に操ることのできる無敵の男,ロイ。おまけに冒険の合間には,邪気のない笑顔で見つめたり,さりげない優しさを示したりしてくれるんだもの,たとえどんなにリスクが大きくても,私も彼に地獄の底までもついていきたくなっちゃうわ…。

同じスパイものでも,ミッション・インポッシブルのイーサン・ハント役より,このロイ役のトムの方が好きかも~~~。

Knight_and_day_33
お相手のキャメロンも,序盤のパニクる様子も可愛いし,中盤からの腹の据わりぶりもお見事。とりわけ,バイクを運転するトムの前に後ろ向きに乗っかって銃を撃ちまくるシーンは惚れ惚れする。真実薬を飲まされた彼女が,敵とのバトルシーンの最中に,トムにうっとりと秋波を送るシーンもお気に入り。

10040201_knight_and_day_00s
アクションは「そんなの,アリ~?」というものだらけだけど,楽しいし,コミカルでテンポのいい会話も可笑しい。恋人や家族と一緒に楽しく観れる,おすすめの作品だと思う。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »