MY FAVORITE BLOG

BBM関連写真集

  • 自分の中の感情に・・・
    ブロークバックマウンテンの名シーンの数々です。

« イングロリアス・バスターズ | トップページ | プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 »

2010年5月27日 (木)

ニック・オブ・タイム

3da87b36d3
ジョニー・デップ主演作品なのに,この作品の存在,今まで知らなかった。ツタヤの「旧作・傑作シリーズ」の欄で見つけてためしにレンタル。

1995年製作なので15年前のジョニー。若いには若いが,なんと地味な灰色のサラリーマンスーツ姿にメガネのシングルファーザー。(黒いスーツ姿のジョニーは,とてもカッコいいのだけど,灰色だと途端に平凡になってしまうから不思議)彼が演じるニック・ワトソンは,駅で,いきなり見知らぬ男女に娘を人質に取られ,「今から90分以内に女性知事を射殺しないと娘を殺す」と脅されるはめに。

Nick_of_time_49
知事暗殺という重大任務を,会ったばかりの素人に無理やりやらせるという設定にはかなり無理があるのだが,この設定だからこそ,先の見えない展開という面白さがあるのかもしれない。誘拐犯がタイムリミットに指定した90分。映画はまさにそれから90分間,リアルタイムでニックが巻き込まれた災難と矢継ぎ早に起こるアクシデントを描いているので,観客もまたニックと同じスリルとジレンマをリアルに味わうことになるのだ。

悪役を演じたクリストファー・ウォーケンが,執念深さとちょっと「アブナイ」怖さを醸し出していて,存在感たっぷり。

Nick_of_time_46
まるで背後霊のようにニックについて離れず,ニックが一般人に助けを求めようとするたびに姿を現しては脅しまくる・・・・それでも隙あらば誰かにSOSを発信せずにはいられないニックなのだが,悲しいかな,その試みはいつも,監視のウォーケンに阻止されたり,助けを求めた相手がグルだったりして,失敗の連続。

最後まで諦めずに突破口を開こうとあがくニックに,
果たして助けの手はさしのべられるのか?

それは観てのお楽しみ。予測のできない展開からは,ありえないことはわかっていても目が離せない。

10350270
90分強という長さもダレなくてちょうどいい。この手の作品はスピードが命だから。そして,この作品の主人公ニックを演じるのがジョニーである必然性は別に感じないのだけど,(彼が輝くジャンルではないような気も)でもだからこそ,おなじみの作品では見られない彼の魅力が味わえる希少な1本かもしれない。映画の中では,子連れジョニーというのも珍しいし。(なかなか素敵なパパでしたよ。)

« イングロリアス・バスターズ | トップページ | プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 »

映画 な行」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ななさんが未見でいらしたとはちょっと意外でした。
懐かしい映画だなあ……。公開が95年ですか。当時、まさにジョニーにもっともお熱だった時期でもありました。「90年代のジョニー・デップ」が私はやっぱり一番すきです。

「真面目で良きパパの小市民会計士」というジョニーらしからぬクソ地味なキャラクターですが、リウイエがそれまでのパブリックイメージをぶっ壊すような悪役を演りたがるように、この頃のジョニーも、こういうコモンピープルな役を一度は演じてみたかった、ってことなのかなと思いました。それまでなにかとストレンジな役どころが多かったので……ってそれはいまもですが(笑)。
映画としてはものすっごい名作というわけでは全然ないですが、ジョニーキャラ的にはレアな映画かも知れませんね。


以前、本宅での『コネクテッド』のコメントでもちょっと触れたのですが、この映画のジョニー・デップとクリス・ウォーケンのキャラ、いまのリウイエならどっちも出来るんじゃないかと思ってます。
巻き込まれ型の主人公はそれこそ持ち味のまんまで出来るでしょうし、悪役として煎じ詰めていけばクリス的なところにも到達出来そうな可能性も感じます。
やはり自分、ジョニー・デップ好きという下地があったからリウイエに惚れちゃったんだな、っていうのが、来し方を顧みてみれば、いやになっちゃうほどわかっちゃいます(笑)。

レッドさん こんばんは

はい,この作品については,まったく知りませんでした。ジョニーの代表作はほとんど観ていたつもりなんですが,こういう役のジョニーの作品はほんとめずらしいですね。「巻き込まれ役」というのでは,「デッドマン」なんぞもそんな設定でしたが,あの作品のジョニーは美しかったし,作品全体が退廃的で無常感のただよう,強烈な個性を持っていたので,今作とはまた違いますよね。
今作のジョニーはいかにもどこにでもいそうな平凡な一市民,というキャラで,「チャリチョコ」や「アリス~」等の奇天烈キャラが似合う彼らしくないですよね。でも,確かにファンにはレアな作品かもしれません。

>この映画のジョニー・デップとクリス・ウォーケンのキャラ、いまのリウイエならどっちも出来るんじゃないかと思ってます。

そうですね,巻き込まれ役なんぞ,地のままでサラッとこなしてくれそうですが,ウォーケンのようなちょっとイカレた悪役というのも十分に演じ切れると,「コネクテッド」を観て思いましたね。いやいや,あの,コネクテッドの彼はすでにウォーケン十分に入ってましたよ。
願わくば,彼にはこれからも,妖しくも猛々しくセクシーな悪役に挑んでほしいなぁ・・・と思ったり。

・・・・と,結局ジョニー語りのつもりがリウ・イエ語りになってしまうんですよね~~,うふふ。


普通なジョニーが見られる、数少ない作品ですよね(笑)

リアルタイムで話が進んでゆく・・というのが謳い文句だったのかな?
ストーリーはともかく、パパ・ジョニーを見たい方におススメ~かな???

マリーさん こちらにもありがとう~

そうそう,普通なジョニーって希少だ・・・(笑)
コスチューム&厚化粧でこそオーラ全開になるジョニーですが
この作品は素のジョニー,それも地味にダサくアレンジしたジョニーで
それが新鮮といえばいえるかも。
まー,傑作とまではいいませんが
ジョニーファンやこの手の作品が好きな方にはオススメですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447026/34826873

この記事へのトラックバック一覧です: ニック・オブ・タイム:

« イングロリアス・バスターズ | トップページ | プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 »