MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

2010年9月28日 (火)

霜花店(サンファジョム)

Htm_2008122412043102010000020108003
だいぶ前にレンタルして観たのだが,感想が今頃になってしまった。王様と親衛隊長の美青年と王妃との間に繰り広げられる三角関係の愛憎劇だが,かなり濃厚なエロスと同性愛の要素を色濃く盛り込んだ,もうひとつの王の男の物語とも言えるかも。

舞台は高麗時代の朝鮮王朝。この時代の韓国は,元の国の属国のような立場だったらしい。王妃は元から嫁いできていたが,女性を愛せない王(チュ・ジンモ)王妃(ソン・ジヒョ)の間には肉体関係はなく,王の寵愛はひとえに,少年の時から手塩にかけてきた親衛隊長のホンニム(チョ・インソン)に注がれていた。

M0020056_pl2_68402w636
しかし王妃との間に世継ぎが生まれないと,元につけ入られて王自身の立場が危うくなるという問題が起こり,王はホンニムに王妃の相手をするように命じる。

「なぜわたくしにそのような」と苦悩するホンニムに王は「そなたしか信じられぬし,王妃から生まれてくる子がそなたに似てほしい」と答えるが,生まれて初めて女性を抱いたホンニムと,それまで男性を知らなかった王妃は,密かに愛し合う仲になってしまう・・・。

042114m26
長身でポニーテール風長髪の目元涼しいホンニムも,豪華な衣装に身を包んだ王も,ともに凛々しく美しい。そんな麗しい彼らが,自責の念に懊悩したり,嫉妬心に苛まれたりする様子は見ごたえがあった。

端正な王の瞳の奥に燃え上がる嫉妬の炎や,身を切られるような苦悩の表情には感情移入せずにはいられなかったし,本妻を裏切っているかのようなホンニムの後ろめたそうな哀しげな表情もまたいい。凛とした気丈な王妃が,恋敵だったホンニムを愛してしまい,まるて少女のように彼のために贈り物を渡す場面も切ない。
E0011813_495c39f24b62a
ちなみに霜花店の霜花とは,元の国で愛する相手に贈る霜花餅のこと。バレンタインチョコみたいな意味があるものかな?劇中では王妃が密会に来たホンニムのためにこの餅を作り,また宴会の席で,王が「霜花店」という,道ならぬ恋をうたった高麗民謡を披露する場面もある。(これがまた美声!)
Image

昼ドラのような,ベタベタでドロドロな物語でエロもグロも過剰気味だが,三人の主人公たちの大胆で繊細な演技には否応なしに惹き付けられる。特に後半の,王もホンニムも,どちらも相手が「可愛さ余って憎さ百倍」の存在になるあたりは圧巻。

M0020051_pl2_68406

最後には本気で剣を交える二人だが,死の間際に王は,ある問いをホンニムに投げかけ,ホンニムはそれに答える。王を深く傷つけたあの答えは,ホンニムの本心だったのかな?と鑑賞後に考えてしまった。

エンドロールの二人の幸せそうな表情の狩りの場面を観ていると,やはりホンニムの王への愛想尽かしは本心ではなく,二人の間には確かに想い想われる愛情が存在していたのだと信じたい。そうでないと王様が可哀想すぎ…。と,やはり王に一番肩入れしてしまう物語だった。

Frozen03
しかしこのようなケースの情愛とは,つくづく厄介なものだ。至福のときをもたらしてくれるが,こじれたときの破壊力もまたすさまじい。切なくも濃厚な愛の物語を堪能したいときにオススメ。

2010年9月22日 (水)

狼たちの午後

Mwubaqwz6q8gz54b12br3skuo1_400_2
アル・パチーノ主演,シドニー・ルメット監督作品
。1972年にブルックリンで実際に起きた銀行強盗犯のお話。アルと共演しているのが,あのゴッドファーザーで彼の兄役だったジョン・カザール。

この作品で主犯のソニーを演じたアルの外見がとにかく若くて初々しい!スケアクロウと同時期の撮影で,その目元にはまだ可愛らしさが残っている。
Updog_day_afternoon_3_lg
とはいえ,やはりその演技は若手とは思えない凄みと巧みさがあるのだが。邦題だけ見るとク ールなマフィア映画のようだが,そんなジャンルではなく,ソニーたちは言わば社会の「負け犬」たち。初めて計画した銀行強盗で,仲間の一人は開始直後に怖気づいてリタイアするし,肝心の金庫の中には,はした金しか入ってない始末だし,あっという間に通報されて包囲されるし・・・・。

つまり,これは失敗に終わった強盗犯が,その後どんどんドツボにはまってゆくお話。そのドツボぶりが,実話を基にしているだけにやけにリアルで,そして名監督シドニー・ルメットの手によると緊迫感の途切れることのない秀逸な人間心理ドラマとして仕上がっているのだ。

Dogdayafternoon1975alpacinopic3_2
籠城するうちに,ソニーと人質たちとの間に芽生える,妙な共感関係が面白い。それは,犯罪者のくせに,お人好しな一面もあるソニーのキャラと,冷静沈着な(ほとんど女性だし)人質たちのキャラにもよるのだろうけど,いわゆるストックホルム症候群とかいうやつが起こるのだ。銀行を取り巻く野次馬たちの,「非日常」にエキサイトする群集心理の高揚ぶりも興味深い。

その他にも,劇中に登場する「アティカ事件」や「ゲイ問題」「ベトナム戦争帰還兵問題」などが,様々な70年代の世相を巧みに映し出している。

1140999525
この作品のアルの熱演は絶賛されたというが,確かに時には繊細に,時にはクレイジーに,くるくると目まぐるしく変化する彼の表情や,少しもじっとしていないエネルギッシュな動きには、最初から最後まで目が釘付けになる。

物語が進むにつれて,彼がなぜ銀行強盗を働こうとしたか,その背景が見えてくるのだが,そこには社会の底辺で足掻く者たちが抱える焦燥や憤懣が感じられる。

彼に面会したり電話で話したりする家族たち。彼の母親と本妻,密かに彼と結婚していたという男の恋人レオン。彼らを養うために,また性転換の費用を捻出するために強盗に及んだというのに,電話や面会では口やかましい彼らとキレて痴話喧嘩になってしまうソニーが,愚かしくもあり哀れでもあり・・・・。(しかしこの,電話で痴話喧嘩をする場面のアルの演技ってとてもいい。特にレオンに見せる繊細な愛情とか)

Amd_dogday
登場シーンからすでに,呆けたような病んだ表情のジョン・カザール。彼とアルとのかみ合わない会話やピントのずれた発想は時に笑えるのだが,据わった眼差しはなかなか不気味な存在感がある。

サルが射殺され,ソニーが逮捕されるラストはあっけない。それまで心が通じ合っていたと思っていた人質たちが自分を振り向きもせずに去ってゆく,その後ろ姿を見つめるソニーの表情がまた哀しい。

目の離せない展開と,熱気のこもった名演技,緩急をつけながらもどんどん加速していく緊迫感,その中にさりげなく散りばめられた社会風刺的な笑いの要素と切なさ・・・・見ごたえのある名作だと思う。

若かりし日のアルの作品は,スケアクロウが一番好きだけど,この作品のアルもとても好き。先日ジャスティスも鑑賞したが,あれもなかなかよかったなぁ・・・・。

2010年9月11日 (土)

渇き

1239320181343_1
待望の,パク・チャヌク監督&ソン・ガンホ主演の異色作品をDVDで鑑賞。・・・・なんか賛否両論というか,好き嫌いが激しく分かれそうで,そしてきっとこれ,「嫌い」な人の方が多いんじゃなかろうか,という作品だった。(私は嫌いじゃないし,リピートして観たい作品だけど)。でもさすがにあの,「復讐3部作」を超えはしなかったかなぁ,自分の中で。
E0041231_49ff05667022a
自己犠牲と献身の精神から難病治療目的の人体実験を志願したカトリックの神父が,輸血がもとでヴァンパイアになってしまったお話。中盤からは,坂を転がり落ちるようにどんどん悲劇の色合いが濃くなっていき,ラストはなんとも切ないというかやりきれないバッドエンドで締めくくられる作品だが,なぜかコミカルに思えるシーンもあり,毒の効いたブラックユーモア満載というか,悪趣味というか。

それでも,この作品でも見られる,チャヌクワールド特有の,崇高なものと醜悪なもの,美しいものとグロテスクなものが,混然一体となった世界は,私は好きである。デフォルメされているから悪趣味にも感じられるが,現実社会も実はそんなもの(善悪や美醜の混じり具合が)ではなかろうかと思っているから。

D0008582_4a03036295516
役者の演技は今回も凄い。主演のソン・ガンホは体重を減らして「恋する悲劇のヴァンパイア」を演じた。痩せてもイケメンになるわけではない彼なのだが,恋に免疫のない初心(うぶ)な神父サンヒョンを表情や仕草で上手く演じていた。彼がここまで濡れ場を演じた作品も珍しいのではないだろうか。

善人であろうとする神父の彼の,ヴァンパイアとしての本能(=血を吸わねば生きられない)との戦いと,悪女を愛したゆえに体験する苦悩や修羅場。

ヒロインのテジュを演じたキム・オクビンも体当たりの演技で,前半の,気だるげなすっぴんに近い彼女も美しかったが,後半の悪魔に変貌したかのような彼女もまた妖しくコケティッシュで美しかった。
2374140480346
ストーリー的にはありえない(というかバカバカしいというか)物語だけど,目が離せない展開と,嫌悪感を感じながらもついつい見惚れてしまうグロ描写に圧倒されながら,いったん見始めたら勢いで最後まで持っていかれてしまった。チャヌク監督作品に共通することだけど,この作品も「痛そう~~」という描写がたくさんなのでそっち方面が苦手な人にはキツイかも。しかしそんな内容とは裏腹に,今回もまた,華やかさと哀愁が絶妙にマッチした弦楽器のBGMが魅力的。

ヴァンパイア特有の人間離れした身体能力や,太陽の光が致命的になるところなどはきっちり押さえていて,またそれが物語の大切な役割も果たしている。棺桶の代わりが洋服ダンスというのは笑えたが。吸血シーンは,耽美的な従来の欧米のヴァンパイアものとは違って「じゅるじゅる」とか「ずず~~っ」とかリアルな音が入るので,やけに生々しい。
776
もちろん万人にはお勧めしない。パク・チャヌク監督やソン・ガンホのファンは必見かな?エログロが平気な方は一度ご覧になっても損はないかも。中盤のストーリー展開がテンポアップしてから面白いですよ~。

2010年9月 5日 (日)

猫の夏バテ

007

ちょっと,なんでこんなに暑いのよぉ~~~annoy
9月だっていうのに,まったくもぉ~~annoy

という表情のウチの猫です。
基本はクーラー嫌いなので,
クーラーの効いてない家の中の
いろんな場所をさがして涼を取ってるみたい。
008
・・・とはいえ,どこも暑いわね。

005
で,夏の猫は,こんな風に なが~く伸びます。

006
ぐったり~sweat01

この暑さで食欲も落ちたのか,可哀そうに夏痩せしてしまいました。一日中寝ているし,ストレスのせいか明け方に意味不明に鳴き続けることもあり・・・・。もう高齢猫なので,体力の低下が心配。猫のためにも早く涼しくなってほしいです。この夏は特に,人間だけでなくペットや植物にも苛酷ですよね。がんばれ,あと少し!って毎日気合いをいれてます。(自分にもね)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »