MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« アデル ファラオと復活の秘薬 | トップページ | インセプション »

2010年7月22日 (木)

プレデターズ

Predatorspic3
元祖プレデター(1作目)はTVで観た覚えがある。主演がシュワちゃんだったことは忘れてしまっていたが,ジャングルとか,身体が見えなくなるカニのお化けみたいな顔のグロテスクなエイリアンとか,そんなことは覚えていた。エイドリアン・ブロディが主演と知って興味半分で鑑賞。

設定が面白いですね,これ。舞台が地球ではなく,プレデターたちの所有している「狩り」用の惑星で,そこに地球から極悪人や暗殺者や凄腕の軍人たちが狩りの獲物として拉致されてくる,というのがユニーク。

別にこのシリーズのファンでもなんでもないので,プレデターのヴィジュアルや戦闘力について何の知識もなく,それゆえにこれまでの作品と比べることもせずに素直に観た。いや~,たいがいのホラーはへっちゃらな私だが,こういう先の見えないジャングルみたいなところを進んでいって一人ずつ殺られていく,という展開はまるでお化け屋敷の中を歩かされているみたいで,結構怖かった。

こういった展開のサバイバル映画では,誰が先に退場するかなんとなく予想してしまうものだけど,この作品,いかにも強そうなキャラがあっけなく退場したり,その反対もあったりして,予想を裏切られるので目が離せなかった。
3535183pred206b0fbedcf3_2
あと,寄せ集め集団(それもみんなある意味殺人者)である彼らの結束力や信頼関係が弱く,「お荷物な存在は見捨てる」とか「味方であってもむやみに信用するな」という暗黙のルールが漂っていて,そんな中,一番そんなことをしそうもないキャラに見えたやつが実は鬼畜だったり,その反対に眉をひそめたくなるようなキャラが勇気ある散り様を披露したりして,ヒューマン面でも,なかなか捻りのある展開になっていた。

そしてなんといっても主演を演じ,ラストには最強のプレデターとガチンコ対決をするエイドリアン・ブロディが凄かった。
Adrienbrodyalicebragapredators
なんといっても彼は戦場のピアニストのイメージが大だから。キングコングでジャングルの中でお化け昆虫や恐竜から逃げるシーンも演じたが,あの作品でも一応「劇作家」という文系のキャラだったし。しかし彼が,コングとのカーチェイスの場面を,スタントなしで楽しんで演じたという逸話から,その身体能力の高さは知っていた。

今作では鍛え上げたマッチョな身体を披露するとともに,主人公の精悍さや冷酷さといった内面も見事に演じ上げていたように思う。
Predatorsnewmovie20
・・・・しかし,プレデターのヴィジュアルは・・・・何度見てもグロいです。(あんまり直視したくない。)

うーーん,予想してたよりはずっと楽しめたことに自分でも驚いた作品。(あまりこの手は得意ではないので) 従来のプレデター・シリーズのファンの皆さんの感想はどうなんでしょうね?賛否両論のような気もします。

続編がありそうな終わり方だったが,どちらにしてもエンドレスに続くサバイバルゲームなんだろうなぁ・・・。

« アデル ファラオと復活の秘薬 | トップページ | インセプション »

映画 は行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんは♪
コメトラ感謝です(^_-)-☆

異常な暑さが続いていますが。ななさん夏バテして
いませんか?今日なんてクーラーつけていて、部屋の
温度が29度でした(^_^;)もう、溶けそう(笑)

さて、作品ですが・・・私もこういう作品はあまり
観ないのですが、ななさんと同じで意外と楽しめちゃいました。プレデターにあまり思い入れがなかったのが良かったのかも?(笑)
エイドリアンは意外な役と思いましたが、そう言えば
コングでもアクションしてたんですよね^^

最後の画像凄い(^_^;)
よくこんな画像見つけてきましたね(笑)

続編ありそうと言う終わり方ですが、どうなんでしょうね(^^;

こんにちは!
暑いね〜、、、

プレデターは好きなシリーズですが、今回は人間が中心になってしまっていて
イマイチでしたよ。
エイドリアン・ブロディがさまになっていて、マッチョ体型にもびっくり。
キングコングの時、スタントなしだったんだね。
もともと身体能力のある人なんだな〜
続編があれば、またみたいです!

ひろちゃん こんにちは!

ほんと暑いですね~~~
昨日の午後に猛烈な雷雨が1時間も続いて
やっと1週間続いた灼熱地獄がほんの一瞬和らぎましたが
今日はまたもとの地獄に戻ってしまいました。
我が家では猫と年寄りが一気に食欲を無くして
息も絶え絶え~って感じです。

で,この作品ですが
思い入れやこだわりがない方が素直に楽しめるかな?
案外面白かったので満足です!
エイドリアンはキングコングではけっこうアクションしてましたよ~
ただどうしても「ピアニスト」のキャラが被っちゃって
線が細くみえてしまうんですが
今作では性格も含めて完全に「強い」キャラに変身していましたね。
この意外性を狙った(?)キャスティング
案外よかったんじゃないかな。

アイマックさん こんばんは!
ほんと暑い!溶けてしまいそうに暑い!
・・・・夏は嫌いだけど今年の夏は特にひどいわ。

で,この作品,私は人間ドラマの方が結構楽しめました。
あのいかにも弱そうだった医者の変貌が一番印象的だった。
>キングコングの時、スタントなしだったんだね。
そうなのよ~,特典で言ってたけど
ニューヨークでコングとカーチェイスする場面
一応運転手にスタントマンを用意してたんだけど
エイドリアンが「こんなん得意だから~」と自分でやっちゃったそうです。
「ダージリン急行」でも列車に飛び乗るシーンの
彼の走るフォームがとってもきれいだったのを覚えてるから
身体能力は高いんでしょうね。

ななさん、こんばんは!

今までの「プレデター」シリーズファンとしては、上出来!という感じでした。
1作目を思わせるジャングルで一人一人狩られていく緊張感みたいなものがしっかりと出ていました。
登場人物は1作目よりもそれぞれキャラが立っていたのもよかったかな。
まともそうな人の正体はなるほど!と思いました。
ある意味、プレデターは人を観る目がありますねえ。

はらやんさん こんばんは!

上出来ですよねぇ。
>1作目を思わせるジャングルで一人一人狩られていく緊張感
そうなんですよ,わたしも1作目の
あのジャングルならではの緊張感と恐怖感が
実は一番心に残っているので
似たテイストのこの作品はなんだかとても懐かしく
そしてワケアリの登場人物たちにも
感情移入はしませんがとても面白く観れました。

こんにちは!

そっか、ブロディ氏はピアニストのイメージが強いけど
『キングコング』でもスタントなしでがんばってたんですね。
もともとデキル人なのか。

新しいプレデターの顔はあんまり好きじゃないけど、
昔ながらのプレデターさんの顔は愛おしいです。

kenkoさん,こんにちは!

そうなんですよ~
ブロディ氏はもちろんピアノも得意だとは思いますが
なかなか運動神経もよろしいようですよ。
あの筋肉も伊達ではなく
もともと「デキル」人だったようです。

>昔ながらのプレデターさんの顔は愛おしいです。
あの,やられちゃった方のプレデターさんが
元祖さんの方ですよね?


あはは、ななさんも楽しまれたようで、よかった、よかった。
あたしも結構たのしんだ部類です。
巷のプレデター・ファンには、あまり芳しい評判ではないようですが、スチャラカで見る分には、楽しめますよね。
といいつつ、最初のシュワちゃんのから、劇場で見ている私です。
エイドリアンさんは≪できる≫のは新たな発見でいいのですが、へたれなイメージを背負いながら、こういう役もできる!というあたりにまた面白さを感じました。
でも、やっぱあのプレデターのどアップはやですよね。

sakuraiさんも楽しまれたようですね!

そうそう、軽い気持ちで楽しんだ方がいいですね。
ジャングルのプレデター,っていう設定と
エイドリアンがここまでマッチョにサバイバルするというキャスティング
それだけでも十分楽しめたような。
コアなファンにはいろいろ突っ込みどころがあるのでしょうけど。

>でも、やっぱあのプレデターのどアップはやですよね。
エイリアンも,そこそこいやですけど
プレデターもグロイですよね。

ななさん、おはようございます。新しいプロフ画像もお美しいですねhappy01 その後運動の方ははかどってらっしゃるでしょうか

それが必ずしも一流の条件ではないですけど、役に応じてきっちり体を作ってくる俳優さんはやっぱりすごいと思います。日ごろ体型のコントロールに苦労してる身としては。ジェームズ・マカヴォイも『ウォンテッド』の時「トレーニングがイヤでイヤで」とか言いながら、ちゃんとマッチョマンになってたしな
あ、でも上のコメントを見るともともと筋肉はあったみたいですね。着やせするタイプ?

ともかくE・ブロディ氏への尊敬の念をさらに厚くしたわたしですが、一方でこの映画、彼のドアップが多いもんだからこれまで以上にその鼻の大きさが気になってしまいました(笑) まあそのおかげで緊張感溢れるシーンでも、彼のアップが出てくるとなんか和んだ気分になれましたよ~ 

SGAさん こんばんは!

>その後運動の方は・・・
ありがとうございます。体力と筋力がついたのか
今年はまだ夏バテしておりません。
それと(写真でもわかるかな?)
なぜか顔が小さくなりましたgood顎のあたり。
で,運動後の夜中のビールがウマイ・・・
飲みすぎるとせっかくの運動効果が台無しなんですがね。

>役に応じてきっちり体を作ってくる俳優さんはやっぱりすごいと思います。
そうですね~,男優さんなんぞは筋トレで鍛えた体は必須ですよね。
マカヴォイくんのあのマッチョぶりは
普段の文学系弟キャラの彼のイメージからすると
とっても強烈でした~。でもトレーニング嫌いだったのね。

エイドリアンのお鼻は確かにかなりの「鉤鼻」ですよね。
あの下がり眉と魔法使いのような鉤鼻が
きっとこの方のチャームポイントではないかと・・・
しかしこの作品の彼は坊主に近い短髪だったせいか
私にはジローラモさんにも見えましたわ。


初めまして。他の作品の感想を見てプレデターズの書き込みしにきました(笑)
私も新しいプレデターは嫌いですが、kenko様と同じくプレデターが愛おしいと思う、変わり者と言われる者です(笑)

なな様の日記とても良く書かれていて、すばらしいと思います。見たことが無い作品をなな様の日記を参考にこれから借りていきたいと思っております。

ちなみに今日は小さな中国のお針子を見た後にたまたま携帯で検索掛けてなな様の日記にたどり着きました。
素晴らしい感想でした。

これからも楽しみにしております。

Sydneyさん こんばんは
ようこそいらっしゃいました~

元祖プレデターのファンでいらっしゃるのですね。
確かに新しいプレデターに比べれば
同じプレデターでも「善人」キャラに見えましたね。

拙記事に過分のお褒めの言葉ありがとうございます。
独断と偏見で思いつくままに綴っておりますが
作品選びの参考になるなら嬉しい限りです。

「中国のお針子」は大好きな作品です。
主演男優さんのファンだということもあるのですが
作品自体も詩のように美しいですよね。
また遊びにおいでくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/35855291

この記事へのトラックバック一覧です: プレデターズ:

» 「プレデターズ」 今度はアウェイ! [はらやんの映画徒然草]
今度はアウェイ! 傭兵、暗殺者、スナイパー、ヤクザ、暴行犯、特殊部隊員・・・、い [続きを読む]

» プレデターズ [だらだら無気力ブログ]
1987年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演で制作されたSF映画 『シュワルツェネッガー/プレデター』の舞台を地球から未知の惑星に舞台を 変えてリメイクしたSFアクション。 地球でさらわれた人間達が未知の惑星で地球外生命体によって狩りの獲物と してハンティン..... [続きを読む]

» ★プレデターズ(2010)★ [CinemaCollection]
PREDATORS映時間107分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2010/07/10ジャンルSF/アクション/アドベンチャー映倫PG12【解説】87年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演作... [続きを読む]

» 映画「プレデターズ」原点回帰、ジャングルで戦闘開始! [soramove]
「プレデターズ」★★★ エイドリアン・ブロディ、トファー・グレイス、ローレンス・フィッシュバーン出演 ニムロッド・アーントル監督、107分、2010年7月10日公開、2010,アメリカ,FOX (原題:PREDATORS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「エイドリアン・ブロディが何故こんな 最初からB級と分かるような映画に出たのか、 全米も同時公開で約2530万ドルの興収で初登場... [続きを読む]

» プレデターズ [小部屋日記]
PREDATORS(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:ニムロッド・アーントル 出演:エイドリアン・ブロディ/トファー・グレイス/アリシー・ブラガ/ローレンス・フィッシュバーン/ダニー・トレホ/ウォルトン・ゴギンズ 「殺す」という本能。「生きる」という本能。 アメリカも昨日から公開なんですね。(初登場3位) シュワルツェネッガー主演の『プレデター』を、舞台を惑星に置き換えてリメイクしたSFアクション。製作はプレデターファンというロバート・ロドリゲス。 『プレデター』シリーズは1も2も... [続きを読む]

» プレデターズ [C note]
エイリアンさんが好き。でもプレデターさんはもーーーっと好き[E:heart] し [続きを読む]

» プレデターズ [迷宮映画館]
結構、面白かったんですよ!日本のやくざが、やけにカッコよかった。 [続きを読む]

» 『プレデターズ』・・・舞台は未知の惑星へ [SOARのパストラーレ♪]
シリーズ最新作は続編ではなく1作目『プレデター』のリメイクといったほうがしっくり来るように感じた。その舞台こそ未知の惑星となっているが、戦闘のプロたちがジャングルでプレデターと死闘を繰り広げる展開はまさしく同じ筋書き。ここはひとつ1作目との比較も楽しみたいところである。... [続きを読む]

» 映画:プレデターズ [よしなしごと]
 有給休暇をとったので今日は映画三昧。1つめはザ・ロード(記事はこちら。)を見るために日比谷に出てきたので、今日はこのまま日比谷・有楽町地区で映画を観ることに。そこで2本目は有楽座へ。ここの劇場で映画観るのって何年ぶりだろう?15年以上ぶりかも。。。そんなわけでプレデターズを観てきました。... [続きを読む]

» 映画を観るなら プレデターズ(2010) [映画を観るなら]
理やり続編作ってる感ありますが、プレデターファンなら楽しめる仕上がりです。プレデターにさらわれて、寝てる間に何百光年も離れたどこかの地球に似た惑星に連れてこられてハンティングされるとかいう、始まりの時点ですでに絶望的な話なんですけど、個性的なメンツが.. ... [続きを読む]

« アデル ファラオと復活の秘薬 | トップページ | インセプション »