最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« 牛の鈴音 | トップページ | 特攻野郎Aチーム THE MOVIE »

2010年8月26日 (木)

第9地区

_12476389318120
レンタルで鑑賞。いやぁ,世間の評判通り,これは正真正銘の傑作だわ。まず,「エイリアン難民問題」という斬新な設定がいい。そのうえ,アクション,SF,社会風刺,ヒューマンドラマなどなど,あらゆる要素がぎっしりと詰まった,豪華な福袋のような作品なのだ,これ。

南アの第9地区に居住させられているエイリアンたち。所有する高度な技術とは裏腹に,なんともグロテスクな外見と,まるで野良犬のような生活ぶり。彼らを「エビ」と呼んで蔑視し,排斥しようとする人間たち。舞台が南アだけに,この作品が人種差別や偏見を風刺していることは明らかだ。
009dt9_sharlto_copley_009
冒頭部分は完全なドキュメンタリータッチ。20年間難民として第9地区で生活してきたエイリアンたちと,上空で静止したまま動かない宇宙船,エイリアンと人間たちの間に生じるトラブルと政府の対応などが,ニュース映像やキャスターたちのコメントを通してリアルに描かれる。なんだか現実に起こっている事件のよう。

え,これってこんな感じで最後までいくの〜?と呆気にとられていたら,主人公のヴィカス(=MNUのエイリアン対策課職員であり,立ち退き計画の現場責任者)が,あることをきっかけに自身の身体がエイリアン化し始めてから,物語はドラマ形式にとスムーズに切り替わる。
District9139680limagine
それまで差別する側だった自分が,一転して差別され追われる側へとなるヴィカス。人体実験の犠牲者となりかけた彼は人間世界から逃走し,やむなく子連れのインテリ・エイリアンのクリストファーと協力して,停止した宇宙船を始動させようと試みるのだが・・・・。

どこにでもいそうなお役人的なキャラで,小心で自己中心的なところもあるヴィカスが,受難の果てに最後に取った英雄的な行動には,この手の作品の王道ではあるとはいえ,やはり「ヨッシャ!」と感動。

ヴィカスを演じたシャルト・コプリーは俳優ではなくお仕事はプロデューサーだというから驚き!映画初出演とはとても思えない演技力!そして台詞がみんなアドリブだったと聞いてさらにビックリ!こないだ観た特攻野郎Aチームでも変人キャラの天才操縦士を存在感たっぷりに演じていた。
District9722807limagine_2

全員無名の俳優さんがほぼアドリブの台詞で通したというから,それを指導したり編集したりして,ここまで見事に仕上げた監督さんの力量はかなりのもの。監督さんも新人だというからこれまた驚きだ。

エイリアンはCGなのだが,キモかわゆいというか,見慣れると仕草や発語のあれこれが妙に可愛く見えて来るから不思議だ。(特に目の表情がいい)エイリアンの武器が炸裂する後半のバトルシーンは見ごたえたっぷりだし,ラストの切ないシーンもツボ。

人種差別について深く考察しつつ見ても面白いし,そんなこと何にも考えずに観ても最高に面白い作品だと思った。未見の方は是非どうぞ。続編の「第10地区」は製作されるのかな?楽しみのような,この作品で完結の方がいいような,複雑な気分である・・・・。

« 牛の鈴音 | トップページ | 特攻野郎Aチーム THE MOVIE »

映画 た行」カテゴリの記事

コメント

この映画、ほんと最高ですよね!
今年の1,2に入る傑作だと思ってますv

こちらのサイトは、今月で3周年を迎えられた
ようでオメデトウございます!!

自分は先月の7月から始めたばかりですが、
書きたい映画はたくさんあるけど、なかなか
書けませんw

これからもお互いにオモシロ映画を発掘していき
ましょう☆

ななさん
お久しぶりです。あづいですね~。

私、この映画、人生で1番くらいに嫌いですう~。

でも、世間の評判はものすごくいいですよね?とりあえずTBしてみました~。

くわばらくわばら・・・。こわいこわい。
途中退場しようと思いましたわさ、映画館で。

きくやんさん こんにちは はじめまして

ご訪問ありがとうございます。
>自分は先月の7月から始めたばかりですが
そうですか~まずはブログ開設おめでとうございます。
楽しく長く続けられますように応援しますね。

で,この作品ですがほんと傑作ですね。
新人・無名俳優・アドリブ・斬新な設定・鋭い社会風刺と
いろんなサプライズの詰まった奇跡のような作品でした。
ハリウッドのお金をかけた超大作や,ネタ切れゆえのリメイク作品などに比べると
そのユニークさが燦然と際立っておりました。
「ア○ター」よりずっと面白かったなぁ。

むぎむぎさん お久しぶりです~
夏バテしていませんか~
ほんと,今年の暑さときたら殺人的ですよね。

この作品,私はとっても気に入ったのですが
むぎむぎさんはかなりイマイチだったようですね~
グロい描写や突っ込みどころの多い展開がネックだったのでしょうか?
私はジワジワとスプラッタされたりする拷問系はダメなのですが
この作品のように一瞬で飛び散るようなグロ系は大丈夫なので
拒絶反応は起きませんでしたよ~
ま、確かに観てて気持ちのいいもんではありませんが・・・

こんばんは!
お忙しそうだったけど、落ち着かれましたか?

この映画だいすきーー!!
今年のベストに入れますよ♪
リピートしたい!と思いつつ、結局行けなかったのですが
(そんなんばっか)DVD出てるんですね。
借りて観よっと♪

シャールト・コプリーが出てるAチームも観に行かなくちゃ。

ななさんこんばんは(^^)
更新ありがとうございます~
待ってました(笑)

第9地区みたんですね~‼
これ、劇場でやってる時から
気になってたんですけど
結局今のいままで見れずじまいでした(笑)
うーん。SFチックのエイリアンの話
と思っていたので、そんな見どころが
あるとは…ますます見たくなりましたよ
エイリアンをもってきて差別などの
社会問題を盛り込むってすごく斬新というか、設定に驚かされます(゚o゚;
あしたから休日なので、DVDで鑑賞
したいと思います(^^)/

あと。忙しかったようですけど大丈夫ですか⁇お体気を付けて下さいね~

kenkoさん こんにちは~

無事に再開しました~
落ち着いたというか,落ち着かせたというか・・・。
でもおかげで充電できてまた意欲が出てきましたよ。

>この映画だいすきーー!!
>今年のベストに入れますよ♪
私もベスト入り決定です。
今年は私の好きなジャンルの文芸大作なんかは当たりがないけど
これみたいな「ちょっと変わった」風の傑作が多いです。

「Aチーム」観たけどよかったですよぉ。
キレたパイロット役のコプリーさん
中盤まで誰だかわからなくって
途中で「あ!ヴィカスだぁcoldsweats02」と気がついた~
だって全然印象が違う役だったもん,これとは。
でもやっぱりお上手でしたね~,新人とは思えないくらい。

toyokaさん こんにちは

早速のコメントありがとうございます。
第9地区,あらすじだけ聞くと陳腐なので
というか思いっきりB級っぽい設定なので
スルーされがちな作品ですが
(アカデミーノミネートがなければきっと世間もスルーしてたでしょう)
いろんな見どころがあってなかなか深かったし
アクションや映像は凄いし,笑えるしホロリとできるし
なかなか贅沢な作品です。
あ、人間が一瞬にして飛び散ったり片腕がもげたりするので
そういう映像が大の苦手であればお勧めはしませんが
そればっかりでもないので,ぜひご覧になってください。
DVDはまだ新作扱いですが・・・
気に入れば,2回3回と続けて見直したくなる面白さです。

やはり観るなら、
今まで体験したことのない世界を観たいということで。
この夏は「インセプション」でしたが、
この作品の世界観も驚きでした。

他との比較で持ち上げるのはあまりしないのですが、
確かにリメイクや予算かけただけの
映画が乱発される時代だからこそ
輝きが増して見える作品ですね。

クラムさん こんばんは

>今まで体験したことのない世界を観たいということで。
そうですね~,わたしは日常の延長のような作品も
結構好きなのですが(描かれていることが深ければ)
でもこの作品や「インセプション」のような作品に出会うと
あ~やっぱりこれこそ映画の醍醐味だよねーって
感動しますね!

アイデアや脚本のよさが際立つ作品を観ると
監督の力量に感嘆しますが
この作品もそうでした。

この映画を語らずして今年は語れませんよね。
本当にアパルトヘイトと宇宙人差別をリンクさせた傑作。
人間の心の闇まで見事に描き出した映画でしたよ。

こんばんは!
傑作ですよね。私も満点にしちゃいました。
CGも大作なみだし、脚本もよくできてる。アイデアで勝負だね。
いろんな要素がつまっていておもしろい。
シャルト・コプリー、AチームはみてないんだけどTVに出ていて、ヒゲ剃るとハンサムでヴィカスとは別人にみえた。笑

おっ!ななさん、復活されたんですね(^_-)-☆
充電完了?(笑)少しは、のんびりできましたか?
プロフの写真も変わってるしぃ~~(笑)

この映画すっごく楽しみにしていたのですが、映画館で、悲しい出来事が~(T^T)
無名の俳優、新人監督でしたが、すごい作品でしたよね。WOWOWで放映したらまた観なおします^^
会社の男の子が今年のNO1だと言ってブルーレイも買っていました。ラストがたまらなく好きなんだそうです・・・と私の感想より会社の男子の感想でした
(笑)

にゃむばななさん こんばんは!
暑いですがいかがお過ごしですか!

>この映画を語らずして今年は語れませんよね。
これは掘り出し物ですよね~
一つの作品の中に
SFや社会風刺や人間の本質や
いろんなものがとても巧みに盛り込まれていて
見事な作品ですね!

アイマックさん こんばんは!

>CGも大作なみだし
役者にはお金をかけてないけどCGにはきっとお金をかけたんでしょうね。
エイリアンのリアルで自然な動きは見事でした。
話の設定からしてもう目の付け所が凄いんですが
奇想天外な設定だけに下手すりゃ駄作になり危険性もあったろうに
上手く作りましたよね~~

コプリーさん,そうですね~Aチームでは
ヴィカスの時より若く見えましたが
そっか,お髭がなかったのか!

ひろちゃん こんばんは!

充電完了です。
のんびりというか,ブログ以外のことで
いろいろと忙しく充実してました~
さすがに3週間も記事を書いてないと
こちらにも禁断症状が・・・。
そんなわけでまた再開しましたのでよろしくね!

>映画館で、悲しい出来事が~(T^T)
え?なになに?どんな出来事なのか知りたいわ~
後で遊びに伺いますね~~

>ラストがたまらなく好きなんだそうです・・・
私も大好きですよ~、あのラスト。
でもあれが好きってことは
ひろちゃんの会社のその彼って
ロマンチストなんでしょうねぇ・・・


社会風刺は痛烈ですが、それを真面目な問題提起にするつもりがないんですよね。しっかりエンターテインメントにしちゃってる。
それがこの作品の凄いところだと思います。
ほんと傑作でした。

後半、逃げ続けるヴィカスが反撃に転じる様はどことなく『ゴールデンスランバー』を連想させられました。あの切ないラストシーンも含めて。

SOARさん こんばんは!

そうですね,きっちりエンタメしているので
説教臭さを感じることなく,
監督の言いたいことが伝わってきてよかったです。
バランスがいんですよね。

ゴールデンスランバーって似たとこらがあるんですか?
未見ですがそちらも見たくなりましたよ。


ななさん、こんばんは。二学期も始まりましたがお元気でしょうか

そうですね。この映画イケメンは出てこないけどなんとなくななさんが空きそうな映画だと思ってました。この映画ラストをゲラゲラ笑って見てるか、素直に感動してしまうかでその人の性格がわかるような気がします(笑)

監督は続編を作るならたぶん前日談、というようなことを言っていたのですが、他のお仕事も入ってしまったようで実現は五分五分でしょうか。わたしはこのまま終っていいと思います

SGAさん こんばんは!

恐怖の二学期しかも運動会の練習つき!が始まっていますが
筋トレの成果か,何とか元気ですよ~
毎日着替えを4枚と水筒を二つ持って登校していますが~

この作品,ご推察どおり私のツボでした~
ラストのシーンは感動しましたよ~
ってことは,素直な人間なんですかね,自分・・・・

>わたしはこのまま終っていいと思います
わたしもそう思いました。
続編が楽しみな部分もありますが
続編でコケる,というリスクを冒すよりは
このまま終わってくれたほうがいいような・・・。

 こんにちは。僕も最後はエイリアンに同情してしまいました(可愛くは思いませんでしたが)。
 しかし、この映画は色々とテーマがあり、再度観たら新しく発見する事もありそうで、機会があれば観たい映画です。
 しかし、この映画に続編があるとは。このまま終わった方が良いと僕も思いますね。せっかく奥が深い映画なのに続編が出るとせっかく色々なテーマが薄っぺらくなってしまいそうなのが怖いです。

ディープインパクトさん こんばんは!

エイリアン,キモい外見ですけど
あの大きな目や顔の動かし方がキュートだと思いません~?
(思わないか・・・・sweat01
ま,それはともかく,確かに続編は失敗しそうな予感がしますね。
この作品だけで完成度が高いので
これを超える出来でないと,せっかくの今作の余韻までが
なんだか壊れちゃうような気がして心配です。

ななさ~ん、こんばんは!
ようやく本作観ましたよ~そして!
ななさんのおっしゃるとおりでした。
素晴らしかった!

久しぶりに洋画で興奮しました。
よくこれだけの重苦しい社会問題を
うまくSF化させたな~と感心しました。

そして、そうそう、まさにキモカワ(笑)
あのインテリ・エイリアンのひとり息子(?)
が、最後のころ、めちゃめちゃかわいくて。
それにしても、あの宇宙船が母船に到着するまでが
長いので、いつ撃ち落とされるかとハラハラしたな~(笑)

この映画をきっかけにまた洋画を観る気になれそうです♪

JoJoさん こんばんは!
ご覧になりましたか~
素晴らしい作品でしょ!
私も世間の評判がよかったので観たけど
本来は好きなジャンルの作品じゃないのよ。
でもこれって食わず嫌いは勿体ない傑作ですよね。

>よくこれだけの重苦しい社会問題を
>うまくSF化させたな~と感心しました。
社会風刺とエンタメが上手く融合してましたよね。
ヒューマンドラマ的な要素もあり
そうそうエイリアン親子に「胸キュン」となりますよね。

>この映画をきっかけにまた洋画を観る気になれそうです♪
それはよかった~
沢山おすすめ作品や掘り出し物ありますよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/36196188

この記事へのトラックバック一覧です: 第9地区:

» 第9地区 [★mugimugiのアンテナ★]
おすぎさんがブログで大絶賛していたこの映画。こういうジャンルの映画(「エイリアン [続きを読む]

» 第9地区 [C note]
ピーター・ジャクソンが全面バックアップとはいえ、有名俳優はひとりも出てない、新人 [続きを読む]

» 「第9地区」 [Con Gas, Sin Hielo]
徹底して愚かなるは人類。 異色のエイリアン作品、アカデミー作品賞ノミネート。これだけの情報で興味を強く掻き立てられます。今回の作品賞ノミネート枠の増加で最も恩恵を受けた作品かもしれません。 ある日突然UFOが南アに襲来。確保されたエイリアンは衰弱し切っていて地上に隔離。 もうこの発想だけで座布団数枚分でしょう。思えば、ゾンビはハウスキーパーに使われるなど遊び要素まで広がりを見せているのに比べて、エイリアンは不遇でした。 まあ不遇といえば、この作品の中のエイリアンの扱いは更に不遇なわけで、力... [続きを読む]

» 『第9地区』 [めでぃあみっくす]
予想通りにはいかない展開の連続。大筋ではセオリー通りの展開なのに、転換点は全て観客の予想を裏切るというこの脚本の巧さに思わず唸ってしまう映画でした。 あえてアメリカではなく南アフリカを舞台にすることで、人間のエイリアンに対する差別をアパルトヘイトとリンク....... [続きを読む]

» 第9地区 [小部屋日記]
DISTRICT 9(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームズ 人類、立入禁止。 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソンが製作、全米でサプライズ大ヒットを記録。 ドキュメンタリータッチなSFアクション大作。有名な俳優さんが出てるわけじゃないのにオスカーノミネートは納得の出来。おもしろかったな〜! 1980年代、南アフリカに突如現れた巨大宇宙船とエイリアン達。 やむを得ず彼らを難民として受入れること... [続きを読む]

» 第9地区 [だらだら無気力ブログ]
宇宙船が故障したために、地球に漂着し難民として特別居住区に生活する ことになったエイリアン達が地域住民との間に軋轢が生まれたために、 新たな居住区に移動させることになり、その担当者となった男の身に起こる 出来事をドキュメンタリータッチで描く。 監督は、こ…... [続きを読む]

» 第9地区(District9) [その映画おもしろかった??]
アカデミー賞作品賞、他4つの部門にノミネート!評価 ★★★★★(5/5)一言 「人種差別を異星人に置 [続きを読む]

» 『第9地区』・・・3年後の約束 [SOARのパストラーレ♪]
コイツは参った。今年のアカデミー賞ノミネートの中にこんな傑作が紛れていたとは! (ノミネート作品すべてを観ないうちに言うのもなんだが)少なくとも作品賞争いは『アバター』と『ハート・ロッカー』の一騎打ちなどではなく、本作『第9地区』を含めた三つ巴の様相を呈していたに違いない。... [続きを読む]

» 第9地区 (District 9) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ニール・ブロンカンプ 主演 シャールト・コプリー 2009年 アメリカ/ニュージーランド/南アフリカ映画 111分 SF 採点★★★★ 強いメッセージ性なりテーマ性を持った作品を観た直後こそ、そのことに対し色々と思いを馳せるもんですが、如何せん日々だらだ…... [続きを読む]

» ザ・エビフライ ニール・ブロムカンプ 『第9地区』 [SGA屋物語紹介所]
南アフリカはヨハネスブルグに突然現れた巨大宇宙船。故障のため、その中に住んでいた [続きを読む]

» 映画 第9地区(2009) もしかして僕は第8地区に住んでいるの? [ザ・競馬予想(儲かるかも?)]
にほんブログ村 映画ブログ   {/arrow_t/}   {/arrow_t/}  人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします{/dogeza/}  だいぶ昔の話に思うけれど、サッカー南アフリカワールド杯が無事に終わって良かった{/face_warai/}  今や南アフリカ共和国の都市であるヨハネスブルクは世界で最も危険な犯罪都市。特にワールド杯開催期間はとくに犯罪があったニュースは聞かなかったので無事に終了したようだ。  南アフリカといえば元大統領のネルソン・マンデラを思... [続きを読む]

» 「第9地区」(DISTRICT9) [シネマ・ワンダーランド]
南アフリカ共和国出身の米新鋭監督、ニール・ブロンカンプが長編デビューを飾ったSFムービー「第9地区」(2009年、米、111分、N.ブロンカンプ脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、巨大な宇宙船が漂着し、異星人が難民扱いとなった南アを舞台に、政府の新たな対応策が思いもよらぬ事件に発展していく様子を、ドキュメンタリー・タッチの語り口で描くといった独創的なストーリーの異色SF作品。本作は第82回アカデミー賞(09年全米公開)で、作品賞をはじめ、脚色・編集・視覚効果の4部門にノミネートされた。(...... [続きを読む]

» 「第9地区」★★★★☆ [***JoJo気分で気ままにGO!***]
'09年制作 監督:ニール・ブロムカンプ  出演:シャールト・コプリー, デヴィッド・ジェームズ, ジェイソン・コープ, ヴァネッサ・ハイウッドほか 南ア・ヨハネスブルグの上空に突然、巨大な宇宙船が姿を現すし、世界は騒然とする。しかし、”彼ら”は一向に攻め...... [続きを読む]

« 牛の鈴音 | トップページ | 特攻野郎Aチーム THE MOVIE »