最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 猫の夏バテ | トップページ | 狼たちの午後 »

2010年9月11日 (土)

渇き

1239320181343_1
待望の,パク・チャヌク監督&ソン・ガンホ主演の異色作品をDVDで鑑賞。・・・・なんか賛否両論というか,好き嫌いが激しく分かれそうで,そしてきっとこれ,「嫌い」な人の方が多いんじゃなかろうか,という作品だった。(私は嫌いじゃないし,リピートして観たい作品だけど)。でもさすがにあの,「復讐3部作」を超えはしなかったかなぁ,自分の中で。
E0041231_49ff05667022a
自己犠牲と献身の精神から難病治療目的の人体実験を志願したカトリックの神父が,輸血がもとでヴァンパイアになってしまったお話。中盤からは,坂を転がり落ちるようにどんどん悲劇の色合いが濃くなっていき,ラストはなんとも切ないというかやりきれないバッドエンドで締めくくられる作品だが,なぜかコミカルに思えるシーンもあり,毒の効いたブラックユーモア満載というか,悪趣味というか。

それでも,この作品でも見られる,チャヌクワールド特有の,崇高なものと醜悪なもの,美しいものとグロテスクなものが,混然一体となった世界は,私は好きである。デフォルメされているから悪趣味にも感じられるが,現実社会も実はそんなもの(善悪や美醜の混じり具合が)ではなかろうかと思っているから。

D0008582_4a03036295516
役者の演技は今回も凄い。主演のソン・ガンホは体重を減らして「恋する悲劇のヴァンパイア」を演じた。痩せてもイケメンになるわけではない彼なのだが,恋に免疫のない初心(うぶ)な神父サンヒョンを表情や仕草で上手く演じていた。彼がここまで濡れ場を演じた作品も珍しいのではないだろうか。

善人であろうとする神父の彼の,ヴァンパイアとしての本能(=血を吸わねば生きられない)との戦いと,悪女を愛したゆえに体験する苦悩や修羅場。

ヒロインのテジュを演じたキム・オクビンも体当たりの演技で,前半の,気だるげなすっぴんに近い彼女も美しかったが,後半の悪魔に変貌したかのような彼女もまた妖しくコケティッシュで美しかった。
2374140480346
ストーリー的にはありえない(というかバカバカしいというか)物語だけど,目が離せない展開と,嫌悪感を感じながらもついつい見惚れてしまうグロ描写に圧倒されながら,いったん見始めたら勢いで最後まで持っていかれてしまった。チャヌク監督作品に共通することだけど,この作品も「痛そう~~」という描写がたくさんなのでそっち方面が苦手な人にはキツイかも。しかしそんな内容とは裏腹に,今回もまた,華やかさと哀愁が絶妙にマッチした弦楽器のBGMが魅力的。

ヴァンパイア特有の人間離れした身体能力や,太陽の光が致命的になるところなどはきっちり押さえていて,またそれが物語の大切な役割も果たしている。棺桶の代わりが洋服ダンスというのは笑えたが。吸血シーンは,耽美的な従来の欧米のヴァンパイアものとは違って「じゅるじゅる」とか「ずず~~っ」とかリアルな音が入るので,やけに生々しい。
776
もちろん万人にはお勧めしない。パク・チャヌク監督やソン・ガンホのファンは必見かな?エログロが平気な方は一度ご覧になっても損はないかも。中盤のストーリー展開がテンポアップしてから面白いですよ~。

« 猫の夏バテ | トップページ | 狼たちの午後 »

映画 か行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
DVDのレンタル紹介で予告編をみたんだけど、韓国のヴァンパイアものって珍しくない?
こういうのは好きなんで今度みてみるかなー。
エログロもいいかも。笑

アイマックさん こんばんは!

韓国はもちろん,日本のヴァンパイアものも
あまり思い当りませんよね~
ヴァンパイアってやっぱ東欧専門よね。
いろんな意味で斬新な作品。
ヴァンパイアの雰囲気も
ソン・ガンホの雰囲気も
そして韓国映画の雰囲気も
すべて覆してくれる作品です。

でも心してご覧あれ~~
なんせ,悪趣味ですから。

ヘンな映画だなぁと思うけど、私もこれ嫌いじゃないです。
てゆーか好きshine
お話がどんどん予想もしない方向へいくので、飽きることはなかったです。
役者さんもほんとみなさん上手くて。
ガンホ、キム・オクビンさんはもちろん、
テジュの夫役の人とか、お母さんとか・・・すごかったですよねぇ。

さすがの私でも目を閉じてしまいそうになるほど、痛いシーンてんこもりなのだけど、
ラストはロマンティックで切なくて・・・かわいらしくもありました。
靴がよかったですー。

kenkoさん こちらにもありがとう!

>お話がどんどん予想もしない方向へいくので、
>飽きることはなかったです。
そうなんですよね~
特にヒロインのテジュがヴァンパイアになってからは
目が離せませんでしたわ。
最期はあれは「無理心中」ですよね~
たしかにロマンティックでした。

テジュの夫役の俳優さんは
「JSA」や「復讐者に憐れみを」でもソン・ガンホと一緒に
チャヌク監督作品に出てますね~
今回はちょっと変な役でしたが,
好青年役や可哀そうな役などもとってもうまい俳優さんです。
姑役の女優さんも韓ドラのお母さん役とかで有名な女優さんですね。

これ、キム・オクビンが妙に凄味のある官能という感じで、
この映画にピッタリでしたね。
こういう残酷さならついていけます(笑)

rose_chocolatさん こんばんは

>キム・オクビンが妙に凄味のある官能
少女のようなあどけなさと残酷さが
とってもこの役にピッタリな女優さんでしたね。
私もこういう残酷さならついていけます・・というか
面白いですよね~~,この監督のストーリーはやっぱり。


ななさん、こんばんは。運動会の練習はまだ続いてますか?

わたしはこの映画嫌いではないですけど、前半割りと喜劇的だったノリがだんだん悲しい方向へ向っていくあたりは、見ていて辛かったです。もっとこう、二人で幸せに生きる道があったんじゃないかなって。ないか(笑)

痛いシーンいろいろありましたが、特に目を背けてしまったのは実際には刺してないシーン・・・ テジュさんがバカ旦那の口に何度もハサミを振り下ろそうとするあたりです。こういう痛くて笑える描写を思いつく才能は、本当パク・チャヌクの独壇場でありますね

SGAさん こんばんは!

運動会は無事にこの前の日曜に(めっちゃ暑かった!)に実施しました~
トシなので3日後くらいにどっと疲れが出そうです。

この監督さんの作品は悲劇と喜劇との融合がうまいですよね。
ま,そこらへんも悪趣味っぽいのですが・・・
私は悲劇も好きなので,後半の方が好みかなぁ・・・。

>もっとこう、二人で幸せに生きる道があったんじゃないかなって。ないか(笑)
ヴァンパイア・カップルが幸せに生きる道って
不可能なんじゃないかなぁ~~
ヴァンパイアは孤独に生きてこそ長生きしそうな気がします・・・

>テジュさんがバカ旦那の口に何度もハサミを振り下ろそうとするあたりです
おお,あれは私もドキドキしましたね。
あの場面はちょっと目を逸らしたくなりますね。
あと,この映画を見てからトマトジュースがちょっと苦手・・・。

ななさん、こんばんはー
めっきり涼しくなって、ほっと一息つけてます。
そっか~先週のあの暑い日に運動会だったんですね・・・(T_T)
でも、ななさんって、凄く色白で、日焼けとかしなさそうだわん^^

この映画、感想アップされましたね♪
今、暫くたってから、こう振り返ってみると、それなりに楽しめたかな・・・って思います。
見た直後は、期待し過ぎたせいもあって、評価が低くなっちゃったけど、そんなに酷くはなかったかも・・なんて今は思っています(^^ゞ

latifaさん こんばんは!

突然秋になってしまいましたね~
体の方は急激な気温の変化に戸惑っていますが
やはり涼しくなったのはうれしいわ~~
>ななさんって、凄く色白で、日焼けとかしなさそうだわん
いえいえ,今年は焼けましたよ~
日差しの強さが例年よりずっと強烈でしたよね。
半袖のラインがくっきりわかるほど
腕などは焼けてしまいました~

で,この作品ですが
私も初見時よりは再見した時の方が
味わい深く観れました。
初見時は「は?」と感じる場面や設定も多かったのですよ。
見直すたびに新たな発見があるかも~という作品かなぁ。
でも「復讐3部作」を超えはしないと個人的には思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/36660101

この記事へのトラックバック一覧です: 渇き:

» ソン・ガンホ 最新情報 - これ好き! KoreaFan [これ好き! KoreaFan]
ソン・ガンホ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

» 渇き [C note]
復讐三部作で有名なパク・チャヌク監督のヴァンパイアムービー。 2月くらいからずー [続きを読む]

» 『渇き』(2009)/韓国・アメリカ [NiceOne!!]
原題:THIRST監督・脚本:パク・チャヌク出演:ソン・ガンホ、キム・オクビン、シン・ハギュン、キム・ヘスク、パク・イヌァン公式サイトはこちら。<Story>サンヒョン神父(ソ... [続きを読む]

» 冷血なテジュさん パク・チャヌク 『渇き』 [SGA屋物語紹介所]
「復讐三部作」で知られるパク・チャヌク監督最新作。毎度おなじみのフレーズですが、 [続きを読む]

» 「渇き」期待ハズレでした・・ [ポコアポコヤ 映画倉庫]
パク・チャヌク監督のファンなので、かなり楽しみにしていたのですが・・・。 [続きを読む]

« 猫の夏バテ | トップページ | 狼たちの午後 »