MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« どうやらこうやら3周年 | トップページ | 第9地区 »

2010年7月31日 (土)

牛の鈴音

Ushinosuzune2
韓国で300万人を泣かせたという,新人監督が撮った奇跡のドキュメンタリー映画である。ドキュメンタリー作品がウケない韓国で,わずか7館の上映からスタートしたにもかかわらず,口コミが広がり,「牛の鈴症候群」という社会現象まで引き起こしたという。

Thumb_450_01_px450
作品は,冒頭からラストまでチェ老夫妻と老いた牝牛の日常を淡々と綴っていく。平均寿命が15年ほどにもかかわらず,40年も生きたチェ爺さんの牝牛は,その生涯の30年間を老人のために畑を耕し,重い荷を積んだ牛車を黙々と引いてきた。

何度もスクリーンに登場する牛のアップ。
どちらかというと不細工な毛むくじゃらの顔にも,よごれた毛に覆われた老いた身体にも,長年の苦労がくっきりと刻まれているが,その表情は,まるで悟りきったかのような静かさをたたえている。

Oldpartner021
79歳というチェ爺さんもまた老いの点では牛に負けていない。若い時から足が悪かったお爺さんの腰は曲がり,足の指は変形し,時々酷い頭痛に悩まされながらも,現代的な農機具を一切使わず,牛と己の力のみを頼りに,まるではいつくばるようにして黙々と野良仕事をこなす。

60年もお爺さんに連れ添って共に重労働をしてきたお婆さんは,そんなお爺さんのやり方が不満で,畑仕事の合間にいつも愚痴をこぼしている。

0911102_usinosuzuoto_sub2
牛が食べる草にかかるといけないからといって農薬を使わず,売っている飼料も利用せず,手ずから牛の餌用の草を刈るお爺さん。畑に行くときはもちろん,町に行く時も牛車しか使わないお爺さん。牛が疲れてくるとお婆さんに「降りろ」というお爺さん。


わたしと牛とどっちが大切なんだい。
やってられないよ,こんなに苦労させられて。わたしほと不幸なものはいないよ。・・・・・果てしなく続くお婆さんの愚痴と,それを顔色一つ変えずにやり過ごすお爺さん。

何のナレーションもない静かなこの作品。
絶え間ないお婆さんの愚痴がナレーションの役割を果たし,牛の首につけられた澄んだ鈴の音をBGMに,チェ爺さん夫婦と牛の日常は,ひたすら淡々と過ぎていく。
O0500033310368150220
観ていると,これがドキュメンタリーであることを忘れそうになってくる。まるで素朴なドラマのような味わいがあるのだ。チェ爺さんもお婆さんも,実在の人物ではなく,老練な役者に見えてくるから不思議である。

チェ爺さんと牛との,夫婦か親子のように強い絆にやきもちを焼くお婆さん。牛が雌であるから余計に,三角関係のような不思議な錯覚が起こる。不満そうなお婆さんの表情のすぐ後に,それをじーっと黙ってみている牛の顔のアップなんぞが映るもんだから,余計に。
O0500033210368138479
牛とお爺さんの関係は,単なる主従関係ではなく,どちらも相手に尽くし合っている,ともいえる関係だ。老いた体に鞭打って,倒れて動けなくなるその朝まで,一日も休まずに働き続けた牛のために,お爺さんも手間を惜しまず飼料の草を刈り続ける。身体が楽になるように機械耕作にシフトすればよいものを,頑としてしなかったのも,本音は牛の居場所を無くしたくなかったためではないだろうか。


お爺さんも牛も,互いの存在が生き甲斐でもあると同時に,重荷にもなっている
・・・・それはまさに,血を分けたもの同士のの関係のようだ。
Ushi_sub05
売られるために牛市場に連れて行かれる牛が涙を流す場面。そしていよいよ動けなくなって息を引き取るその朝になって,ようやく外される鼻環。あんなに悪態をついていたお婆さんが,「まだ(逝くのは)早いよ」と言って泣く場面。牛のお墓注がれるマッコリ。泣くまいと思っても,やはり涙がこみ上げてきた。切ないのでも悲しいのでもなく,心の深いところから静かに湧いてくる涙だ。

韓国というのはほんとに奥の深い国だ。今の時代にまだこんなお爺さんやお婆さんがいて,そしてこんな牛とのドラマがあって。それをこんな形でドキュメンタリー作品に仕上げることのできる新人監督がいて。この作品が韓国で社会現象を巻き起こした,というのも納得だった。不思議な感動に出会えた作品だった。

« どうやらこうやら3周年 | トップページ | 第9地区 »

映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんは
牛といえば、ちょうどついこないだ口蹄疫の問題がありましたね
あちらはいずれお肉にされてしまう牛さんでしたけど、それでも農家の方が「家族を殺す思い」など話しているのを聞いていると、長年苦楽を共にしてきた家畜というのは、やはり家族同然なのだなあ、と思いました

ななさんもおっしゃってますが、こういう映画が社会的大ヒットになってしまうところに韓国の奥深さを感じますね。恐らく日本で同様の映画を作っても、これほどまでのヒットにはならないでしょう。この映画の上映館も決して多くはなかったですし

でも見た人には、きっと深い何かを残していく映画だと思いました

SGAさん こんばんは

あの口蹄疫のニュースは痛々しくて
ついつい直視できずにチャンネルを変えたものです。
たかが牛でも,飼い主にとっては家族と同じなんですよね。
この映画の牛とお爺さんの絆はもっと深いものがあったので
天命を全うしたとはいえ,牛が死んだときの
お爺さんの寂しさはよく伝わってきました。

動物ものはだいたい泣かせるものが多いですが
たとえばこないだの「HACHI」みたいな可愛い犬の話じゃなくて
愛想も可愛さもない老いた牛の話なんですが
これを観て号泣する,という韓国の人たち・・・。
日本でもほろりとはすると思いますが
号泣はさすがに難しいでしょう。
生きてきた歴史のようなものの違いかなぁ。
それとも単に感情の濃さの違い?
私も号泣はしませんでしたがそれでも
うるうるきちゃいましたけどね。

ななさん、こんばんは☆
本当に暑い毎日ですね。先日はコメントをいただきありがとうございました♪
仕事で4日ほど留守にしていてお返事ができずすみませんでした。
やっと数日ぶりにPCを開くことができたので、急いで飛んできました。
ななさんもお忙しいのですね。しかもこの暑さですものね。休養して眼も休ませなくちゃですよね(T_T)

ところで、この作品はまったく知らなかったです。なんだか奥深そうですね。ドキュメンタリーなのですか!
貼り付けてくださっているスチール写真を見ただけでも、なんだか姿勢を正したくなる威厳に満ち満ちていますね!

>お爺さんも牛も,互いの存在が生き甲斐でもあると同時に,重荷にもなっている・・・・

すごいですね・・・本当に家族の肖像と言う感じ…
忘れないようにチェックしたいと思います☆
また涼しくなったらお喋りしてくださいね♪

武田さん こんばんは

武田さんもお忙しそうですね。
これからはお盆のシーズンで
親戚訪問や(訪問される場合も)なにやらで
特に女は忙しくなりますね。
それにしてもこの暑さ!
できることならどこへもでかけたくないですね。
長時間のドライブも車中で熱中症になりそうです。

この作品は地味なので日本ではひっそりと公開されてますが
なかなか味のある作品ですよ。
ドキュメンタリーなんですが,静かにドラマティックです。
牛と老夫婦の顔をみるだけでも値打ちものかもしれません。
DVDになって機会があればぜひご覧になっていただきたいです。

私は体調を向上させるために(代謝系が弱いのです)
毎晩1時間ほど運動を日課にすることにしました。
やり始めると気持ちよくて,2時間くらいやってるときもあり
血圧やコレステロール値などよくなってきています。
で,そのあとお風呂に入ったりいろいろして
ようやく自分の時間が取れるようになってからはDVDも観たいしで
ブログに向かう時間をしばらく減らすことにしました。
この体力向上プログラムが一段落して
身体の方も体質改善が定着すれば,またブログにも時間が割けるかと思っています。
体力勝負の仕事なので,ちょっとメンテナンス中なんです。

また秋になったら更新しますので,その時はよろしくね。
あ,でも武田さんちには遊びに行きますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/35959277

この記事へのトラックバック一覧です: 牛の鈴音:

» 老人と牛 イ・チュンニョル 『牛の鈴音』 [SGA屋物語紹介所]
単館系映画の話が続きます。本日は韓国で「牛の鈴音症候群」という現象まで引き起こし [続きを読む]

» ◎『牛の鈴音』◎ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:韓国映画、イ・チュンニョル監督&脚本&編集、チェ・ウォンギュン、イ・サムスン出演。 [続きを読む]

» 【映画】牛の鈴音 [しづのをだまき]
2008 韓 [続きを読む]

» mini review 10495「牛の鈴音」★★★★★★★★★☆ [サーカスな日々]
韓国で観客動員数累計300万人という大ヒットを飛ばし、インディペンデント映画初の興行成績第1位、歴代最高収益率を誇る感動のドキュメンタリー。農業の機械化が進む中、牛とともに働き、農薬も使用...... [続きを読む]

« どうやらこうやら3周年 | トップページ | 第9地区 »