最近のトラックバック

MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« ジュリー&ジュリア | トップページ | 誰がため »

2010年6月28日 (月)

シャネル&ストラヴィンスキー

Photococochaneligorstravinsky2008_2
今年はシャネルの伝記的な作品を3本も観たが,この作品が一番好きかな。(ちなみに一番イマイチに感じたのがオドレイ・トトゥのココ・アヴァン・シャネル

それに比べればこの「シャネル&ストラヴィスキー」は,シャネルの生涯のうちでも,ストラヴィンスキーとの恋愛に焦点を絞って描かれていたので,その分人物描写が深まっていたように思える。

シャネルがストラヴィンスキーのパトロンであり愛人でもあったって,実際はどこまでほんとうなのか知らないけど,芸術家どうしの激しい大人の恋愛は,なかなか見ごたえがあった。
03
二人の関係やその顛末は,どこか昼メロっぽい展開だ。妻と愛人の間でオタオタと葛藤する男と,彼を振り回す気の強い女の物語。天下のシャネルとストラヴィンスキーの間に起きたことだからこそ,魅力的にも新鮮にも映るが,実はどこにでもありそうなありきたりの不倫物語なのかもしれない。

それに,二人を演じた役者がとてもいい。

シャネル役のアナ・ムグラリス。シャネルもの3作品の中ではダントツに美人で華がある。実際にシャネルのモデルでもある彼女の着こなすシャネルスーツやその歩き方(完全なモデル・ウォーク!)にうっとり。シャネルの誇り高く妥協しない雰囲気もよく出ていた。

Small_432919
そしてストラヴィンスキーを演じたマッツ・ミケルセン。やっぱりよいですね~,この方。マッチョな戦士役も,繊細な家庭人役も,なんでもソツなくこなすって感じで。

この作品の彼はどちらかというと弱気なキャラかもしれない。前述したように,糟糠の妻とかわいい子供たちのいる家庭と,シャネルへの愛(情愛っぽい?)との板挟みで悶々とする彼がちょっとかわいそうになってくる。シャネルは彼の才能を愛したのかもしれないが,彼のほうはシャネルに,妻にはない女性としての魅力を感じていたのかな?

・・・・しかし,「脱いだらスゴイんです」この方。運動不足なはずの音楽家が,なぜにあれほどマッチョなのか。それを言うならアナのスタイルも完璧すぎて,このお二人のベッドシーンは不自然なほど絵になりすぎ。

Small_432920

ストラヴィンスキーの妻を演じた女優さんも存在感があった。
家族がシャネルの屋敷で世話になっている手前,二人の情事を知りながらも耐える彼女の姿に,つい感情移入。(シャネルたちのほうが悪者に見えてしまった。)結局最後はストラヴィンスキーは,妻子を捨てることはなかったのだろうけれど。

全編に流れる不協和音に満ちた美しい音楽が,彼らの関係の危うさや緊張感をよく表していたように思う。

Coco_chanel_igor_stravinsky_02
明日は,これまたマッツ・ミケルセンの,「誰がために」のDVDが届く予定。当分マッツ祭りだ。

« ジュリー&ジュリア | トップページ | 誰がため »

映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こんばんは~♪
あ、暑い…暑いですね…亜熱帯ですね…(泣)
わわわ、この映画すごく見たかったんです。
まっつー、良さそうですね。ホっとしました(笑)

>運動不足なはずの音楽家が,なぜにあれほどマッチョなのか。

あはははは。うけました~~(喜)
でもおかげで絵になるシーンとなってるようで、これもホっとしました。
アナ・ムグラリスは実際にシャネルのモデルさんだったんですね!そりゃはまってるでしょうね♪相当にクールな感じですものね。
見るのがますます楽しみになりました。
以上、日曜日ごとに福士くんの爽やか~な学ラン姿や西島さんの和服&東北弁にうっとりの武田でした(^^ゞ

ななさん、こんばんは!
TBありがとうございます。
シャネルのミューズのアナがまとうドレスはさすがスーパーモデルの彼女にぴったりとハマって素晴らしかったですね。
しかし映画的には、エロティシズム出し過ぎだったのではないでしょうか?
何処までもこだわったシャネル・グッズや屋敷にはびっくりでした。
この映画の原作翻訳本は読みました。一時期愛し合った二人は、その後ずっとナイスな友人関係だったようです。
シャネルものではわたしはオドレイ主演のものが一押しなんですが、好みは人それぞれで面白いです。
「誰がため」のマッツはスゴかったですわ。

武田さん こんばんは!

ほんと暑いですね~。それも急に蒸し暑くなったもんだから身体がついていけなくて大変です。

で,この作品,シャネルに思い入れのない私としては,まっつが出てたから観たようなものですが,そしてストーリーはそんなに・・・なんですが,とにかく全体の雰囲気がいいし,とても凝ってる感じでそれに音楽家の恋ってやっぱり好きなのよね・・・。
まっつはセクシーですよね。顔は普通のオジサンなのになんででしょう…どの作品も彼のお相手役の女性がうらやましくなってしまう。恋愛ものの作品のまっつは,マッチョなボディとは裏腹に,心は繊細な役が多いのだけどそれもまた魅力的です。

「誰がために」のまっつもこれに輪をかけて素敵。もうDVDになってるのでご覧になってね。

追:福士くんの学ラン姿,凛々しいでしょ~,麗しいでしょ~。いいですよねぇ。理想のお顔だわ。

margot2005さん こんにちは

シャネルの屋敷って実際にあんな感じだったんですね?
白黒で統一された寝室が素敵でした。
あまりにスタイリッシュすぎて安眠できないかも,ですが。
こだわりといえば,ストラヴィンスキーの「春の祭典」
あの初演時の大騒動を忠実に再現した映像も貴重ですよね。

マッツが音楽家にしてはマッチョすぎ
アナもデザイナーにしては美しすぎましたが
絵になるお似合いのカップルで眼福でした。
「誰がため」のマッツもとっても素敵でした~

こんにちは!
シャネルとストラヴィンスキーの関係がどうもしっくりこなくて
調べてみたら、実際はここまで深い関係ではなかったようね。
アナ・ムグラリスはシャネルのミューズなだけあって、美しい。
ストラヴィンスキーの奥さんがかわいそうで・・演じた女優さん、うまかった。
マッツ・ミケルセンはタイタンのほうがあってる。笑

アイマックさん お久しぶり!

>調べてみたら、実際はここまで深い関係ではなかったようね。
らしいですね。
彼らが恋仲だったという事実は
どこにも書かれてないですよね。
もしそうだったらこんな感じかな~?という
フィクションなんでしょうね。
奥さん役の女優さんは存在感があって
彼女に感情移入してしまいました。

こんばんは~♪
真夜中なのに相変わらず暑くてへばります~(泣)
さてさて、ようやく観賞しました♪
も、アール・デコな画に(へぇぇ~)なんて見入ってばかりで物語にはそれほど感情移入もしないまま終わってしまいました(あれ?)
有名な歴史がささーっと流れるなか、実際の二人はどうだったのか…
「春の祭典」が好きなので、曲をもっと官能的に使ってほしかったかな?なんて思いつつ、まっつーは不器用頑固な芸術家っぽさがわりに良かったです。アナさんは、クールで渋い声で「賃上げ?お黙り!」な感じも大変よく似合ってシャネルに合ってましたね。
次は「誰がため」、じっくり見ようと思いま~す♪

武田さん こんにちは!
昨日から一段と猛暑になりましたね。
こういう日はクーラーの効いたお部屋で
涼しげな欧州の映画なんぞを鑑賞するのが一番ですね。
ということで,ご覧になったのですね,
まっつのストラヴィンスキー。

>物語にはそれほど感情移入もしないまま終わってしまいました(あれ?)
ふふふ,わかりますわかります。
ストーリーというよりは全体の雰囲気や役者の魅力が大きいですよね。
不器用さがセクシーなまっつにはハマり役だったんじゃないかと。
実際よりずっとセレブっぽいシャネルを演じたアナも
なかなかよかったですね。あのタカビーさが。

「誰がため」は役者だけでなく内容もいいですよ。

こんばんは。
そして遅くなりましたが3周年おめでとうございます。
好きなことはやっぱり誰かに聞いてもらいたいものですよね。
私ももうすぐ5年なんですが、そんな感じで続けているような気がします。
これからもななさんのマイペースで、しっかりした文章を楽しみにしております。

そしてシャネル3部作ですね。
好きな順番が私と同じー♪
本作が一番スタイリッシュ、かつシャネルの信条みたいなのが現れてて、面白かったです。

rose_chocolatさん こんばんは

お祝いコメントありがとうございます
rose_chocolatさんは5年なんですね~
長く続けてらっしゃるブロ友さんの存在は
とっても励みになります。
素敵な映画があるかぎり,続けていけたらなぁって思っています。

シャネル3部作の好きな順番が同じで嬉しい~
私がこの作品を好きな理由は
マッツが好き!というのもありますが
やはりシャネルのイメージがぴったりだったからかな?
アナはちょっと美しすぎるかもしれませんが
雰囲気などはぴったりでしたよね。

ななさん、こんにちは!
ぐふふ。ななさんもマッツ祭りをされていたのね?
私も同時に2つ借りてきて見たんだけれど、こちらの方は良かったんだけど、誰がために、、は結局なんだか解らない部分を残しつつ、再見する気力もなく、返却してしまった・・・。

>「脱いだらスゴイんです」この方。運動不足なはずの音楽家が,なぜにあれほどマッチョなのか
うははは!!爆笑!
確かに。彼ってホントすらっと痩せて見えるのにね。

ななさんはシャネルシリーズの中でコレが一番好きだったのね?

latifaさん こんばんは!

おお, latifaさんもマッツ祭りを!
ちょうど彼の公開作品重なりましたもんね。
わたしは「誰がため」の方が断然好きですが
デンマーク人でないと
事情の分かりにくい作品ではありましたね。

マッツはマッチョですね~~
マッチョな人って服を着ると案外細く見えますね。
だからあんなに脱ぎたがるのかな~
「筋肉見てー」って。

シャネルシリーズの中ではこれが一番好きです。
盛りだくさんすぎずに内容を絞ってたのと
シャネルのイメージがぴったりで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/35551938

この記事へのトラックバック一覧です: シャネル&ストラヴィンスキー:

» 「シャネル&ストラヴィンスキー」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Coco Chanel & Igor Stravinsky」2009 フランス ココ・シャネルに「そして、デブノーの森へ/2004」のアナ・ムグラリス。 イゴール・ストラヴィンスキーに「しあわせな孤独/2002」「アフター・ウエディング/2006」「007/カジノ・ロワイヤル/2006」「誰がため/2008」のマッツ・ミケルセン。 カトリーヌ・ストラヴィンスキーにエレーナ・モロゾーワ。 ココの親友ミシアにナターシャ・リンディンガー。 アーサー“ボーイ”カペルに「007/慰めの報酬/... [続きを読む]

» シャネル&ストラヴィンスキー [小部屋日記]
COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY(2009/フランス)【Blu-ray】 監督:ヤン・クーネン 出演:アナ・ムグラリス/マッツ・ミケルセン/エレーナ・モロゾヴァ/ナターシャ・リンディンガー/グリゴリイ・マヌロフ 「N°5」と「春の祭典」― 情熱と官能の愛に燃えるふたつの才能 『ドーベルマン』のヤン・クーネン監督が、ココ・シャネルとストラヴィンスキーの秘められた恋を描いた人間ドラマ。 シャネルは知っていても、ロシアの作曲家ストラヴィンスキーをほとんど知らなくて、いきなり... [続きを読む]

» 『シャネル&ストラヴィンスキー』(2009)/フラ... [NiceOne!!]
原題:COCOCHANEL&IGORSTRAVINSKY監督:ヤン・クーネン出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス、エレーナ・モロゾヴァ、ナターシャ・リンディンガー、グリゴリイ・マヌロフ観賞劇場 ... [続きを読む]

» 「シャネル&ストラヴィンスキー」「誰がため」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
マッツ・ミケルセンさんが両方に出てます^−^ [続きを読む]

» ■映画『シャネル&ストラヴィンスキー』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
今も世界中の女性を魅了してやまないデザイナー、ココ・シャネルの情事を描いた映画『シャネル&ストラヴィンスキー』。 クリエイターの孤独を共有できる男としてシャネルに選ばれたのは、音楽家のイゴール・ストラヴィンスキーです。 この物語は創作であり、ふたりの間に起こ... [続きを読む]

« ジュリー&ジュリア | トップページ | 誰がため »